1月21日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2018.01.20 Saturday
  • 20:00

こんばんは。

 

一つ雑談。たまにニコ生を見ていると自分の見ていた番組が終わって他の番組に自然に切り替わることがあります。去年特に興味深かったのが「薪が燃えるのを24時間観る放送」みたいなやつです。ただ薪が燃えてるのをみてるだけ聞いてるだけの放送(笑)。見ている人これ結構いるんです。来場者多かったです。かなりシュールですがなんというか火が燃えてるのを見る放送ってマニア受けはしそうですね。ちょっとだけ見入りました。

こういう放送ってテレビではなかなかできないですもんね。ネットならではだと思います。一日牧場の風景だけ映す放送とかしてもそれなりに馬好きな人はみそうですね。私はみませんが。

 

京都

1R 3 ナイトレイン 福永 C

初戦は大きく出遅れて終了。2戦目の慣れを見込んで狙い。幸い相手も軽いですし、初戦はすごく強い馬相手なだけに着差ほど見劣ってるとは思わないです。

 

3R 12 メイショウタイシ 福永 B

デビューから2戦は時計の速い決着で外から動いていって失速という厳しい競馬。それでも地力は十分に見せた。休みの間にソエも解消したし距離短縮も外枠ならいい。厩舎的にも距離は詰める方がいいでしょう。

 

4R 8 デルマシャンパン 四位 C

単純に前走新馬or未勝利勝ちだらけの面子なので500万経験に期待したいというところです。

 

5R 6 メイショウアンサイ 四位 C

前走は外枠から無理に内にいれたものの直線壁になってうまくさばけず。今回好枠でうまくさばければここでも差はないはず。

 

7R 10 トウショウコマンチ 鮫島兄 C

京都が得意でここまでまったクチ。前走はブリンカーがききすぎたのもあるしカラ馬にも邪魔された。今回は徹底先行のビックアイランドのすぐ外でレースは格段にしやすいはず。すんなり番手から抜け出し期待。

 

8R 8 ホットファイヤー 福永 C

直線うまくさばけなかった前走。この相手でスムーズなら。

 

中山

2R 3 ビアンカグリーン 津村 C

ソエも含めた体調の不安は解消したよう。これといった面子もいないので一変に期待。相沢厩舎でヴェルデグリーンの馬主さんの馬なのでAJCCの週はいいんじゃないかとも期待。

 

3R 10 ジャベルアンドレ 柴田大 C

この馬もソエを含めた足元の不安が落ち着いたよう。そもそもそこそこ力がある馬だけに一息入れて上積みがあれば今の未勝利ならチャンスあるはず。

 

7R 6 エグランティエ 武藤 C

一息入れてここ目標に仕上げた模様。そもそもこのクラスでは上位の力量はあるはずで状態も戻っていればこの相手なら勝ち負け。

 

9R 3レノヴァール デムーロ C

鞍上強化。関西馬の関東、距離短縮。この辺で狙い。

 

中京

2R 14 ジャスパーウィン 森 C

前走は強いところに当たってしまってそれに真っ向勝負で負けた形。相手が弱くなれば巻き返しあるでしょう。

 

3R 12 リュミエールドール 丸山 B

人気ですが。前走はゲート失敗。スムーズでもない。それで3着までもってきました。すんなりならあっさりでしょう。

 

4R 12 メイショウタカモリ 平沢 B

ぱっとみ力上位。それだけなんですが土曜の未勝利の結果でショウナンアリスト組はレベルが高いのも証明されたと思います。順当に。相手は初障害よりも経験組でなんとかしたいところですね。そっちの方が配当に妙味がありそうなので。

 

6R 2 ラスカルグレイ 横山武 C

背腰の不安は解消したそう。出来の上昇で一発ないか振り回し気味に期待

 

9R 11 ウィズエモーション 松山 B

前走の敗因はゲートの失敗。一息入れて立て直してここは必勝。

 

10R 8 テリトーリアル 池添 B

前走の敗因は前が壁になったのがすべて。うまくさばければ面白い。中京の芝もあうタイプです。

 

東海S

◎08テイエムジンソク

○10オールマンリバー

▲07タガノエスプレッソ

△12ドラゴンバローズ

 15クインズサターン

 03モルトベーネ

 09ディアデルレイ

 04サルサディオーネ

 

本命についてはこの相手なら崩れないでしょう。ということで軸で信頼。○▲を相手に考えてということです。オールマンリバーは展開を捕まえるタイプで相手なりというところがある馬。タガノエスプレッソはためて一脚があるタイプ。テイエムが前を掃除するということで差しタイプが紐だろうという読みで二頭抜擢しました。

あとはなんとなくですが、地力はありそうなドラゴンに、着をとれそうな安定株クインズ、リピートがあるかもということでモルト。今一番調子のいい馬ということでディア、最後に中京の4番枠でサルサまでとしました。

◎ー○▲ー流しみたいな馬券で△ないところも含めて手広く流して狙いたいところです。

 

アメリカジョッキークラブカップ

◎07タンビュライト

○03ミッキースワロー

▲01レジェントセラー

△08ショウナンバッハ

 09マイネルミラノ

 

 05ゴールドアクター

 10マイネルディーン

 

ここは手堅くですね。上位陣で考えましたがタンビュライトが一番無難かなという判断です。現4歳は3歳から古馬に通用してましたし大丈夫でしょう。ミッキースワローは何となく強そう。レジェントセラーは勢いがあり騎手もいいということで評価。ショウナンバッハは近走好調であと一歩。穴目では面白いんじゃないかと思います。マイネルミラノの前残りまでは評価ですね。

この5頭までが評価です。ゴールドアクターは陣営も7割5分とコメントしてるのでかいにくいです。ここまで言っても軸にする人は完全に自己責任ですね。さすがに出来がなければ厳しいと思うし休んでいる間に力が落ちていることもあるので。マイネルディーンは過去にこのレースで本命にしたことがあるような気がするのでここで来られると悔しいので印だけ回しておきます。

 

 

1月20日狙い馬、穴馬

  • 2018.01.19 Friday
  • 20:35

こんばんは。

 

重賞ないんで2つほど雑談。小室哲哉氏が引退なそうで。私の学生時代はもろ小室フィーバーと被ってます。なんとなく私がそういうのに乗っかるタイプの人間ではないのは今までの文面でわかろうかと思いますが、あのフィーバーの時に真ん中にいた世代として感じるものがあります。

私が昔のことを思い出すとき、その時ラジオでよく流れてた曲が出てくるんですが、ある時期のことを思い出すときはglobeの曲が出てきますからね。それに個人的にはTMネットワークが好きだったり、渡辺美里が好きだったりしたので(ちょっと世代からはずれてるんですが)その辺からもちょっと思うことはありますね。

 

軽々しいことはいえませんが引退ということで一度たまってたものを会見で出した状態だと思うんですよね。一度クリアにリセットして引退ということで業界から離れ気持ちも整理出来たら、行き詰ってたものもクリアになりまたすごい音楽がでてくることもあると思うんですよね。というかおそらくそういうものはでてくると思ってます。その時に誰かが小室氏の晩年の作品を拾い上げてほしいなとは思いますね。

 

本質は競馬の話に戻るんですが、ちょっと将棋の話。「観る将」ってご存知でしょうが、将棋を見て楽しむ人、駒の動かし方もあぶなっかしい、わからないという人が将棋対局を見たりイベントにいったりして棋士と交流もったりしている人達です。今こういう人が増えていて、そういう人が簡単に言えば気持ち悪いとかいわれているとかいう話が出ていて、それに対して結構中の人(棋士の人)から外野までフォローしてそんなことないよといったりしている状況になってたりしています(ツイッターとか地味に盛り上がってます)基本はどの立場の人も「どんな形でもいいから楽しんでほしい」と言ってフォローしていますね。実際そういうもんですよね。

 

競馬もそうなんですよね。競馬って馬に乗って楽しめる人ってひとにぎりで馬券を買って予想をして楽しんでいる人はいて、馬が好きだけどお金はかけない。見てるだけ写真撮るだけという層も確実にいるわけです。どっちがどうとかじゃないんですけど、個人的にはにわかが増えないと競技を見る人口も増えない。そのにわかを増やすにはいろんな形の楽しみ方がないとだめと思うので、いろんな形があればいいと思うんですよね。ただ一つ思うのはその競技にお金を落としてまで楽しんでいる人は大事ですよ。ダイレクトに競技の発展につながりますから。だからそういう人に対して気持ち悪いとかいう将棋の一部の人はどうかなとは思いますし、そんなファンにはお前何様と思うわけです。

競馬もそうですよね。競馬をかけずに見て楽しんている層に対して、賭ける側がカネ賭けろという権限もないです。それはいっちゃいけないなと思います。ただ馬を見たりして楽しんでいる層も馬券で楽しんている人がいてこそこの環境を支えているという気持ちはあってこそだと思います。100円で入場できるスポーツ施設なんて早々ないですからね。そうできるのは馬券を買ってる人があってこそです。ギャンブルは嫌いで競馬を楽しんでおられる人もギャンブルであることがこの環境を支えているということは意識していてほしいなとは思います。それぞれがそれぞれの楽しみ方を尊重してこそファンて増えると思いますし業界の発展につながりますから。

 

ということで私も業界の発展に塵ですが馬券側から貢献するため推奨馬をいくつかあげようかと思います。

 

京都

1R 4 メイショウキタグニ 国分兄 B

前走も狙っていいレースをしてくれたんですが距離が長かったようです。阪神1400m→京都1200mに短縮はこの馬にとってプラス。強い馬が外枠にはいったのもチャンスだと思います。絶好枠で内から速攻で逃げ切ってほしいです。

 

2R 13 ダレモカレモ 川島 C

ザグライングマシンが力一枚上ということを踏まえたうえで相手の穴狙い。馬を怖がるところがあるというコメントが再三出ている馬。少な目の頭数で大外枠。一頭強い馬がいて後は微妙というメンバー構成はこの馬にとっては願ったりかなったり。勝つとは言いませんが強い馬の2、3着はあるかと思います。

 

3R 4 スターペスユズ 水口 C

とにかく出来がよさそうです。そしてこの血統なら期待したい。

 

中山

6R 3 ケイアイスーブラ 大野 C

ソエが解消したようでそれなら狙いたい。

 

中京

1R 7 キングブラック 荻野極 C

前走は前が少なめの頭数なのに詰まるという無様な競馬。怒りの連闘で騎手を変えて中京遠征は勝ちにきているとみています。

 

4R 2 ホーリーシュラウド 森 B

障害2戦目の上積みに期待ということですね。少なくとも人気の一角シゲルゴリラとは障害の慣れの部分で逆転できるはずです。相手もユキノマルガリータの上積みは不気味ですが、あとは勝ち切れない面子揃いなのでこの馬の上積みに期待したいです。

 

5R 3 スズカチャンプ 田村 C

ここを狙ってきた模様。OPの軽めの面子なら通用する馬です。地元馬主の馬で勝負気配は十分で期待。

 

7R 2 ミッドサマーコモン 秋山 C

前走はゲートからちぐはぐでした。スムーズなら違うはずです。

 

9R 2 ラーナアズーラ 佐藤友 C(追記です)

芝でも見た目の着順より脚は持ってる強い馬だと思ってたんですよね。ただ血統は母系からも父もダートです。ダート初戦で一変もあるんじゃないかと思います。

 

障害未勝利における初障害馬の騎手別成績について(2018年改訂版)

  • 2018.01.15 Monday
  • 22:32

続けていろいろ書きましょうということで。

 

このブログ立ち上げのころに出した記事ですが2年半は経ってるので改訂版でデータ出そうかと思います。私が使えますし長らく放置しすぎているので

 

前の記事→障害未勝利戦における初障害馬騎手別成績について

 

前は2010年からでデータを出していたようですが、今回は2012年から約5年のデータになります。

 

2012年1月1日〜現在のデータです

順位 騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 北沢伸也   8-  6-  4- 58/ 76 10.50% 18.40% 23.70% 175 86
2 熊沢重文   6-  6-  4- 57/ 73 8.20% 16.40% 21.90% 40 67
3 五十嵐雄   5-  9-  6- 97/117 4.30% 12.00% 17.10% 46 53
4 高田潤   5-  5-  3- 27/ 40 12.50% 25.00% 32.50% 72 68
5 平沢健治   5-  4-  9- 56/ 74 6.80% 12.20% 24.30% 133 107
6 小坂忠士   5-  4-  1- 46/ 56 8.90% 16.10% 17.90% 81 73
7 西谷誠   5-  3-  6- 54/ 68 7.40% 11.80% 20.60% 43 62
8 白浜雄造   5-  2-  2- 42/ 51 9.80% 13.70% 17.60% 86 51
9 植野貴也   4-  4-  9- 63/ 80 5.00% 10.00% 21.30% 201 157
10 石神深一   4-  2-  8- 83/ 97 4.10% 6.20% 14.40% 94 67
11 高野和馬   4-  2-  0- 82/ 88 4.50% 6.80% 6.80% 138 38
12 草野太郎   4-  1-  3- 93/101 4.00% 5.00% 7.90% 169 57
13 林満明   3-  5-  3- 56/ 67 4.50% 11.90% 16.40% 70 66
14 浜野谷憲   3-  1-  1- 59/ 64 4.70% 6.30% 7.80% 163 51
15 黒岩悠   3-  0-  2- 60/ 65 4.60% 4.60% 7.70% 77 75
16 森一馬   2-  3-  2- 46/ 53 3.80% 9.40% 13.20% 66 73
17 小野寺祐   2-  0-  0- 43/ 45 4.40% 4.40% 4.40% 64 16
18 中村将之   1-  5-  4- 65/ 75 1.30% 8.00% 13.30% 60 79
19 金子光希   1-  3-  6- 64/ 74 1.40% 5.40% 13.50% 118 110
20 山本康志   1-  2-  5- 85/ 93 1.10% 3.20% 8.60% 23 51
21 蓑島靖典   1-  1-  1- 57/ 60 1.70% 3.30% 5.00% 26 33
22 大江原圭   1-  0-  4- 65/ 70 1.40% 1.40% 7.10% 10 26
23 江田勇亮   1-  0-  2- 36/ 39 2.60% 2.60% 7.70% 19 45
25 難波剛健   0-  2-  4- 62/ 68 0.00% 2.90% 8.80% 0 43
26 上野翔   0-  2-  2- 70/ 74 0.00% 2.70% 5.40% 0 31
27 田村太雅   0-  1-  4- 51/ 56 0.00% 1.80% 8.90% 0 54
28 佐久間寛   0-  1-  3- 19/ 23 0.00% 4.30% 17.40% 0 128
32 原田和真   0-  0-  1- 11/ 12 0.00% 0.00% 8.30% 0 51
33 大庭和弥   0-  0-  0- 18/ 18 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
35 鈴木慶太   0-  0-  0- 39/ 39 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

 

という感じですね。前の記事で書いたことは。

1北沢騎手が成績、回収率ともにぶっちぎり。
2騎乗数は少ないも高田騎手もほぼ同等の成績はあり。
3上位は軒並み関西上位から中堅騎手で占められている(平沢騎手は集計前半は美浦所属)
4複勝率ベースでみると小坂、熊沢、植野も良好。
5白浜騎手も全般アベレージよし(白浜騎手については別の傾向もありますのでまた後日、単独で触れます。)
6関東上位は五十嵐騎手のみ。ただし成績アベレージはかなり悪い。
7西のトップジョッキー西谷騎手は成績よくない。

8東の上位騎手山本騎手は明らかに初障害は成績がよくないです。
9高野騎手もアベレージは悪い。
10中村騎手、金子騎手は複勝はあっても頭なし。
11大江原は今のところ基本いらないで大丈夫。

12小野寺騎手も最近ちょこちょこ人気してますが初障害馬は基本いらない。

といったところですがそんなに変わらないですね。

ポジティブな方は

1,2,3,5、6については今も変わらないですね。4がちょっと増減あったかなというのと7の西谷騎手は特記するほど悪くはないですね。

ネガティブな方は

8は前よりは成績は上がっているものの悪いことは悪いですね。9の高野騎手は関東の中ではいいほうでこのまま残していいかは微妙。10は両方1勝はしていますがそれのみ。このままでもいいかなとは思います。11,12今も変わらずですね

 

ということで改訂版

1北沢・高田騎手が成績、回収率ともにぶっちぎり。
2上位は軒並み関西上位から中堅騎手で占められている。(東が微妙。)
3複勝率ベースでみると平沢、熊沢、植野も良好。
4白浜騎手も全般アベレージよし(白浜騎手については別の傾向もあります)
5関東上位は五十嵐騎手のみ。ただし成績アベレージはかなり悪い。

6東の上位騎手山本騎手は明らかに初障害は成績がよくないです。
7高野騎手は東の中ではましなほう。
8中村騎手、金子騎手は複勝はあっても頭なし。
9大江原、小野寺騎手は今のところ基本いらないで大丈夫。

 

という補足に加えて

10回収率ベースでは今のおすすめは平沢、植野

11石神は数字をあげている騎手。東では数字以上に注目だと思います。

12難波、上野、田村、佐久間(そして鈴木慶)あたりははっきり悪いですね。軽視でいいと思います

 

といったところが今の傾向かと思います。

まあ自分で見て馬券を買うときの判断に使ってください。個人的にはかなり使えるデータだと思ってます。

 

では。

 

ハンデ重賞の枠番別成績

  • 2018.01.15 Monday
  • 21:38

簡単なデータ記事です。

 

ハンデ重賞の枠番別成績という記事です。少し傾向はありますので残しておきます。

 

2013年〜先週

 

枠番 着別度数 勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値 シェア
1枠  23- 16- 19-189/247 9.30% 23.50% 84 71 11.20%
2枠  27- 17- 16-194/254 10.60% 23.60% 118 86 11.50%
3枠  19- 21- 16-207/263 7.20% 21.30% 90 80 11.90%
4枠  10- 19- 18-223/270 3.70% 17.40% 24 86 12.20%
5枠  14- 17- 15-229/275 5.10% 16.70% 41 60 12.40%
6枠  17- 13- 18-231/279 6.10% 17.20% 77 58 12.60%
7枠  14- 22- 17-254/307 4.60% 17.30% 35 64 13.90%
8枠  16- 17- 19-263/315 5.10% 16.50% 51 67 14.30%

 

という感じです。単純に頭数少ない割には数字もいいですし。1〜3枠と4〜8枠で一つ壁があるのはわかるかと思います。もちろん競馬って内枠のほうが有利な競技なんですが、きれいに壁ができるデータは少し珍しいかなと思います。大体緩やかに傾斜ですから。ハンデ戦で頭を悩ませているときのデータで使ってみてください。では。

18番人気が1日に2回馬券に絡む

  • 2018.01.14 Sunday
  • 18:37

ちょっとデータのお話。

 

今日の中京ですが18番人気が2回馬券に絡みました。

5R プラードデラルス

12R メイショウヤマホコ

 

中京の芝短距離といえば14番枠がよく馬券に絡む印象なんですが、メイショウはこの枠で18人気だったんですね。それは置いといて18番人気が馬券に絡むのは1年に多くて5,6回程度。1年に1度も絡まない年もあります(2013年等)

 

これだけでも珍しいんですが同日に2度絡んだのは非常に珍しくかなりさかのぼります。ここで18人気の馬券に絡んだ馬一覧。

 

日付 開催 馬名S レース名 単オッズ 人気 着順
2016. 7.30 2新1 ジュリアス 未勝利 3 296.2 18 3
2015.11.23 5京7 スズカステイボーイ 500万下 3 162.8 18 3
2015. 8.16 2新6 ヴァイオリニスト 新馬 2 187.8 18 3
2015. 8. 8 2新3 トワノキラメキ 未勝利 3 303.1 18 3
2015. 5.17 2東8 ミナレット ヴィクトG1 5 291.8 18 3
2015. 5. 9 2東5 マイネルシュバリエ プリンシ 3 156.6 18 3
2015. 5. 2 2東3 クィーンパレット 未勝利 3 210.5 18 2
2014.12.21 4名6 マイティディーバ 未勝利* 2 342.6 18 3
2014. 3.30 2名6 デルママツタロウ 未勝利 3 443.5 18 3
2014. 2.22 1小5 リネンヴィヴィッド 合馬特別500 5 244.9 18 3
2012.11.25 5東8 ヤマニンウイスカー キャピタ 6 397.4 18 1
2012.11.17 5東5 クリノチョモラーリ 未勝利・牝* 2 480.7 18 2
2012.10. 6 4京1 カシノガーネット 未勝利* 2 468.5 18 2
2012. 6.23 3阪7 サワノパンサー 米子SH 6 269.2 18 2
2012. 4.22 2東2 ダイワデッセー フローラG2 3 156 18 3
2011. 7. 9 4京3 ヨンハメモリー 未勝利 3 498.1 18 3
2011. 4. 9 2阪5 キングトップガン 大阪―ハH 8 477.7 18 2
2008.11.24 5京6 ドナフュージョン 500万下 3 208.9 18 3
2008. 9. 6 3新7 セントラルジョイ 未勝利 3 383.9 18 3
2008. 7.26 2小3 ニシノクニカラ 未勝利・牝 3 303 18 3
2008. 6. 1 2名4 エイシンブイダンス 未勝利 3 197.8 18 1
2008. 5.10 2東5 アグネススターチ プリンシ 3 166 18 2
2007.10.13 4京4 チャームダイヤ 桂川SH1600 5 196.5 18 3
2007. 6.10 2名8 カシノテンカ 未勝利 3 255.1 18 3
2007. 5. 6 2東6 ムラマサノヨートー NHKマG1 3 136.6 18 3
2006. 1.28 1小3 サララ 香春岳特500 4 97.2 18 1
2005. 5.28 2名3 キョウワエンプレス 500万下 4 282.4 18 2
2004. 9.11 4中1 ジューシールージュ 未勝利 3 340 18 3
2004. 1.24 1小3 コアレスベスト 500万下 6 213.6 18 3
2003. 6.15 2東8 エーピーグリード エプソムG3 8 271.4 18 3
2003. 2. 8 1小7 ナントウソニック 萌黄賞500* 3 171.4 18 3
2002. 4.21 3京2 ヤマニンリフューズ 500万下 5 207.8 18 2
2001. 7.15 1新2 デュアルライフ 未勝利 3 338.5 18 3
2000. 6. 4 2名6 タケイチショウリ 500万下* 3 474.9 18 3
1999. 5. 9 3京6 マーブルシーク 京都4歳G3 3 223 18 3
1998. 5.30 3東3 オンワードシンザン 未勝利・牝 3 304.6 18 1
1997. 7.19 2新3 ジャスミンノーブル 未勝利・牝 3 295.2 18 3
1997. 6. 8 3東8 タカノスポット 未勝利 3 412.1 18 2
1996.10.20 3新8 テークアフライト 未勝利・父 3 241 18 3
1996.10.20 3新8 イスズフェア 未勝利 3 111.9 18 2
1995.10.29 3新2 ドージマバルキリー 未勝利 3 99.5 18 1
1994.11. 5 1京1 リネンホープ 清水S1500 4 140.2 18 2
1994. 4.23 2東1 キクカリュウジン 未勝利・父 3 378.2 18 3
1993. 5.23 3東2 ハグロウォリヤ 500万下 4 172.5 18 2
1990. 4.21 2京1 トワノスキー 900万下 6 173.1 18 3
1988.11. 6 5京2 アルファレックス 菊花賞G1 3 116.9 18 3

 

という感じ。

一日に2件発生したのは1996年10月20日のイスズフェア(車関係のイベントみたい(笑))とドージマバルキリーまでさかのぼります。21年ぶりくらいですかね。今回は中京で2件でしたが。前も新潟で2件と同じ競馬場で発生していますね。

 

これでどうとかいうわけでもないですが、何か競馬の雑談ネタにでも使ってください。

 

ではでは。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM