今週の感想(2月15日、16日)

  • 2020.02.16 Sunday
  • 17:07

ということで土曜分だけこそっとあげときます。

 

日曜朝です(8:00)。ちょっとだけ追記しております。日曜朝に関係する事象もあるので記事は時間帯変更してあげておきます。

 

(土日の競馬)

土曜の競馬は触れたとおりあまりよくはなかったですね。その中では狙った馬がきたときは勝ち切ってくれたので悪いなりにまとまった結果にはなりました。その中で相手もうまくいけばよかったんですが、単勝万馬券以上の馬が間に割るようなことも複数あってなかなか相手がうまくいきませんでした。ちょっと調子は戻ってくる途中なんですかね。ピントがそろそろあう兆しと思いたいです。

 

日曜の競馬は朝からそこそこよくて、その流れで京都2レースをばちっと本線で的中でいろいろ券種があたってこの貯金で今日一日は楽しめそうな感じになりました。そこからは当たったり外れたりちょっと調子乗ってかけて失敗したり、間のボートで負けたりとか紆余曲折ありましたが結果京都10Rと共同通信杯でしっかり貯金ができてその分に少しおつりが来て勝ちという感じにはなりました。

ボートもナイターが一場減ったので負けにくくはなったようですし今日は勝ち逃げできそうです。

 

(日曜の乗り替りについて)

岩田望騎手が土曜病気で乗り替り。日曜朝まで保留で結局乗り替りとなりました。

これ関係者も馬もそして予想してるファンも大変ですよね。若手騎手が少しでも乗る可能性を模索したい気持ちもわかるのでいいにくいところもあるんですが、これやっぱよろしくないですよ。日曜は乗れるんかなと思って前売りを買ってるファンもいるわけですからね。

若い騎手にこういう判断を求める形にするよりは、もう病気で土曜騎乗できない状態なら競艇でいう前検不合格という扱いで土日騎乗は不可でもいいと思うんですけどね。ルール化してあげることで若い騎手もあきらめやすくしてあげるという意味でも。頑張る意欲をみせないことがマイナスになるんじゃないかとか新人騎手とかは考えてしまうのもわかるんですよね。なのでこの辺をルール化してあげるのもと思います。

けど少なくとも前売りを売ってるわけで土曜は休んでるわけですから、日曜直るかもしれなくても土曜夜の前日売りまでには可か不可かの判断かはしないといけないと思う。馬券売ってるわけですから。しかも乗り替わることで斤量も変わる可能性もあるわけですから。個人的には日曜朝が最終判断する場所じゃなく、このケースは土曜の夜前売り前が最後の判断場所だとおもう。

あくまで私の考えですがそういう風に思います。

 

(団野騎手好調)

 

https://twitter.com/ookii01t/status/1216536781014700033

 

こんなことをツイッターで年始にボソッと書いたんですが、今年9勝してるんですね。手前味噌ですが意外にいいとこ目をつけてますね私(笑)。

レースの引き出しも馬を走らせる条件も結構新人ぽくないところで結果出してる印象なのでこの後も注目してみていこうと思います。

 

 

 

(土日の狙い馬の回顧)

<土曜>

東京1R ネオトゥルー 着外

外をだらっと回った競馬で終りましたね。内目の枠で前に壁を作って運べばもう一押しはありそう。それでも1.6秒負けてますから3着くらいでしょうがとりあえず。紐くらいで来る力はありそうです。

 

東京3R ビレッジイーグル 着外

スタート決まってもったまま回ってこれてるんですが早々に失速で大敗。これは通用するスピードはあるけど距離がもたないということ。ということで距離短縮で狙ってみてくださいになります。マイルは現状長いんでしょう。

 

東京4R ジャッジ 6着

内枠利してうまく立ち回ってきましたが、前の馬をさばくところでてまどってその間にスピードを持った馬が外から足を伸ばして。前が空いた時には前と差があったという競馬でしたね。そこからはじりじりのびてますし先行壊滅の中で前目の中では一番頑張った馬になります。クラス上位で通用する力はあります。引き続き人気もないでしょうから注意しておいてください。

枠の助けがないと勝ち負けまでは厳しいと思いますのでそういうことも込みで覚えておいてください。

 

<日曜>

東京3R ディーズギャラント 5人気6着

微妙な結果でした。見た感じの印象は芝スタートでいきあしつかずですね。あとはだらっと脚を使った感じでマイルも短いかなと思いました。中山ダート1800mに戻したりすればチャンスだと思います。ローカルの1700mでも東京マイルよりはよさそうです。

 

小倉7R マイエンフェスト 3人気6着

ちょっと厳しい競馬になりましたね。スタートから目標になる先手もですし風が強い中で前前の競馬で風をもろに受ける競馬。ちょっと能力比較以前の問題でハンデを背負いすぎた負けだと思います。それでもこれくらいでこらえているのでクラス上位。普通のコンディションで見直したいです。

 

東京12R ステイオンザトップ 4人気5着

番手ポケットから早めスパートもじりじり。ただ馬よりも騎手が先にやめてしまったようで馬は終われてない部分でもじりじり巻き返してました。もうちょっとしっかり追ってれば着順はあがってでしょう。前走が不利。今回はエスコートと騎手がやめたことと月のない馬ですが上位で走れる力はあります。次も引き続き注目ですね。

 

(クイーンC)予想結果:◎〇抜 本命:ミヤマザクラ2人気1着

軸馬が勝ち切ってくれましたね。大逃げで馬群もばらけて各馬レースもしやすくなりまして馬の器用さも出る競馬になりました。

 

勝ち馬ミヤマザクラは思ったよりいい位置をとってあっさり勝ち切りました。地力もここでは普通に見れば1,2位ですしその馬がある程度位置をとって勝つ競馬をすれば完勝って結果になりますね。順当勝ちでした。

陣営としてももうちょっと我慢をさせてリスクも背負わせてそれでどこまで走るかで上を狙うか、先を見据えるか見極める競馬にしたいレースだったんじゃないかという気はしますが実利を求める競馬に全体の流れも含めてなってしまったという感じにはレース後の騎手のコメント込みでみえましたね。

厩舎は違いますが去年のこのレースのビーチサンバみたいなことを試したかった気はしますね(去年の回顧とかその近辺の記事でも触れてるところです)。

とはいっても強い馬で世代上位は間違いないですし、こういう競馬ができたのも収穫。先が楽しみな一頭ですね。

 

マジックキャッスルは少し不器用な競馬で決してうまいエスコートではなかったですが一頭違う脚で追い込んできましたね。やっぱり力はある一頭でこのメンバーでは2番目に強い競馬でしたね。ロスもある競馬ですしレース運びにも伸びしろはありますし上積みも少しは見込めそうですが、勝ち馬とは差がありますしG1では枠とかいろいろ恵まれてうまくいって、2,3着届くかなあってくらいですかね。この馬は一つの物差しにはなりそうです。

 

セイウンヴィーナスは人気薄で3着。全体が流れる競馬で勝った馬の後ろ目でうまく立ち回って内をついて3着を確保しましたね。この馬自身のかけっこの早さも人気ほど上位とは差がなかったというのはあるんですが、位置取りからうまく立ち回ってその辺でかなりアドバンテージをとったのが好走の要因ですね。すべてがうまくいったから確保できた3着。それができたのは今回見事でしたが次に向けての伸びしろはこれ以上はうまくいかないでしょうし厳しいという感想ですね。

ただ1勝クラスにでれますから自己条件に戻れば上位グループくらいの力はあるでしょう。

 

アカノニジュウイチは後方から追い込んで4着まで。2戦目も考えるとレース運びも含めてこれがいっぱいいっぱいでしょう。よく頑張りましたの4着。これ以上を今回で望むのは酷ですね。それでも次に向けてはいい内容。力はあるのはわかりましたしレース経験を積んでいく伸びしろもある。次がどこに出走かわかりませんが楽しみな一頭ですね。

 

シャンデフルールは5着。力通りに枠なりにがんばったけどこんなもん。良くも悪くもこんなもんってところでいいでしょう。

 

ホウオウピースフルは外目の枠で前に壁をつくってためを作るにも一苦労な枠に入ったのもですし、マイルの流れ自体がこの馬には忙しくてだらっと脚をつかってという競馬になってしまいましたね。枠もめぐまれなかったし距離も合わない。いろいろちぐはぐがそのまま結果になったという感じですかね。逆にこの辺が好転すれば巻き返しは可能。これでもこの着順でまとめられたのを評価でいいと思います。次距離を伸ばしてきたら楽しみですね。

 

ルナシオンは出遅れも含めて経験の浅さが出たのもありますし、後方からでもかかって見せ場なし。うまくいかなかったのもあるけどアカノニジュウイチみたいに力を出し切れた馬もいるのでこれは現状は力不足というのはあるでしょうね。仕切り直しの一戦をみて今後の評価となります。

 

(京都記念)予想結果:▲△△ 本命:ノーブルマーズ5人気4着

人気馬ワンツースリーでしたね。力のある馬が順当にという結果でした。

道悪になると巧拙もあるんですけど、別の要因で馬群が密集しないから力のある馬がさばけないという事象は起きにくくというか起きなくなります。そういう面でも人気馬には結果後押ししましたね。

 

勝ったのはクロノジェネシス。父バゴという点でこういう馬場も適性ありそうですが、それよりは現状一番強かったということでしょう。馬群が密集しないということで北村友騎手がしょっちゅう失敗しているさばき損ねの競馬になりえないコンディションになったのもよかったですね。紛れとかで着順はかわるでしょうが、現状これくらいの距離ならカレンより強いんでしょうし、ステイフーリッシュあたりは完封できる力量があるとわかったことは収穫ですね。

この後どうするかわかりませんが楽しみな快勝でした。

 

2着はカレンブーケドール。馬場の巧拙もあったかもしれませんし、輸送込みだったことも考慮すべきでしょうが現状はこの条件ならクロノには少し劣るという敗戦だと思います。それでも3着馬をきっちり負かせたのはやはりジャパンカップ2着馬。力は間違いなくあるなとわかる快勝でした。

内外の巧拙が出る馬場とか、距離とか違う条件の変更でクロノとは逆転できる程度の差。器用さも武器の馬なのでガチンコの力比べを2200mでやれば少し劣るけど、条件次第で逆転もできるでしょう。これも今年の戦いが楽しみになる結果でした。

 

3着ステイフーリッシュはこれくらいの力量なんでしょう。力を出して任せる馬は負かしたけどって競馬でしたね。それ以上も以下もないです。よく頑張りました。

 

ノーブルマーズは4着でした。本命でしたが、ちょっと消化不良、もったまま4コーナーでしたが、母父チーフベアハートとか考えると京都外回りでロングスパートで早め勝負のほうがよかった気はします。それは欧州系の騎手をかった以上求めちゃいけんなとは思いますね。予想もちょっとミスでした。

ちょっとじりじりだと思うけどロングスパートに持ち込めない競馬が続いてます。調子のいいうちにそういう競馬をやってみてほしいですね。もうちょっと着差は詰まると思います。京都外回りが一番面白いと思ってたんですが阪神に変わるしちょっともったいないないかなあという気しますね。

 

あとはざっとプリンスオブぺスカは進んでいかず。道悪のほうが堪えてましたね。それ込みで見なければいけないところで予想は悪かった。申し訳ありませんでした。

 

あとはアメリカズカップで道悪やっぱうまいですね。この時期もいいんでしょう。ちょっと覚えておきます。あとはアルメリアブルーム、よく頑張りました。繁殖で期待しています。

 

(共同通信杯) 予想結果:◎△△ 本命:ダーリントンホール3人気1着

こっちは小頭数で人気のマイラプソディが4着に敗れることになりました。

まずこの馬に触れますと、3連勝という事実は間違いなくここでは一番上という評価はできましたが、負かした相手のそのあととか、数字的なものとか見ていくとそこまで突出してない可能性もみてとれてどっちにでるかの試金石である程度、力のある馬と戦って着順をまとめているココロノトウダイ、ビターエンダー、ダーリントンホール相手にどこまでやれるかという力を判断する重要なレースだったと思ってたんですが、結果は完敗でしたね。

連戦連勝で皐月賞にいくよりは取りこぼしたほうがどっちかクラシックは取りやすいとは思いますが、それにしては見所ない惨敗。馬場とか体調とか賞金的な余裕からくる勝負気配とか他にも事情がもあるかもしれないですが、それがあっても走らなすぎ。現状そこまでの力量はない。力が今回の4着程度というほうがあってる気がします。サリオスとかコントレイルとは力差は現状はっきりありそうです。

武豊騎手の騎乗スタイルでこういう馬でとなると皐月賞にでても勝ち負けは厳しかったと思いますから。この敗戦でしっかり仕切り直してダービー一本で勝負賭けたほうがよさそうですね。あれやこれや使って勝てる馬でもないでしょうし、とりたいところに全力勝負で枠とかいいところ当たる運もついてきて力もいまからかなりつけてきて初めてダービーに届くかどうかってレベルの馬だなと感じました。皐月賞で叩くか、全然別のところからダービーにいくか2400m巧者の友道厩舎の腕の見せ所ですね

 

ダーリントンホールは勝ちましたね。湿った馬場もよかったでしょうし立て直してここ勝負でやはり勝ちに来てましたね。つまるところもなくロングスパートで長く脚を使える持ち味も生きて勝ち切りましたね。これで次がどうこうとはちょっと見えませんが重賞が取れたのは大きいですね。厩舎的にもノーザンF以外で結果を出したのは大きいんじゃないでしょうか。うれしい勝利でしょうね

 

ビターエンダーはいい馬ですね。これから名バイプレイヤーとして重賞戦線を何年も賑わせそうな雰囲気のある馬です。今回もちょっと早いスパートで目標になる競馬でもあそこまでがんばりました。仕掛けどころ次第では勝てた競馬で内容はいっぱいいっぱいでもこれくらいはいつでも走れるしある程度前目で運べるのも含めてこれからも重賞戦線で注目ですね。皐月賞もいい枠が当たれば2,3着はあってもと思いますが出れるでしょうか。

 

フィリオアレグロは離された3着。1戦1勝でここまでやれたのは力を見せたとするべきなのか、離された3着で他が走らなかった分繰り上がりでここにとどまったのかよくわかりませんが正攻法の競馬でこれくらい走れたのは収穫。次は自己条件なら確勝級でしょうね。

 

ココロノトウダイは目標になる厳しさで出入りがある競馬になったのも厳しかったです。それ込みでもこれくらいってところですかね。ちょっと重賞では力勝負は厳しいなという感じ。力勝負の東京よりは中山で活路を見出したいですね。

 

後の馬は重賞レベルにはなかったですね。500万下でも微妙なレベルの4頭でしょう。

 

 

 

 

2月16日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.02.15 Saturday
  • 18:56

こんばんは。土曜も引き続きだめでしたがその中では当たったところは勝ち切ってくれたのが救い。

悪いなりにうまくまとまりました。あとは紐がうまくいけばですが、自分の軸馬が勝ったところに限って紐がかなり人気薄くるんですね。かみ合わんなあというところです。

 

ゴルフの松山選手の腕をギャラリーに引っ張られたというのがニュースになってますね。野球でも他の競技でもこういうことは過去にありましたね。あとはSNS関連でファンが選手やプレイヤーと近くなってそっちのほうでも問題が起こったりするのも見ます。競馬でも引退後の馬の鬣が抜かれたとかいうのもありました。

すべてファンとプレイヤーの距離が近くなってきていることで起こっているようなことの気がしますね。

本来距離をとってもいい位置にいる選手が時代の流れで近くなってきているそしてそれを可能にするコンテンツもある中でどうすればいいかというと。今度はもうこっち(ファン側)が慎重に距離をみて接してあげないといけないようになってきてると思います。そうしないとこういうことが続けばとんでもない壁を間に置かれることになる。選手の生の声が近いほうが競技が広まる意味でもいいんですが、今のままだとそこに制限がかかる可能性がある。もうこっち側が近づいてくれる選手に飛びつくんじゃなく、尊重して慎重に距離をおくようにしていかなきゃなと思いますね。

 

馬についてはちょっと違う感情もあって、引退した馬をそこまで公開する必要もあるのかなとも思うんですよね。レースとしては引退してるわけですから、もうファンの目に触れなくてもいいんじゃないかなと思うんですよね。そこはそっとしてあげようよってのが私の感情です。人と違って馬は自分の意思を伝えられないからそれは管理する人がしっかり壁をつくって平穏な生活を送らせてあげてほしいなと思います。馬はファンと接したいという感情は人対人と違ってないでしょうから。そこはもう人側の勝手な想いしかないわけですからこっちが我慢すればいいだけだと思ってます。多分こういうのは少数派で反論くいそうな意見ですが、あくまで偏った考えの私のいち感想です。

 

で狙い馬

 

京都

1R 2 ゼットピアレス シュタルケ C

ダート経験馬ではこれが上位の一頭。前走は外目の枠で外を回した競馬で内枠に変わるのもプラスでそれならダート経験馬の中では一番前にこれるんじゃないかということで狙います。シュタルケ騎手は不安ですし、初ダートに走られればごめんなさいですが、その辺乗り切って前走分走れば勝てるはずです。

 

2R 4 エイシンバッカス 和田 B

前走も強い競馬でした。外を回ったロスもあるのに2着。枠もよくなって必勝。距離短縮もプラスですし地力も上位だと思います。

 

4R 4 ミュートエアー 草野 B

去年のこのレースの勝ち馬。今年も近い臨戦できました。相手関係も先行型は少なくてレースはしやすそうですし陣営から絶好調とコメントあり。人気もなさそうですし狙います。

 

5R 7 ダイメイボーイ 岩田康 C

一息入れて上向いたよう。好枠で立ち回ればこの相手なら勝ち負け。

 

7R 8 タマモキャペリン 岩田康 C

前走はうまくさばけないところもあった。常に差のない競馬をしている馬で今回は枠もいい。騎手もあいそうで期待します。距離延長もいいほうに出るんじゃないかと期待しています。

 

10R 5 ベストタッチダウン 川田 B

人気でしょうけど力は上位。ここは相手関係も恵まれて勝てると期待。

 

12R 9 チュウワフライヤー 川田 B

ここでは自力上位ですし、1200mへの短縮もプラスです。順当に勝ち切り期待。

 

東京

2R 4 ソラン 吉田豊 C

上位が高いレベルで混戦のメンバー構成だと思う。そうなればもう素直にいい枠当たってる馬を狙おうということでこれですね。

 

3R 10 ディーズギャラント 大野 B

前走はちぐはぐでうまく運べないところはありました。ここ2走は外枠で枠的にも厳しくて今回はそれよりはまし。いくつか上積み要素があるのでその分で馬券内まで届くんじゃないかということで狙い。

 

6R 5 ヴェスターフェルト ルメール C

マイルはちょっと距離が長いと思います。短縮でよくなると言う事で狙い。

 

10R 6 サヴィ ミナリク C

1400mはいいですね。ここでは上位だと思うしいい枠も当たってる。ミナリク騎手はマイナスですがそれでもプラスはあるとみて狙います

 

12R 4 ステイオンザトップ デムーロ C

前走は後手になったのもありますが直線で何度かうまくさばけないところがあってその分の負けですね。スムーズに運べれば勝ち負け。枠もいいですし素直に狙います。

 

小倉

2R 6 ブラックトマホーク 横山武 C

前走はゲートに道中にちぐはぐでしたね。レースしやすい枠が当たってある程度は巻き返せるはず。それなら勝ち負けのところまで届きそうと言う事で狙い。

 

4R 6 テイエムプリジャン 鮫島駿 C

前走の惨敗はソエが影響とはっきりしている。新馬から2戦分くらい走ればここでは上位。地元馬主の馬でもありますし期待。

 

7R 6 マイエンフェルト 団野 C

この馬も前走はうまくさばけないところはありましたね。この相手関係ならその辺かみ合えば勝ち負けだと思います。

 

11R 15 アルマエルナト 丹内 C

結構近走は安定してそこそこに来ている。今回は鞍上強化でこの相手関係で外差しが残れば馬券内に届くんじゃないかと。馬場が使いすぎて1周して内が残る感じなら厳しくなるとは思いますがそうじゃなければ期待。

 

京都記念

◎09ノーブルマーズ

〇02プリンスオブぺスカ

▲07クロノジェネシス

△01カレンブーケドール

 05ステイフーリッシュ

 08ドレッドノータス

 

ちょっと穴狙い。〇から縦目も含めて考えたいです。

本命はノーブルマーズ。ひところの不振は脱してある程度走れる現状。前走もいい競馬はできてました。今回はさらに鞍上強化に距離が伸びるのもプラス。自在な脚質もここでは武器になるとみて牝馬が弱いレースということも頭に入れてこの馬を抜擢します。

相手はプリンスオブぺスカ。前走が外枠で厳しい競馬。短縮で内目の枠で実績馬が崩れたらチャンスはあるんじゃないかということで。

後は強そうな馬を評価したつもり。アルメリアブルームはいい馬ですがちょっと過剰に評価されすぎてる気がしてあえて軽視しました。フォーリー騎手も微妙ですし。

 

共同新聞杯

◎06ダーリントンホール

〇08マイラプソティ

▲03ココロノトウダイ

△02ビターエンダー

 07フィリオアレグロ

 

マイラプソティは強いんでしょうけど本命はダーリントン。残り2枠あるしここから無理にいかなくてもということで抜擢します。

時計の早い決着に巻き込まれたのもある前走やうまくさばけなかった札幌2歳S。一息入れて立て直して、ここは賞金が絶対欲しい立場で出走。その辺に余裕のあるマイラプソティよりは勝負気配もあるとみて狙います。ルメール騎手も魅力ですね。

相手は強そうな馬に順番につけたつもりです。〇が少しだけ相手の中では抜けてて▲以下は横並び。好みで差をつけたという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

2月15日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.02.14 Friday
  • 23:57

こんばんは。1月になってやや調子は悪かったんですが2月になってドツボですね。こんなに当たんないものかと自分でもへこんでます。どこかで流れを戻さないとと思いつつしばらくは大きく何かを替えずにステイ。これがもうちょっと続くようならがらっと考え方を変えようと思います。

 

先週の日曜日、ボートレース尼崎で松本選手がレース中の事故により亡くなりました。

正直、競馬でも競艇でもこういうことが起こるんじゃないかという覚悟をもってみてるんですが、いざ起こってしまうと複雑な何とも言えない心境で気持ちの置き場をどこにやったらいいのかわからない心境になりますね。単純に悲しい感情もあるんですけど、それとはまた異質の複雑な心境に取り囲まれる心境。いまでももやもやを残しつつすごしてます。

ただファンが一番できることは舟券(馬券)を買う事なんですよね。どんなきれいごとよりもそれが業界を支えると思ってます。とううことで負けても負けても今週も競艇に競馬にがんばります。

 

と言う事で狙い馬

 

京都

3R 8 モズアスカ 松山 C

混戦なのにシンプルに鞍上強化のパワーアップ度に期待。

 

8R 11 シホノフォルテ 松田 C

いろいろうまくいかないことが続きましたが力がここでは一枚上だと思います。

 

11R 5 レインボーフラッグ 和田 C

キャプテンペリーが目立ちますがこの馬も前走うまくさばけなかった口。地力も上位で。

 

東京

1R 9 ネオトゥルー 津村 C

距離短縮もですし休みを入れてソエも解消したことも注目材料。津村騎手もこの中では上位ですし素直に。

 

3R 14 ビレッジイーグル 武藤 C

これもソエが解消した感じの馬。出来もかなり上向いてそうですし一発期待。

 

4R 5 ジャッジ 北村宏 C

いいメンバーそろってるところですがこの馬も時計の早い決着のところをそこそこまとめている。他の人気馬も外で固まってますし枠も込みで考えれば戦えるんじゃないかと思います。

 

10R 11 ミリッサ 武藤 C

混戦ですのでこの馬でも通用すると思う。ここ目標できているというのも好感で狙います。

 

福島

3R 6 ラフダイヤモンド 松若 C

一息入れて背腰の緩いところがよくなったらしい。実際調教もよくなってそう。枠もレースしやすいところですし、この相手関係な

ら通用してもと言う事で狙い

 

8R 10 ビービーシャルト 亀田 C

前走はちぐはぐな競馬でした。その辺スムーズなら。

 

クイーンC

◎01ミヤマザクラ

〇09マジックキャッスル

▲03ルナシオン

△12ホウオウピースフル

 11アールクインダム

 06シャンドフルール

 10アカノニジュウイチ

 

こういう感じで。牡馬相手の重賞で好走したミヤマザクラを素直に評価します。

マジック、ルナシオン、ホウオウは似たような評価。力はマジック→ホウオウ→ルナシオンの順で評価ですが、枠とか騎手とかも加味して順番は若干変えました。まあこの3頭は似たような評価です。

 

5番手に前走内容からアールクインダムをやや評価。そしてあとは無難なところに印をって感じです。

 

 

 

今週の感想(2月8日、9日)

  • 2020.02.09 Sunday
  • 17:00

ということで

 

(土日の競馬)

土曜は前売りで買って夕方前まで外出。その中でウルトラマリンのところはかなり綺麗にあたりましたが、小倉4Rのほうが相手が抑えでは抑えてるものの高額回収にはならず。メイン終わりでトントンまで下がって、バカラクイーンの分負けた感じですね。

日曜はもっと調子が悪い感じで全然ダメ。本当に悪いという感じ。1月から全般調子悪いっすね。なんとか立て直したいもんです。

 

 

(激レアさん)

この土曜日の激レアさんを連れてきたででていた話。過去にここで触れてたなと思ったから探したらありました。

今週の感想(7月14,15,16日)

 

この記事の将棋の話が昨日のあれです。

オードリーの若林さんも言われてましたが本当に漫画とかドラマになるような少年ジャンプみたいな話です。

 

(土日の狙い馬回顧)

<土曜>

京都1R アンセッドヴァウ 3人気4着

好枠利して、スタート決めて自分のペースで逃げたんですがそれでも4着。物足りないですね。なかなかここまでうまくいくこともないですし相手関係も勝ち馬は強かったですが、次のグループは弱めでここまで負けるのはちょっと辛いですね。いわゆる次走危険馬。次走はそこそこ人気なら軽視でいいと思います。

 

東京1R ヨシオブレイヴ 2着

やや中穴人気で後ろから差して2着。人気薄の激走に見えますが、直線はかなり脚を余してますし仕掛け次第では勝てたレースですね。特に枠を利したレースがあまりできなかったようには見えます。それでもここまで来てるので今の未勝利では上位。次も引き続き有力だと思います。騎手が変わればさらに面白いと思います。ただ外枠の厳しい条件を押しのけて勝ち切るほどでもないことは触れておきます。

 

東京3R ソルレオーネ 着外

申し訳ありませんでした。ダートでも結果はでませんでしたが見所は少しだけありました。スタートが決まって持ったままで4コーナーまで回ってきたこと。コーナーくらいまではこれは勝ち負けだなと思いましたから。

ここまであれで負けるのは何かアクシデントがあったのかもまれ弱いのか距離かだと思います。前につけれる時点でスピードでは未勝利では通用する馬ということを示してますしちょっとダートで変わってきそうな片りんは見えました。次も懲りずに条件次第ですが狙ってみてはと思います。

 

小倉12R バカラクィーン 3人気5着

結局差し差し決着の中悪い手ごたえで内前で粘りこみに行く正攻法の競馬。これで0.2秒の5着はよく頑張ったと言う事でいいと思います。なかなかうまくいかないですが、ひとつうまくはまれば勝ちまで来れる馬です。力は見せましたし本命とはいいませんが次走以降も芝の短距離ならそれなりの評価はまだまだ必要な馬ですよということで触れておきます。

 

<日曜>

京都3R マティアス 5着

大事に乗りすぎましたが最後はものすごい脚で内を縫って追い込んでいます。次は買いだと思いますので残しておきます。

 

京都7R ハーティス 4着

これも大事に乗りすぎでしたね。番手でのんびり構えてたら後ろから一気に勢いをもって上がってきた馬に飲み込まれてそこからギアチェンジするも前は捕まえられず最後はさされてという競馬でしたね。

ダート2戦目の慣れもですし今回踏まえた競馬でも前進はありそう。次は引き続き注目です。

 

小倉8R ガトン 

早めに動いて最後はとまりましたが力の片りんは見せた競馬でしたね。条件かみ合えば勝ち負けできる脚力はあると思います。引き続き長い目で注目としておきます。

 

(きさらぎ賞)予想結果:△▲◎ 本命:アルジェンナ1人気3着

ここは三連複がひっかかってガミという感じでした。

 

1人気のアルジェンナがここであっさり飛ぶとはおもいませんでしたね。結果としては前に進んでいかない感じでしたし、馬場が要因か体調かだと思います。こういう馬場がということもですし時計の出るレースのほうがいいというのもあるし、レース間隔をあけて使っていってる馬だけにそもそも体調がというのもあったかもしれません。先を見据すぎて仕上げにも問題はあったかもしれません。ただ今回の結果のみで敗因は決めつけられませんね。とりあえずは上記の理由はありそうということで頭に置いておきたいですね。

 

勝ったのはコルテジア。豊富なレースキャリアと馬の力量もある程度あってレース自体もうまいタイプ。そして松山騎手のエスコートも見事。馬場もあったのでしょう。すべてがかみ合った勝ちでしたね。これ以上は求めにくいですが現時点で100%を出して重賞まで届くのは見事でしたね。レースキャリアは3歳春では武器になるのでそれを利してトライアル、本番でどこまでやれるか注目ですね。少なくとも内枠はほしいとは思います。

 

2着ストーンリッジは普通に競馬して2着。キャリア2戦目で賞金加えたことも込みで上出来である程度力もわかる結果でしたね。血統的にも1800mは巧者だとおもうのでさらなる延長でどうかというのはありますが、このキャリアでこれくらい走れたのは評価したいですね。

 

4着ギベルディはこんなもんでしょう。というか誰よりも武豊騎手がその先を全く見据えてなかったようでとりあえずここで結果を出すだけの競馬に徹しました。それで4着ということははっきり足りないんでしょう。この後は自己条件で頑張りましょうになりますね。この経験を次に生かしてほしいもんです。

 

トゥルーヴィルはこんなもん。サトノゴールドもこんなもんってところでしょうね。グランレイは前走は展開が向いた競馬でしたから力勝負になればこんなもんってところでまだ良化途中とかいう厩舎コメント込みで考えても特に意外な敗戦ではなく想像できる範囲の力を出して負けたと言う事だと思います

グランレイは次にファルコンSにいきそうですね。距離詰めて一たたき後は面白いと思います。

 

(東京新聞杯)予想結果:△△△ 本命:レイエンダ7人気8着

紐紐決着でしたね。G1には届かないマイラーの決戦という感じでしたが、それっぽい混戦で12着まで0.6秒差と混戦。この辺までは枠と展開で着順変わる可能性ありとみておきたいですね。

 

レイエンダは展開は絶好と思いましたが目標になった分、自信も決め手がないので負けたという競馬でしたね。今回は評価しましたがマイルでも展開向かないと厳しい。G3で掲示板近辺が現実的な力量だと再確認しましたね。

 

勝ったのはプリモシーン。マイル重賞は3勝目で牡馬相手にも2勝目と見事でしたね。力はそもそもあるけど操縦性のところで難しいところがあって不利とか受けやすいと言う事と、繊細な牝馬ということで仕上げがちょっと難しい。なので外厩でしか仕上げられない木村厩舎の在厩調整だと仕上がらないということはあると思います

ただその辺がクリアになればこの相手なら突き抜けるだけの力量はあるということですね。注文がつく難しい馬ですが考えて仕上げればG1でもチャンスはある馬だと思います。春の2番勝負。どっちを使うかわかりませんが目標をしっかり見据えて使えばチャンスはあるでしょう。

 

2着はシャドウディーヴァ。クラシック戦線で右回りとか距離とか合わない条件を使ってきたけど本質はサウスポーのマイラーということなんでしょうね。それを見せた好走で現時点でこのメンツに2着まで来る力量があるとわかったことが収穫ですね。これからは使い所を使えますし、要注目になりますね。まだ若いですからレースキャリアを積めば距離も前後こなせるようになってくるかもしれないし右回りもこなせるようになるかもしれない。現時点ですべてを決めつけずに見据えていきたいです。

 

3着クリノガウディーは内にうまく潜りこんで足をためて抜け出しにかかりました。相当うまくいきましたが3着まで。いい脚が長く使えないその分そのまんま負けた感じでしたね。トリッキーなコースのほうが本当はよさそうですし外枠よりは初めから足をためられる内枠のほうがいいでしょうね。ちょっと乗り難しいところはありますが、積んでるエンジンは上位なのは間違いなし。これからもこの辺では常に上位争いでしょうね。いいタイミングでダートを使うのも面白いと思いますがそれはないでしょうね。

 

4着サトノアーサーはよくがんばったんじゃないでしょうか。いつもより前の位置取りでここまで頑張れたのは今後につながりそうです。ただ力量はG3上位が現状の定点かなと思います。

 

5着クルーガーは先手を取ってよく頑張りました。ちょっと楽しみになる好走。東京より他のコースのほうがよさは出ると思います。

 

6着ヴァンドギャルド。出遅れがそのまま響いた着順ですね。それでもここまできたのは収穫。勢いが止まったのはマイナス。プラスマイナスゼロといったところで次の仕切り直しでどこまでやれるかでしょうね

 

レッドヴェイロンは9着。東京マイル巧者もいかにもで、こういう時は来ないんですよね評価して反省です。人気で受け止めて押し切るほどの地力もまだないしそういうタイプでもないのかなと感じましたね。もうちょっと人気を下げた東京マイルのほうがよさそう。G1とかでもそういう感じなら展開ついて上位は狙えそうな馬ではありますね。

 

あとはスウィングビートの着順にはびっくりしましたと言う事で終了とします。

 

2月9日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.02.08 Saturday
  • 20:42

こんばんは。

 

土曜は前売りで馬券だけ買って用事があって夕方まで外出していました。馬券の結果はちょっとマイナスになってましたね。うまくいかんもんですね。

 

今週くらいから競艇で各地区の地区戦が行われます。この2週ほど競艇楽しいんですよね。6地区を大体前期後期で3地区づつにわけて開催。各地区特色がでて面白いですし、いつものG1よりは少しメンツは軽いけど、一般戦とかよりは全然豪華な感じのメンツがなかなか楽しかったりします。

個人的には四国地区戦が選手の規模も少ないのでA2の選手とかはいったりしてなかなかみてて楽しいですね。特に今年はナイターなので最終日まで楽しめそうですね。

あとは近畿地区戦が例年のイメージよりはメンツが軽くなった気がしました(全体的に)。気のせいなのか近畿の層も地味に下がってきてるのかというのもありますが。

 

あとはG1でほぼ選手がかりだされるので一般戦もいつもより軽いメンツになるので面白いんですよね。そんなところにF関連でG1はしれない人もふらっと出てきて。今、桐生でやってる一般戦もドリーム戦が峰選手とA2が5人となかなか味わいぶかいメンツでした。

あとは競馬ってほんと自治する人がネット上に多いですね。何か見てて疲れます。そういう時にもボートで楽しめるのはいいですねえ。

 

後は競馬の話、WIN5は小倉のメインが3勝クラスの芝の中距離。再三触れてる通り混戦に最近はなっている条件です。買われる方はむやみに絞らず、素質馬信頼せずにアプローチした方がいい条件だと思います。

 

と言う事で狙い馬。

京都

3R 1 マティアス 坂井 C

前走は大きく負けましたが調教再審査はあっさり合格。ソエもあったようですし前走の大負けは度外視でよさそう。距離短縮もレースぶりも血統的にもいいですし何よりメンツが軽いです。穴っぽい騎手も配して一発期待。

 

4R 13 ホウオウアクセル 北沢 C

メイプルキングのほうが人気しそうですが、時計は近いですし前走はから馬が邪魔になったこっちのほうが伸びしろありとみて狙い。

 

7R 12 ハーシェル 岩田望 C

まず前に行く馬(いける馬)が極端に少ないメンバー構成。それで逃げそうな9番の馬を狙うのもありと思いましたが、もうひとひねりで初ダートで。母系からはダート走れそうですし、小頭数の大外枠は初ダートにはもってこいの条件。ダートに適性があれば番手に取り付いて押し切りも期待できるとみて狙い。

 

東京

2R 4 ロドルフォブレイン 石橋 C

前走は時計の早い決着のレースだっただけに惨敗はやむなしこの相手関係で好枠生かせれば勝ち負け。

 

4R 4 カッチョエペペ 木幡巧 C

前走見る限り、1800mは長い、けどこれまでの1300mとかは短そう。なのでこの距離短縮で1600mはいいほうにでるとおもいます。ブリンカーもいいタイミングで使ってきたと思います。好枠も込みで期待です。

 

8R 5 カシノブレンド デムーロ C

現役屈指の8枠を引いてしまう馬が5番枠ゲット。鞍上も地味に強化ですし素直に期待。

 

11R 6 レイエンダ 丸山 C

前走は大外枠が敗因です。この条件は重賞で2着している条件ですし好枠も当たりました。巻き返してくれると期待です。

 

小倉

3R 2 ブルーアズール 亀田 C

混戦なので思い切って狙います。近2走は1400mで大外枠。そして今回は距離短縮で内枠。両方いいほうに出ると思いますし、兄弟のライラックカラー1400→1200の短縮に対応してきました。その辺も込みで穴を承知で狙い。

 

5R 6 スマートクリオス 荻野極 C

前走はダートで芝に戻すのもいいですし、休みをいれてソエもよくなってきたのもいい。厩舎もしっかりしているところで絶好枠。巻き返しに期待。

 

7R 8 キタサンチャンドラ 藤田 C

前走はややスムーズさを欠いてます。その辺が上向けば。減量騎手にこの中では前目に取り付けるのも狙う理由です。

 

8R 7 ガトン 荻野極 C

前走は直線で大きな不利。力はここでも通用するはずで荒れた芝も合うタイプだと思う。その辺込みで狙い。

 

きさらぎ賞

◎08アルジャンナ

〇03トゥルーヴィル

▲07ストーンリッジ

△01コルテジア

 06サトノゴールド

 05グランレイ

 

こういう感じで◎は実績からも2枚くらい上。ここは勝ち負け順当だと思う。

相手をどうするかということでノーザンFの2頭。特に前走も京都1800mで北村騎手でというトゥルーを2番手。あとは外人騎手込みでストーンリッジも。本命からこの2頭ですね。

4番手以下は三連系の3着、3頭目ってことで。本当にピンとこないですが、内側で松山騎手の分コルテジアを評価した感じです。

ギベルディは個人的には飛んでほしいと言う事で印から外しました。人気も込みでの評価です。

 

東京新聞杯

◎06レイエンダ

〇09レッドヴェイロン

▲01プリモシーン

△05サトノアーサー

 02ヴァンドギャルド

 13クリノガウディー

 12シャドウディーヴァ

 

とします。本命は上で触れている通り。枠がよくなって巻き返しを期待です。

後は東京巧者、1600m巧者の力のある馬を上位に並べたつもり。ヴァンドギャルドは枠と勢い込みで気持ち評価を上げた感じで逆に枠の分クリノは下げた感じです。

ただシャドウはどこまでいっても7番手という感じで6番手までがある程度近い評価でその下は差がある印象です。

これ以外で1頭穴なら10ロワアブソリューだと思ってます。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM