フィエールマンに見る云々…の記事を振り返って

  • 2020.06.07 Sunday
  • 00:14

こんばんは。2場開催で予想も早く終わりますし時間つぶしにどうぞという記事。

あくまで競馬関係者とは全く精通していない一ファンがこれまでこうなってるからこれからこうなるんちゃうって記事です。素人が妄想と想像で書いてるなと気楽に見てください。これはこうでしょうといわれたらそうですねとしかないほどしか情報は持たずに書いてる記事ですので。

 

という事で本題です。

スマホでこのブログを少し長いこと見てる人は下の方に出てきて目に入る人気記事ランキング1位はこれでした(フィエールマン勝利に見る競馬(ノーザンF・外厩)が変わっていくことについてグダグダと。)。今は予想の仕方系の記事なんですが。

あの当時、菊花賞のフィエールマン当時に書いた外厩とかが充実してこういう流れなんでしょうと書いた話で非常に反響も大きかったんですがあれから1年半。どうなってるでしょうかって話ですね。新時代の最強馬アーモンドアイが新記録を作るかどうかってこのタイミングでおさらいしてみようかと思います。

前の記事を張り付けて項目的に補足していく感じで書いていきますので当時の内容も残っております。

※補足内容 とかいて太字にしてる部分が今回、振り返ってる部分です。そうでないところは前に書いた記事の通り(のはず)。

 

それを踏まえて暇な人は読んでみてください。

 

どうぞ。

 

 

こんばんは。

 

フィエールマン勝利びっくりしました。そっちかあ(ブラストワンピースじゃなく)と。競馬が変わってるんだなということを実感しました。

アーモンドアイ絡みでちょこちょこ外厩に絡めたノーザンファームの推測の話は書かせていただいてますが

 

アーモンドアイに見るノーザングループの集大成

関東馬と桜花賞について語る(アーモンドアイと今後)

 

今日はいつもよりぐだぐだと私の主観全開でこれからの競馬について書いていこうかと思います。

 

はじめに言っておくのは私が競馬関係者とは全く接点のない人です。しいて言えば競馬バー絡みとJRDVさん関連で接点のある人はいますが私自身は多分ただのちょっと詳しい素人で、記者・マスコミとかトレセン関係者とか牧場関係者とかそっち側とは全く接点はなく書いてます。それを踏まえて読んでください。

 

ということで本題。

 

(ノーザンファーム厩舎(仮)と騎手起用)

フィエールマンが勝ったとき、失敗したと思いました。ルメールを乗せているということはノーザンファームはフィエールマンに菊花賞を勝たせたかったということ。凄くシンプルなところで結論の出る話でした。正直むずかしく考えすぎたなと失敗でした。

過去のローテがどうとかそういうのはもう全く意味をなさないとは思ってましたがちょっと抜け落ちてたなミスったなと反省です。

 

もう厩舎という考え方が古いんだと思います。海外っぽく馬主主導になっているということですね競馬が。なかなか慣れない人にはもう「ノーザンファーム厩舎(仮)」で競馬に挑んでいると考えたほうがいいです。そういうものになったということですね。

そこで出てくるルメール騎手。ノーザンファーム厩舎は騎手起用はシンプルです。

 

第1ドライバー ルメール

第2ドライバー そのときにそっていろいろ(短期免許との兼ね合いも)

第3ドライバー 美浦:石橋脩 栗東:北村友

 

としているということです。第二ドライバーは短期でムーアがきたらそうするし、デムーロや川田・福永にお願いすることもあるし、その時の状況に合わせてって感じですね。

 

厩舎と騎手のつながりがとか言われてますがノーザンファーム厩舎としてはすごく明快。第一ドライバールメールは全力で大事にするし、第二ドライバーにはお世話になっている人にそこそこ平等に馬は回しますよ。そして第3ドライバーの二人は30代前半の騎手を起用して次世代の騎手育成もしっかり考えていますよということです。福永、池添とかじゃ年を取りすぎてる。なので北村、石橋なんだと思います。そして何年か貢献してくれている石橋騎手には今年は2番目にいい馬ラッキーライラックの主戦を任せてG1プレゼントして彼にこの馬は任せますよ(ただしエースアーモンドアイはルメールだけど)ってことでノーザンファームなりに仁義を通しつつ運営してるということです。

 

そもそもおかしいですよね松永幹厩舎と石橋騎手はそれなりに接点はありますけどそれなり。なのに所属がそもそも違う中堅騎手にあれだけの馬の主戦を託すという状況が。かなり違和感ある話。なぜそうなったかといえばノーザンファーム厩舎としてそういう騎手の配置をしたということそう考えればすっきりする話ではあります。

そう考えるとラッキーライラックの乗り替わりも北村友騎手一択でしたね。考えが当時浅かったなと思います。

 

となると今年か来年かわかりませんが北村友騎手にラッキーライラックレベルの馬が2歳から近々あてがわれて彼はG1をとるチャンスに恵まれることになるでしょう。そこでそのチャンスをものにできるかどうかはわかりませんが。

 

まあ未だにSとかKとかTとかだらだら乗せている厩舎よりは少なくとも騎手育成は考えていると思います。そして今の若手はまず北村、石橋の席を目指して頑張っていきましょうということですね。

 

 

※補足

考え方自体は変わってないと思います。騎手も

第一ドライバー ルメール

第二ドライバー 外人騎手

第三ドライバー 北村(石橋・丸山?・三浦?)

 

西はこの通りだと思いますが、石橋騎手がちょっと下がってる気はしますね。変わって丸山騎手と三浦騎手を試しているという感じ。丸山騎手がこのラインにという話は他の記事(10年後の騎手事情を見据えて?)でも書きましたが三浦騎手とかも食い込んできている気はしますね。西は基本この感じですが、ローカルで西村騎手とか若い騎手を試している段階に見えます。

 

後は北村騎手に2歳牝馬の有力馬があてがわれてG1をとるってのは当たってますね。となるとこの流れに次に乗れる騎手がG1のチャンスとなるんでしょう。有力2歳牝馬の騎手には今年も注意してみてください。来年のニュースターを見つけるいい方法になるかもしれません。

 

 

(力関係が厩舎→生産者(馬主へ)

むかーしの競馬、大尾形とか言われたころの厩舎事情に近づいているのかなとは思います(そんな昔はわかりませんが)、一部の力のあるところが騎手も多く抱えて馬も独占して推移していくという状況。トレセン化で厩舎の力が均等化してなかなかそうはいかなくなったけど、根本が変わってきました。昔は競馬で一番力があったのが厩舎であり調教師だったけど馬主・生産者に替わっていったということ。

なぜそうなったかといえば簡単に言えば、「馬は生産できてもお前らレースで走るように教育できねえだろ。最後は俺らが調教しないとどんな馬でも駄馬なんだよ」といい方はあえて下世話にしましたがそういうところが調教師側にもあって生産者・馬主側は従うしかなかった。

ただし外厩の急速な整備で生産者側がトレセンレベル、それ以上の仕上げができるようになったということ。そして厩舎数に対して馬が過多という状況でもなくなり厩舎側の力もなくなってきたということでパワーバランスが完全に生産者側に替わったということですね。もうこれは生産者側の努力によってそう変わっていったんだから仕方がない。時代の流れがそうなんだよ以上のことは結論ないですしそれはファンも受け入れなきゃいけないところじゃないかなと思います。

このパワーバランスが厩舎側に戻ることはおそらくもうないです。少なくとも何十年は。

 

※補足説明

この流れ自体は基本変わりませんね。ここはもうどんどんお金を使っている生産者、出している馬主側に力関係が変わっていくことになるでしょうね。この流れが加速化してくるとトレセンが必要ないかというとそうでもなく、やはり残り10日のトレセンが大事になってきます。

関西はなんだかんだいろんなタイプの厩舎があってバラエティにも富んでますしその中でということになるでしょう。特に固定というよりは縁も大事にしつつって感じでしょうが東は結構はっきりしていて

 

第一厩舎 国枝厩舎(65歳)

第二厩舎グループ 堀厩舎(52歳) 手塚厩舎(55歳) 木村厩舎(47歳) etc

第三厩舎グループ 大竹厩舎(50歳)、尾関厩舎(48歳)etc

 

他にも有力厩舎はあって藤沢厩舎のような別枠で明らかにレジェンドとして重宝されてるところや萩原厩舎のように一癖ある馬で個人馬主とみたいなこれも別枠で信頼されてるようなところ、他にも若くて有力厩舎でみたいなところはぽつぽつありますが目立つところでシンプルに言えばこういう感じかなという風には見えます。

ポイントは年齢なんですよね。国枝師は65歳でもう5年。要するに今年アーモンドアイが引退しても子供は1頭管理できるかどうかぎりぎりのライン。そうなると後釜を作りたい。

そうなると若い人を育てつつ(大竹、木村あたり)となりますが、国枝後にしばらく中継で入ってくれて若い厩舎が完成形になるまでになってくれるところをということで大体10歳くらい開いてて、昔の厩舎運営の名残もある、自前でなんとかできるノウハウもそれなりにあるところにのびてもらいつつ次世代につなぐまでの役目を果たしてほしいということで手塚厩舎なんでしょう。フィエールマンでそれができる厩舎というのは見極めて、今年は弥生賞からダービーという新しい挑戦をするワーケアを依頼。

おそらく若手調教師がものすごく伸びればそっちがエース。それがなければしばらくは手塚厩舎という考えでしょう。もちろん萩原厩舎(60)とか田村(57)、戸田(56)厩舎あたりもスポットで使いつつって感じになるでしょうが、手塚厩舎に当たる馬と使い方でおそらくはそういう方向で移行してくんだろうなという気はします。POGとかされるかたはその辺抑えておけば面白いと思います。

 

(なぜ関東なのか)

なぜ天栄か。なぜ関東厩舎かといえば簡単にいえば地理的事情がでかいのでしょう。馬産地にも関東のほうが近いし、大きな会社の社長も関東が多い。何かと関東のほうが便利とか単純に桜花賞、菊花賞は関西でしたがビックレースは基本東京競馬場ということも大きいのかなと思います。西からこれらを目指すよりはいろいろ効率的。あとはわからないところで関西の気質が合わないとかそういう要素もあるかもしれませんが、それはわかんないです。ただ関東のほうがいいようだというのはノーザンファームの外厩戦略では何となく見えます。

 

そして関東を拠点にするとして一番難易度が高いのは間違いなく3歳牝馬で若い時期に挑戦しなければいけない桜花賞。これがぶっちぎりで難しいです。今年ここをクリアしたからもうどんな条件でもいけるでしょとなってと思いますね。なので菊花賞も大胆なローテで挑戦できたし、天皇賞秋もこれまでとは違うローテで好走する馬がでてくるかもしれません。

 

※補足説明

これはどんどんでてますね。関東からの桜花賞挑戦はいろんな形が(栗東留学とか)今でも試されてますね。ただ一つはっきり方針としてでてるのはフラワーCからの参戦。関東の重賞を使って中2週で桜花賞。これは関西馬でも関東馬でも輸送込みのプランになる代物で結論としては外厩的にというかトレセン側も含めて共通認識で「3歳牝馬にこのローテ無理!」って結論は出てる気はしますし、傍から見てても無理あるローテだと思います。ファンサイドは今でも使え使えとでるところですけど個人的にはこのレースをG1狙えるレベルの馬で使って桜花賞を使おうと考えてる陣営はもういないのかなと思います。使いつぶす覚悟や初めての大きいレースみたいな個人馬主さんではあるでしょうけど、現実的に勝負のある馬はここを使えば桜花賞パスでオークスにこれからはなると思います。

 

天皇賞秋の違うローテはそうなってますがこれは下の方で触れます。

 

(近い手法は他でもありました。)

そして話は戻ってこのノーザンファームの手法。初めてではなく近いケースは見てきています。

・外厩の駆使

・関東側から

・生産者、馬主サイドで主戦騎手の設定。

 

ピンと来た人はいると思います。マイネルですね。

地方も含めた外厩というか自分の牧場での仕上げ。そして関東の厩舎が主流で積極的に口出し、そして騎手は柴田大騎手ということです

 

第一ドライバー 柴田大(ルメール)

第二ドライバー 松岡、丹内(いろいろ)

第3ドライバー 他に指示聞くやつ(北村、石橋)

 

ということですね。

マイネルが天下をとれなかったのはいろいろ残念だから。まずノーザンFほどは体力がない。自前の調教も劣る。アルゼンチン式も不発。選び騎手も・・・ですよね(うまい騎手選べとはいわないけどもうちょい普通に乗れる奴選べば・・)

そして指示も結構残念ということですね。

 

個人的にはマイネルさんはこの20年の間に「一切口出ししませんだからクラシック取らせてください」と頭を下げて藤原英厩舎とか捕まる前の角居厩舎とかに頼めばクラシックは取れたと思うしひょっとしたらダービーもとれたかもしれないと思うんですよね。ただもうこのやり方でノーザンファームが完成に近づいたのであちらはこのやり方をどんどん進化させます。もう今からだと手遅れでしょうね。

 

そして考え方の話。オーナーブリーダーでやってる人たちはこういう形で生産馬を競争まで見ていきたい。言葉を悪くすれば支配していきたいというのはあるんだと思います。今までの厩舎主導はノーザンF、マイネルに限らず不満はあったということですね。

 

これからは体力のあるところ。どれだけあるかわかりませんか、この流れにのってこういう形で進めていくでしょうね。厩舎主導に戻ることはよっぽどのことがない限りないでしょう。お金を出してるのも今も昔も生産側ですから。むしろトレセンの優秀な調教師が外厩側に引き抜かれてやめるとか、外厩でみっちり仕込んだ人がトレセンに入って、調教師にもなって完全なノーザンF天栄の支店として運営する厩舎も20年後にはあるでしょうね。ノーザンFの馬しかいない厩舎です。

 

ということですね。

 

※補足説明

これはまだそこまでは目に見えるレベルでは進んでないかなという気はしますが、ファンレベルではわからんだけで関係者レベルでは進んでるかもしれんですね。実際オーナーブリーダー主導はしていきたいところだと思います。

 

(騎手に関して)

こうなっていくと騎手と厩舎の結びつきや、そういうのはなくなる寂しいという意見もあるでしょうけどこれも仕方ないですね。離れていったのは騎手側なので、フリー制度にエージェント制。騎手側から取りいれを要望して厩舎と騎手のつながりから離れていったので、それをみたいというのを厩舎側に文句を言っても仕方がない。彼らにしたら「あっちが離れたんや。しらんがな」って話ですよ。騎手は「レースのことは騎手しかわからない」といいますが、逆にいえば彼らがわかるのはレース(と乗ったら追切)くらいで厩舎側からしたら「毎日面倒みてるのはこっちだ。レースしか乗らない騎手に何がわかるんだ」という感情も多かれ少なかれあろうし、どっちに共感できるとしたらどっちかといえば私は厩舎のほうですかね(あくまで私の主観)。なのでその辺は文句をいうとしたらどっちかといえば騎手側でしょうね。そして昔の名残のままいってたらまだ情の部分が残ったからここまで外人騎手ばかりという状況にはなってなかったかもしれませんがその辺はわかりません。

 

※これは変わっていってますね。騎手がオーナーに張り付く形が最有力、エージェント制も強い力は持ってますが、それよりは有力馬主、生産者さんと騎手が契約まではいかずともどれだけひっつくかってところが一番で、そのあと2番目エージェント制でいいエージェントがついてる人に馬が回ってくるって感じですかね。もうそこまでエージェントが大事な時代ではなくなってると思います。

こうなると引っ付き先はノーザンファームが一番いいんですけど、そこが無理なら他の有力馬主さんにひっつくのが一番早い気はしますね。今回のダービーの武豊騎手のような3頭ほど様子見でいいのに乗るってのはエージェント制まではいいでしょうが今の流れではあれでは本当にいい馬に乗る可能性は下がるでしょうね。あの方法は今の流れでは多分まずいやり方。一昔前のやり方になってしまってますね。普通50歳超える騎手って最後の奉公のようになって馬主とのこれまでのつながり重視に自然となるんでしょうが、武豊騎手のモチベーションがまだあるのでそれが逆に悪い方に出たって感じですね。

この方法だとどう見てもノーザンの3番目か他の有力馬主の2番目くらいの馬が回ってくるのが限界になってくると思います。そういう長らく続いた騎手主導で選ぶという時代ではなくなってきてて、騎手と厩舎ではないですが、騎手と馬主、騎手と生産者のつながりが大事な時代になってきているような気はします。はた目には厩舎×騎手の関係を見慣れたファンにはドライな乗り替わりは多いという風に見えますが、見る角度を変えれば意外につながりは大事にされてる気はします。

エージェント制やフリー制を持ち込んで自分たちのやりやすい選びやすいようにしてきたものがもうそうじゃなくなってるので、長らく続いた騎手側主導の馬選びの時代も終わりました。もうここからは海外風にこの馬主ならこの騎手って感じになるんでしょうね。そのへん福永騎手とかはエージェント制のころから、その制度を使いつつ、つながりは残してそっちに移行しやすいように準備してた気はしますね。

 

(対抗馬は)

この方式で成功してどんどん流れに乗る中、対抗できる馬主はいるかというと、正直むずかしいでしょうね。思うところはノースヒルズとエイシンとタガノが手を完全組んで提携してそれぞれのノウハウをうまく使えば何度かに一度一発入れるレベルにはなるのかなとは思いますがそんなことないですね。タガノの宇治田原の外厩。ノースヒルズの育成や馬や調教師を見るセンス、そしてエイシンの独自路線の生産や外国馬購入のノウハウ。部分部分はノーザンFにも劣らないと思うので、そして彼らの取り組んでいることはノーザンファームの方向とは逆ベクトルなので(例えばエイシンの生産する馬はスピードで押し切るタイプが多く、これはノーザンファームのためて切れ味というのとは逆とか、ノースヒルズのある程度、有能な調教師に託しきるとことは今の外厩の流れとは逆。そして彼らは関西ですから)嫌な相手にはなりえるとは思いますが100%ない話ですね。

あとはマイネルがすごく賢く立ち回ればこれからでも何度かに一発は入れられる組織だとは思いますが、ここは絶望的にあた・・やめましょう。無理ということです。

 

そして指摘がありましたので追記させていただきますとゴドルフィンですね。世界規模の馬主さんでノーザンファームとがっぷり四つに組んでより切れるレベルの体力のあるJRA唯一の馬主さんです。ただここはどれくらい本気になってくれるかそれに尽きます。ゴドルフィン名義になって勝負服も青くなったところでそれはあるのかなと思いますがここがどれくらい本気で日本を取りに来るかで生産界のパワーバランスも大きく変わると思います。一つG1とりましたし、2つ3つつなげることですね。短距離、牝馬、ダートといった取りやすいところからこじ開けていって最後はクラシックディスタンスで勝ち切る馬がでてきてほしいです。ダート牝馬あたりでファインニードルに続く馬がでるかどうかが大事なポイントかなと思いますしそこが見極めるポイントですね。

 

※補足説明

手は組んでないですが、ノースヒルズさんは自分のやり方で差別化もしっかり他とはできてて、自前で総合力では戦えなくても、レースレースでは勝負できてますね。この辺は長いことやってる馬主さんで前田オーナーもまだ元気でモチベーションもばりばりありますし、対抗馬とまではいかずとも何度かに一回は個別では一発以上のものは入れられる馬主さんではありますね。新種牡馬キズナがあたったのもいいですし、コントレイルも多分種牡馬になればいいんですよね。まだしばらくはいい存在感を競馬界でだしてくれそうです。

 

ゴドルフィンも最近は少し不振ですが、高い位置では安定していて、もう一つ何かあればクラシックをとれる大物がでればいい存在になりそうですね。期待値よりはまだ存在感はないですがこの後の爆発に期待したいですね

 

(これからの競馬(近い話))

これからの競馬はこれまでの傾向は使いにくくなるとは思います。このブログでも再三書いてますが、過去何年のローテとかデータ派という人が大好きなデータはまあもう使えないでしょうね。

多分、今年か来年かわかりませんけど天皇賞もこないといわれているオールカマーから好走馬がでると思いますよ。

 

簡単に言えば外厩戦略を使うのに中3週、中2週は短すぎる。よって毎日王冠、京都大賞典をステップにして好走する馬はまあ減るでしょうね。芝の中距離とかノーザンF生産馬は半分は出てきますから。ここからいい馬はでるでしょうし勝ちたい馬はルメールさんが乗ってるでしょう。

 

※補足結果

オールカマーから天皇賞秋の勝ち馬がでて、毎日王冠からも天皇賞に出走は2頭でマイルCSに向かうためのレースになって京都大賞典は二軍戦のようなメンツ。あとのG1のことを考えると、ここをステップに天皇賞ではなく天皇賞をステップにジャパンカップか有馬記念のどちらか一個という時代になってきましたね。

東京G1三連戦自体が関東馬しか3つ取りはできないわけですし、全般で言えば全部いいパフォーマンスを出した馬がかなり少ないので限界という結論はでてますね。特に輸送込みの関西組には無理ということでそれを踏まえてどう使っていくかって時代ですね。今のやりかたもですけど、これからどんな工夫が出てくるかってことも見ていきたいところですね。多分、また新しいことをローテで試してくる陣営はでてくるはずです。ファンサイドとして特に馬券を買う側としては新しいことにデータにないとかですぐに拒絶せず、なんでこうするんだろうを考えて一個一個判断する必要ありそうですね。

 

(これからの競馬(遠い話))

これからはどうなるかというとこの外厩手法が精度を増していくでしょう。桜花賞をクリアした以上、国内は何とでもなるでしょうしそう思ってるはずです。じゃあどうなるかというと海外ですよね。凱旋門賞もフォア賞とか使わずぶっつけで挑むようになるんじゃないですかね。そして何度か失敗するけど最後は成功となるような気がしますね。他の海外ビックレースも同様。ひょっとしたら外国に外厩つくるかもしれないですね。それはさすがにないか(笑)

 

そしてローテについてももう一つ進化させるでしょう。ヘヴィータンクみたいに良血の走りそうな馬がいきなり弥生賞とかに出てきて権利をとって2戦目で皐月賞とるとか10年後とはいわないですけど20年後くらいにはあるんじゃないですかね。競走馬って僕らが思うほど丈夫でもなく超繊細でもろいみたいですからね。過去にもいーっぱい素質馬がこのローテに苦しめられて壊れているはずです(心技体どこかで)それがローテで無駄を省ければその確率は減るわけで、究極のところは2戦目でG1ですし、そういう馬が出てくる体制もできています。いきなりトライアルに使えるという制度はヘヴィータンクみたいな馬を拾うためではなく、こういう素質馬が出てくる余地を残す制度だと思いますしいつか誰かがこういうことをしていつか大きいところを取るはずです。

 

夢のある話ですので楽しみに待ちましょう。

 

※補足結果

遠い話にしてますが、凱旋門賞もフォア賞パスで使うようになりましたね。それで一度失敗。もう何回か失敗はするんでしょうけどこれでいつかいい方法を見つけて取れそうな気はしますね。

さすがに重賞ぶっつけとかはでてきてませんが、結構いってること当たってたのでこれも近い将来みれるかもしれませんね。

 

 

というのが思うところ。うだうだ書きましたが競馬は変わる節目というお話。あくまで私が感じたことをぐだぐだ書いただけ全部外れているかもしれません。こういう考え方もあると楽しんでくだされ。

 

 

有馬記念の枠番について

  • 2019.12.19 Thursday
  • 23:14

こんばんは。

 

今日は何もする気はなかったんですけど、今日はいつもの木曜と違ってだいぶ人が来ているようなので私の考えを簡単に書きます。

まず昨年書いたそもそもの枠に関する記事。まずは去年の記事のそのままコピペで

 

はいここから↓

 

それはおいといて有馬記念の枠順抽選が終わりましたね。一番枠に注目が集まる日ですので簡単に枠番の見方について西日本で一番枠にうるさいブログ主(多分)が枠番について書いてみようと思います。

 

本来、自分の買いたい馬、好きな馬を決めてから見ないほうがいいです。そこに一喜一憂してしまいますしいい枠にはいったら他を見なくなってしまいます。悪い枠に入っても「差し馬だから外枠でも大丈夫」とか競馬界屈指の謎理論を無理やり持ち出していいように解釈しようとしてしまうからですね。

 

理想は特に決めごとせず俯瞰で全部決まってからばっとみるほうがいいです。というかそっちのほうが枠に慣れてくると楽しいです。見た瞬間に「ほぉほぉ」と感じるあの瞬間はたまらないものがあるんですが、それはある程度慣れてからの話です。

 

何が大事かというと単純にいくつか書きます。

 

・外より内がいい

・奇数より偶数がいい

・ほかの馬との並びも重要。

 

ということ外より内は見ての通り。競馬はトラックをくるくる回る競技なので大前提として内が有利です。それがある中でコース形態や芝の状態で内が有利じゃないコースも出てくる。それが外有利に見えてくるということです。基本は内有利でイレギュラーがあれば外も有利になる。そして有馬記念は過去のデータも言われますがコース形態からもどうみても内有利です。

 

そして奇数より偶数のほうがいい。先入れ後入れの話ですね。後入れのほうが圧倒的にいいです。これは関係者はすごく気にしています。競馬新聞やネット上のデータで予想している人はG1の前の日(土曜)のスポーツ新聞を1,2度買ってみてください。関係者の枠番に対する感想が大体出ていますが、奇数枠偶数枠には本当に多くの関係者が触れています。それくらい神経質になる事象だということです。

 

他の馬との並びはこの辺は経験ですが、人気馬が全部外に入れば9,10番あたりでもいいとか、徹底先行が2,3頭、中ほどの枠にいてごちゃつきやすいコースならその外でも展開あるなとか人気馬がマークできる枠だなとかそういうことはあります。それは枠を意識してレースを見ていくとだんだん経験値はたまっていくはずです。

G1に関しては予想の段階で私の感じるところはある程度は書いてますので参考にしてください。

 

でどの枠がいいねんと聞きたい人はいるかと思います。簡単に。

 

SS 4

S 6

特A 2

A 3,5,8

B 1,7

 

って感じですね。あくまで私の感覚。

4番枠はこのブログを読んでる人ならおなじみ。おそらく4年前?の有馬記念の枠番選択後に枠について本を書かれたりブログを書かれている方は8割がた使ってる「初めに枠を選んだジェンティルが4番、2番目のトゥザワールドが6番を選んでワンツー。これが枠番の重要性を〜」という書き出し。これが端的に表してます。4番が一番有利で次に有利なのが6番。実際4番枠のG1成績は折をみてあげてますがこんな感じ。

 

G1、4番枠のある程度人気している馬を買い続けると

G1競争における奇数枠、偶数枠について

競馬における枠番の有利、不利について(芝)+G1の4番枠について

 

昔の記事ですがこの辺にその辺の話は書いてますし再三私が触れている話です。基本4番買ってたら競馬は勝てると思います。ただそれじゃ楽しくないというのでうまく使ってくださいということです。とにかく使いやすいデータだと思いますし参考にしてください。陣営もその枠を望んでいるのは有馬記念の抽選の話でわかりますし、データでもはっきり成績がいいと出ているデータです。マニアックな血統とかよりデータとしては使いやすいと思ってます。

 

6番も次にいい枠ですね。内過ぎない内枠で偶数枠。これも引きたい枠です。逆に2番はちょっと内すぎるかなという印象を受ける枠ではありますね。ただ引いて嫌な枠ではないです。いい方の枠です。

 

後は内目の3,5,8番はBESTじゃないけどgoodっていうところですかね。「これで偶数なら・・・」「もう少し内なら・・」ってのは残すけどまあいいところだし良しとするかといえる枠だと思います。

 

7は極めて普通ですね。先入れの分少し嫌だけど内だしプラスマイナスでゼロかなというところ。1番は馬によりますね。人気馬とか牝馬とかは嫌でしょうし。タフでゲートのうまい牡馬は嫌じゃなくいいほうにとれますし馬によります。キタサンブラックみたいな馬ならAまでは上がるでしょうけどそれでも4,6そして2よりは悪い枠ではありますね。

 

あとは単純に外のほうが悪くて奇数のほうが悪い。ただし大外枠は最後入れですし逃げるとかなら内を見ながら外を気にせず一気に行けるのでまだ作戦的にやりようがある枠ではあります。要するに有馬記念の場合一番厳しい枠は15番になるでしょう。有馬記念の枠番選択性の時もこれが最後に残りましたね。

 

ということを踏まえていくつか触れていきましょう。

 

はいここまで↑

 

この辺を踏まえてみていきましょうということです。今年はワールドプレミアの武豊騎手が馬主さんに1じゃなければ2・4・6でといってたようですが、まあそういう事なんです。1は自身がよく引いていてゲンがいいというところですが、一般的にいいのは2・4・6ってところです。そして騎手がここまでシビアに枠についていうのはワールドプレミアが枠の助けがないと現状は厳しいと少なくとも武豊騎手はみているということだと思います。その辺も踏まえていくつか触れていきましょう。

 

9 アーモンドアイ 10 サートゥルナーリア

一番の注目馬と有力3歳牡馬は黄色の枠に当たりました。この2頭はふわっとした何とも言えない普通のところに入ったなという感じですね。可もないけど不可もないかなという感じですね。アーモンドアイ的には奇数より偶数がとかちょっと外に逃げ馬がいるこの枠はレースのイメージわきにくいなというのはあるしサートゥルは大本命のすぐ外はマークはできるけど負かしに行くには力で勝てないと厳しいし、もうちょっとアドバンテージのある枠は欲しかったしってのはあると思いますが、結論は「まあ良しとするか」で関係者も納得はできそうな枠でもあると思います。

この2頭が普通のところにはいったことで予想のメリハリは少しつけにくくなりそうだなとは思いました。

 

6 リスグラシュー

一番いいのはスティッフェリオですが、有力馬で一番いいところ当たったのはぱっと見この馬。どういうレースになるかは読めませんが出し抜けをかますならこれ以上ない枠にはなりました。抜けていいところ当たったと思います。

 

2 スワーヴリチャード

これも枠的にはいいところ。いいほうだと思います。自身のタイプと内目すぎる枠と中山のくるくる回るレースが合うかというとあまり合わない気もするんですが、枠だけでみればいいところ。だしぬけ一発をかますにもいいところ。あとは馬(と騎手)が頑張りだけではありますね。

 

5 フィエールマン

上の記事のとおりに言えば、bestではないけどgoodかというところ。欲を出せば偶数ならとかあるけどここなら良しとするかと思えるいいほうの枠です。そして5番枠は今年秋は絶好調ですからね。ゲン担ぎもこみならよしよしと思えるでしょうね。あとは池添騎手と馬の出来次第ですね。

 

7 ワールドプレミア

菊花賞が枠も生かし切った勝利だったので外なら普通に厳しかったと思います。ぎりぎり勝負圏内に踏みとどまった(踏みとどまれてないかもしれないけど)7番枠。馬が足りない分をどこまで立ち回りで埋めるか。まずはスタートを奇数枠で決めれるか。そこが注目。決まれば前目、内目で終始運べるか。運べたらチャンスあり、その形にならなければあって3着の厳しい競馬になるでしょう。

 

11 キセキ、12 クロコスミア

先行馬で外目ですが内でいきそうなのは4番のスティッフェリオのみ。まあ外目ではあるけど内側がこういう感じなら自分の競馬はできるかなと思ってると思います。外目という事実はマイナスだけど枠ほど悪くはない条件でしょうね。

キセキはムーア騎手なので逃げないでしょう。おそらくクロコスミアはそれも踏まえてキセキを追い越してハナ狙い。そう考えると双方逆ならよかったのに・・・とは思ってそうですね。

 

15 アエロリット

外は厳しいんですが、菊沢調教師は外目がいいといってたようで。強がりではなく内目でスタートダッシュ乗らずにそのあと外から来られてもまれてとか前に行けずとかそういう競馬になるくらいなら外がいいってことでしょうね。わかる気はします。

本当はキセキとかクロコスミアの入ってるあたりがよかった外がいいだと思うんですが、ここなら自分のペースで自分の競馬できるし引退レースだし良しとするかって感じだと思います。内にはいって包まれてが一番いやだと思ってたでしょうし、それよりはここでいいかってところだと思います。押してハナとるタイプでもギアチェンジをすっとして動けるタイプでもないので内枠あたってそとからわらわら来た時に何かできるタイプではないでしょうから。あとは力が通用するかですね。

 

14ヴェロックス

まあ枠の助けは欲しかったかなと思います。馬がすごく強かったという可能性以外で勝ち筋がなくなったのはつらくなったなという感じです。

 

簡単に枠に関して書いた短評です。私の視点なので参考になるかわからんですが、使えるなら使ってやってください。

じゃあみなさん今週の競馬(とボート)頑張りましょう。

 

 

12月14日阪神1レースを語る

  • 2019.12.16 Monday
  • 21:40

何それって話でしょうけど、このレース予想面白かったんですよ。どのカード切るかみたいなギャンブルっぽいレースで

その辺についてちょっと書いてみようかと思います。

 

何が面白かったかというといろんなタイプの馬がいて人気が散ってたこと簡単に有力馬を書いていくと、

 

1人気 ソプラドール 父Mウォリアーの初ダート。母系はダート寄り。安田隆厩舎

2人気 メイショウマサヒメ ダート2戦目(初戦は1人気3着)距離延長

3人気 オークレイコート 牝馬限定のダート戦で2戦連続好走(2,4着)

4人気 オークヒルハウス 新馬1人気で豪快に飛ぶ。ノーザンF生産

5人気 ラボンダンス デビュー2戦着差は大きく負けてるも着順は掲示板近辺。先行できてて距離短縮

6人気 マサハヤアン ダート2戦3,6着。前走は牡馬混合。休み明け

7人気 セイウンミレイア 初ダートキャリア4戦。

8人気 ユキネエ 初ダート。キャリア2戦目

 

ざっとこういう感じで。

これ決め手ないんですよ。初ダートを狙うのもあり。キャリア2戦目で上積みありそうな馬狙うのもよし、、距離短縮組を狙うのもよし、初戦は人気で豪快に飛んだけど優秀な背景のある馬の巻き返しを狙うのもあり、もちろん経験馬からというのもあり。

そして初ダートでも人気をとるか、人気薄から狙うかっても。

そしてその中で突出してるものはどれもなし。

 

ある程度の予想力があってそれなりの比較はできても最後はどのカードを切るかってギャンブル勘の勝負という感じのレースだったと思います。その人の歩んできた、見てきた競馬観でどの馬が有力かってのは変わると思うし、1着を確率低くても欲しいととるか、3着まででオーケーと判断して軸を探すかこれでも拾う馬は変わってくると思う。そして配当も見込めば初ダート狙いと決めてもとる馬は変わってくる。当たってる人は正解ですが、外した人も同じアプローチで取れるレースはあると思うしある程度の運もある。予想力の差で差がつくというよりは勝負勘とかギャンブルの場数からくる経験で引く確率を上げられる。ただ引けるとはわかんねえって類のレースだったと思います。

 

私も5人気の馬を狙いましたが、自信はあったというよりはこういう感じのメンバーならこういう馬で勝つとはいわなくてもそこそこあるよな。確率的にはこれを抑えとくのがいいかなという長年の勘の部分で決めました。そしてそれはもちろん人気も考慮してのものです。それで引けなきゃ仕方がねえって感じで。

 

カードゲームやバックギャモンとか運要素もあるゲームをしてる感じで予想馬券の感覚が近いレースで面白かったです。手持ちのカード見ながらどれでせめてどういう形であがりにもっていくかって感じのレースでしたね。

競馬はある程度、理詰めで結論出せるレースも多いですが、それをしても仕方がないというレースもあります。そういうレースを予想するのも面白かったですね。レースとして面白いレースも感動するレースも大事ですが、予想ゲームとして面白いレースも楽しめると楽しみも広がるし視野も広がって楽しくなりますねって話でした

 

ちょっとここまで分散しててギャンブル性のある感じで出来上がった番組も意外にないのでたまには記事にさせてもらいました。ではまた。

枠のみかた、予想での使い方(狙い馬の探し方)

  • 2019.11.24 Sunday
  • 21:57

こんばんは。

 

前にも書いたように単発の狙い馬の探し方シリーズ。まずは私の予想の代名詞のような枠について書いてみようかと思います。

あくまで私の考え方。ひとによって見え方は見てる位置が違うから当然違います。差は出るだろうし全く自分の考えになじまない人もいるでしょう。それは正しい違うではなく見てる角度や位置によって変わりますから仕方のない話。あくまでそういう感じで気楽にみてください。

 

まずすごく基本的な考え方、何度も書いてますが、簡単に言えば枠というのは内が有利です。これはトラック競技な以上そうなります(陸上のスタートとかみてもわかりますよね)内外平等に感じるようなときは基本的には外が少し有利か、内が少し不利な状況になってるということ。外ばかり来る状況(新潟直線は除く)、は外がものすごく有利な状況ということです。

 

内外平等な馬場というのは競馬で実現するのは不可能でしょう。まずそういうことができるなら陸上とかですでには使われてるでしょうし、使ったら痛む芝、天気や気温によってもコンディションが変わる芝でそれを実現するのは現時点では不可能。瞬間的にはできても使えば痛むし、気候や水をまいた後の気温とかも影響する話だからたとえ瞬間的にできても維持するのはもっと難しいでしょう。

 

なのである程度は受け入れて競馬を見たほうが楽しいし馬券的にもいいでしょうということです。それで予想にどう使うかという話。

まず基本的な予想の話を簡単に説明しましょう。

 

・横の比較

出走馬の入った枠の比較

 

・縦の比較

1頭の馬の入った枠の前後の比較

 

これが枠を予想に使うときの考え方のベースになります。詳しく説明します。

 

<枠・横の比較>

横の比較というのは単純にあるレースで入った枠の良しあしですね。「新潟直線の外枠か内枠か」とか「通常のコースの内枠か」とかです。有利があれば逆は不利になるということはあります。そのレースでおいしいところ、おいしくないところに入ってる馬がどの馬になるのかということをみるわけですね。そして基本は内枠有利と覚えておいて、内があまりきてないなとか外がよく来るなというときには「すべてフラット」をベースに考えるのではなく、「基本は内有利」から現状をみて味付けしていくほうが本質に近づくとは思います。

 

 

<枠・縦の比較>

そして縦の比較というのは1頭の馬の入った枠をみていっての有利になるか不利になるかの判断ですね。簡単に言えばずっと新潟直線コースで外枠が当たって2,3着にまとめていた馬が、内が当たれば不利になりますし、中央でも内有利のコースで好走してた馬が外枠になれば厳しくなる。その逆もしかりですね。

わかりやすいケースで書くと先週推奨にあげたカシノブレンドですね。勝ち馬と1秒以内で走れるようになった(未勝利から)近6走が入った枠が8・8・4・8・8・8枠と外枠に集中。そして今回は6枠と中枠に入って着差が詰まって馬券内。もちろん大野騎手への乗り替りもあるでしょうけど枠が少し内にはいって着順があがったということもあると思います。

逆に桜花賞までのソウルスターリングですね。この記事(後出し回顧で桜花賞、ソウルスターリングに対する考え方について)でも書いてますが内枠や小頭数の外枠と恵まれたソウルスターリングが外枠に入って負けた。この辺も枠の話をつかんでいたらそんなに疑問に思わずに受け入れられる話にはなってきます。

 

<縦の比較・横の比較の出し入れについて>

この2つの出し入れでその馬が今回「プラス」があるのか、「マイナス」なのか。「維持」なのかを各馬判断していくということですね。基本は競馬の予想というのは血統でも時計でも騎手とか厩舎を見る分でも「プラス」を探す作業が基本にあると思ってます。そして何かの「マイナス」をみつけることで人気馬を軽視する方向性を探す。

これが誰にでも目に付くところにあるもの、そしてとくに競馬に詳しくなくてもだれにでもマイナス、プラスを探すことができるのが枠を使った予想のいいところだと思ってます。

 

一つのレースのケースで簡単に書けば、内枠に入った有力馬が2頭いて片方はずっと内枠。片方はずっと外目の枠で恵まれてなかった。この場合は後者がいいなとか逆のケースもしかりですね。こういうことでプラス・マイナスを導いていける。そこから前回よりどれくらい走れるか前回ほど走れる可能性は低いのかということが導き出せるわけですね

 

<縦の比較・横の比較を使った狙い馬を探す例>

そしてこの二つを合わせて、考えられるのが今週の京阪杯ライトオンキューになります。

 

昇級後の前走は外枠14番枠で外を回る競馬で4着。これが内枠に入る。ここが「縦の比較」を使った枠番のプラスです。そしてメンバー構成などですね。まず京都の芝で内枠に入ったということが一ついい要素。そして他の人気馬が外枠に固まったこと。この二つから「横の比較」でも枠的にはプラスだなと見いだせるわけです。これだけ枠で強調材料があれば前走の4着からは上積みあるよなということ。4着より上となれば馬券内ですから買いやすくなるということですね。

 

<偶数枠・奇数枠の有利不利の話>

そしてもう一つあるのは偶数枠、奇数枠ですね。競馬はご存じのとおり、奇数から枠にいれて偶数枠があとに枠にいれます。そして最後が大外枠となります。ゲートで待たされている時間が多いほどゲートが立ち遅れる可能性は高くなります。これはG1週の土曜のスポーツ新聞とかに枠に対する陣営の談話は出てますが結構はっきり偶数がよかったと各陣営言ってる話です。

回顧の記事でも触れてますが3強対決の図式だった土曜東京2Rの未勝利戦は3番人気のクロノメーター5番枠でゲートに入った後、他の馬がゲート入りにもたついてこの馬はゲート内で待たされます。その間もう2頭の人気馬(12番メリディアンローグ、18番オシリスブレイン)はゲートに入らず待ってるわけです。そのもたついた馬のゲートいるが終わったあとに12番、18番はゲート入り。

結果は5番は出遅れます。そして最後は追い込むもわずか届かず3着。1,2着はこの人気の12番、18番になりました。

 

わずかなことですがこういうわずかなことで勝負の明暗をわけることはあります。奇数だから消しとか偶数だから買えという話ではないですが、気持ち偶数有利をしってると便利だと思います。

 

最後に簡単にまとめましょう。

・横の比較(レースメンバーでの比較)と縦の比較(馬個体で引いた枠での比較)を使って予想。組み合わせて使うと枠だけで相当プラスがある馬を探すことができる。

・偶数枠、奇数枠は偶数枠が有利。強調する材料じゃないけど知ってると出遅れの原因とかに気づきやすくなるしスタートの決まる馬は買いやすくなる。

 

といったところです。つぎは応用編に枠を使った飛び道具予想編でも書ければ書こうかと思います。では。

狙い馬の探し方

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 20:47

時間をかけてがっつり書くのもしんどいので簡単にネタがしばらくないのでこういう話を小刻みにだして書こうかと思います。

 

今日は障りの部分。狙い馬を毎週出してはいますが、どうやって探しているかって話。

基本は自分の見える範囲でプラスがある馬を探しましょうってところです。

そのプラスが私の場合は「騎手」であったり「枠」であったり、「休みを入れた調子の立て直し」であったり「前走の不利」であったりいろいろですが基本はプラスのある馬を探して狙うという作業です。

 

なぜそこかというと、前走が80で確実に上積みがある要素がある。それによって83までしかならないかもしれないしひょっとしたら90になるかもしれない。そういう上積みの部分でどこまで伸びしろがあるかわからないけど伸びしろがでかければ頭まできてくれるかもしれないしそこは賭けの部分。少なくともいい目がでたらとる手は打っておこうって発想ですね。そこでいい目がでるかどうかはギャンブルの確率論の部分と割り切ってはいます。

 

こう割り切ってるのは、私も競馬で予想するときはいろいろ見てますが、競馬全体から言えば10パーセントか20パーセントくらいしかみれてない気づいてないと思うんですよね。見えてない部分、見てない部分がいっぱいある。なのに見えてる部分でプラスがなければ勝てなくね?って感じです。見えてない部分で多少マイナスがあっても少なくとも見えてる部分は何かプラスがある馬を狙わないとなかなか厳しいのかなということでそういうアプローチをしています。

時々書いてますが、何か自分の持ってる理論を100%突き詰めたら競馬は100%わかるのか、当たるのかというと全然そうじゃないと思うんですよね。運要素もあるし1つや2つ突き詰めたくらいですべてがわかるほど浅くないと思ってるのでそういう感じでアプローチしている感じですね。若い時はパーフェクトを求めてましたが今は全部を把握するのは無理と思ってある程度は割り切って馬券にも取り組んでます。

 

そこで特に私が目をつけているのは皆さんご存じ「枠」ですね。理由はどのレースにも発生する。レースという点では重要な要素。そして予想に使うのが簡単ということです。

その枠についてまだどこかの週中でまた書いてみようかと思います。次回をお楽しみにということで連載風にバラバラこれから書いていきます。

 

では。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM