1戦1勝の重賞挑戦(年度別成績からみる傾向の変化)

  • 2019.01.14 Monday
  • 23:07

引き続き。

 

2週連続で1戦1勝の馬が重賞制覇することになりました。過去に1戦1勝の重賞挑戦という記事でも書いてますが昔は厳しかったです。ただし2週連続で重賞制覇に3着2本となると状況も変わってきているということで調べなおしてみました。

 

簡単にいえば2歳馬は函館2歳Sなどそういう馬が大挙出るレースもありますし、近年2歳重賞が後半のレースで増えてきているので年別比較がしにくいということもあり、「3歳以降の1戦1勝馬の重賞成績」で出してみます。

 

2000年以降の成績です。

 

年・年月 着別度数 勝率 複勝率
2019年 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0%
2018年 1- 3- 2-12/18 5.6% 33.3%
2017年 0- 1- 0-11/12 0.0% 8.3%
2016年 0- 1- 1-14/16 0.0% 12.5%
2015年 1- 0- 1- 8/10 10.0% 20.0%
2014年 1- 0- 1-12/14 7.1% 14.3%
2013年 2- 1- 0-12/15 13.3% 20.0%
2012年 0- 0- 1-13/14 0.0% 7.1%
2011年 1- 0- 1-14/16 6.3% 12.5%
2010年 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3%
2009年 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3%
2008年 0- 2- 0- 8/10 0.0% 20.0%
2007年 0- 1- 1- 8/10 0.0% 20.0%
2006年 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0%
2005年 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0%
2004年 0- 0- 3-16/19 0.0% 15.8%
2003年 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1%
2002年 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3%
2001年 0- 0- 2- 8/10 0.0% 20.0%
2000年 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7%

 

こういう感じです。見ていただければわかると思いますが過去に2004年と2013年が3回3着以内がありますがそれが最多。なのに2018年は6回と増えています。これに気付いておかなければいけなかったですね。明らかにキャリアの浅い馬が去年から通用するようになってきています。それまでの最多2004年も3着が3回ですからね。

ちなみに2004年と2013年はダービー馬がキングカメハメハとキズナ。共通点は皐月賞に出走してない馬のダービー制覇という年。簡単に言えば混とんとした年で付け入る隙がありやすいということは言えたかもしれません。

 

そして急増している2018年はノーザンFが2着2本、3着1本。社台ファームが2着1本。その他が1勝3着1回となります。そして出走数も増えてますね。そして18回中8回。約半数がノーザンFだったりします。

 

そして2019年。この3日間開催の成績がはいってませんがいれると「2-0-2-3」となります。ラストドラフト+ヒンドゥタイムス、グレイスアンの3着2本でこうなります。2017年までは3回が最多ですから。もう2位タイの4回を記録したことになります。2013年の最多勝利2勝にも並んだことになります。

 

そしてこの2019年の4回の馬券絡みもノーザンファーム3回、社台ファーム1回となってきます。そうなってくるとこれからはこの時期こういう流れになってくるということでしょうね。これまではキャリアで嫌ってましたがこれからは浅いキャリアが狙いになるんでしょう。そして2週間でもう7走ってのも多分多いです。その辺も見ていきたいですね。

 

こうなってくると馬単体がすごいということも少しはあるんでしょうがそれよりは陣営がもひとついえばノーザングループがすごいんでしょうね。

 

これまでの競馬の常識がどんどん変わってますね。これも外厩とか影響あるんでしょうね。ヒンドゥタイムスとかまさにそれっぽいですし。おじさんついていけてないですがお金に絡む話なのでついていけずともなんとか状況はある程度は把握していきたいものです。

 

ということで終了。

 

キャリア55戦以上でOP初勝利を挙げた馬について(ナインテイルズ関係)

  • 2019.01.14 Monday
  • 17:04

簡単にいきましょう。

 

なぜ55戦というのはあるでしょう。月曜京都メインレースでナインテイルズがOP初勝利。これが55戦目での初勝利となります。

そもそも55戦以上走ってOPを勝つ馬とか少ないです。そしてそれが平地競争となるとレアケースですし、初勝利となるとさらにレアケースとなります。その辺の話。(障害はけっこうあります。)

 

まず55戦目以上の平地競争OP勝利がどれくらいあるかというと1986年以降、24件17頭。そしてこれはアラブ8件4頭が含まれるのでサラブレット競争では16件13頭という珍しい記録になります。

その中で複数達成しているのは1頭。ご存知アサカディフィートになりますね。

 

これくらい珍しい事象ですが、そのアサカディフィートもOP初勝利が55戦かかったというわけでもありません。ではどんな馬か書いてみましょう。

 

<平地競争OP初勝利が55戦以上かかった馬>

ゲイリーフラッシュ 62戦

サファリオリーブ  61戦

セイカプレスト   59戦

メイショウサンダー 55戦

 

となりナインテイルズはOP勝ち最遅記録4位タイとなります。おめでとう?ございます。

 

では他に55戦以上のキャリアでOP勝ちをした馬がどう言う馬か書いてみましょう(上の4頭除く)。

サンエムキング、スナークレイアース、タイガーカフェ、スマートボーイ、アサカディフィート、スエヒロコマンダー、トウカイトリック、ビコーアルファー、マンハッタンスカイ(以下アラブ:モッカンセンプウ、ハクサンツバメ、マドンナマーチ、ヒロタイム)

 

という感じですね。これに18頭目25件目としてナインテイルズが入るわけです。

しかもサラブレット平地競争で複数勝ちを上げた馬はアサカディフィートしかいません。ナインテイルズが勝てば2位タイになるわけです。まだまだ衰えの気配のない本馬。これから新記録どんな記録を作るか楽しみですね。

 

ということで簡単ですが終了。

地方デビュー馬の中央転厩初戦について(ユメノトビラから)

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 18:36

こんばんは。

 

地方デビューの馬の勝利ということでこの月曜、ユメノトビラという馬が500万下で圧勝しました。なかなか買いにくいですよね。地方馬だからってバカにするから・・。みたいな論調とこれはやっぱり現実問題買えないよって論調。両方あると思います。

ただ実際問題どうでしょうかって話ですね。

その辺について書いてみようかと思います。

 

まず2000年以降。そして2歳馬は外そうかと思います。2歳北海道は当時、それのみの中央500万下とか結構存在したのでややこしくなりそうなので。

1988年以降のデータをべたっと出すと通算95勝で勝率は1.8%だったりしますが当然ここにはライデンリーダーとかオグリキャップとかが入ってきます。

 

2000年以降の地方デビュー馬の中央成績

 

(全体)

24-34-44-2550 (勝率0.9%/複勝率4%/単回収率38円/複回収率34円)

 

そしてこの中で1400件は地方馬のまま出走したケースです。中央移籍した馬となると

 

(中央に移籍した馬のみ)

13-21-25-1081(1.1/5.2/13円/34円)

 

で単回収率は下がりますね。

 

です。そしてその中で

 

(芝ダート別)

芝   2-1-6-418(0.5/2.1 /16円/23円)

ダート 11-19-18-634(1.6/7.0/12円/41円)

 

どこを見ても買いにくい成績ではあります。

 

ただこんなデータもあり

 

(1番人気) 4-2-1-2

 

見ての通り好成績です。ただ負けた2回は園田と水沢デビュー馬。走ってるのは道営と南関と今回の園田(そして笠松)になります。

 

そして勝った13頭をかいてみましょう。

 

ユメノトビラ 2018年 園田

ブレークオンスルー 2017年 北海道 (一度だけ出走後また地方に移籍(プリエミネンスの仔)

クリノエリザベス 2014年 北海道

バンブーリバプール 2013年 北海道

マスクドヒーロー 2011年 北海道 (ビハインドザマスクの仔(社台系))

シズパンチ 2010年 北海道(その後南関)

レオプログレス 2009年 名古屋

トーセンモナーク 2009年 南関(アサクサデンエン、スウィフトカレントの下(そして弟にヴィクトワールピサ)

カマーバンド 2005年 北海道

アドマイヤレオン 2005年 北海道

バアゼルテイオー 2004年 園田(藤沢厩舎、サンデー産駒、そして芝で中央初勝利)

シンボリエスケープ 2004年 南関(のちに芝重賞2着)

ムギワラボウシ 2003年 南関

 

という感じです。内訳は

北海道競馬(門別・札幌) 7頭

南関東 3頭

園田 2頭

名古屋 1頭


という感じです。園田の2頭も2日前は1頭。そしてその一頭は10年以上前で藤沢厩舎の良血で芝だっただけに、今回のケース買えますかというとなかなか買えない。

 

ということで兵庫県競馬(園田・姫路)だけ出してみましょう。ユメノトビラも入ってる数字です。

 

2−2−1−100 (1.9/4.9/8円/40円)

 

くらいになります。

 

上位人気の馬がいなかったかというとそうでもなく

1〜3人気 1-0-0-7

1〜5人気 2-0-0-15

 

となります。この状況では買えないよと言われても正直仕方がない。

園田の馬が1番人気で買えないよという人がダメだったかというとそうは言えない。ぶっちゃけこれだけ結果が出てないんだから仕方がないとは思います。だからそういう人の揚げ足をとるのはかわいそうかなと。

 

ちなみにですが、初戦は結果が出なかったけどのちに出た馬もいます。あくまで私の完全な主観でなんだかんだで通用した馬の傾向は。

 

・藤沢和厩舎でデビュー

・移籍初戦武豊騎乗

・池谷誠一オーナー×社台(ノーザン)ファーム

・ノーズヒルズ関連(前田オーナー含む)

・良血

 

この辺かなと思います。あくまで私の主観です。

 

ということでなかなか地方デビューで中央で通用するのはなかなかハードルが高いという話。そしていきなり勝った13頭を見てもそこそこ有名な馬はいても重賞級はいないわけでなかなか地方デビューで一流まで上り詰めるのはハードルが高いということでこの記事を終わろうかと思います。ユメノトビラはこの壁、この扉をぶち破ってほしいもんですね。

 

 

コメント「水準以上」in新馬戦について

  • 2018.08.05 Sunday
  • 21:12

簡単に。

 

新馬戦の予想するための一つの考え方のお話です。新馬戦といえばこちら(JRDV.sp)で定期的にいい情報を出されていて、外厩、トレセン厩舎、騎手の重要性を書かれていますが、私は少し違う切り口を。軸は外厩とかでいいと思いますが、紐探し、人気薄探しの一つの手法としてちょっとだけ書かせてもらいます。

 

簡単に言えば某大手専門誌で「水準以上」と厩舎コメントに出ている馬がいいということ。

今年の新馬戦で馬券に絡んだ馬を列記します。外れた馬もいるはずですが、それを調べるのは超しんどいので今回は絡んだ馬のみで(笑)

 

6月2日 阪神 ジャミールフエルテ 1人気1着

6月3日 東京 フィッシュダイブ 7人気3着

6月9日 東京 レノーア 10人気1着

6月23日 阪神 セプタリアン 1人気2着

7月1日 中京 ブルスクーロ 1人気1着

7月1日 函館 トーセンアトランタ 5人気3着

7月7日 函館 メジャーハリケーン 1人気2着

7月8日 中京 ブラヴァス 2人気3着

7月15日 函館 ロマンティコ 2人気3着

7月22日 中京 アドマイヤポラリス 3人気2着

7月29日 札幌 モーンストルム 5人気2着

8月5日 小倉 グレーフィンソニア 1人気人気

 

スタートが「水準以上」

7月14日 福島 シャウエン 3人気3着 芝1200m

7月14日 福島 ジョウラン 2人気1着 ダート1150m

 

という感じ、スタートが水準という馬は別で書きます。

見ての通りですね、レノーア、フィッシュダイブ、モーンストルムあたりはひっかけられるのがポイントかなと思います。ノーザン系でもない感じですからね。ベースはそっちでいいんですがアクセントには使えると思いますし、時々レノーアのような大技もはまります。

私が新馬で狙うときに見るのはこういうところからなんとかしています。これ応用も効いて例えば、人気馬の出来の面でちょっと微妙なコメントの場合(「先々」とか「緩いところ」とか「能力で何とか」とか)、「以上」はなくても「水準」で十分やれるんじゃないかとかそういう出し入れはできるようになってきますね。

 

あまり厩舎コメントって信用できないとかいう意見をよく聞きますが、だめなものを水準以上とかいうケースはあまりないと思います。いいといったものには素直に乗っかりましょうという話です。

また思いっきり乗っからなくても、人気のノーザン系はそんなに気にしなくてもいいと思いますが、地味な個人牧場系生産の馬でこういう馬がいたら抑えておいて軽く乗っかっても損はないと思いますよって話です。

 

基本は外厩、ノーザン、ルメールデムーロから軸探しでいいはずですが、一つのアクセントになる考え方だとは思いますので参考にできるところはしていただければと思います。

忘れたころにおっと思わせる馬をひっかけられると思います。

 

失礼します。

連続重賞出走2着について(フロンテアクイーンの話)

  • 2018.07.29 Sunday
  • 23:14

こんばんは。寝る前に少しマニアックなお話。

 

フロンテアクイーンが重賞2着が3連続となりました。

これどれくらい記録があるのか、記録のある1987年くらいにさかのぼってみていきたいと思います。

 

そもそも重賞2着が5回以上ある馬が66頭。多い馬だけ上げますね。

 

8回:ニッポーテイオー、エアシェイディ

7回:タイキブリザート、エイシンバーリン、ローレルゲレイロ、メジロブライト、ミスターシクレノン、ブエナビスタ、ダンスパートナー、ステイゴールド、サウンズオブアース、カリブソング、ウインバリアシオン、アップトゥデイト

 

です。イメージ通りの馬、あんなに強かったのにという馬。懐かしいなという馬。多士済々ですね。

 

これで連続となるとどうなるかとします。重賞出走連続ではなく、あくまで出走も連続しているものに限ります。どういうことかというと重賞の間にOP特別使ってるとかでそれは無視して〇連続とはしません。単純に重賞に連続で出て2着を連続しているケースはということです。

 

3回はそこそこいましたが多いわけではありませんでした。ということで

 

4回:ローズバド(オークス、ローズS、秋華賞、エリザベス女王杯)

5回:ヴィルシーナ(桜花賞、オークス、ローズS、秋華賞、エリザベス女王杯)

   アドマイヤタイシ(福島記念、朝日チャレンジC、中山金杯、中日新聞杯、新潟大賞典)

 

という感じでこれに並ぶにはあと2回重賞2着が必要になりますね。なかなか高い壁です。

とりあえず、強い牝馬に立ち向かうも勝てずにクラシックシーズンを終わるというパターンがほとんどですね。アドマイヤタイシはちょっと例外ですが。とにかくなかなか発生しない事象ではありますね。

 

おまけの話も一つ。重賞を勝たずに2着5回以上の馬となると

サウンズオブアース、アドマイヤタイシ、トライアンフマーチ、トウショウシロッコ、ディヴァインライト、シャコーグレイド、シグナスヒーロー、コイントス

 

と8頭。イナリワン産駒もいますね。それはおいといて共通点はみての通り牡馬ばかり。牝馬で重賞を勝てずに重賞2着を5回した馬は記録の残っている限りいないということです。フロンテアクイーンは初めての牝馬になってしまうのか。このジンクスとおり近い将来重賞を勝てるのか。どちらになるかはわかりませんが注目ですね。

 

ということでこの辺で終わりまーす。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM