障害帰りの平地使いについて

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 19:13

簡単に。

 

これ障害を普段買わないような人からまですごいよく言われます。「障害帰りは買い」みたいな話。昔のテンジンショウグンとかそういうところからでしょうか。実際のところはそんなに来るわけでもありません。近年はスカイパッションくらいですかね。年に一本そういう馬が絡んだらいいほう。年に一度も実際のところは来ません。

 

ただ先週、ベステンダンクが鮮やかに快勝。あとは目立たないところで数週間前のシゲルノマオイが上がり32秒台の末脚で4着とかひそかにそういう馬の流れは来ています。とりあえずシゲルノマオイは面白いと思います。

そしてそういう馬が出てきたときには実際のところはそんなにポコポコくるわけではないとおもいつつ冷静に狙ってみてください。

今週の感想かいた後のいろいろな感想

  • 2018.06.18 Monday
  • 18:42

こんばんは。

 

(地震)

皆さん大丈夫でしたか。私は関西の中央部ではないですが、揺れがそこそこあった地域には住んでいましてちょっとびっくりしましたが大阪は結構大変ですね。地震のあとも余震は続いているようで心配ではあります。天災のことなのでなんともできないですが、こういう時は祈るのみですね。

個人的にはこういう時はSNSも極力抑えてと思ってますがブログは見たい人だけ見にこれるのでここでは普通にやらせてもらいます。

けど個人的に思ったのはこういうときこそその人のパーソナリティーがSNSは出るなと思いました。似たようなところに住んでいる人なのに方や自分のことはさらっと語って周りの人に大丈夫ですかという人がいれば、自分のことや自分語りにばかり立て続けに書く人もいて、こううときこそどれだけ周りの人のことを考えてるか自分のことしか考えてないかってのが出るなと思ってしまいました。

少なくても緊急で情報の欲しい人もいるわけですから、大丈夫な場合は自分としては自分の安否は簡単でそのあとは周りにきくばれる人間でありたいとは思いました。自分への戒めですね。

 

(昨日の感想の後)

昨日、ここで感想を書いた後ボートをやってましたが、どでかい配当を取ることができました。そのおかげでそのあとはずっとニヤニヤして過ごしてました。

個人的に追っかけてる選手がいて藤〇選手なんですが。この人の出るレースは極力買うようにしています。この選手からは一切買わないんですが。だいたいA1なのにスタートが20とかばかりで外枠入ったら前づけして豪快にへこみまくる。なのに無駄に展示タイムはいつもいいという選手でどこで勝率稼いでいるの?と思う謎選手ですがこの選手がいるとイン以外を本当に買いやすいです。

だいたいどこ走ってるかは把握しておいて、出ているレースは他の選手を買って楽しんでます。興味のある人は追っかけてみてください。外からいい配当がとれます。

 

(そして今日の住之江)

やってるの?ということにびっくり。中止にしたほうがとは思いますが。そういえば東日本大震災の時は津波がとかいってるのに蒲郡が強硬開催してフルボッコで叩かれてました。自重したほうがとは思いますがやるとなったら楽しみたいところですね。

個人的には2号艇の星選手を注目してて、年始に舟券でいい思いさせてもらったこととよくナイター走っていることから今年はずっと注目しているんですが、絶好調で常にエンジンも出ていますしキレのあるレースをしています。G1にもなかなかでない選手ですが、今のところダービー勝率はクリアで優勝回数も3回と来年の総理杯も見えてくる感じでここまで来たらSGでれるところまで頑張ってほしいなと応援しています。

今日も少し舟券頭で買って応援します。

 

(来週の障害)

重賞だけで1つしかないんですね。未勝利もなし。なかなか珍しいんじゃないですかね。これからどんどんこういう開催が増えていってなくなっていくんじゃないかと少し不安ですね。

 

という感じで終了。

今週の感想(6月16、17日)

  • 2018.06.17 Sunday
  • 17:55

(土日の競馬)

今週はあまりよくなかったです・・・

土曜は狙ったレースいくつかありましたが、一つは当たるも本線でなくちょいプラス。あとはハズレで結構負けました。

そして日曜は比較的積極的に午前中から穴でねらったんですがちょこちょこは当たるも紐がうまくいかず。基本はハズレまくりでかなりの額負けました。結構負けてるので金額抑え気味にした障害は当たったりしてちぐはぐ感もありうまくいかないなと思いつつ、東京メインに。ここは事前に買ってたんですがこれが馬連が的中でそこそこお金が帰ってきました。それでもかなりの額負けてました。

ただこの資金でふと思ったんですよ。東京最終のウラヌスチャームはそこそこ自信あるしちょっと思い切って取り返しにいってみるかと。あまり思わないんですけどね。それで結果は評価していた馬がずらっと上位をしめて3着馬も人気のない馬で。取り返して倍以上おつりが返ってきました。競馬ファンでは結構あるパターンだと思うんですが私はあまりこういうことないので正直結構びっくりしました。何年かぶりだと思いますがまあよかったよかったです。こういうこともあるんだなあと思いながらこの記事書いてニヤニヤしてます。

 

(函館SS)予想結果:抜△▲ 本命ティーハーフ7人気13着

予想もさるものながらセイウンコウセイも1番枠から逃げて逃げ切り。いろんな意味でダメダメな予想で申し訳ありませんでした。結果としては1番から逃げるまで外の馬も待ってくれたようでその点楽でしたね。それに1200mにしては馬群もばらばらしてて差す馬には難しいシチュエーションになりました。アドマイヤゴッド以外上がり上位の馬が軒並み二けた着順なのは前に向く流れだったことを表してるかと。セイウンコウセイ自体は復調気配はあり、ようやく戻ってきたということですね。サマーなんちゃらを狙うのか、G1をもう一度狙うのかその辺で微妙に今後は変わるかと思いますが警戒は必要ですね。

 

2着馬ヒルノデイバローはしっかり差し込んで2着。力のいる芝で内をさばいて抜けてくるというのが簡単に言えば好走パターン。その条件が嵌って上位に来ましたね。今の函館の騎手レベルでは四位騎手はうまいほうでその辺も生きたと思いますね。上で触れたような条件ならこの後もチャンスあると思います。スプリンターズSの舞台も枠次第では紐まであるかもしれませんね。

 

3着ナックビーナスは充実してますね。レースが自在になってきて安定感が増してきてどんな条件でもしっかり上位争いしてきます。枠が良ければ常に警戒は必要な馬ですね。ワンパンチ足りないところは奥の手逃げか後方でためて切れ味勝負という競馬ができたら補う可能性はあります。いろいろできる馬に徐々になってきているだけに今後は注目です。

 

本命ティーハーフを含む差し馬組にとっては合わない流れでしたね。それに尽きるという感じ。合う流れならまだチャンスはあるんじゃないですかね。

 

ワンスインナムーンは力量はある馬ですが、崩れるパターンの幅が大きいというか、それにはまれば結果がついてこないこともありかなり条件的に大丈夫と確信がないと本命は打ちにくい馬ですね。ただ嵌れば勝ち切る力もあるので要注意です。

 

ダイアナヘイローは立ち遅れて終了。武騎手ははっきり追うフォームも変ですし道中も折り合い付け方もですしゲートも遅れること多し。体の具合が悪いんじゃないですかね。古傷か腰痛かわかりませんが不振には不振の理由があるというバランスの悪さです。しばらく騎手含めて静観でいいのではと思います。

あとは後の厩舎がどうとかそういうことより、転厩でベテラン厩舎→ベテラン厩舎はあまりいいことない印象はありますね。そういうことでリズムを崩してるのもあるかなと思います。

 

(ユニコーンS)予想結果▲◎抜 本命:グレートタイム3人気2着

そこまで強くない可能性もないことはないなと思ってルヴァンスの評価を下げたんですが結果的には完全に失敗でしたね。めちゃくちゃ強かったです。せめて対抗にはしないとだめでした。反省です。この世代トップクラスの馬でしたね。広いコースのほうがよさそうなのは今回でわかりました。中山は少し割引なのかもしれません。

グレートタイムは今回も出遅れましたが馬群で我慢して狭いところをこじ開けて2着。2走前のように道中はうまくいきませんでしたが、それなりにそつなく乗ってくれたおかげで通ってくる位置も少し内でその分2着まで来たという感じ。少なくとも外にいってたら3着だったでしょうから、雑ではなかった分着順は上がったような気がします。これで馬連が当たってホッとしました。

エンクローサーは馬主さん初所有馬で唯一の所有馬ですが重賞まで走って馬主孝行ですね。ダートに替わってから内でためてさばいてくる競馬ができていたのが大きいですね。強くてキャリアの浅い馬がどうしても集まるのでこういうさばくレースをできる馬自体が少なくできれば着は拾いやすくはなるんですよね。まさにそういう感じのレースでしっかり着はとってきました。着順よりも走力はないですが着順を取るのはうまいタイプになると思います。けど田中勝騎手でも3着にこれるってなかなかすごいですね。

 

前の2頭(ホウショウリブ、セイウンクールガイ)が4,5着ってことは前にはある程度楽な競馬だったとは思います。それでもこの着順はある程度は素直に評価したいですね。

リョウノテソーロはこのメンバのダート戦ではこんなもんってところ。それ以上も以下もないですね。

コマビショウは道中から不細工な競馬でしたね。これは武士沢騎手に替わった分力を出し切れなかったということでいいでしょう。騎手が変わればこのメンバーでも勝つとは言いませんが上位争いはできる速力はあるはずです。

グリムは前走は少し少なめの頭数の大外枠。今回は中段の枠でフルゲート。その差がスムーズさにでてそのごちゃごちゃを回避したりする労力の分、力を出し切れなかったという感じですね。競馬ってうまくいった馬が勝つ競技で前走はうまくいく要素が全部ありましたが今回はそれは乏しくその分うまくいくように道中からいろいろ使わなくてもいい脚をつかうところもあって力を出せなかったという感じですね。力を出し切れる条件やこのクラスで慣れてきたら前走のパフォーマンスは出せるはずで今後も警戒しておきたいですね。

そういう面ではハーベストムーンも同じで相手が強くなって距離を詰めて、今までの自分の形でレースができなくて崩れたという感じですね。力があるから今までは自分が主導権をとる競馬が常にできましたが、今回はそうはいかず崩れたという感じでした。

 

(競輪G1)

また近畿が早々にちぎって一騎打ちでしたね。あそこまでいったら三谷も脇本に勝たせてやれよと思いますが(笑)。そろそろ脇本もビックタイトルを取ってほしいですね。関東は武田と小暮で競りをしている時点で無理でしょという感じ。一丸で向かわないと今の近畿がああいうレースをしやすくなってしまうしああなっちゃうと手の打ちようがないという感じです。

 

(宮島G2)

徳増強かったですね。完勝でした。個人的に徳増が勝った時にゴール通るときにする敬礼ポーズのファンです。

 

(ワールドカップ)

いろいろあって面白い試合もありましたが、アルゼンチンアイスランドはみてましたね。アルゼンチンはいい選手はいてもいいチームじゃないという感じで。あそこまでメッシがマークされるならおとりにして他から崩す作戦でいってもと思うんですがなかなかしないですよね。あそこまでのスーパースターがいたらそれはできないのかわかりませんが。

自分の成功体験=データ?

  • 2018.06.17 Sunday
  • 07:54

昨日の夜は朝までがっつり寝てやろうと思って早々に寝たんですが、思いのほかすごく早く眼が覚めて(5時)暇なんで一つ記事でも。別にワールドカップを見てたわけではありません(朝起きたらやってましたが)

 

長いこと競馬をやってるとこのタイトルのケースよく見ます。

 

「〇〇騎手は中穴ではよく来てくれるから、これくらいの人気に乗ったときは買い」

「〇〇はリピートレース、リピートは買い」

 

とかそういう話、話を聞きながら「え?そうかなあ」と思うことがあり、これ実際に調べるとその騎手は中穴でそこそこ騎乗のあるケースでは抜けて成績の悪いワーストの騎手だったり、リピートも調べてみると他との比較でみると全然リピートレースじゃないといったことは実際にありました。

 

要するにその人がデータを調べず勝手に思い込んでるだけということなんですね。いわゆるたまたまをいいタイミングで引いてただけということです。バックギャモンで6,5しかダメな場面で6,5を続けて引いたとか、ポーカーでこの絵柄のこの数字しかダメというときにそのカードをたまたま引いたとか、そのたぐいの話で運がよかっただけでそれはデータではありません。

 

競馬に置き換えると去年のマイルCSですね。ペルシアンナイトが勝ちましたが、騎乗は大外枠から、うまく潜り込んで最後は馬群をさばいて突き抜けるという形。10回に1回もない好騎乗だったんですが、これでペルシアンナイトに本命を打った自分がうまいと思って自分の理論が正しいと思うかとこれはついてたなあと思うか。それで差がつくという話ですね。

この結果でデムーロの大外枠は買いとかデータにしちゃうのもあれですが、それでいい予想と思いこんじゃうか。もう単純に結果はでたけど今回は完全についてたなと思うかでは長い目で見れば差がついていくかと思います。このケースはたまたま他のギャンブルでいう確率の低い目をうまく引いたということだと思います。

競馬は人の評価は結果のみでするべきですが、自分のことを自分で評価するときは甘く見るのではなく、自分でシビアに考えて判断しなければとは思います。

自分が本命を打って結果が出たレースはすべて自分の予想がよかったわけではなくツイてたケースも多分にあるということですね。

 

本人は幸せだからそれでもいいという考えかたもあるんですが、その人は調べないことで確率の低い作戦をずっと取り続けなければいけないわけで長い目で見れば大きく損します。

 

なのでデータはちゃんと調べたほうがいいですよということです。

6月17日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2018.06.16 Saturday
  • 21:00

こんばんは。

 

競馬最強の法則が休刊とかいう話がちらほら。個人的には毎月は買ってませんでしたが面白そうな話があれば数か月に1回買ったりしていました。ゴシップや下世話な話もあり、敬遠されるような人もいたんでしょうが私はそういうのも含めて好きなので気にせずにみていました。なかなかああいう方向から競馬を見た雑誌とかないので個人的にはもったいないなと思いますね。ちゃんとしたことだけ扱ってる競馬紙よりはもったいないな感は大きいですね。

休刊ということなのでまた復帰されることをひっそり期待しています。

 

あとその時に読みはしないですが私は競馬の予想をするときに必ず近くに競馬最強の法則はあります。競馬遠征時も忘れずにバックナンバーをもっていきます。なぜかというと下敷きにいいから。あのサイズ、あの表紙の紙質、本当に下敷きに最適で。特に競馬遠征時、ベットに横になって予想するとき、布団の上だとふにゃふにゃするので新聞の下敷きには抜群の機能性はありました。最終号は何冊か買いだめしておこうと思います(笑)

 

阪神

1R 11 カフジデューク 川島 C

そこそこ走ってた馬だと思います。近走はソエの影響で走らなかったとありますが、前走くらい走れば勝ち負け。それでソエの面で上積みがあるなら十分勝負以上の戦いはできると期待。1400mという距離も元々好走歴はこの辺に多い馬なので大丈夫でしょう

 

2R 13 クールキング 田中健 C

これも一息入れてソエが改善した効果に期待。相手も軽いです。

 

3R 8 タイセイグランツ 幸 C

調教は未勝利レベルではないらしい。距離短縮もいいほうにでるはず。

 

4R 14 メイショウグジョウ 中村 C

混戦で人気も割れそうなので一番強そうな馬からシンプルに言ってもそこそこ配当があると期待。

 

7R 2 アスタースウィング 鮫島兄 C

前走はかなりの暴走。距離短縮でリズムよくいければ地力は上位。

 

東京

3R 10メモリーブレッド 吉田隼 C

距離短縮がいいほうにでそう。相手も軽い。

 

4R 2 トーセンクロノス 内田 C

大混戦なので内目の偶数枠。前走直線進路のなかったこの馬からえいっと狙います。

 

6R 4 エコロディアマンテ 津村 C

仕上がりの良さと好枠で。

 

12R 11 ウラヌスチャーム 戸崎 C

デビュー時のポテンシャルを見る限りもっとやれてもいい馬です。その素材に期待。

 

函館

2R 8 ナムラジュノー 武藤 C

出来がかなりよさそうな点に期待。

 

3R 11 ペトロシネッラ 三浦 C

距離短縮はいいほうにでそう。調教もよさそうで洋芝も合いそう。地力に期待。

 

4R 4 エンドウォーニング 長岡 C

外枠ばっかり引いている馬。今回は好枠で先手を取れれば相当しぶといはず。

 

5R 6 タカノアンジェラス 四位 C

これも仕上がりは良さそう。厩舎的にもしっかり仕上げる厩舎で期待。

 

7R 7 セイウンスパイ 武藤 C

スピードは屈指。減量も生かして。

 

8R 8 コスモプラシデス 丹内 C

ずっと外枠(2走前除く)を引いていた馬が好枠。距離短縮もいいし、得意コースで一発期待。

 

函館スプリント

◎06ティーハーフ

〇08ワンスインナムーン

▲07ナックビーナス

△09ヒルノデイバロー

 14アドマイヤゴッド

 13キングハート

 04ジュールエコール

 

という感じ。あまり積極的に買いたい馬はいませんが洋芝適性と出来の良さ。あとは意外に先行勢がごちゃつくことが多いので差しタイプの紐(あわよくば頭)ということでティーハーフに期待。

対抗は一番強い馬で距離短縮も魅力のワンス。あとは安定している地力上位のナック。ここまではすんなり高評価。

あとはなんとなくですがその中ではヒルノとアドマイヤを何となく評価。お世話になったキングハートは多分外枠マイナスも他がいないので。最後に4番枠で去年の覇者のジュールまで印まわしときます。

セイウンは1200mの1番枠逃げの成績についてこの記事のとおり(コメント欄にも少し追記しています。)1番枠の逃げはかなりよくないのでこういう記事も書いてますし思い切って消します。

 

ユニコーンS

◎05グレートタイム

〇07グリム

▲14ルヴァンスレーヴ

△08ハーベストムーン

 13リョウノテソーロ

 09コマビショウ

 02タイセイアベニール

 

本命はあっさり。厩舎的にも騎手的にもいいですね。鞍上強化も強烈です。東京1600m4着もあの時はムーアの雑な騎乗の影響で、あれよりパフォーマンスが落ちることもそうないはずです。枠もいいですし素直に信頼です。

相手は07,08,14は差をつけにくかったですが、枠と関西馬の分グリムをまず評価。ハーベストもいいとは思いますが何となく4番手という感じ。この3頭を高評価です。

あとは未知のリョウノテソーロ。出来もいいようなので。コマビショウは地力は本命候補でしたが武士沢騎手は不安。それでこの評価。最後にダートで底を見せていないタイセイアベニールまでです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM