昔に書いた菊花賞関連の記事(+この時期関連)

  • 2020.10.20 Tuesday
  • 18:13

簡単に。昔に書いた菊花賞関係の記事のリンクを貼っておきます

 

菊花賞と枠順

 

そして過去の記事のコピペそのまま。参考に。

 

それで何かといいますと、昨年の菊花賞の時期に書いた「菊花賞と枠順」って記事について早めにアップしておこうというだけの記事です。「枠の話なんて枠がでてからでいいじゃん」とも思われる方もいると思います。枠番ってかなり軽視されがちな予想ファクターだと思いますし、けど結構重要なんですけどね。

競馬ファンの多くの方は月曜から出馬表見て情報見て、水木には追切見て、出走馬固まったらまた予想していって、枠番が出た時点でこの記事見ても、多くの人はある程度買いたい馬は決まっているでしょう。その時点で枠の記事見てもさほど効果ないのかなと思いまして(この段階で予想をがらっと買える人あまり見ません)、このタイミングであえて出します。初めに枠が大事だよって記事を見てからいろんな情報を見たほうが、いい方に出るんじゃないかと思います。実際に枠番を予想にとりこむか否かは別にして。ということで始めます。

 

昨年の記事です 菊花賞と枠順

 

ここから2015年データを追記したものです。

 

さて秋華賞は分析したのとは違う形になりましたが粛々と菊花賞にいきます。
このレース、数少ない長距離戦ということでなかなか予想のアプローチが難しく、血統がクローズアップされることが多いです。
それはたぶんいろんなメディアでやると思いますので、私は枠順を中心に調べていこうと思います。
なぜ枠かといいますと去年の結果を踏まえてですが単純に長い距離を走るレースのほうが長い距離外を走る可能性のある外枠は不利じゃね?ってところからです。

 

()内が馬番です。

2015年

1着キタサンブラック 5人気(4) 

2着リアルスティール2人気(11)

3着リアファル1人気(17)

 

5-2-1人気で決着しているのに、枠は内-中-外 で決着しています。これで4年連続、1,2枠から勝ち馬が出ていることにもなります。


2014年
1着トーホウジャッカル 3人気(2)

2着サウンズオブアース 4人気(4)

3着ゴールドアクター 7人気(10)

 

1人気 ワンアンドオンリー 着外(14)

2人気 トゥザワールド着外(15)

外枠がもろにでているケースだと思います。

2013年 
1着エピファネイア(3)1人気 

2着サトノノブレス(14)5人気 

3着バンデ(10)3人気

 

2人気 マジェスティハーツ(18)

2012年
1着ゴールドシップ(1)1人気

2着スカイディグニティ(16)5人気

3着ユウキソルジャー(15)7人気
2人気 マウントシャスタ(10)着外

2011年 
1着オルフェーヴル(14) 

2着ウインバリアシオン(13) 

3着トーセンラー(1) 

 

1・2・3番人気決着です。

2010年

1着ビックウィーク (6)7人気 

2着ローズキングダム(10)1人気 

3着ビートブラック(12)13人気

 

2人気 トウカイメロディ(15)6着 

3人気 ヒルノダムール(1)7着

2009年
1着スリーロールス(1)8人気 

2着フォゲッタブル(3)7人気 

3着セイウンワンダー(12)6人気

 

1人気 リーチザクラウン(9) 5着 

2人気 イコピコ(14) 4着

2008年
1着オウケンブルースリ(14)1人気 

2着フローテーション(1)15人気 

3着ナムラクレセント(5)9人気

 

2人気マイネルチャールズ(9)5着 

3人気スマイルジャック(10)着外

2007年
1着アサクサキングス(10)4人気 

2着アルナスライン(12)6人気 

3着ロックドゥカンプ(4)1人気

 

2人気 ドリームジャーニー(16)5着 

3人気 ヴィクトリー(18)着外

2006年
1着ソングオブウインド(18)8人気 

2着ドリームパスポート(13)2人気 

3着アドマイヤメイン(5)3人気

 

1人気 メイショウサムソン(12)4着

2005年
1着ディープインパクト(7)1人気 

2着アドマイヤジャパン(6)6人気 

3着ローゼンクロイツ(4)3人気

 

2人気 シックスセンス(11) 4着

という感じです。それほど外不利、内有利の傾向は出てないように見えますがいくつか書くと

(ポイント)
・1,2番人気で馬券外に外れた馬は枠順2桁の馬が多い(もちろん人気にこたえている馬もいます。)
2014年ワンアンドオンリー、トゥザワールド 2013年 マジェスティハーツ 2012年 マウントシャスタ
2010年トウカイメロディ 2009年イコピコ 2007年 ドリームジャーニー 2006年 メイショウサムソン 
2005年 シックスセンス

ちなみに2008年マイネルチャールズ 2009年 リーチザクラウン も9番枠です。

・逆に内枠引いた1,2人気は馬券内には3頭ともきています。
2013年 3番 エピファネイア
2012年 1番 ゴールドシップ 
2008年 4番 ロックドゥカンプ

・人気薄(6人気より人気薄)の馬の傾向は
2014年 10番ゴールドアクター 7人気3着
2012年 15番ユウキソルジャー 7人気3着
2010年 6番ビックウイーク 7人気1着    
    12番ビートブラック 12人気3着
2009年 1番スリーロールス 8人気1着
     3番フォゲッタブル 7人気2着
    12番セイウンワンダー6人気3着
2008年 1番フローテーション15人気2着
    5番ナムラクレセント9人気3着
2007年 12番アルナスアイン6人気2着
2006年 18番ソングオブウインド8人気1着
2005年 6番 アドマイヤジャパン6人気2着

これくらいですが2つ傾向をだすと(例外もありますが)
・外枠の穴は紐まで(3着までが多い)
・頭、2着までくるのは内枠が多い。


この2つです。前者はアルナスラインとソングオブウインド、後者はソングオブウインドが該当しませんが、
結構昔の話でもありますのでどうとるかは見ている方の判断にお任せします。

・1,2,3枠のうち1頭は馬券に絡んでいる。
すごくざっくりした話ですが外枠決着は10年でないということです。11年中9年は1,2枠が絡んでいることも重ねて書いておきます。

・1,2番人気が馬券外のときは2回ありますがそのときの上位馬は内枠です。
2014年 

1着 4番トーホウジャッカル 

2着 2番サウンズオブアース

 

2009年 

1着 1番スリーロールス 

2着 3番フォゲッタブル

穴決着を期待する人はその辺から狙ってはいかがでしょうか。あと意外に上位がごそっと飛ぶことも起きないということも重ねて書いておきます。

この辺でしょうか。枠番からわかる傾向は。何かの参考になればと思います。
 

 

もう一個ついてにこの時期の2歳1勝クラス、OP小頭数。関西のレースの傾向について書いた記事もおまけでつけときます。使える時に使ってやってください。

タガノアシュラの黄菊賞考察(2000m以上、小頭数(7頭以下)の2歳・3歳500万下、OPについて(関西))

 

 

 

 

一か月で秋華賞

  • 2020.10.06 Tuesday
  • 22:45

簡単な記事です。

 

ローテのお話。近年は間隔をあけてという傾向のあるのはもうわかってるはなしでしょうがそれについて少し秋華賞も絡めて。

まずここ10年の勝ち馬とローテ、そして出走後の大きいタイトルを書いてます

 

(1ヵ月以上)

2019年 クロノジェネシス(オークス) 宝塚記念

2018年 アーモンドアイ(オークス)JC、天皇賞秋、ドバイターフ等・・・

2017年 ディアドラ (紫苑S) ナッソーS(イギリス)

2016年 ヴィブロス(紫苑S)ドバイターフ

2014年 ショウナンパンドラ(紫苑S)ジャパンカップ

2011年 アヴェンチュラ(クイーンS)エリザベス女王杯2着出走のみ

 

(一か月未満)

2015年 ミッキークイーン(ローズS) 阪神牝馬S

2013年 メイショウマンボ(ローズS) エリザベス女王杯(3歳)

2012年 ジェンティルドンナ(ローズS)JC、有馬記念、ドバイシーマクラシック

2010年 アパパネ(ローズS)ヴィクトリアマイル

 

となります。上と下何で分けてるかというと前哨戦出走後、1か月空いてるかどうかで書いてます。

見ての通りジェンティルドンナは少し例外ですが上の方が成績がいいです。

ローテとかレース間隔とかそういう話はその場の話はもちろんすごく影響するケースもあるんですけど、それ以上にその後に影響します。厳しいローテでG1を使った牝馬はその後スランプに陥るケースはかなり多いです。そこに輸送がつけばさらに倍という感じで。ここでは出しませんが2000年代前後の関東馬の栗東滞在していない桜花賞の好走馬とか戦歴を追えばスランプとかは見えてくる話です。

 

話はそれましたがここの話はその辺の話。過去10年の勝ち馬でも1ヵ月あけれるかどうかで、これくらいその後の戦歴には変わってくるという話。そして「一か月以上」の方が最近になるにしたがって馬の成績、そして好走の継続性は増えていってる。要するに今に近づくにしたがっていい風になってきてる(ざっとですが)の対し、「1か月未満」はジェンティルドンナは圧倒的ですがその後、メイショウマンボにミッキークイーンとその後に尻すぼみになる馬が多いです。

 

ということでレース間隔でその後も少し変わってるんじゃないかという話。見方によってその馬をどう受け取ってるかで変わってくる話なのでそうじゃないだろうと突っ込みたい人もいるでしょう。どっちにしてもこういうもの基準にそうだそうだ、そうじゃねえといろいろ考えるのはいいことだと思います。そういうことに使っていただければと思います。

 

まあ個人的にはトライアルは少し間隔は詰まりすぎだと思ってます。普通に考えてあんなでかい生き物、あんな細い足で支えて、それなりにしっかり走って一回休ませてそしてもう一度仕上げてメイチにするのに中3週。4週間はちょっと短いなと私が考える分には思います。春はもうちょっと空いてるレースもあるけどその分若いですし。そこに輸送がついてきたら普通は無理だろなと。昔はできただろうというよりは昔から無理を強いてたような気はしてます。この辺は私の感覚ですけど。

トライアルで一度前哨戦ってのは昔はありましたけどそれを望むならもうちょっと間隔をあけるのが現実的でしょうね。ただまあ本番走る馬が多数でて前哨戦とか春も見てるのに別にいいかなと個人的には思うのでそこまでする必要もないかなと思います。見てる分には本番の結果がある程度見えるのはつまんないですしね。間隔開けた馬も含めていろんな可能性が見えるほうが断然楽しいです。この辺もその人の競馬観の問題で大きくわかれそうなところですが。

 

ということで終了。皆さんこれ使ってああだこうだ議論して秋華賞を迎えてください

 

 

山本騎手引退に伴う話

  • 2020.09.13 Sunday
  • 18:56

こんばんは。

今日の昼頃、関東の障害騎手のベテランの一人、山本騎手が9月いっぱいで引退を発表されました。助手になられるようです。

思い出話とかは触れてもいいですが、そういうのは他でいろんなところであふれるでしょう。私は少しシビアな話。

 

山本騎手の特徴に非常にマイネル系、そして岡田牧雄さん関連と結びつきが強いということがあります。その辺について触れていきましょう。

 

2015年から(これはなんとなく)、先週までの山本騎手の馬主別騎乗数

 

 

とりあえず3回以上騎乗の馬主さんをざっと拾ったんですが、黄色はマイネル系、緑はノルマンディー系(岡田牧雄さん)です。この大馬主2名絡みが大きくウエートを占めています。これ以外にも1,2回で岡田繁幸さんとかはでてきます。

 

騎乗馬のかなりのウエートをこの2大馬主で占めてるんですよね。そして個人所有の馬はまだ騎手はバラバラなんですが、ラフィアン、ノルマンディーというクラブは山本騎手をほぼ主戦で縛ってるように見えます

 

美浦の騎手騎乗マイネル馬出走数に対する山本騎手の騎乗数 214 101 (47%)

美浦の騎手騎乗ノルマンディー馬出走数に対する山本騎手の騎乗数 103 49 (47.5%)

 

これくらいのシェア数の高さです。クラブが一人の騎手の引退で障害入りの方針を替えるとかあるかもしれないけどかなり可能性としては低いでしょうから、単純に考えてこの数が他の騎手に回ることになります。

そしてある程度、クラブの馬は主戦は決めている方針もこれみたらわかると思います。特にマイネルさんに関しては平地でも柴田大騎手、丹内騎手と固定してますから。そしてこの記事の話

 

障害試験騎乗者(合格時)から見る障害騎手の騎乗馬成績一覧

 

五十嵐騎手や石神騎手はかなりの試験数をこなしてます。五十嵐騎手に関してはマイネルの馬にもよく乗りますし、石神騎手に関しても岡田牧雄さんの馬にはよく乗りますが、主戦として固定できるほどの余地がある状況でもないというのはわかろうかと思います。

 

こうなると若手・・はいないか。中堅騎手にチャンスはある状況だと思います。これ正直頑張りどころ、アピールしどころだと思う。この席を誰でもいいので積極的に狙いにいってほしいですね。正直、この位置の後釜についたら10年は安泰で何年かに一度重賞を勝つチャンス、そしてG1とれるかもしれないチャンスは巡ってくると思う。

とにかく騎手の皆さんには車の運転とSNSには気をつけて頑張ってくださいと書いておきます。

 

下世話な観点で簡単に記事書きました。まあ山本騎手の騎乗分は分散する可能性も高いと思います。それでも中堅騎手にはチャンス。それだけ結構な分量の障害馬を輩出してきた陣営ですから。いろんな視点でどうなっていくか見守りたいですね。

というところ終了とします

 

 

 

 

 

1着同着ランキング

  • 2020.08.30 Sunday
  • 20:14

優勝戦まで時間あるので簡単な記事一つ。

 

シンプルです。1986年くらいのデータがあるときから一着同着って誰が多いのって記事です。思いついたのは今週の朝のレースで同着ありましたね。あれ見て思いつきました。

その今週のははいらずに1986年くらいから先週までです。

 

まず騎手(2回以上)

順位 騎手 総データ数
1 蛯名正義 9
2 柴田善臣 7
3 池添謙一 6
4 福永祐一 6
5 幸英明 6
6 藤田伸二 6
7 四位洋文 6
8 武豊 6
9 岡部幸雄 6
10 北村友一 5
11 横山典弘 5
12 川田将雅 4
13 北村宏司 4
14 小林徹弥 4
15 松永幹夫 4
16 土肥幸広 4
17 南井克巳 4
18 増沢末夫 4
19 浜中俊 3
20 松岡正海 3
21 石橋脩 3
22 小牧太 3
23 江田照男 3
24 佐藤哲三 3
25 菊沢隆徳 3
26 的場均 3
27 河内洋 3
28 戸崎圭太 2
29 ルメール 2
30 M.デム 2
31 岩田康誠 2
32 横山武史 2
33 石川裕紀 2
34 国分恭介 2
35 大野拓弥 2
36 吉田隼人 2
37 勝浦正樹 2
38 古川吉洋 2
39 高橋亮 2
40 西谷誠 2
41 安藤勝己 2
42 安藤光彰 2
43 吉田豊 2
44 飯田祐史 2
45 後藤浩輝 2
46 五十嵐久 2
47 小池隆生 2
48 千田輝彦 2
49 芹沢純一 2
50 岸滋彦 2
51 中舘英二 2
52 原昌久 2
53 田面木博 2
54 猿橋重利 2
55 加用正 2
56 村本善之 2
57 加藤和宏 2
58 吉沢宗一 2
59 坂井千明 2

 

ここにないいっぱい勝ってる人では1回で内田騎手とか田中勝騎手とか戸崎騎手とかでしょうか。蛯名騎手は1位。有名なやつ2つありますよね。オークスとヤマニンセラフィムローマンエンパイアの京成杯です。

 

次調教師(2回以上)

順位 調教師 総データ数
1 (栗)瀬戸口勉 6
2 (美)柄崎孝 5
3 (栗)浅見秀一 4
4 (栗)目野哲也 4
5 (美)和田正道 4
6 (栗)田中耕太 4
7 (美)鈴木康弘 4
8 (美)堀宣行 3
9 (美)萩原清 3
10 (美)大江原哲 3
11 (栗)森秀行 3
12 (栗)柴田光陽 3
13 (栗)山内研二 3
14 (美)笹倉武久 3
15 (美)境征勝 3
16 (栗)領家政蔵 3
17 (栗)増本豊 3
18 (美)田村駿仁 3
19 (栗)坂口正大 3
20 (美)阿部新生 3
21 (栗)奥村豊 2
22 (栗)牧浦充徳 2
23 (栗)笹田和秀 2
24 (栗)本田優 2
25 (美)武市康男 2
26 (栗)松永昌博 2
27 (美)奥平雅士 2
28 (栗)宮本博 2
29 (栗)池江泰寿 2
30 (栗)大橋勇樹 2
31 (栗)藤原英昭 2
32 (美)岩戸孝樹 2
33 (美)杉浦宏昭 2
34 (美)小桧山悟 2
35 (栗)音無秀孝 2
36 (栗)加用正 2
37 (美)河野通文 2
38 (美)池上昌弘 2
39 (栗)加藤敬二 2
40 (栗)野村彰彦 2
41 (栗)清水出美 2
42 (栗)崎山博樹 2
43 (栗)橋田満 2
44 (栗)坪憲章 2
45 (栗)野元昭 2
46 (栗)湯浅三郎 2
47 (栗)山本正司 2
48 (美)松山康久 2
49 (美)松永勇 2
50 (美)本郷一彦 2
51 (美)藤本晋 2
52 (美)二本柳一 2
53 (栗)中村均 2
54 (美)田中和夫 2
55 (栗)須貝彦三 2
56 (栗)新川恵 2
57 (栗)島崎宏 2
58 (美)佐々木亜 2
59 (栗)北橋修二 2
60 (栗)池江泰郎 2
61 (美)飯塚好次 2

 

この中から外れてるのでびっくりするのが伊藤雄元調教師の1回もですが藤沢和調教師がゼロなこと。見返しました。

あとは柄崎調教師とかそんなに勝ってるわけでもないのに5回もあるのとか。目野元調教師の4回の内1回はヒシミラクルの菊花賞の前のレースでビワシンセイキと同着になったニホンピロサートだなとか思い出せるくらいで。

 

最後に種牡馬

順位 種牡馬 総データ数
1 ノーザンテースト 7
2 キングカメハメハ 6
3 マンハッタンカフェ 5
4 フジキセキ 5
5 ディープインパクト 5
6 マルゼンスキー 4
7 トニービン 4
8 タイキシャトル 4
9 ゼンノロブロイ 4
10 サクラバクシンオー 4
11 リアルシヤダイ 3
12 ヨシノスキー 3
13 メイショウボーラー 3
14 マイネルラヴ 3
15 ブラックタイド 3
16 サンデーサイレンス 3
17 コインドシルバー 3
18 クロフネ 3
19 キンシャサノキセキ 3
20 リンドシェーバー 2
21 モガミ 2
22 マヤノトップガン 2
23 ホワイトマズル 2
24 ブライアンズタイム 2
25 フォーティナイナー 2
26 フアバージ 2
27 バンブーアトラス 2
28 パラダイスクリーク 2
29 ハードツービート 2
30 ハーツクライ 2
31 ニホンピロウイナー 2
32 ナリタブライアン 2
33 ティッカネン 2
34 ダンスインザダーク 2
35 タマモクロス 2
36 ダイワメジャー 2
37 ダイタクヘリオス 2
38 タートルボウル 2
39 スリルシヨー 2
40 スペシャルウィーク 2
41 ステイゴールド 2
42 スタチューオブリバティ 2
43 スターオブコジーン 2
44 シンボリルドルフ 2
45 シンボリクリスエス 2
46 サクラローレル 2
47 サクラユタカオー 2
48 サウスヴィグラス 2
49 コリムスキー 2
50 キンググローリアス 2
51 エリシオ 2
52 ウエスタンウインド 2
53 ヴィクトワールピサ 2
54 ヴアリイフオージユ 2
55 アローエクスプレス 2
56 アスワン 2
57 アグネスタキオン 2

 

思うのはノーザンテーストがトップなんだということ。サンデーサイレンスじゃないんですねってのはありますね。そのサンデーサイレンスもさほど多くはないですね。

 

最後の最後(忘れてただけ)。馬主(2回まで)

 

順位 馬主(レース時) 総データ数
1 社台レースホース 8
2 松本好雄 5
3 ターフ・スポート 5
4 サンデーレーシング 5
5 平井豊光 4
6 西山牧場 4
7 細川益男 4
8 田所英子 3
9 中山牧場 3
10 竹園正繼 3
11 前田幸治 3
12 小田切有一 3
13 最上ホースクラブ 3
14 吉田照哉 3
15 荻原昭二 3
16 永井啓弍 3
17 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 3
18 タマモ 3
19 さくらコマース 3
20 キャロットファーム 3
21 和田共弘 2
22 藤田宗平 2
23 土井肇 2
24 小林百太郎 2
25 山石祐一 2
26 山元哲二 2
27 近藤利一 2
28 近藤俊典 2
29 芹澤精一 2
30 吉田勝己 2
31 横瀬兼二 2
32 永嶋道治 2
33 井上一郎 2
34 ロードホースクラブ 2
35 ロイヤルファーム 2
36 ハイパワー商事 2
37 デルマークラブ 2
38 シルクレーシング 2
39 グリーンファーム 2

 

見慣れた馬主さんですが、中山牧場って?一瞬思いましたが〜ナカヤマの馬主さんですね。あとは社台レースホースがこんなに抜けてるんだという感想。

 

という感じ。馬券には膨らまないですが、小ネタの一つにでもあなたの好きな騎手、馬主、調教師の意外な一面があるかもしれません。この辺で終了とします。

 

 

隠れた名牝?(ケイエスアカリ)

  • 2020.08.16 Sunday
  • 10:07

昔こんな記事を書いたことがあります。

 

隠れた名牝?アイファーペガサス

 

そこまでではないですが、この馬もということでケイエスアカリ。

今日もアンチエイジングが札幌1レースで勝利。これで母ケイエスアカリの仔は中央デビュー9頭で7頭中央で勝ち上がり。これ普通の牧場からと考えるとかなりすごいと思います。簡単に書きだします。

 

2歳 アンチエイジング (小桧山) 1勝 初芝2戦目で初勝利

3歳 カリニート (大根田) 2勝 新馬勝ち、ダート芝両方で勝利

4歳 テイエムアカリオー (石栗) 1勝 初ダートで勝利

5歳 中央デビュー無し

6歳 なし

7歳 ケイエスフェアリー (高柳瑞) 1勝 初芝で勝利

8歳 ケイエスミラージュ (高橋義) 1勝 

9歳 ケイエスポーラ (高橋義) 1勝

11歳 ケイエスファントム (高橋義) 未勝利 2,3着複数

12歳 ケイエスアーチャン (高橋義) 未勝利 2,3着複数

13歳 ケイエスシンアカリ (高橋義) 1勝

 

という感じです。勝利も7人気や12人気とか伏兵も多いですし、言っては何ですが厩舎も選ばないです。

そして近年は「初~」の条件を替えたところで勝ち切っているという傾向があります。

 

現1歳もザファクターという父の仔がいるようです。1年後になりますが覚えておけばいい配当がとれるかもしれませんね。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM