今週の感想(9月26,27日)+少し話

  • 2020.09.27 Sunday
  • 16:35

こんちは。

 

(土日の感想)

土曜の競馬については、あまりよくはなかったですね。けどよくないなりに一番資金をいれた中京3Rがベスト(軸馬勝利)ではないけどgoodくらいの回収になって、あともちょいちょいしのぎの的中もあって結果としては少し負けたくらいで収まりました。この中京中山開催になってから単勝10倍以上で軸馬が日々どこかで勝ってくれてたので楽だったんですが、そういうのがないと負けの方にいってしまうなとわかる結果でした。

 

日曜の競馬はよくなかったですね。痛かったのは中山2R。軸馬は3着ですが勝ち馬の単勝万馬券が抜けて外れ。これ勝ち馬評価するのは無理でも後から振り返ればひっかけられたかなと思いますんで力不足だなと反省反省でした。

中京3Rは当たりましたがそこからが負けでずるずるでしたね。一週あればどこかで見せ場はこの2場開催中は作れてたのでがつんとやられて最終までという感じになってしまいました。グラスブルースの4着あたりがもうちょっとうまくいけばよかったですが、下手な時はこういうときもうまくいかんもんです。それを感じる敗戦でしたね

 

 

(今週の狙い馬の回顧)

<土曜>

中京1R メイショウデージー 3人気着外

すいませんでした。距離短縮より初ダートが強かったという結果でした。申し訳ないです。この馬自身はもうちょっとん外距離でゆったり行って長く脚を生かす競馬のほうがいいのかなと思いました。あとはダノンハーロックの組は評価するとかいてて狙いで訂正しましたがそのままで。チェックしておくほどレベルはこのレース自体は高くないで結論はいいと思います。そこも申し訳ありませんでした。

 

中京4R クインズレモン 着外

内枠で立ち遅れそこから後手後手の競馬になってしまいましたね。それでも外から押し上げる時は一瞬おっとおもわせるものはありましたし未勝利でそれなり以上の力はある馬だとは思います。次以降も人気はしないでしょうし、穴で紐で押さえてみてください。特に外枠なら注意必要くらいにはしておきたいです。スムーズにいけば掲示板以上。それが1着か5着かはわかりませんがその辺は走れるはずです

 

※中京6R ハイオソラール 着外

ちょっと買いたいと最後に触れた前走の回顧でも触れた馬ですが惨敗。道中の手ごたえはよかったです。ただ4コーナーで思いっきり外に出してその間に前とは大きく離されてあとは伸びずばてずで入線でしたね。まず馬については今は調子がよさそうで乗り方次第では上位はうかがえると思います。3,4コーナーから外からスパートしてしぶとさを生かす競馬ならと思います。あとは富田騎手、こういう馬はこういう風にのればと見えてる馬でそう乗るかと思ったら乗れないことが多いというかほとんどですね。この辺はあえて自分がこの後中途半端に飛びつかないように触れておきます。

昔の後藤騎手とかは違いますが、最近海外長期遠征を経験して騎手って悩むシチュエーションなら下げる方にかじをとるようになるんですよね。その壁を破ったのは坂井騎手くらいであとはみんなそっちの方向になる印象です。そういう傾向が出ちゃうんじゃあまりよくないんじゃないかなと思いますが、この辺は一度真剣に分析してもいいかもしれませんね。

 

中京8R ミズリーナ 着外

スピードは見せました。1400mでも問題ないというか1400mでも速い。1800mとか走りましたけど短い距離のほうがいいでしょうね。前で押し切るのは軽い気もしますし、短距離でためて差す競馬を数走かけて覚えさせるのがよさそう。それができれば3勝クラスくらいまではいける馬になると思います。

 

中京9R ミスズグランドオー 3人気3着

テンから早かったですが逃げ馬の外をずっと順走。そして直線でかわいがりすぎましたが離されましたが3着は確保となりました。父サウスヴィグラスや1150mの新馬勝ち。そして今日が伸びずばてずに見える3着という内容だとこれより短い方がよくみえますが、直線も前に出られてから差し返すくらいにみせてましたし、少なくともこの距離が長いは絶対ないですね。長い馬ならもっとばたっと止まります。1150mよりはこの距離のほうが絶対いいですね。1400mはあいそうですし、マイルとか試してもいいんじゃないですかね。前で溜めがきかせられれば残るくらい走りそうです。

勝ち馬に離されましたが力はある馬です。2歳ダート戦しばらく要注意としておいてください。これも走る馬です。

 

中山7R ミャゴラーレ 着外

今日は何もない負けでしたが走り自体は悪くなくダートで使い続ければこのクラスではチャンスあると思います。砂をかぶせて内で我慢する競馬でどれくらいやれるかみたいですね。

 

<日曜>

中京3R ロングトレーン1着

しっかり勝ち切ってくれましたね。母系を見る限りスピードで平均ペースで押し切る競馬がよさそうです。今から距離を延ばすのはよくないでしょう。これくらいの距離か1200mくらいでワンペースで押し切る競馬ならいいところまでいけるんじゃないでしょうか。父トランセンドですしダートにも頭に置いておきたいですね。

 

中京6R ワイドレッジャドロ 2人気着外

想定で単勝10倍台でということでそれ込みでの評価でもあったんですけど、ふたを開ければずっと1人気で最後は4倍台。これだと厳しいですね。マークされる競馬で押し切るようなタイプではないですしそもそも痛かったです。レースも気持ち立ち遅れから位置をとりに行ってポケットに収まってましたが初めに出して動かしていってもダメな馬ですね。全然味がなかったです。ある程度構えて勝負所で一気に動くのがよさそうですね。あとは中京も合わないですかね。いいのは中山。そうでなければ阪神。あとは中京よりは小回り1700mのほうがましといったところでしょうか。そういう感じで狙いたいですね。

 

中山10R グラスブルース 4着

結構外々を回らされつついい手ごたえで回って最後まで止まらず4着は確保。不振は脱して好調期に入りました。次以降は出てるレースでは評価してください。今回であれくらい頑張れるならもっといい競馬次以降もできると思います。

 

(横山武騎手)

日曜の新馬戦。ノーザンF生産、サンデーレーシングの新馬に騎乗で勝利。ここ最近の活躍で横山騎手もそういうレールに乗れたかなという結果。この馬ではないかもしれませんが、近い将来石橋騎手、北村騎手みたいな流れで大きい舞台にいけるかもしれませんね。来年以降も含めてゆっくり見守りたいもんです。

 

(神戸新聞杯) 予想結果: 本命コントレイル1人気1人気

強かったですね。それが際立つ内容でした。道中の馬群も結構タイトに流れてましたがそれでも我慢して進路見つけてからは一気に抜け出しましたね。まあこのコースであそこにいて最後まで進路ができない。詰まるという事はないですからその安心感はあったでしょうけどそれでも強かったですね。

なんというか完成度が高い馬ですね。こういうと福永騎手に完成まではまだまだとか言われそうですがそういうことではなく、競走馬としてできることがいっぱいあってできないことがほとんどない。それでいて3歳世代限定でいえばエンジン性能も抜けているということで本当にいい馬です。菊花賞は内枠なら大丈夫ですね。外枠で外々回らされてそれでも押し切れるほど突出してるかというとそれは微妙。うまく内で我慢してロスなくたちまわったりすんなりできることも込みでの完勝ですからそれができなきゃパフォーマンスは当然落ちます。オルフェーヴルとかそういう馬とはその辺は違うタイプの強い馬ですが彼らにない武器もあるのでこれからも楽しみですね。

 

2着争いはというか結構2着以下は混戦という事でどの馬も道中からがつがつ位置を狙いあって色気をもって挑んでましたね。その結果馬群の競馬はかなりタイトになってその中でも一番いい位置に収まれた馬にはアドバンテージあったということ。

 

ロバートソンキーは馬もいい馬だなと思いましたし、未勝利勝ちの内容もスケールありましたが、この辺ではどうかとも思ってました。けどこの内容で3着は大健闘ですね。勝因は枠でいい位置が当たったこととその位置をうまく生かして内でうまく我慢できる絶好のポジションにおさまれたことで直線までで相当レースが楽でしたね。ここで貯金を作った分、最後内からいい脚で抜け出せました。騎手も見事なエスコートでしたし、馬もエンジン性能自体がここでも劣らないくらい高いんでしょうね。強い競馬で内から抜け出していい競馬でした。権利もとれて本番。相手も軽くなる菊花賞なら内枠当たれば見せ場作れるかもしれませんね。

 

2着ヴェルトライゼンテは池添騎手も一とん挫に当たった枠が大外枠ということでもう決め打ちでしたね。武豊騎手がよくやるしっかりためてしっかり自分のペースで追い込ませて着をとらせる競馬。内が混戦になった分、非常にその競馬はうまく生きる結果になりましたね。内枠もうまい馬ですが外枠でもこういうレースができるのがこの馬のいいところ。しっかり着取りできるのが一番のセールスポイントですね。それでもこれだけ伸びてしっかり2着とり切ったのは見事。ある程度の力をしめして本番に向けて上向きます。いい枠当たって相手が悪いところ当たればワンチャンあるかもしれないですね。

 

後は対抗で評価したレクセランスはスタートの後手が全て。あそこの後手でレース全てが後手後手になったのは痛かったです。位置的にもイロゴトシの後手のような位置にはいってしまっては相当厳しいですね。その中でやれることは騎手もやってくれたけど7着までということでスムーズならもうちょっといいところあったでしょうが掲示板までかなという気はしますし少し厳しかったですね。

 

あとはざっと。ディープボンドは正攻法に競馬して結局4着に耐えてますし、力勝負ではコントレイル以外では一番強い競馬で力はみせましたね。本番が菊花賞なら、何か助けがないと厳しいですが、枠なり展開なり助けがあればつくだけの力はありそうです。

 

ターキッシュパレス、エンデュミオンは馬も他の馬に劣らないくらいあって、コース適性や騎手のエスコートでそれらの馬より前に来れたという感じでしょう。

 

ビターエンダーは骨折休み明けもですしダービー出走に向けて春は結構無理して使い詰めでいい状態を維持して本番までなだれ込んだ感があって、骨折して休みもあって好調期という勢いも込みですべてリセットになったので秋も同じように力を出せますよとはなりませんでしたね。ちょっと春のいいときに比べれば時間はかかりそうですね

 

グランデマーレは未知の魅力はありましたが怪我あけですし、2歳の2連勝で評価されすぎたきらいもありますね。2人気はちょっとかわいそうな人気でしたね。普通に考えて3歳初出走の休み明けが怪我あけ。それで2戦2勝のキャリアだけある。こういう馬がいきなり好走とかめったにないですね。それに2戦2勝だけなので実績が。そもそもそんなに強くない可能性もあるので馬券的にはこういう馬は買っちゃダメな類になると思います。

馬はゆっくり復調目指して頑張ってほしいですね。自己条件で1走みて力の評価は考えたいと思います。

 

マイラプソティはちょっと走らなすぎ。共同通信杯の4着くらい走っても恰好はついたと思いますが、そのレベルすらなかったですね。ずっと下り坂ですので上がる兆しがあるまでは消しでいいでしょうね。走らないのは能力の可能性もありますけど力すら出してない感はありますので精神面とかの可能性もあるし、足にいたいとこある可能性もありますね。

この馬についてはいろいろありますけど新馬からの教育もまずくて精神面でも悪い方悪い方に言った気はしますね。ちょっと新馬はともかく競馬で道中抑えすぎの部分があってそれが馬のやめ癖になってしまってる気はします。スタートは出して、道中はその位置で我慢して、直線は最後までしっかり追うという普通の教育をしてればちょっと違ったかもしれません。抑える競馬を若いうちにやりすぎると難しくなりがちな気はします。実際のところはわかりませんが。今の時代はディープを求めるよりはコントレイルを作りに行く方がG1に近いと思います。

 

 

(オールカマー)予想結果: 本命ミッキースワロー1人気5着

牝馬同士のワンツーでしたね。センテリュオはうまく溜めてしっかりいい足を使いました。牝馬限定重賞ではワンパンチ足りない馬でしたが、それでも前走は馬券内で上向いてきたところ。牝馬限定ならいつもマークされる立場がこの相手ならそれほどマークをされるわけでもなく自分の走りができるというのは力を出し切るにはいいかもしれませんね。特に今回は逆に1人気をマークする位置から脚を伸ばすという力を出し切りやすい競馬になったのもよかったですね。枠もよかったですし力を出し切ればこれくらい強い馬なんだなと思いました。距離も牝馬限定重賞の2000mくらいよりは2200mのほうがいいのかなと思います。

次はエリザベス女王杯、おなじ距離ですし今回以外では一番いいレースをした舞台。楽しみになってきましたね。

 

カレンブーケドールは自分から積極的に動いていって勝ちに行く競馬。それで押し切れそうでしたが最後は強襲を食らって惜しくも2着。けどG2くらいでは明らかに力上位で一番強い競馬で力は見せましたね。結果は展開のアヤですし前哨戦としてはこれくらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。次はどこかわかりませんが楽しみになる好走でした。

 

ステイフーリッシュは良くも悪くもいつも通りに力を出し切って3着確保。中山も得意側のコースですしこの辺ならこれくらい走れるという結果。重賞上位の力は安定して出せて今回も出せたという内容。息が長くいい馬ですね。まだまだG2では上位です。

 

ミッキースワローはこの辺でももうちょっといい脚が使えますが、位置取りから勝負どころの足からもたつきましたね。中山コースでこういう頭数でこのレベルの馬に乗れば横山典騎手はもうちょっといろいろ動かしてレースを支配すると思うんですがそれをせずに周りに合わせて仕掛けたという感じだったので馬の出来(か今の力)もこんなもんだったということでしょう。本番はどこなのかわかりませんが上向かないと厳しそうですし、現状ではG2でも少し足りないなという敗戦でした。

 

クレッシェンドラヴはポケットの位置をとってそこから定石通りに抜け出しにかかって4着。ハコ4ってやつでちょっと辛いですね。これだけうまくいってここでこの着順ってのは現状のこの馬の目いっぱいだなと思います。上を目指すには厳しい結果になりました。得意のハンデG3なら上位、それ以上ならちょっと厳しいという感じですね。

 

サンアップルトンはもっとがっかり。いい流れで勢いあった連勝劇で休みをいれてその勢いが止まってしまったのがそのまま結果に反映という感じですね。調子を何度か使って上向かせていって、来年初旬の重賞でいいところあればというくらいゆっくり上げていく必要はありそうです。

 

ジェネラーレウーノは普通に逃げられました。長期休養明けですし全然そういうこともできないということも頭にあったのでもったままでハナにいって逃げて4コーナー回ったところでもおっとする手ごたえがあったのだけでも収穫。次は二走ボケの可能性もあります。そこは静観でそのあとくらいでは狙いたいですね。

 

(亡くなられた女優さんの話)

今日、大きいニュースで入ってきましたね。びっくりしました。

実は私、20年前くらいですかね、売れる前のその女優さんと当時していた仕事の関係でお話をしたことがあります。向こうも売れる前というのもあったとは思いますが、芸能人らしいピリピリしたオーラはありつつ(勝手にこっちが感じてただけかもしれませんが)、話かけると非常に表情豊か感情豊かにわーっと話してくる感じで、本当に話すと若者らしい(同年代ですが)感じでただ、ただの若者でなくすごくしっかりした芯の強さもその中から感じるところあって、同年代でもこんな人いるんだな非常に素敵な人だなと当時感じました。

それからドラマ自体はそんなに見ない方ですが、どんなドラマ、映画に出てるかとはずっとみてましたし、ワイドショーとかで朝の番組でインタビューとか映画の番宣とか出演されてるとチャンネル止めてみてという感じで、少し遠巻きにですがずっと応援はさせていただいてました。なのでショックですね。ちょっと遠くで応援してた感じなのでまだこういうことを書けますが、ぐっと入り込んで応援してたら書けなかったかもしれない。それくらい人というか当時の雰囲気からいい印象を受けてたのでショックです。

何があったかとか本人しかわからないというか、こういうのって本人もわからずにやってしまうんでしょうね。わかりませんが・・・。

 

何を書きたいかわからなくなりましたが・・。ご冥福をお祈りします

 

大量投票は土曜の11時前に

  • 2020.09.27 Sunday
  • 11:18

緩い話。

 

コントレイルの単勝がすごい売れて他の馬の人気とすごい差が開いてる現象が起きてましたね。

このうのコントレイルの単勝は他でもコンスタントに売れてたんですが最初の大量投票はここ

 

 

140万くらい売れてますな。前後に比べて。

 

ヒシミラクルのあれも前日土曜の11時ごろ。そしてソウルスターリングの桜花賞も大量投票はあったんですが

 

ソウルスターリングへの大量投票はどう影響したか

 

これも土曜の10時45分くらい。他もなにかいろいろあった記憶はありますがあまり覚えだせないのでこれだけ

 

 

これは他にも大量投票はありましたがアーモンドアイの天皇賞秋ですね。10時30分すぎから240万と140万。あまりの大量投票だと分けて出るケースもあるので1人か複数かわかりませんがこのタイミングですごく売れます。

 

 

大きいレースに人気馬がいるとき「土曜の10:30〜11:00」くらいに注目していてください。大体この辺で大量投票があってオッズ動きますよって話でした。おそらくここで大量投票するのが一番オッズに動いたという感じを見せることができて買い控えさせ安いんだろうと思います。大量投票も気が向いたらではなく戦略もってやってそうって話でした。

ちょっとオッズが固まり出してけどまだそこまで投票が入ってないこのタイミングが一番インパクト与えられるんだと思います。それに乗っかって2番人気20倍〜とかいってはしゃぐのは私も含めて相手の戦略にはまっちゃってるんだと思います(笑)

9月27日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.09.26 Saturday
  • 16:40

こんばんは。

 

雑談!

山口達也さん(元ジャニーズ)が飲酒運転で逮捕されたとのこと。そのこと自体には興味はないんですが、山口達也とみると競艇岡山支部のF2で6コースからスタート01とか行くあの人の顔が先に浮かぶんですよね・・・。両方浮かぶんですけどほぼ両方同時に顔がでてきてボートの方を消すという感じ。

これ競艇ファンあるあるで同姓同名競艇選手の方が格上になる現象はあって、多分ある程度ボートにはまると峰竜太と聞いて芸能人の方が浮かばなくなるんですよ。旧カッチカチやぞー。今アロハーのあのボートの峰竜太の方しか思い浮かばない。普通にしてたら。こういうのってこれだけ好きというファンアピールで言ってると思われがちなんですが、本当に違って芸能人の方は普通にしてたら出てこない。だから何だと思いますが、競艇ファン度診断にはこの辺の名前を出してどっちが浮かぶとかがわかりやすいと思います(笑)

 

あとはもう一個競艇ネタ。やまとボートレース養成所の卒業式が昨日あっていわゆるやまとチャンプも決定したとのこと。久しぶりに多分喜多須選手以来の女子チャンプだったということです。強い女子は業界に今求められてるところだとも思うので早くレースがみたいですね楽しみです。

けど卒業生は男子15名で女子14名。女子選手が多いですね。今、とても売れる女子戦をするために少しでも人材の供給が必要という事で本当に最近は女子選手の卒業生が多いですね。入学式の時は男子女子の比率は男子がかなり多めだったということもあるので、女子選手養成員が頑張ったという事でしょうこの14名が女子の最強世代とかになれば面白くなるんですが、どうなるでしょうか。答えは10年後とかだいぶ先の話でしょうから気長に競艇をみて楽しみつつ待ちたいと思います。

 

という事で狙い馬

 

中京

3R 3 ロングトレーン 川田 C

前走は外枠からのレースも厳しかったし内からぶつかられる不利もありそれでもこの着順でまとめたのは力があるという事。距離が延びるのは悪い方にはでないでしょう。人気ですが無難に挙げておきます。

 

6R 3 ワイドレッジャドロ 泉谷 B

単純にこの馬ここでは一枚上くらい強いと思う。脚の使いどころは難しいですが内で溜められる枠で小頭数の少なめの頭数は絶好の条件だと思う。力でねじ伏せてくれるのを期待。

 

8R 5 ヴィーズバーデン 松山 C

休み前もそこそこには走れていた。休みをいれて馬は上向いてるようですしその上向き分で今の相手なら上位に届くとみて狙い。

 

12R 8 ヤウガウ 福永 C

1400mですけど前につけるスピードのある馬が全然いないメンバー構成ですね。距離短縮自体はいいほうにでそうですし、力はある馬なので。

 

中山

2R 5 ジェラスヒーロー 菅原明 C

初ダートの馬とかが人気しそうですけどなんかぴんと来ないので経験馬で一番走れそうな馬でこれという感じ。高木厩舎ですからダート2戦目で中山。しぶとく走らせて来てくれるでしょうと期待して。

 

3R 12 ワイドモーゼ 大野 C

もたれたり難しいところのある馬ですが、一息いれて立て直して一変の気配があるそうとのこと。強い馬数頭ですしその一変にかけてみるという狙い。レースしやすそうな枠なのもいいですね。

 

9R 9 アルトリウス 北村宏 C

前走は新潟で大外枠。上り最速を使うも勝負圏には加われず。ただここから今回は好走がある中山に変わって頭数も減って、騎手も北村騎手にチェンジ。いろいろ条件が好転しそうでその好転分で何とかならないか期待。

 

10R 12 グラスブルース 木幡巧 C

去年のこのレースは2着。現級でもその付近ではいい勝負ができていた馬。近走は不振も今回は爪の不安が解消して調教もしっかりつめて調子もいいよう。得意条件にこの臨戦で挑めるのは強調材料だとおもいます。混戦ですし一発狙いで期待

 

12R 15 サーストンバーラム 石橋脩 C

力はある馬ですし近走はそれほど負けていません。一叩きでよさそうですし前に取り付けるスピードもある馬ですしビシビシ追う石橋騎手も合いそう。ちょっと人気はなさそうですがそもそも力はある馬だと思うので狙います。

 

神戸新聞杯

◎02コントレイル

〇04レクセランス

▲11ディープボンド

△12メイショウボサツ

 10パンサラッサ

 03ビターエンダー

 17マイラプソティ

 

とします。本命は仕方なし。対抗レクセランスを抜擢したのはあとは混戦なので枠と騎手で評価しました。それなりの実績はこのメンバーではありますし、人気もなさそうなので穴でという評価

 

あとは強そうな馬を拾った感じ。中京で実績あるメイショウと前にいってしぶといタイプのパンサは評価を上げた感じですね最後に力ありそうな馬を2頭も厳しいんじゃないかなと思いつつ他がいないので印回した感じです。

ヴェルトライゼンテは立ち回り込みで強い馬で大外枠は嫌ですし、骨折明けでまだできも不十分らしいですから人気もしてるほうですし無理に評価しなくてもいいでしょという事で下げました。対抗の相手の紐とかには入れていいかなという感じです。

 

オールカマー

◎03ミッキースワロー

〇07ステイフーリッシュ

▲08カレンブーケドール

△02サンアップルトン

 01クレッシェンドラヴ

 

こっちも簡単に。なんかオールカマーって感じのメンツ・頭数ですね。

単純にG2に強そう。そしてはっきりここでも上位組の2頭を評価。本命対抗の差はなんとなく勘です。こっちかなあと。

そしてG1着のカレンに上り馬サンアップルと重賞実績あるクレッシェンドまで印です。

サンアップルトンは評価したんですがこれ以上は難しいという感じですね。

ジェネラーレは長期休養明けで様子見。センテリュオは6番手ですね。9頭立てですから5頭にまとめたというだけです。

9月26日狙い馬、穴馬

  • 2020.09.25 Friday
  • 22:34

こんばんは。

 

今日はびっくりするニュースが2つほど。一つは競艇の佐藤翼選手と土屋南選手が結婚とのこと。土屋選手で出たレースは売上が違うらしい人気レーサーでこれからって選手。佐藤翼選手は元々新鋭王座で優勝戦1号艇とかいい選手ではありましたが、ここ1,2年SG出場にダービー勝率クリアと成績が上がってきてたところ。こういう話をみると納得という2人ですね。両方いい方に向いてると思うので相乗効果もあるんでしょうね。競艇の場合は調整について聞ける人が多い方がいいと思うので支部跨いだ結婚もいいほうにでそうですし頑張ってほしいですね

佐藤翼選手については結婚してると思ってたので少しびっくりしたのがあります。昔の話ですが、埼玉の黄金井選手が病院か歯医者だったかで病院にいったときに、受付の人に突然、「佐藤翼の彼女です。いつもお世話になってます」とか突然いわれてびっくりしたとかいうちっちゃいエピソードを披露してたのを覚えてたのでその人と結婚してるもんだと勝手に思ってた(笑)。

ともかく末永くお幸せにそしてボート界盛り上げてください。

 

あとは阪神タイガースの選手がコロナがでたとのこと。まあ出たことは仕方ないですが、今日も含めて控えたほうがいいんじゃないかと思ったのは私だけでしょうか。相手も複雑で嫌ととる人もいるでしょうし、ここから広まって大事になったらもう野球界自体がアウトにあることもありますからね。とりあえず今日は中止で感染経路把握できてから再開でいいのではと思いました。チームとしてもこれだけ多くの感染者がでて残った選手で戦うというバタバタでやることになるとこなすだけで終ってしまうんじゃと思いますが。そこはプロなのでそうでないと思いますが。一度息を入れてからでいいんじゃないかと思いました。

 

ということで狙い馬にいきましょか。

 

中京

1R 5 メイショウデージー 岩田康 C

全体低調なメンツですね。その中で人気しそうなエリオットも時計的には平凡。となるとなると何か変わり身のありそうな馬ということで。ダノンハーロック組とか前の回顧で触れてますが冷静に他の馬の戦歴をみると悪くはないけど強調するほどではないのでそこは多分僕間違ってます。ごめんなさい。この馬該当しますがそれはそれほど強調にはしません。

ただ大外枠で先行して失速して中間着くらいで踏ん張っているのでそのスピードをうまくいかせれば距離短縮でいいところこの相手ならあるかもという事で狙いにします。距離短縮の方を強調です。

 

3R 2 モンデディオ 池添 B

前走は外々を回らされる競馬になってそれでもそこそこにまとめてます。2走目で内で溜められればと思いますしそういう競馬をさせればうまい池添騎手も魅力です。あとは陣営も出来には自信とコメントしてますね。多分決めてくれると思います。

 

4R 1 クインズレモン 藤懸 C

水準以上の馬とコメントでてますし新規開業の厩舎。こういういい馬でダート牝馬まず結果を出したいところ。しっかりとりに来てると期待して狙い。

 

8R 10 ミズリーナ 和田 C

前走の敗因は不利。そこがうまくいけばですし1800mは本質長いと思います。距離短縮もプラスに出るとみて狙い。

 

9R 9 ミスズグランドオー ルメール C

主にツイッターのほうで再三触れてる伊藤圭厩舎の2歳戦。特にダートは絶好調ですでに6勝と尋常じゃない数勝ちまくってます。その勢いに期待して。確かに距離延長は少し不安ですが、小頭数の大外枠というレースしやすい枠。鞍上ルメール。そして地元馬主さんの馬でここを狙って使ってきたこと。これらの期待値のほうが距離延長の不安よりはるかに上回ります。ここはオッズは割れそうですし勝ち切ってくれると期待します。

 

中山

2R 4 ナックイルシーブ 田辺 C

前走はちぐはぐなレース運び。好枠利してスムーズなら勝ち負けです。

 

3R 12 エバーサニーハート 三浦 C

ここのメンバーでは馬の力を評価してるコメント出てる数少ない一頭。仕上がりもよさそうだし相手も低調そうだし人気もそこそこでおさまりそうなので狙い。

 

7R 12 ミャゴラーレ 野中 C

手の打ちようがないくらい微妙で低調なメンツ。それならタガノビューティ、ファシネートダイヤと1.5秒、1.6秒差の競馬(過去のダート2走)で十分通用できるんじゃないかという事で引き癖のある騎手は不安ですが狙い。強気に乗ってほしいです。

 

8R 11 ノーザンクリス 五十嵐 C

このメンバーこの相手関係ならある程度前に行けるんじゃないかと。人気馬力のある馬は外枠だったりキャリア浅かったり隙はあると思うのでこの馬が前で自分の競馬ができれば勝つとは言わずとも3着残り目はあるのかもなということで薄ーく狙い。

 

12R 12 レトロフィット 戸崎 C

前走は牡馬相手も痛かったし行き脚からついてなかったので出来の問題もありましたね。一息入れて立て直して牝馬限定なら

 

このあたりで終了。

狙い馬というほど自信はないですか回顧で触れた馬もでます。中京6ハイオソラール(地元馬主で中京の前走見せ場。再度中京なら)。中京7Rサンライズラポール(再三推奨も走らず。調教はよくブリンカー&ダート戻し&距離短縮でどうか)

この辺も私は薄く馬券を買って楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 11:23

4連休の最後。ちょっとだけ雑談。競輪一つ、ボート一つ、競馬(障害)一つでお届けします

 

(競輪)

昨日は共同通信杯という大きいレースがあったんですが、図式としては九州が4車でライン。あとは単騎。そこに脇本とか新田とかオリンピックに出るような選手やトップ選手の松浦選手という図式。そして九州4車のラインの中心が山田選手で、今の九州のトップ選手で賞金ランキング8位。年末の大きいレースも視野に入っている状況。この山田選手が大きいレースはまだとってなくて図式としては単騎のめちゃ強い3人VS九州4車が山田選手を勝たせられるか。

だったんですが、山田選手が競馬でいう斜行で落車を誘発したため1位入選も失格。勝ったのは九州の3列目を固めていた中本選手が初めての大きいレースの決勝戦で初優勝となりました。

3年前の同じ日に同じレース場で大けが(頸椎骨折)をされたようでそのレース場の斡旋は断ってたらしいですが、今回大きいレースということで参戦。それで優勝。やはりみんなにドラマがありますね。競馬もどのレースにも18頭すべてにドラマはあるもんですが、競輪も同様ですね。

けど優勝者も3位の九州の選手もですが、あまりうれしそうじゃなく複雑な心境をはっきり言葉にしてるのはラインもある競輪だなと思いましたね。山田選手はいわゆる競輪の一般戦みたいなのを初めて買った時に走ってた選手。そこで車券をとらせてもらったのでずっと応援をひそかにしてたので残念ですが、グランプリはまだ視野にある状況ですし年末まで頑張ってほしいですね。

 

ガールズのほうは高木選手が優勝。この選手のレース好きなんですよね。競輪を知ってる人が見たら違うといわれるかもしれないですけど切れ味でスパッと斬るようなレースなので、競馬でいう牝馬特有の切れ味みたいなレースに見えるのでファンではあります。こっちも頑張ってほしいです。

 

(ヤングダービーと女子選手)

ヤングダービーは準優勝戦は順当にという感じ、優勝戦のメンツは内の4人はSG出場経験者で5号艇はG1優出経験者。6号艇がエンジン出てる若手とわかりやすい実績よりの図式になりました。

あまり何も起きそうにない天気。そして琵琶湖はというか滋賀は風もそよそよ。空は雲一つないいい天気。グッドコンディション。天気のほうで荒れる余地はゼロ。おそらく堅いとは思いますがどうなるでしょうか。

 

そして準優勝戦で一番何かおこりそうだったのが11R。3号艇、女子選手の出口選手がせめてそれを2号艇が先まくりを誘発して差しぬけて1着もある状況でしたが、同じように差してきて内にいた4号艇と大競りですっとんで結果は1,2決着。何も起こってないように見えていろいろあったレースですか。

 

これねえ。女子参戦のSGの準優勝戦でも何度も見た光景1周1マークで抜けてきたり、2着ででてきたり(2着なら優勝戦に行ける)って結構これまでもあったと思うんですよね。おっと思ったけど1周2マークで男子の抵抗にあって着順落として結果3着で残念とかボートを長いことやってる人なら結構見ていると思います。もう何十年レベルだと思うんですが、女子選手はここがはっきり壁ですよね。1周1マークは軽量とエンジンである程度もう勝負になります。この1周2マークがうまくいかないはずっと残っている課題。ココが改善しないといけないんですが、いっこうによくならないんで女子戦とかを多く走ってるだけではここでは無理なんかなという気もしています。

これ競艇しない人も記憶にある人いると思うんですが、漫画モンキーターンで女子選手青島選手が1周1マークで抜けてきて、1周2マークに入ったとき洞口選手がダンプに行くふりを見せるとひるんであっさり着順を下げてしまうあのシーン。大きいレースのシーンじゃなかったと思いますけどあの部分のまま、課題になってる感じだと思うんですよね。

そう考えると何十年前にあのシーンを表現してるあの漫画めちゃすごいなと思いますし、こういうことを書くようなことを感じる何かが当時取材していたこの作者さんにもあったということでしょうしこの課題をなんとかしないと女子が大きいところをとるはまだまだなんだろうなと思います。

 

それか準優勝戦1号艇で乗るかですよね。とにかく男女体重差も広がってることですしまた活躍を期待したいです

 

(ディード)

勝ち味に遅いですね。知らない人に解説すると2週に1度くらいのペースで出てきて、まくったりしておっと思わせるけど結局4,5着とかすごくたまに3着とか非常に馬券的に取り扱いにくい障害未勝利馬です。けどツイッターでも書いたんですがなかなか珍しいと思うんですよね。斎藤厩舎は有力馬も抱える新進気鋭の厩舎。こんな厩舎が引継でなく障害馬を抱えてるってのも珍しいことだと思うんですが、ここまで勝てない馬をこれでもかこれでもかと走らせてるのはかなり珍しいと思います。これが着拾い要因として割り切ってる戦略なのか、もうここまで来たら何とかして勝たせてやるっていう意地になってるのかわかりませんが非常に珍しいという気がします。

けどもう今年13走ですからね。障害馬ってこんなに使えないんですよ。普通に未勝利馬の勝てない馬のペースよりも使ってますからディードのいいとこですし、厩舎のすごいところでもありますね。

 

個人的にはディードはブルーガーディアンのような主とは少し違う気がするんですよね。結構あの手この手を尽くしてる感じはするのでどこかで結果出してほしいですね。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM