きのう何負けた

  • 2020.07.06 Monday
  • 19:52

JRA、地方競馬、ボートレース、競輪、将棋、バックギャモン、麻雀、広島カープ・・・・

 

めちゃめちゃ負けました。と某ドラマをパロディにしつつ書き始めます(そういえば元ネタに出てた俳優さんふたりっこ(将棋が舞台の朝ドラ)でてましたね・・・)

 

すごく負けました。ドラゴンボールなら7つそろって願いもかなうんでしょうが、ドラゴンボールでもなければ七夕まではあと二日あるので特にそんなボーナスステージもなく。ただ負けた一日を競馬を中心に書いていきましょうかね。

 

前日はテレビ見て0時を回る前には寝てたと思います。予想も早く終わってのんびり過ごしてたんですよね。

そして朝起きるのが8時すぎだったような。結構寝ました。珍しいんですよ。もっと早く目が覚めるのでいつも。そして散歩は少しだけして、帰ってきてから朝ごはん食べつつボートのモーニング。普通に負けました。振り返ればこの時にいろいろだめですね

インから無難にではなくちょっと狙ったんですよね。それで普通に負けました。ルーティーンが崩れている中でやっちゃいかんなと思いつつ中央競馬に。リズム崩したままスタートしちゃ棚と思います。

 

今日ある程度買おうと思っているレースを見返すと、言い方は悪いですか、ちょっとリスクを持ちつつ狙ってる狙い馬が後半に固まっていて、無難に当てたいところは前半に集まってる。

考えることはこの前半で貯金をしたい。その貯金で16時30分まで押し切りたいということ。

具体には福島3Rのマイネルテューダまでにそれなりの貯金が欲しいと思いつつ参戦。

 

函館1Rはそれなりにうまく的中。障害は失敗。あたったけどガミ。そして福島1R、ここはとれるだろうと思ってたんですが、まさかの勝ち馬抜け。道悪のゴールドシップ産駒かと勝ち馬の馬名と毛色をみて思いました。けどこの馬大した戦歴でないのに5人気。馬券買う人うまいですね。この3つで福島1Rがしっかりお金を入れてたのでそのしっかり入れた分マイナス。

もうこの時点で嫌な予感はしてましたね。今日は厳しいなと最低限に負けをとどめつつ何とかしたいなという心理にはなってきましたね。

 

この合間にバックギャモンをやってさくさくと負けて。今日はこのゲームは運もないなと思ってひくことに。

 

そんなこんなで福島3Rにマイネルテューダは配当はともかく、勝つということと軸という意味では一番自信度はあったんですが、正直馬券も勝ち切る方にふって構成してたので、2着は痛恨、当たってお金も少しは増えたんですが、この時点でそれまでの負債を完済とはいかずに厳しいなと思ってました。

 

ここからはずっと厳しかったですね。なんだろうねえ。福島5Rとかは無理筋とは少し思いつつ配当も込みで考えればありとみて狙ってやっぱ無理かという感じ。

阪神4Rタマモゼーゼマンや阪神8Rラルゲッツァはやることやって力を出し切ってくれて負けたのでこれはもうたりなかった。私の予想が足りなかったというだけなのでぐうの音もでないというか。いいときはこういうのが当たるんですけど悪いときはこういうのが当たんないという典型的な例で。

私の予想はある程度位置取りで優勢をとれそうな馬を狙ってそこの分で力のある馬をしのげないかというアプローチと何かしらの変化で力の面でのびしろがありそう。それがどれくらいかはわからないけど。その伸びしろが勝ちまで届くか馬券内までかそこまで届かないかというこの2つのパターンが多いので、こういう外し方はもう届かなかったの一つなんですよね。

そこまでいかんかという感じで、その伸びしろを見誤った自分のミスでもう仕方なしだなとあきらめはつけやすいですが、「はあ」と疲労感は大きくなります。

 

そんな間に麻雀のオンラインでラスラス。将棋も負け負け。そんなにきれいにそろうならあのレースゾロできてくれたらよかったのにとかぶーたれたくなりますが、こういうときは思うようにはならないもの。

 

その合間にツイッターで競馬のことを中心にぶつぶつ。タイムラインで流れてくる持ち馬が好走したとか馬券が当たったとかいう報告が。初めにすいません口が悪くてと謝ってから書きますけど、こういう時にこういうのを見ると思うのはクソうぜえ(笑)。こっちが勝ってると何も思わないんですけどね。普通に負けてても何も思わないんですが、普通じゃない感じで負けてるとなんで金儲けたやつがはしゃいでるところに金減らしたやつがおめでとうとかいいねとかつけなきゃいけねえんだ。くだらねえと半分冗談、半分本音でイライラしながらみてました。

 

そしてメイン付近に・・・の前に訂正。半分半分じゃないですね。1割9割です。

 

メイン前にはラインベックに勝たれて、今日はすべてがダメだなとここで悟りました。しかし後の祭り。何がというと、もうメインの馬券買っちゃってた(笑)。そして最終も(笑)。

てへ♪とか入れたくなるところですが、お金使ってるので大惨事への一本道には行ってしまったようで、てへ♪どころじゃねえ。ああやべえやべえこれはだめだだめだとやばいテンションになりました。

期を紛らわすために、先週はこの辺から当たりまくったよなと思い出しましたが、私の人生、こういうことが2週連続であったことなんか一度もねえ。まああかんやろなと思いつつでした。

結果はあかん。そして最終まで・・・でした。

 

立ち合いは五分だったと思うんですけどね。そこから負けの一気の突き押しの防戦一方で土俵の下に突き出されたようなワンサイドの負けでした。

普通の人ならここで終るんですが、この辺であらかじめ買ってた競輪も負け。そして高知とボートへ・・・となりましたね。

 

高知も2歩進んで3歩下がるみたいな、逆水前寺清子みたいな負け方。ボートはかみ合ってなかったですね。うっかり買いそびれたレースで綺麗に本線が80倍とかツイてたり。あれ当たってたらねえとか結構な時間までひきずって結局負けでしたね。

丸野のまくり差しが当たって大惨事が中の大惨事くらいで収まったのが救いといえば救いかなとは思いますが。

 

早々こっちの赤ヘルは突き抜けましたが、私のファンのカープは普通に負けましたね。7つだけかと思ったら8つ負けてますね。

 

今日はダメだったと思ってたら、エクリプスSがあったの思い出す。7頭立てということではっきりいってミッドナイト競輪と同じ数。もう競輪買う気分で軽く買いました。

結果は・・・当たりました。何を買ったかといえば女王がいい感じで負けるような3連単。一般的におしゃれな買い方といわれるような買い方であたって、今日のギャンブルで一矢報いることになりました。

 

で配当、なかなかはいらんねと思いつつ、他のこととかしてたら次の日になってました。それに気づいたら配当も出て無事そこはプラスになって7月5日の最後は当たってよかったなあとほっとしました。

 

あれ、これお金はいってきたの7月6日になってからかそれとも5日の内に確定出てた?それなら5日は負けっぱなしか?普通そうカウントする?とかどうでもいいことを考えつつ寝床について現実から離れることになりました。

 

今日になってもはあ・・・ですよね。けどここまで負けるともう次々という気分です。とりあえずボートから頑張って来週に取り返したいですね。この愚痴記事で少しは発散して巻き返したいと思います。

そうそうその前に他力で負けたくない勝負が火曜の朝に。クマホンのキャッシュバックキャンペーン。ボートのキャッシュバック。2万円があたるってやつ。倍率は20倍強。あたれば明日の朝に入金。この2万舟券、普通の舟券よりぜひ取りたい。

ギャンブルの神様、なんとかここで金よこせ(笑)。ちょっとは貢献してると思うぞ(笑)

 

 

岩田望騎手の乗り替わりについて

  • 2020.07.05 Sunday
  • 22:25

ちょっとコメント欄でも貰ったんで記事にして書いてみます。これについて思ったこととかある方、読んで思ったことがある方はコメント欄に気軽に意見をいただければと思います。名前は「匿名」とか「匿名さん」とかで結構ですので

 

何かというと岩田望騎手が土曜に病気で全乗り替わり。日曜どうなるんだろうということがある中で日曜の朝にもう一回全乗り替わりと発表。病気とわかってるのに土曜の夜から減量もついてる状態で馬券を売ってるわけですよね。そして朝起きたら騎手が変わってる。場合によっては斤量も増えてるというケースがあるわけです。

 

岩田騎手については今回が今年2回目なわけでそれについてコメントがあってちょっと記事にしてみようということです。

コメント欄に頂いた2月の記事はこれ。

 

(日曜の乗り替りについて)

岩田望騎手が土曜病気で乗り替り。日曜朝まで保留で結局乗り替りとなりました。

これ関係者も馬もそして予想してるファンも大変ですよね。若手騎手が少しでも乗る可能性を模索したい気持ちもわかるのでいいにくいところもあるんですが、これやっぱよろしくないですよ。日曜は乗れるんかなと思って前売りを買ってるファンもいるわけですからね。

若い騎手にこういう判断を求める形にするよりは、もう病気で土曜騎乗できない状態なら競艇でいう前検不合格という扱いで土日騎乗は不可でもいいと思うんですけどね。ルール化してあげることで若い騎手もあきらめやすくしてあげるという意味でも。頑張る意欲をみせないことがマイナスになるんじゃないかとか新人騎手とかは考えてしまうのもわかるんですよね。なのでこの辺をルール化してあげるのもと思います。

けど少なくとも前売りを売ってるわけで土曜は休んでるわけですから、日曜直るかもしれなくても土曜夜の前日売りまでには可か不可かの判断かはしないといけないと思う。馬券売ってるわけですから。しかも乗り替わることで斤量も変わる可能性もあるわけですから。個人的には日曜朝が最終判断する場所じゃなく、このケースは土曜の夜前売り前が最後の判断場所だとおもう。

あくまで私の考えですがそういう風に思います。

 

こういう話。

馬券購買者の問題点としては土曜病気で休んでいる騎手を明日乗れるのかどうか。誰に変わるのかわからないまま前売りを買わなきゃいけない(前売りしか買えない人もいる)

馬主さんとか関係者もそうですよね。前日病気の騎手を登録してるからって乗せるのか。ちゃんと本当に乗れるのかとかいうのはありますし、それは厩務員さんや調教師の先生も多かれ少なかれ感じるところですよね。まあ彼らは同じトレセンにいる人間として僕らや馬主さんよりは仲間意識のほうが強いでしょうが。

 

そして岩田騎手の立場になると、土曜日病気です。日曜どうすると聞かれて若手という立場を考えると「明日までに直します」て答えしかないと思うんですよね。

 

個人的には土曜日病気で休んだ時点で日曜も騎乗は不可とルール付けしてもいいと思うし、若手の立場とか考えてもしてあげたほうがいいと思うんですよね。これを本人の判断に任せるとどうしても「頑張ります」の方向にしかならないと思うし、乗らないと自分で判断するとマイナスにとる関係者も少なからずいるかもしれないしそれを嫌がられる人もいるかもしれないし、嫌がられることを不安に思うとどうしても頑張りますの方向になりますよね。

 

このケースの場合、個人的には判断の場所はこれくらいだと思います

 

・今回と同じ当日朝。

・土曜のより前日売りをするまでに判断

・土曜に病気で休みの時点で日曜も騎乗は不可

 

この3つだと思うんです。

もちろん1頭でも騎乗馬を無駄にしたくない。1日でも騎乗したいという若手騎手の気持ちというのは大事だと思いますし、その気持ちは尊重しなければという気持ちはあるんですがこれがただのスポーツなら本人と関係者の問題でいいんですけど、これ馬券うってるってことなんですよね。お客さんにお金をださっせてうってる以上、お客さんのことを考えたタイミングで決めないといけないと私は思います。ファンも真剣に予想してお金をだして馬券を買ってるわけですから。

 

個人的には土曜の前日売りの時点がリミットだと思います。そこで日曜騎乗できるめどがなければ騎乗不可。乗り替わりでいいと思う。誰に乗り替わるかは当日でもいいと思うけど乗れるか乗れないかの判断は土曜の夜がいいのかなと思います。

 

騎手の立場や関係者のことを第一に考えると、個人的には今の形もありですけど、馬券を売るという意味ではそれは不親切。いちばんすっきりするのは病気で土曜は騎乗不可なら日曜も不可とルールにしてしまうのがみんなすっきりしていいのかなと思います。

日曜のあの馬にどうしても乗りたい(乗せたい)というところのすっきりはないかもしれませんがそれ以外はすっきりしてると思います。

 

これはあくまで私の意見、みなさんはこういうのをどう思ってるか聞いてみたいところはあります。ご気兼ねなく。

ということでたまにはこういうことも書いて寝ます。おやすみなさい

 

 

 

 

今週の感想(7月4,5日)

  • 2020.07.05 Sunday
  • 17:16

とりあえず土曜分だけです。簡単に。

 

(土日の競馬)

調子は良かったですね。自信度があってしっかりお金を入れたレースはあまりでしたが、さらっと買ったその次のグループの馬たちがことごとく結果を出してくれました。特に福島8Rのドラゴンズバックには助けられて、これで明日も込みで負けはなく競馬を楽しめそうです。

日曜は勝ち分があったので気楽にやって気楽にがっつり負けましたね。全然でした。先週みたいに後ろで波が来るかもと期待したんですが全くきませんでした。今日の負けはボートで取り返しますが、延長戦頑張ります

 

(土日の狙い馬の回顧)

<土曜>

阪神5R ラマルセイエーズ 着外

人気も思ったよりはしなかったですが結果は着外。ただスタートは決めて先行勢を前に行った後ろに控えてずっと引っ張り切りで直線向いたんですよね。正直突き抜ける絵も浮かんだんですがはじけずにずるずる。

道悪がうまいのかなというのもありますが、当面思いつくのは今回は距離長い。1200mに短縮ならよさそうだなと思いました。厩舎的にも短距離寄りですからね。スピードでは通用してるので未勝利でも戦えるのは間違いなく、いい条件の時にしっかり狙いたいですね。

 

阪神7R アサケエース 着外

スピードは豊かで先手は取れますね。ただ楽なようで止まったところを見ると、これまでの内容を踏まえてもマイルは少し長いんでしょう。ベストは1400m、そして1200mかなという気はしました。距離短縮で狙いましょうになりますしいずれそっちに移行してレーススタイルも差しに移行していくような気はします。そう変わっていくタイミングでおいしいところで狙いたいです。

 

<日曜>

阪神7R エースレイジング 着外

距離短縮で妙味と狙いましたが、引っかかってた内枠があだになりましたね。自分のレースをさせてもらえませんでした。すいませんでした。馬自体は見直せると思います。そもそも中距離でもしっかり走れている馬ですからそこに戻したら普通に上位でしょう。あとは1400mでも外枠ならだいぶ違うと思います。今回の慣れを見こんだ次走も含めて注目です。

 

阪神8R ラルゲッツァ 着外

ある程度やってほしいことはやって力を出し切ってくれましたが、結果は足りずすいませんでした。

ただどこまで伸びしろがあるかってのはちょっと読めない部分もあるのでこういう可能性があるときにはしっかり狙って、来た時には仕留めるという気持ちは持って狙いたいです。人気もそれなりにしないでしょうというの込みですが。

次走以降については芝も距離もめどはたてましたしクラス上位で引き続き注目なんですが、それなりに人気もついてくると思いますしそれこみで本命か相手有力とかかんがえることになりますね。

 

阪神10R ミステリオーソ 1人気2着

これは指名ミスでしたね。申し訳ありませんでした。

1勝クラス勝ちの時計と内容。そして前走が落鉄ってことでそれで勝ち馬と1秒くらいで走ってるということでもっと強い馬と思ってたんですが、今回の内容込みでいろいろ考えてそこまでの馬じゃないですね。少なくとも1800mという条件では。

2勝クラス上位、3勝クラスでも勝ち負けできるだろうけど、前走は落鉄なくてもどう転んでも勝ち負けできなかったでしょうね。

距離を短くしたり、マイルとかワンターンのコース使ったりとか少し変えると馬の力がまた出るかもしれないですけど1800mでは2勝クラスは勝てる馬でしょうし、OPまではいけるけど少し時間はかかりそうですね。

あとはラインベックは見誤ってました。すいません。決してダートがいいという気もまだしないんですが、2勝クラスのこの相手ならエンジンが違うというとこでしょうね。色々間違えてすいませんでした。

 

(CBC賞)予想結果:抜抜抜 本命:タイセイアベニール2人気4着

予想は全然でした。申し訳ないです。

本命タイセイアベニールはちょっと位置取りがちょっとなんですけど悪くてその分が少しずつ悪くなったという感じでした。想定内ですけどその中で少しずつ悪い分で馬券内は取れなかったという感じで。安定している人気馬の弱みというかマークされる分、少しずつうまくいかんかったなあと思いましたね。

松山騎手もひところよりは最近少し乗れてないですね。それもあって、少しずつマイナスがあって結果4着までって感じでした。

 

勝ったのはラブカンプー、振り返れば韋駄天S、よくみれば上りもそこそこだし勝ち馬との差もそこそこ。復調気配はありましたね。それに気づいてればこの相手なら狙えたかもしれないですけど。けどダートを使ったのがいい刺激にはなったような気はしますね。おめでとうございました。

 

アンヴァルはレース経験を積むことでレースの引き出しも増えて、枠も生かせるレースができるようになりましたね。展開も味方しましたがそっち側の馬になれてるのが好走の要因でしょうね。

レッドアンシェルも復調気配。枠を生かして上手にレースできました。復調気配ですが、ちょっと前の一番いい時期までは戻りそうな感じはないですね。

 

クリノガウディーは右回りでももたれてましたね。横山騎手も右周りは初めてでてこずってましたね。なかなか代打では難しい馬なのかなというのはまず印象。調教乗ってて一番乗ってる森騎手でここはよかったんじゃないかなという気はします。ちょっとコントロールに一癖がありそうでテン乗りで完全にコントロールはできないようです。

あとは2番きかないなというのも感想としてはありますね。それも踏まえて次以降のセットも込みで騎手を固定して使い方も工夫していかないと難しいかなという気はしますね。エンジンは抜群なんであとはそれを出せる条件そろえることです

 

(ラジオNIKKEI賞)予想結果:抜抜△ 本命:ルリアン3人気着外

こっちも残念でしたね。本命馬も含む血統馬が小回りで難しいところを出して、その間に逃げて力をだしきったバビットが力を出し切れたという事ですね。

前走の通過順がパラスアテナ以外はみんな1〜3番手を推移していた馬ばかりでしたので前でレースするということが他の馬が自分の形にならないことも含めて、効果のあるレースだったということでした。

 

あとは血統馬崩れたなというのが感想ですが、その中でディープキングはああいう感じで展開つけたのは収穫。あれができれば重賞でも着をとるチャンスはありますね。そして血統馬がこれだけ出てきた背景にはコロナの影響もあるんでしょうね。また自粛とかで使うレースに制限がかかるかもしれないので使えるうちに使って賞金重ねようという感じはみえました。

いつもならもうちょっとどっしり構えて福島パスして条件戦に行ってたような血統馬も使ってたような気はします。陣営は本当にいろいろ考えてるんだろうなと感じるメンバーでもありました。

パンサラッサはレース経験が豊富な面がこの乱戦で生きたというとこでしょうか。いいレースでした。

 

あとは本命ルリアンは頑張ったんですが大きい馬ですし小回りも合わないのもありましたけど基本は力負けでしたね。失敗でした。申し訳ありませんでした。

 

 

7月5日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.07.04 Saturday
  • 18:03

こんばんは。

 

雑談2つほど。

まずは先週の話。先週のSGグラチャンで徳増選手がSG初優勝。45歳のベテランでの初優勝となりました。なんか好きな選手だったのでうれしかったですね。結構個性派で優勝したときのガッツポーズでなく敬礼とかピットアウトの足ぴょーんや独特のインタビューに独特のいでたちで非常に個性派の印象。

一昔前はスタート速攻型ではまれば強いけどという印象はありました。静岡が服部選手に三羽ガラスが大きいレースの斡旋がはいりやすくて、なかなかいい斡旋が入らない。結果を出していい斡旋の入る静岡Aに上がったと思ったらスタート事故って休んでるってのが何年も続いた印象で、結果に連続性がなくかみ合わないなという印象でした。

ただここ数年、スタート力はあまり落とさずにバランス型にうまく移行してエンジンだしも安定。高いレベルで安定してたので結果に結びついてほしいなと思ってた選手だったのでうれしかったですね。

去年の第一回ボートレース甲子園。選手宣誓を44歳なのに高校球児風にしっかりしたのは好感でこういう40代になりたいもんだと40台になったばかりの私は思ったものです。そういう面ですごくかっこいい人だなと思ったのは覚えてますね。

そんなボートレース甲子園第2回ももうすぐ開催。今年はどうなるか楽しみですね

 

あとは少し真面目な話、将棋界も盛り上がってますね。こうなってくるとこうした方がと思う事もあるんですが、これはSNS上では発信しないようにしています。競馬、競艇はそういうことを言ってもいいかなと思ったりはするんですが。

何が一番違うかというと自分の中の線引きはお金を使ってるかどうかなんです。理由はいくつかあって、SNS上だとちゃんとその業界にお金を使ってその中で色々感じている人とただ見ている人同じように受け取れるように発信できちゃうんですよね。正直、これはお金を使ってる人に申し訳ないと私は思うんです。ちゃんとその業界に貢献している人の意見が通ってほしいとおもうので。将棋に関してはモバイルアプリの月500円くらいですからね。お金使ってるの。それで思ってる意見を受け取ってもらおうとはさすがに思えないです。

後は、その業界にお金を使わない、SNSで文句ばっかり発信してるとなると、その業界にとってマイナスでしかないわけですよね。あっち側の立場でそういう人の意見を聞くかというと聞かないですよね普通。私があっち側の立場ならはっきりいっていなくなってほしい層のファンだと思うのでそんな人の主張もきかないよなと思うし聞いても一番最後だよなと私は思うので。一般的にレジャー関係の業界、将棋界はもちろん競馬も競艇もあっちの方は全般、もっと広い視点でとらえてるのでそういう考えはないと思いますけど。

そういうお金を使わない層の意見も大事だという人もいるけど、それはお金を使ってる人達や業界側がいうことであって使ってない側がそういう主張をするのはちょっとずれてるなと私は思うので言わないようにしています。

こういうことを書くと何かいいたいこともあるのかなとなってしまうのでダメですが、その辺は自分が大事にしているラインではあります。

 

小難しい話になりましたね。予想の話にいきましょうか。

 

※岩田望騎手予定の馬は()をつけてます。乗り替わりの可能性もありますので注意してください。

 

阪神

4R 2 タマモゼーゼマン 富田 C

短距離である程度の位置につけて、なだれ込む形で中間着が続いてた馬。今回は休みをしっかりいれて減量騎手で調教もかなりしっかりしてる。変わるならこのタイミング。力のある馬はいますので勝つまではいいませんが2,3着は取れてもと期待して狙います。

 

6R 10 ユキマツリ 泉谷 C

先週の調教がかなりよかったようです。元々スピード負けはしていない馬ですし道悪も合うんじゃないかと血統面でも期待。減量騎手もよさそうでちょっと無茶気味ですが狙っていきます

 

7R 1 エースレイジング (岩田望) C

ダート中距離でかなり前進気勢が目立つ馬で距離短縮自体はいいはずです。1番枠は嫌な要素でしかないですが、人気もなさそうなので狙ってみます。短距離自体は合うはずですしここでもエンジン性能は上位のはず。この条件の割には逃げ先行の馬も多くはいないのでその辺も込みで狙います。

 

8R 6 ラルゲッツァ 秋山 B

ダートで勝ち上がりましたが芝ではデビューから3戦。マイルで2着を続けて、1200mに短縮で1人気6着でした。この6着もとんでもない先行激化のレースでその先行に巻き込まれた口で度外視はできます。

芝に変わるのはプラスにでるのではと思いますし、一息入れてここを使ってきたのも狙ってる感があっていいですよね。実際マイルでは楽に先行できる感じもあって1200mではハイペースに巻き込まれて崩れるというところから1400mくらいがベストなのかなとも思います。枠も前走(ダートですが)の外枠から、かなりレースしやすい枠に変わりました。平田厩舎で秋山騎手なら勝負気配もあるでしょうし、人気もないでしょうから配当妙味込みで一発狙ってみます。

 

10R 11 ミステリオーソ 北村友 B

ラインベックの初ダートとかありますが、とりあえずそれ以外の馬とは相当差があると思います。ラインベックも初ダートでこの馬くらい走れたら相当なもので、この血統でこの感じからダートで相当なもののレベルにまでは達しないと見ます。

そうなると人気でしょうが勝てるでしょうという事でラインベックが単のオッズを少しでも吸ってくれることを期待して単系で狙い

 

11R 9 タイセイアベニール 松山 C

シンプルに勢いあって安定していて騎手もいい。この条件も合いそうということですね。あとは相手関係で万全な馬も少なそうなのでクリノに走られても上位は確保できそうと見込んで狙い。

 

福島

1R 3 マジカルステージ 西村淳 C

強そうな馬もいますが、困ったら関東遠征の関西馬ですね。シンプルに

 

3R 5 マイネルテューダ 津村 B

マイルを使ってるころ、そして1400mの前走からずっと先行できていてさらに短縮の1200mはいいでしょうね。そして前走は8枠の厳しい競馬から今回は内枠。枠が内になる好転もありますし、単純に開幕週の内枠というのもいいでしょう。力はここでも上位のはずでそれなら素直に狙います。

 

5R 10 アヴォロンティ 木幡巧 C

古馬と引けの取らない動きにしっかり調教もできているこの馬。操縦性もいいらしいので福島、新馬では生きるでしょう。人気馬血統馬多いので勝つとはいいませんが、なんとかその中で2,3着にするするとというパターンを期待。

現実的にはそこそこ走りそうな背景の馬がそろってるので人気のスワーヴ外した上位、関西勢でのボックス。スワーヴきたらごめんなさいって狙いが馬券の妙味的には面白いと思います。

 

7R 11 ファインアイリス 津村 C

外枠に泣いた馬が少し枠は内に入りました。見せてるパフォーマンスはこの中での上位グループの一頭だと思いますし、枠の好転で少しプラスがあれば勝ち負けあっても。もちろん人気もそこそこだと思うのでその辺の妙味込みで狙います。

 

12R 6 カシマフウリン 菅原明 C

勝つ確率が高いのは16番の3歳馬。相手候補の穴でこれですね。福島1150mは勝っている条件ですし、陣営もここ目標で仕上げてきたようです。そこで減量騎手も起用で枠もいいところが当たってと条件は全部そろった。決め手の部分ならここでも上位で強い馬がちぎった後の紐でも前がばたっと止まった嵌まる展開のパターンでも上位に浮上するんじゃないかと見込んで紐穴でねらいです。

 

函館

1R 8 カモミールティー ルメール B

初戦は時計優秀なレースで見せ場のあるレース。同じレースへの出走馬もいますが次走への伸びしろがありそうなのはこっちと見ました。鞍上強化なくても逆転可能とみていて、鞍上強化もあったのでこっちを信頼ですね。相手で評価はその先着馬と唯一2戦走ってるセントポーリアの経験。あとは前走ふらっとしたとこがあったビップあたりを高評価します。

 

6R 6 メイショウトラヒメ 古川吉 C

位置取りが下手な馬ばかりのメンバー構成。この中では内枠当たっていて内前で立ち回れそうなこの馬に期待。

 

次は重賞。

 

CBC賞

◎09タイセイアベニール 松山

〇08ロケット

▲07クリノガウディー

△11アウィルアウェイ

 13ミッキースピリット

 04グランドロワ

 14ディメンシオン

 

買いたい馬は少ないですが本命は狙い馬の通り。

対抗は本命まで考えましたね。勢いあって距離短縮は良さそうで前目で勝負できて斤量も軽いということでいかにもですし本命も考えましたがタイセイの充実度を上にとったということにします。

クリノガウディーは力は一番、1200mもいいですが、2番がきかない印象があって前走の好走の後の今回どうだろうとひっかかって少し下げました。人気ですしね。残り2枠をとればいいかということもあってこの評価にしました。

 

後はなんとなくですね。力のあるアウィルにミッキーは推奨したらこなくてその後連勝と相性悪いですが勢いあるのでグランは逃げるでしょうし道悪もうまいですから。4番枠も込みで評価。

 

あとは何にしようか悩んで消去法で残ったのが14番という感じです。

 

ラジオNIKKEI賞

◎12ルリアン 坂井瑠

〇05サクラトゥジュール

▲08グレイトオーサー

△03アルサトワ

 11パンタラッサ

 09パラスアテナ

 04コンドゥクシオン

 

なんか相性が悪いレース。ウイン5の最後でこれが当たって当たったことはあるんですが、馬券のいい印象はほぼない。

自分の好みはここではサクラなんですがなんか違う気がしたんですよね。それでルリアンにしました。前走からしっかり間隔をあけてここに狙ってきてるという面にも期待をしてますし、キズナ産駒で佐々木厩舎でノーザンFでとなると期待馬かなと勝手に見込んで。小頭数の外枠もレースしやすいでしょうし、わからないところもあるので自分の感覚から少しずらしたところを本命にして軽く買って様子を見る方向にとどめてみます。

ただ血統的には1800m短縮もよさそうですね。条件は合いそうということも期待しています。

 

後は力ありそうな馬に印を回したつもりです。堀勢に少し調子の上がってきたゴドルフィン勢の前残り期待で印をまわして、最後はもう1,2頭で悩みましたが結論は4番ということでコンドゥに印を回しました。

 

 

7月4日狙い馬、穴馬

  • 2020.07.03 Friday
  • 21:51

こんばんは。

 

ツキが変わりましたね。7月になってというかなるに当たってなんとなく契約していたネット系の月締めの契約物をいろいろ整理しました。全然みてないものも契約していて、ちゃんと整理しないといけないですね。

その中で大物も一度解約をしました。レジャーチャンネル。

ニュース番組が終了でレース映像も各場が配信してくれている。そして映像自体もスカパーのほうが少し遅いんです。ターンマーク1周分から1周半分くらい。

競艇バラエティも新作がないので見たやつばっか。もうそうなると入ってる意味ないよなと思って(1200円くらいするしね。)、とりあえずお試しで1か月解約することにしました。

スカパーは21,2歳のころかなあ。グリーンチャンネルに入ってから20年近くずっとお世話になりました。ひところはJスポーツとかとかピンクチャンネル系とかフジテレビ系とかいろいろ契約してましたが徐々に減っていって残ったのはグリーンチャンネルとレジャーチャンネル。

そしてグリーンチャンネルはスマホでもみれるWEBに移行して、最後に残ったのはレジャーチャンネルでした。住処がアンテナを立てても受け取らない場所になり、オンデマンドにしたのが昨年4月。レジャーチャンネルだけみてましたが、それも最後。

基本料金だけは復帰の可能性もあるので1か月は残してますがこれもいらないなとなれば完全解約とするかもしれません。

長いことおせわになったものが最後になるかもという感慨もあるんですが、本当に映像媒体がいろいろ移行してるんだよなと感じることですね。5年前にスカパー完全解約とか考えもできませんでしたから。時代の移り変わりを非常に感じます。

 

もう一個解約したのはニコ生。これも将棋中継とかでなんとなくプレミアム契約してましたけど、これも時代の移り変わり、どっちかというとあっちが縮小してABEMAに移行してただでみれるのでそっちに移ったという感じ

自分の守備範囲が大きくかわってきてるので映像媒体も動いてるのを実感します。なんか自分向きで自分が全く気付いてない媒体あるんだろうなあとなんとなく感じます。

皆さんこの人こういうの興味ありそうだけど全くきづいてなさそうだなと思ったら、このおじいちゃんにいろいろおしえてくださいね。思ってる以上にこのおじいちゃん。時代についていけてないですから。

 

という事で狙い馬。中京・・・じゃなく阪神なんですね。

後は福島はシコウはしつこいので狙いにはしませんが個人的には馬券は買います。勧めはしません

函館はルメール騎手が少数ながら結構いい馬いろんなところから集めてる感じのラインナップ。乗らないとはいわないけど少しイメージない厩舎とかにも乗ってるのでこれがどっちに出るかはちょっと楽しみですね

 

阪神

1R 7 マイネルニルソン 国分優 C

初戦から一つ叩いて上積みはあるようです。その初戦も大外枠から外を回して1秒差というほど負けてない。枠が内になって出来が上向けば勝負圏内に入ってもという事で期待。あとはちょっとだけですが鞍上強化もありますね

 

4R 4 ロックグラス 秋山真 C

仕上がりはよさそうですしいい枠。先行タイプも少なくまくりになってもできそうなメンバー構成。地力もここでは上位で狙い。

 

5R 5 ラマルセイエーズ 和田 C

仕上がりは厩舎コメントを見る限りよさそうですね。その厩舎も短距離が得意な血統で血統馬の盲点で人気もしなさそうなので狙い。

 

7R 6 アサケエース 泉谷 C

血統馬や勝ち上がりばかりで素質ありそうな馬はいますが3歳で走ってる内容で一番強いのはこれ。先行力もあって減量騎手もいい。力はある馬の割に人気もしないのでごちゃごちゃ考えずに今まで通り走ってくれて他が崩れた残り目期待で狙い。

 

12R 6 サンライズラポール 和田 B

前走はもまれて終了。力はある馬だと思いますし、中間の調教でも好時計でできもよさそう。すんなりならあっさりもあるとみて狙い。

 

福島

4R 8 フライクーゲル 小野寺 C

前走はOP2戦目でかなり勝ちに行く競馬で最後甘くなりましたが、この条件なら通用するところは見せました。前々走は大事に乗りすぎて、前走はやや積極的すぎ。そろそろ馬の力を出し切れるピントも合うんじゃないかと期待して狙い。

 

7R 4 フロントフリップ 田辺 C

ちょっと今までダートを使ってた理由がわかりにくい馬。血統は見る限り芝ですね。

何故ダートという点は足元ですかね。理由はわかりませんが単純に芝替わりにも期待ですし、足元理由なら一変もありそうで期待です。

 

8R 8 ドラゴンズバック 北村宏 C

芝でもそこそこですがベストはダートの短距離でしょうね。一息もはいって立て直してますし得意条件で3歳いっぱいいる中でも一番一変がありそうということで配当妙味も込みで狙い。

 

函館

1R 1 ロジネイア 池添 B

初戦のパフォーマンスからは普通に一番強いのは6ホーキー。ただ相手は力を出し切ってのもの。こっちは前走は外枠で外を回して届かない競馬。伸びしろはこっちにあるとみて逆転期待の狙いです。鞍上強化もプラスで見込んでいる要素の一つです。

 

3R 1 ユーメイドリーム 大野 C

前走は進路取りがうまくいかず詰まって終了。力を出し切れば勝負圏だと思いますし、騎手大野騎手で馬主は大野騎手の父親。ここで結果をださないと未勝利ももう時間がないですから、同じ失敗はしないと気合は入ってると勝手に期待して狙い。

 

4R 2 メイショウシシオウ 菱田 C

前走は捌きにややもたついてます。そこがうまくいけば一気の着順アップも見込めるのではと期待して狙い。

 

5R 3 プライムデイ ルメール C

新馬成績にいい騎手に厩舎ということで

 

9R 3 リーガルマナー 藤岡兄 C

初戦の内容からある程度の大物感はありそう。2戦目は崩れましたが休みを入れて立て直してこの相手なら勝てるとみて狙い。

 

11R 7 ショウナンアリアナ 池添 C

前走は直線でうまくさばけずに負け。それでもいい脚は使ってました。そこで池添騎手への鞍上強化、調教もよくて枠もそこそこいいところ当たって、詰まった分がスムーズならここなら上位とみて狙いにします。

 

ということで今週もぼちぼち頑張りましょう

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM