宝塚記念予想(2020)

  • 2020.06.26 Friday
  • 20:36

こんばんは。久しぶりのG1ですね。G1予想しばらくあくと書き方忘れた。

そんな感じでありつつ書いてきます。とりあえずは印は保留で今現在の短評まで。土曜の夜にもう一度しっかり予想して短評も何か書き足す可能性あり。そしてそこまでに印はだします。ということでよろしく。

 

さて宝塚記念。私がみだしたころは1.5軍のG1という感じで頭数もそろわなかったですが、最近はメンツも頭数もそろうようになってきましたね。他のG1にしわ寄せはいってる気はしますけどそれは仕方ないですね。今は昔に比べて強い馬の層が厚いように思うので昔よりはG1増えてもメンツ的にも楽しめてる気はしますね。ただ今年の仔のレースは例年よりは頭数はそろったけどその分強い馬の密度は少ない印象。数は同じくらいいますけど。

 

とりあえず8枠は強くてというのはあるレースですがそもそも18頭立てになりにくいレース。その辺も加味して予想ですね。小頭数の場合8枠って有利ですからね。フルゲートとは少し話は違いますのでいい面悪い面を頭に置いて予想ですね。あとは能力比較をしっかりして予想していきたいですね。

逃げ先行争いは絶対先行でもないけど前目の競馬が売りの馬が7枠に三頭。そしてアフリカンゴールドがハナ宣言をしているようですので、展開を決めつけるのは難しそうですね。いくつかのパターンは頭においてふわっと以上の決めつけはしないようにしたいですね。

 

という事で予想に行きましょう。まず短評

 

1 トーセンカンビーナ 浜中

条件戦を上がっていって、重賞で好走でG1で掲示板。後方からの差しになりますが、以前勢いはキープしてここまで来たという感じでそれが止まらずにG1もういっちょ挑戦できるのはいいですね。ただ出遅れ癖があり、1番枠となると無観衆でも出遅れは想定しておく必要はあり、その代わりしっかりさせるので着は拾えるかどうかですね。ロスなく差してくれば紐はあるかもしれないなと思いますね。ただ普通に能力みれば阪神大賞典2着、天皇賞春5着からではここでは力は足りないと思います。そこは勢いと着を披露に徹してプラスを出せるかですね。三連系の三着くらいの候補ではキープです。

 

2 ペルシアンナイト 和田

G1でも好走歴は多数もトライアルではころころ負ける馬で一見つかみどころはない馬。ただわかりやすいところもあり、叩き良化型で枠を利してそつなく立ち回って展開をつく競馬が得意。それでエンジン性能が不足している分を埋めてトップレベルで戦ってきた馬。それはこのブログでも再三触れてる話ですね()よって外枠はマイナスになるし、内枠、しかも偶数枠はプラス。距離は少し不安ですが自分のレースができれば克服できるくらいの可能性は2000mでの好走からはあります。テン乗り和田騎手も少し不安ですが、ロスなく競馬をしてくれればワンチャンありと期待したいです。印を打つ候補です。

 

3 グローリーウェイズ レーン

まずレーン騎手を確保していることが勝負気配が順番的に上ということですね。そもそもはそれ。そしてこの馬自身も京都が一番出走が多い馬で輸送自体は大丈夫。負けた時もはっきり外枠で負けたレースで枠なりに負けたような着差。京都新聞杯は少し違いますが、それ以外の馬券外は枠が敗因という要素がおおく。今回の内枠はよさそうですね。じっくり使ってる馬で他のローテがダメになりここ一本になったと思いますがそれは陣営も優秀ですし大丈夫ですね。あとはメジロの血が入ってるので晩成要素のほうがありそうですし成長もしてそうな一頭ですね。少し一線級とガチンコで当たったことが少ない馬で力はあるのはわかっててもどの変かはわかりにくいところはありますがこのメンバーなら好評価は外せないですね。

 

4 アフリカンゴールド 藤井

G2、OPの2400,2500mで近走はきっちり惨敗してますね。これくらいの馬はG1で通用には枠の助けと勢いは必須ですが、枠はともかく勢いがなさすぎますね。ちょっと厳しいだろうな、けど買う馬少なかったら三連系の三着くらいではうすーくおさえとこかなくらいですね。あとは逃げ宣言してますねこの馬。その辺の展開面では馬券的な警戒は必要なくても他の馬が逃げると思ってたら展開面では警戒がいるかもしれないですね。

 

5 サートゥルナーリア ルメール

ルメール騎手が乗るという事で一番勝負気配のある馬。少なくとも苦手な東京でもなくスタンド前発走でも無観衆なのはいいでしょうね。有馬記念でもあれくらい走れるので距離は2500mくらいでもいいんですが2200mもいいでしょうね。天皇賞の6着やダービーの4着くらいでも走ればここでは上位あれより走れば勝ち負け必須だと思います。

枠もベストではないけどベターというところでマイナスには少なくともなりにくいところなのはよかったですね。あとは少し感覚が空いて忘れてる人もいるかもですが、この春は5番枠強かったですよね。最後もそこかもしてないですね。馬の力は上位ですし素直に本命候補です。

 

6 トーセンスーリア 横山和

結構はっきりしているところは枠がよくて先行脚質にもあったところ。そして近走はずっと好走して重賞までとった勢い。この辺がいいところ。不安点は力が足りるかどうか。これにつきますね。枠と勢いと立ち回りで力差はどこまで埋められるかどれくらいの差かってのにつきますね。個人的には三連系の三着はありかなと印を回すかどうかは他との兼ね合いで決めます。

 

7 ワグネリアン 福永

ダービー馬の割には大きく崩れてはないですしいい競馬は続けて掲示板には来てるけど馬券内は遠いという感じ。上りも出てるし枠もいいところ当たっていいレースできてるけど着順がついてこないという感じですね。これはどうとるか難しいですね。基本内容に数字がついてこないのは衰えの兆候なんですけど、その割には着順はまだまとまってるし、かといっていい条件はそろっても4,5着なのでこれ以上かみ合う条件になるのかと思うと少し厳しい。買うにも消すにもつかみどころも決めてもなくて難しいですね。今回の枠は可もなく不可もなく、ただ近2走よりはマイナスってところですね。評価が難しい一頭ですが、それなりの評価で考えておきたいです。

 

8 レッドジェニアル 酒井学

近走は不振が続いてましたが前走は二線級の鳴尾記念で上り最速の競馬で3着確保。復活の兆しで上り調子で本番に迎えるのはいいですね。ただ鳴尾記念3着程度じゃ上積みないとここでは厳しい。そこは展開が嵌まるかどうかや騎手のエスコートも含めて馬の力以外の何かが必要ですね。そういう意味では重賞で馬券内が数週続いている酒井学騎手はいいですね。枠もいいですし余裕があれば三連系の三着ではかんがえてもいいかな。けどこれに印回すようじゃ厳しいなとも思います。それくらいの評価でキープですね。

 

9 アドマイヤアルバ 西村淳

ダービーまでの京都新聞杯まではずっと好走してましたが、ダービーはそれなりに頑張ったけど負けて、そこからはずっと不振。リステッドでも掲示板はない現状で理屈で何か買いの要素は見いだせないですね。西村騎手のいい経験にってとこでしょうか。軽視で。

 

10 メイショウテンゲン 松山

道悪の弥生賞勝ちに、3000m以上の重賞で2,3着というのは力として見せてるところ。それが2200mのG1でどうなるかというのはちょっとわからないですね。2,3走前の好走が距離があっただけなのか晩成血統の血の覚醒の兆しなのかやってみないとわからないですね。ただ師匠の馬で今一番の松山騎手。本気度はマックスでしょうし勝負気配も込みで不気味な一頭ですね。現状3000m以上ではワンチャンあるかもしれないけど2200mでは厳しいというのが戦歴を見る限りの感想。

抑えるか消すかは好みでいいと思います。私は松山騎手好きですし、ないとも言い切れないところもあるので3着で抑えてもいいかなくらいはあります。

 

11 ラッキーライラック デムーロ

G1をいくつも勝ってる一流馬。牡馬相手にもG1を勝ってますしポテンシャルはここでも上位ですね。前目で運べるけど一列下げて差すいい脚も使えるという面で自在性もあるし、牡馬相手では崩れてないところも牝馬にしては買いやすい条件ですね。崩れることはあるけど力は出し切れば通用する馬で崩れる可能性も低いです。強い馬ですが枠は味方になる枠でもないですし、その分は少しマイナス。距離はマイルよりはいいですね。2000mくらいがベストで2200mはど真ん中に近いストライクゾーンでしょう。力は通用するでしょうし、ところどころ少し不安になる要素は小さくありますが大きい視点で見てば有力。本命候補でキープですね。

 

12 モズベッロ 池添

前走は敗因は結果的には距離でしたね。それでも頑張ったと思います。戦歴を見る限りG1での着順は下回りましたけど、そこまでみればトーセンカンビーナくらい。ただトーセンよりは実績は成績も数も一個ずつ上って感じでしたね。一度きっちり負けてしまいましたが、勢いが止まったとまで言い切れる惨敗でもないですね。ただ比較的いい枠が近走は当たってきた馬が今回は枠の内外を味方にできるわけでもないですし、力勝負になるとこのメンツでは少し馬券内を狙うにはないとはいえないけど少し厳しいかなと思います。その辺の差し引きみればトーセンとは差し引きで似たようなもんか少しマイナスかなって感じですね。どれくらいの人気になるかわかりませんが全く人気がなければ抑えても、そこそこ売れてるならけしでいいかなというところでしたね

 

13 ダンビュライト 松若

去勢あけ2戦目。重賞では好走していて力上位。しかも2200mが得意ということで、初めから天皇賞春は捨てでここ一本で照準を絞ってたんかなという気は今振り返ればしますね。そうならここでも一発あってもと思いますね。引き続き無観衆もよさそう。ちょっと不気味な一頭ですが、G1ではずっときちっと負けてますし、いまさらどうなんかなというきますが、去勢して2戦目で、G2で勝ってる最も得意な距離でくるならここかなという気はしますね。人気もないでしょうし三連系の三着くらいでは抑えてもと思いますし、もう一個いい要素がみつかれば印を回るくらいの評価をしてもいいかなと思いますね。そこそこ評価する準備をしつつキープしておきたいです。

 

14 キセキ 武豊

前走は難しいところを出してしまいましたね。近走に課題は改善とは言えない内容。それでも0.8秒差の6着ですか。エンジン性能は抜群ですね。距離も長距離よりはこの辺くらいがいいでしょうし、距離短縮自体もああいう競馬の後ならいいでしょうね。力は衰えてないのであとはレースをかみ合わすことができるか。それを考えると外目の枠の偶数枠はやりたいことが自然にできる枠でその準備もしやすいところでいいかもしれないですね。おそらく外からじわっとハナ主張。内から何かが抵抗したら番手という競馬でしょう。とりあえず正攻法の選択肢をとる武騎手なので奇策もなくこういう形は読みやすい方だと思います。

ただ出遅れたらためられるならためて、無理そうならまくり。ただ外目の枠の偶数枠で無観衆。これで難しいところだして出遅れるようならかなり気性的に厳しいでしょうね。

力はあるしかみ合う可能性もある。ダメな可能性もあるけど、低い評価にはできないですね。

 

15 スティッフェリオ 幸

前走はびっくりの好走でしたね。長丁場が合いそうな母系ではあるんで長距離適性もあったんでしょう。そして今回。2200mも得意条件ですし、この馬も重賞上位の力はあります。g1ではたりないという感じでしたが、前走の激走でそこにもめど。どうなるかですね。勢いをもって挑めるのはいいところですし、力はある程度以上はある馬なので面白いとは思います。

ただ不安点でいえば目に見えて軽いメンツの天皇賞でしたし、前走から騎手が変わるのもいいとは言えないと思います。こういう代打は幸騎手、結果を出すイメージはほとんどないんですよね。あとは外目の枠も何かをごまかすこともできず力勝負に持ち込むと普通に足りない方が確率も高い。いろいろ考えると厳しい方かなと思います。

 

16 クロノジェネシス 北村友

大阪杯でも2着。京都記念も快勝。牡馬相手でも通用する一頭ですね。距離もこの辺がベストですし、力があります。ここでは有力な一頭です。ただかかり気味のタイプで外目の枠は枠なりにマイナスだと思います。強い一頭で力勝負でも上位ですが、勝つには枠の助けは欲しかったですね。強いですし、枠はそのまま枠なりの感じだろうし、かといって一番強いわけでもないけど上位の一頭だろうし、触れることは少ないけど有力な一頭。本命は考えてないけど印はうつだろうし上の方の印も含めて考えたい一頭ですね。

 

17 カデナ 鮫島駿

前走は少なめの頭数で内にもぐりこんで内をついて差し脚を披露で上り最速の4着。やることは決まっている一頭ですが、前回よりも6頭頭数が増えますし、あれだけうまくいっても前走は4着。頭数も増えるし前走よりうまくいく可能性はほぼないでしょう。そうなると4着以上は見込めず厳しいかなと思います。本当に着拾いの差しに徹したときに展開向いて3着ってのが一番上位をとる可能性は高いと思います。

 

18 ブラストワンピース 川田

これも力のある馬ですが有馬記念以降は重賞では一枚上のところはみせつつG1では少し物足りないって内容が続いてますね。今回がすべてを払しょくしてG1で力を出しきれるかというとちょっと難しい気はしますね。大きい馬で仕上げも難しそうですし。

あとは8枠はいいといっても18番枠はどうだろうとは思いますね。でかい馬なので外枠はいいんですけど、18番目で外を回してねじ伏せられるほどここで力が抜けてるかというと一番力があるときでも少し厳しいと思う。何か内でうまく運んだ馬は捕まえられないと思います。そしてその全盛期の力も出せるかというとそれも微妙。

それなりの評価はするけど本命はどうかなあ。ってところでとどめたいですね。

 

という事で予想

 

◎05サートゥルナーリア

〇03グローリーウェイズ

▲11ラッキーライラック

△18ブラストワンピース

 16クロノジェネシス

 14キセキ

 07ワグネリアン。

 

こういう感じにしました。本命は順当に無難にになりましたがサートゥルから。8枠強いですが、やっぱりフルゲートの8枠を買い切るほど度胸はなかったので無難な枠の馬を本命にします。来られても残り2枠とればいいやくらいに軽く考えて本命です。

 

対抗以下はグローリーをまず高評価。他とは一歩評価してますね。能力面で今現在のここなら互角以上あるのではという素直に力評価で対抗。

三番手以下はワグネリアンまで横一線ですね。この辺は馬の好みと枠の好み、過去のイメージから順番を付けましたが横一線でもいいかなと思ってます。

 

 

安田記念予想(2020)

  • 2020.06.06 Saturday
  • 17:15

※G1予想が下の方になってたのであげときます。

 

簡単に 

 

今回も強い馬がいるので枠はすごく大事、能力比較も大事ですね。あとはアーモンドアイの次はマイルの強豪がこぞってでてきた上に短距離型、牝馬の強豪も参戦してきて、この辺との兼ね合いもポイントになりそうですね。

今回もライバル有力陣営がレースの立ち回りでプラスを出せるタイプなのは少しだけ何かを起こせる要素になるかもしれないですね。ということで短評

 

短評

1 ダノンプレミアム レーン

スピードがあって前で勝負できる自力上位馬。川田騎手のタイプともあっていて、いいレースをしてましたが若かりし頃に期待されてるほどは走れてないかなと思います。それでもここでは上位。そして今回はレーン騎手、スイッチとしてはいいタイミング、そろそろ何か刺激となると騎手しかないのでこれしかないかなと思います。

どっちに転ぶかわかりませんがいいように警戒しておきたいです。力はあるし前で勝負できるしアーモンドアイの2着もあるしで有力な一頭だと思います。正攻法に強い馬すぎてふれることは少ないですが、他に何か強烈なプラスがなければ、アーモンドアイの次に来る有力な一頭でしょう。枠はちょっとレースしにくいかなとも思ってますがそれ少し差し引きを込みでも高評価ですね。

 

 

2 ダノンキングリー 戸崎

間違いなく力のある一頭。トライアルがめちゃ強くて本番があれって内容が続いたのでぶっつけって感じですね。

結構、このパターンでいいんじゃないかってケースもあるんですけど以外にダメなんですよね。そこはひっかかるところ。馬の力は上位で逃げも経験した差し馬でいろいろできますね。騎手が復帰後勝ってないってのは気にしなくていいでしょうね。その手の話は平場ではくるまで警戒でいいですが大一番ではあまり関係なくなりますからね。力のある馬です。

いい枠もあたりましたし相手有力の一頭です。

 

3 ノームコア 横山典

前走は外枠も応えましたね。それでも東京マイルは走りますねという好走。牝馬は軽くででてこれますし、このレベルなら牡馬相手にもかみ合えば好走できそうですね。ちょっと力関係は牡馬相手で力を出し切ってどのへんかわからないんですが、ノーマークなら買いたいかなくらいはありますね。ちなみにJRAでの競馬は再三外枠が当たって不運な面がありますので、内枠が当たればプラスは確実にあります。それこみで人気次第で抑えるかどうかってところですね。

 

4 クルーガー 石橋

不振のいうか怪我もあってしばらく勝てなかったですが、3年ぶりくらいに勝利。これもレースのうまさ込みでの強さタイプですね。ただこれまでの内容と、前走の内容もみてもインディチャンプやアドマイヤマーズあたりにも劣るかなと思います。どっちかというと若干アドマイヤマーズの衰えた版ですかね。どっちかというと中山向きだと思いますしちょっと厳しいかなというのは感じますね。いい枠当たりましたが厳しいです

 

5 アーモンドアイ ルメール

めちゃくちゃ強いですね。もうそれ以上はないですね。去年のあの再三の不利でも3着で去年程度は力も少なくとも維持してるでしょうからよほどのことがない限り勝ちでしょうね。そもそも去年より頭数少ないですし、2頭減ってたら去年も差はもっと詰まってるでしょうからまあ大丈夫そうです。しいて言えば中2週。よほど変調を感じる何かがあれば気にしてもいいと思いますけどなければ素直にでいいと思います。

 

6 インディチャンプ 福永

本番型の馬でトライアルの負けが本番の結果に直結しないタイプで本番はしっかり走ってきますね。レースも枠なりにうまくレースできるタイプ。うまさも含めた強さ。ただ強さだけでもかなり上位でこれも有力な一頭ですね。そして枠もいいところ当たりました、人気馬より内が勝つためならよかったかなと思いますが、着をとりやすくするならこっちのほうがいい気もするし、とにかくこの馬として良さも生かせるいい枠が当たって力は出せると思います。有力な一頭ですね

 

7 ペルシアンナイト 田辺

再三、この馬の出走しているレースとか見ていただければわかりますしこの記事に書いてる通りです(予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る)))内でうまく展開をついて差して勝負。

なので相手が強くなって自分が空気になればなるほどチャンスは出てくるタイプ。逆に人気で受け止める競馬ができるほど強くない。となるとこのメンツはいい感じですね田辺騎手もそういう人気でそろっと着を拾うのはもっとも得意とする競馬であいそうです。ただこの枠は痛いですね。人気馬の外で人気馬の内に潜り込んでそして展開つくとかワンターンではものすごい難易度ですしちょっと厳しくなったかなと思います。

 

8 ケイアイノーテック 津村

東京マイルでG1を勝ってますが、ここ12走ほど2年全く目に見える結果は出ませんね。ただ低空飛行なりに近走は安定して上り上位の末脚を使っていて、下の方で上り調子ではあります。けどこの辺の内容で少し上り調子でここで馬券内とかあるんかなあという気はしますね。あとは1400mがいい内容でしたし血統もその辺の血統でマイルに戻してどうかなあというのもあります。いろいろ条件そろって買うかなあくらいですね。

 

9アドマイヤマーズ 川田

これもずっと強いんですよね。富士S以外はほぼパーフェクトな戦歴。皐月賞4着もマイル適正からくると好走でしょう。先行して前受できる騎手のレーススタイルなので出し抜ける可能性もある一頭ですし、そんなに力負けを経験したことない馬なので陣営もそういうレースをするでしょうね。枠に関しては

 

10 ミスターメロディ 北村友

マイルの実績自体が少ないですね。NHKマイルの4着というなんといっていいか強調もできないけどダメとも言い切れない微妙なラインですね。力はある程度ありますし、ぶっつけでも出せるとは思います。レースがうまいタイプなだけにいい枠はほしいですね。あとは左回り得意ですよね。そこはいいかなと思います。ちょっとわからない面はありますし他との兼ね合いで考えたいとこですが、いい枠がほしかったですね。枠なりに厳しい気がします。

 

11 グランアレグリア 池添

これも有力な一頭。前走は池添騎手がうまく末脚を引き出してやっぱり力は上位の一頭だなと思いました。池添騎手も継続騎乗でプラスはありそうですし、引き続き注目ですし、嫌な面は一つあって、距離延長。マイル自体は走ってますけど、ちょっと不安定で前にがっと言ってたマイルの競馬を見る限り、本質はそこは少し長かったのかなと思うんですよね。それでもマイル継続ならと思ったんですけど一度詰めちゃいましたからね。一度短いとこをを使って戻すのは同じように走れるとは限らない。ましてや馬に1400m以下が適性ならそうなる可能性は高いですしね。よくあるんですよ。この手のタイプの馬が距離を詰めてすごい切れ味がでて、これなら距離伸ばしても大丈夫と使ったらガス欠したように何もなく負けるって。そういうのも怖いので力は認めてもふわっとしたところでとどめておきます

 

12 セイウンコウセイ 内田

マイルは未勝利で普通に負けた以来です。そしてここ1,2年勢いもないです。ちょっと厳しいかなと簡単になってしまいますが思います。高松宮記念の舞台は走りますし、他もいくつかストライクゾーンってコースはありますが、そこから外すと全然厳しい傾向がある馬ですし、ここで買わなく手もいいかなとも思います。

 

13 ヴァンドギャルド 岩田望

重賞でも力はみせてて、うまくいけば勝てるんだろうなというところまで来てますが勝ててないのも事実。重賞上位ですけど、G1でどうかというと厳しいかなとは正直感じます。レースの器用さもないのでそこでプラスも出せないしそうしてみていくと厳しいかなと思います。

 

14 ダノンスマッシュ 三浦

スプリント路線の上位馬ですね。G1には届いてないですがその次はこの馬ということ。前走は1400mはどうだろうと思いましたが、逃げという奇襲込みでしたが前走快勝でひとつ課題はクリアしたとそしてもう一回延長どうなりますかね。

積んでるエンジンはいいですし、距離さえこなせればというのはあります。今まで常にマークされてた馬がマークから離れて走るということもありますし、この手のスプリントの帝王級がマイルG1で人気を下げたけどくるって時々このレースあるんですよね。ノーマークになるなら注意しておきたい一頭です

 

◎05アーモンドアイ

〇02ダノンキングリー

▲06インディチャンプ

△09アドマイヤマーズ

 01ダノンプレミアム

 03ノームコア

 14ダノンスマッシュ

 

としました。有力馬にいい枠が当たってやりようがないですね。一番強い◎に相手有力で〇と▲。09,01枠なりに力を評価してこの5頭という感じですね。

あとは牝馬で枠がよくなったノームコアと、能力はありそうでこの枠でノーマークになりそうな短距離馬ダノンスマッシュにまで印としておきます。

グランアレグリアは抑えて妙味があるかどうかで買うかどうかは決めますが気持ちは飛んでほしいで軽視とします

 

 


 

 

日本ダービー予想(2020)<追記あり>

  • 2020.05.29 Friday
  • 20:37

※29日夜に予想面を追記しています。

こんばんは。

 

枠もでてるのでさっさと短評だけはあげさせてもらいます。

 

レース全体の話でいえば、能力比較をすればトライアルの結果を見る限り別路線組の新生はいない。そして2頭がその中では力は抜けているということは明白。直接対決のないような馬で探すのも難しいですね。

あとは皐月賞の3着争いは着差はともかく10回やれば10回変わるんじゃないかいう差だったと思います。そこの比較を枠とか内容とか比較して今回上がる馬を拾って評価するということになりますね。枠がかなりカギを握る予想になると思います。

ガロアクリークを軸にして3着争いをどう評価するかモポイントですね。

こういうことも考慮して短評見てください。

 

1 サトノインプレッサ 坂井

3連勝でNHKマイルカップ出走で人気。それで惨敗。評価は難しい一頭ですが、三連勝のパフォーマンスからは力はありそう。前走は強い馬にぶつかってという面もあったでしょうが、それにしては何もなさすぎ。とはいってもポテンシャルはありそう+他の有力馬との直接対決はないということで未知の魅力にはありますね。どのレベルかはわかりませんがいいレベル+何かにめぐまれれば勝つレベルとは前走からは思いませんが3着争いを制するほどの力はあるかもしれないですね。調教にものってるであろう厩舎所属騎手になるのも突然復調には後押しになると思います。このレースと相性のいい枠ですしそれなりの評価でキープしておきたいですね

 

2 アルジャンナ 浜中

賞金18番目でぎりぎり出走権に絞り込めましたね。能力はありそうな血統背景、生産背景もある一頭ですが、結果はワンパンチ足りない、物足りないを連発となりますね。

戦歴はいいですし不気味な一頭ですが、東京でコントレイルに完敗。そこからもコルテジアを捕まえられずに2戦2勝のキャリアの浅いサトノインプレッソにも負け。ある程度の力は示しているけど、もう一歩足りないを感じさせる気はします。これが東京2400mでどれくらいかわるのかってところですね。昨年のダービージョッキーに実績ある厩舎がここ一本で挑んでくることは不気味で印を回る候補くらいで頭においておきたいです。

 

3 ワーケア ルメール

弥生賞2着。この時点ではちょっと力的に厳しいと思ってましたが、とりあえず春の勢力が中央が2強体制で他路線からもまったくでてこなかった事情もあり、私が考えてたよりコントレイル当たりとこの馬の間に馬が入ってこなかったです。となると上位の一頭になります。ノーザンF陣営はこうなりそうと見越してたんですかね。それを見越して皐月賞パス→ダービー一本なら本当にすごいですが。こういう情勢なら皐月賞パスのここ一本で仕上げは大きな意味を持ってきます。中山は騎手が再三合わないと言ってる条件。東京がプラスとは再三いってきました。その条件に日本一のその騎手が乗って挑めるのは大きなところかなと思います。仕上げの面でも皐月賞組よりは確実にプラスでしょう。

そうなるとこれは弥生賞の時とは言ってることは違いますが、高評価の一頭にしておきたいです。

 

4レクセランス 石橋

この馬も持たれ癖をだしながら三連勝。裏路線ながら完璧な戦歴できましたが本番は何もなく負け。力的に厳しいかなと思わせる敗戦でした。そして本番。距離が延びるのもいいし、かなりもたれる馬なので周りが変わるのはいいかもしれないです。

ノーザンF陣営ですしね。そして最高の枠もあたりました。そこそこ評価する準備しつつ、印を回すかどうかは保留としておきたいです。

 

5 コントレイル 福永

まあ無敗ですし、完勝でここまで来ました。一番強い馬ですね。数字も内容も完璧ですね。けどなんかどこかに付け入るスキまであると感じるのはレースも早い段階から上手で粗削りな部分が見えにくいからかなと思います。

普通に考えれば最有力。別路線組からこれといった馬も出てこなかったのは後押しになりますね。あとは早い段階では陣営も距離はどうだろうといってましたからね。そこに対する不安もあるでしょうというのはあります。まあそれでも本命を視野にいれた高評価ですね。

 

6 ヴェルトライゼンテ 池添

皐月賞もそれなりに人気しましたが普通に負けました。実績はある馬ですが、ホープフルSは枠込み相手関係込みの立ち回りでの2着。スプリングSで人気にこたえるパフォーマンスはできなかった。そして前走も外枠ながらというのはありましたが普通の敗戦。単純に力がここでは厳しいかなと思います。いい枠当たって紐ワンチャンあるかなくらいだと思います。安定はしてるけど伸びしろも特に見えず評価しにくい一頭です。

 

7 ブラックホール 石川

皐月賞は敗戦でしたが、上りは3位。昔からよくいわれる話ですが、皐月賞は上り上位の馬はダービーで買いというのはありますよね。それで当てはめればこの馬もひょっとしたらの1頭にはなります。ただ自力でというよりは展開乗じてというところもありますし、三連系の紐くらいでは考えてもと思いますが評価するところまではいかないですね。厳しい評価にはなります

 

8 ビターエンダー 津村

18枚目の切符をプリンシパルSでゲット。執念でダービー出走にこぎつけましたね。ただ現実的には皐月賞では完敗している相手にとなります。枠は悪かったのでそこでプラスは少しありますが、あとは厳しいローテになってしまってることですね。さすがの相沢厩舎も普通の状態ではだせても本番でメイチにはできないかなと思います。メイチでなければ厳しいかなという気はします。

ただ東京は得意だしレース経験も豊富でそれ自体が武器にもなりそう。勝ち負けとはいいませんがいい枠当たればワンチャンあるかもということですね。その枠はぎりぎりセーフという感じのところ。プリンシパルS組はコズミックなんとかとか好走馬もいますし少し警戒はしておきたいです。

 

9 ダーリントンホール デムーロ

前走はそれなりに評価されてましたが惨敗。デムーロ騎手の雑な競馬でそれが3着まで上がれなかった要因だと思いますが、力は見せていてあの3着争いでは上位の一頭だと思います。過去の不利とかも含めて基本不器用なタイプだと思うのでレースぶりとかは中山のほうがいいんでしょうけど、不器用なので不利になりやすい。なので結果東京のほうが力を出せるという感じだと思います。

広いコースで力を出せればまだ見限れない一頭。ノーザンF主導であまり自力で仕上げられない印象の厩舎でこれはダーレーの馬。これがどうでるかわかりませんが大きい舞台で一発のある騎手ですしそれなりの評価でキープしておきたいです。

 

10 コルテジア 松山

立ち回りのセンス一本で力差を埋めてここまで結び付けてきた一頭だと思います。それを生かせる枠が当たり続けてきましたが、皐月賞ではそれでもだめだったというのは事実。東京のような力勝負のコースに変わるのはさらに厳しくなると思いますし、乗れてる鞍上でもここでは厳しいかなと思います。

 

11 ガロアクリーク 川田

ホープフルSの惨敗からは想像もできないですが、ここ2戦結果をきっちりだしてダービー出走にこぎつけたのは見事でしたね。一定の力はつけてますね。着を拾いやすいレースぶりでしっかりさしこめるのが最大の武器。皐月賞も3番目に強い馬でもないですが、強い馬がいる前提で横並びの相手関係ならその中で上位に来る立ち回りができるタイプです。いい枠当たって自分のレースができれば上位2頭には厳しいですがキャンセル待ちで紐まではあるかもねというところだったと思いますがこの枠だとプラスアルファはなく他との比較とか考慮してもちょっと厳しくなったかなと感じます。ないとはいわんけどちょっときついなというところですね。

 

12 サリオス レーン

これは2番目に強い馬。前走の内容からもコントレイルには普通にやれば厳しいかなと思いますが他の馬との比較は有力ですね。2番目です。この馬は距離ですね。マイルをずっと使ってきた馬ですし、おそらくそっち側の馬と陣営も見ていたと思いますが結果はこっちに出走。他の馬が思ったほど伸びなかったからこの馬でというのは大手陣営にはあるのかなと思います。

他路線から有力馬もいないし同路線ではどうみても2番目ですからね。高評価になりますね。ただ枠の面でも逆転はまたちょっと厳しくなったかなとは感じます。

 

13 ディープボンド 和田

前走は強い競馬で京都新聞杯を制覇。皐月賞の完敗からの巻き返しは見事ですが、それだけ別路線に気の利いた馬がいなかったというだけのような気はしますね。勝ち切った事実とその分のレース経験はプラスですが、単純に厳しいローテになったのはマイナス。急に強くなるはずもなく、この馬の株は少し上がるけどそれでも3着争いの上位はあるかもなくらいにしか皐月賞ではなりませんね。枠次第でしたがその枠も人気馬の外、あまり高評価しにくい一頭ではありますね。


14 マイラプソディ 横山典

これも2歳時は連勝で期待されましたが、近2走で凡走。突然不調になったというよりは相手関係をみても、想定できる範囲内の凡走で力的に厳しかったのかなというのが正直なところです。少なくとも大物ではなかったでしょう。

単純にここでは厳しいかなと思いますが、一発ある騎手に変わって位置取りから変わってレースがよくなることはそこそこある激変なのでそこはプラスにとらえたいですね。

あとは友道厩舎が2400m得意ですし、火曜追いとかあの手この手で何とかしようという工夫が中間の調整から見えます。これが身を結ぶかどうかはわかりませんが、この陣営の工夫は何かが変わるきっかけになるかもということで頭に置いておきたいですね。

印が少なくて余ったらうってもいいかなくらいの評価はしておきたいです。

 

 

15 サトノフラッグ 武豊

三連勝で弥生賞制覇で前走は上位2頭に肉薄する人気でしたが本番はあらあらで5着。それでも5着にふんばったととるかだらしなく5着ととるかは個人差がありますね。マーフィー騎手も自分が乗った中でもトップ級の馬とすごいコメントを残してるし能力はあるんでしょうが前走は出し切れなかったというのが現実かなと思います。これは前走が捨てのダービーから逆算した仕上げだったのかどうなんでしょうか。一流陣営ですし巻き返す可能性は高いのかなと思ってます。

あとはダービーの順番でいえば国枝師もサトノさんもそうですよね。次に回ってくるとしたらこういうとこかなとおもいます。あとはダービーはのり替わりは勝たないっていわれますよね。これもすこしひっかかります。あくまで偏った私的意見ですが海外の馬まで買って凱旋門賞とか武豊騎手の夢をとらせようとバックアップしているキーファーズさんのダービー初出走をどういう事情が内情であったとしてもきってこっちにいった鞍上に競馬の神様がほほ笑むのかなと思うと私はなんか違うよなと思うし、ダメだとも私は思ってしまうので評価はしにくいなとなってしまいます。まあ単純に乗り替わり実績がダービーはかなりすくないという点で嫌な要因になりますね。調教師先生やサトノさんにはすごくダービー勝ってほしいので複雑ではありますが。

そして人気馬より外枠。力勝負で勝てる見込みがないと逆転は難しいと思います。今のところはそこまで言い切れる根拠もないので高評価2頭の次くらいでキープの一頭にしておきます。何か根拠のある人、乗り替わり絡みで引っ掛かりのない人は素直に本命単勝でもいいと思います。

 

16 マンオブスピリット 北村友

上り最速3連発で1,1,2着と一気にダービー出走権までもってきた一頭。切れるというよりは長くいい脚で数字を出すタイプだと思いますが、ディープボンドにはきっちり負かされてますし力的にどうだろうとは思いますね京都外回りでの競馬なので東京の直線で同じように末脚を出せるかというとそうはいかなかったとなる可能性のほうが高そうですね。いろいろかみ合って3着までという評価になります。そして枠がかみ合ったと言い辛い枠なので印は回らないと思います。

 

17 ヴァルコス 三浦

別路線組は基本、皐月賞組や、そこの上位に完敗した馬に負けてる馬がほとんどでちょっと取り扱いにくいですね。この馬もオーソリティに負けたという事実は残ります。勝ってれば希望を乗っけられますが、まあ普通に負けてるので東京2400mは経験済みですしそこでアドバンテージはありますけど前走もすごく悪い枠を克服したとかいうオプションも特にないし、正直ちょっと足りないかなと思います。友道厩舎は2400m得意なのでそれはいいところですがそれ込みでも厳しそうですね。枠とかすごくよければ紐3着までですがこの枠で力勝負になったらはまらないと3着まで来るのもきついかなと思います

 

18 ウインカーネリアン 田辺

前走は早め勝負で4着確保の大健闘でしたね。レース経験の多さと前目の勝負ができるのが武器。前走もある程度力勝負で頑張れたというのも強みですね。3着争いのなかでは強い競馬だったと思います。それでも上位2頭には離されてますからね。中山→東京もどうなんだろうと思いますし、本当に枠とか他の要因がそろってきたら印までってレベルの馬で大外枠の力勝負になるのは致命的。厳しいと思います。

 

レース予想は多分、明日か明後日夜にでも追記します。

 

という事で印です。

 

◎03ワーケア

〇05コントレイル

▲12サリオス

 

△15サトノフラッグ

 02アルジャンナ

 09ダーリントンホール

 04レクセランス

 

としておきます。他にも1サトノとか14マイとか06ヴェルト、11ガロアあたりまで三連系の紐は買うと思います。

△以下はあまり評価はしていなくて三連系の紐程度。この中でポジティブな要素がでてきたらあげるかもしれないけど今のところは上位3頭とは差のある評価です。

 

そしてワーケアを本命にしてますが、どっちかといえば残り1枠、2枠をとりに行く予想。4番手以下がこれだけ消極的なら3番手のこの馬を本命に位置付けで。

ワーケアはかなりフレッシュな状態ででてこれて騎手も1番の騎手。東京替わりもプラスといい要素の多いワーケアの伸びしろとコントレイル、サリオスが距離が堪える可能性もちょっとだけ期待してなんとか一角崩せないか。崩せなくても三連はとれないかという形で入ります。

 

対抗、3番手は強い2頭いうことなし。4番手以下はちょっと離れた評価。その中ではサトノの能力と素材がよさそうな面。まとめてまかすのならこれかなということで4番手以下なら最上位。あとは枠がよくて、まだ可能性を探れる02を5番手で騎手と馬の能力で切れないという事で09。最後は左回りがよさそうな04まで印を回してほかにありそうなのは上で触れたような馬たち。

ただ11ガロアは消したい方に気持ちが強いので多分消します。後の馬もそれほどないかなと思ってます。

 

 

オークス予想(2020)<追記あり 2度目>

  • 2020.05.24 Sunday
  • 08:00

※いっぱい補足しました5月23日朝

※さらに補足5月24日朝

 

枠に関してはかなりメリハリのついた枠になったなという印象です。自分的にはかなり考えやすいわかれ方をしたなという印象ですね。

さて予想は能力比較をしっかりして振り落とせる馬は振り落として、それから枠も考慮して予想していきましょう。あまり機はてらってもいいことはないG1だと思いますので難しく考えずにいきたいです

後、牝馬と牡馬は違うとは思いますが牡馬に関してはクラシック路線を使ってきた馬が、裏路線組を圧倒した事実もあります。それらの牡馬クラシック組と好勝負した馬も何頭か牝馬にもいるわけでそういうところからの比較でもクラシック組を重視でいいかなと思います。

 

短評

 

1 デセル レーン

父ディープもですが母からもわかる超良血。2戦2勝で上り最速連発。未勝利戦の経験馬相手に勝利。この未勝利戦は他の馬を推奨してたから覚えてますが強かったですね。厩舎的にも2400mという距離は得意。まあ何もなさ過ぎてわからないけど強いんだろうなという感じ。クラシックの一線級に当たればあっさり負けるもあるかもしれないけどあっさり勝つもありえるかも。有力馬の一頭ですね。

 

2 クラヴァシュドール デムーロ

ワンパンチは足りないですがクラシック戦線のど真ん中で好勝負を繰り返してきた馬。レースが上手なタイプでそれを思えばいい枠が当たりましたね。一発のある騎手も確保できましたし上位で走れるし本命も少しだけ考えておきたい一頭です。安定しすぎてて触れることは少ないですが上位の一頭ですね。この枠で印が入るのも確実になりました。

 

3 アブレイズ 藤井

これも2戦2勝。前走も外枠から前をとって押し切る競馬で強い競馬でしたね。ローテもゆったりしていて面白い一頭です。これもキャリアが浅いから触れることは少ないですね。キャリアが浅い上に良くも悪くもよくわからないところがいっぱいですね。ただローテがゆったりしてる分はデセルよりはいいのかなという気はします。その分血統とか騎手とか東京とか適性面で劣るからプラマイゼロ以上に劣ることにはなりそうです。

他の馬との兼ね合いですがそれなりにキープしておきたいですね。

 

4 デアリングタクト 松山

3戦3勝。これも無敗の1頭。それでも1や3番よりキャリアも一戦多く、強い馬を負かして経験値も高いですね。ずっとこれですが無敗の馬って触れることは少ないんですよね。デセルよりは血統面で劣りますがその分タフさはありそうですし、最高の枠が当たったと思います。素直に本命候補。落とせても対抗までの好評価にはなるでしょうね。

 

5 ホウオウピースフル 内田

前走は2000mで少し不利もありつつうまく追い込んできましたし、どちらかというとオークス狙いのゆったりしたローテは好感ですね。前走後のコメントでは枠も含めてうまくいけば3着もということは書いてます。枠はまあ及第点のところはあたりましたけど騎手はこうなるのか。。。。。という感じ。本当にぎりぎり3着あるかもってとこですね。正直、個人的には厳しいかなと思います。

 

6 リアアメリア 川田

デビュー戦は圧倒的なパフォーマンスでしたが、2戦目はそうでもなく、G1での2戦では完敗。勢いもないし、ちょっと前走はひょっとしたらと思わせる部分もなかったですね。新馬のわざと出遅れたとかいう教育らしい競馬が失敗もあるでしょう。ちょっと好調期のデビュー2戦を評価しても今回の有力馬を凌駕するほどのものでもなく厳しいかなと思います。しいて言えば枠ですかね。それをいかして距離もこなしてうまくいけば3着あるかなってところだと思います。

 

7 ウインマイティー 和田

若いころから推奨してた馬なのでしってますが、しぶとい感じのいかにも距離伸びていい感じの馬ですね。忘れな草賞は完勝。あれは道悪適正もあったでしょうが距離に対しては不安がないのは強みになりそうですし、長い距離のほうが伏兵で実績のある騎手ですのでこの乗り替わりも面白いかも馬のイメージにもぴったりですね。それほど厳しい枠でもないですし、面白い一頭だとは思いますが、裏路線の一頭で力的に足りない可能性も頭に置いておきたいですね。

 

8 スマイルカナ 柴田大

逃げ馬で前走は激走でしたが道悪に阪神コースも込みで味方したかなと思います。骨を切らせて肉を断つ感じの逃げが合う馬だと思いますので今回も飛ばすでしょう。同ラインになるのかな、ウイン2頭を引き出す競馬になる可能性もあるかもしれないです。

ただ単純に2400mは長いかなというのとなかなかこういう逃げ馬がこういう距離延長で今回は残るってことはイメージ沸かないのはあります。逃げ馬ということもあるけど他の条件よりはあまり気にしなくてもいいかなという気はします。あとはローテ・輸送がタフすぎますよね。そろそろ力尽きてもおかしくないとは思います。

玉砕の可能性も含めて薄く抑えるのはありだけどそれほど高評価しなくてもいいかなと思います。あとはこの馬がよれる可能性、それによる不利の可能性は少し頭においておくくらいはあってもいいと思います。

 

9 インターミッション 石川

アネモネS勝ちで桜花賞では惨敗。輸送あけですしそれほど強いところもみせたことなく距離は伸びてどんと来いって血統でもない無理に評価する必要はないかなと思います。厳しいと思います。

 

10 ミヤマザクラ 武豊

今期は本当に武騎手は節操なく馬を集めてますね。これもその一頭。オークスを視野にいれていてその過程で桜花賞を使ったという印象のローテですね。力もある程度ありますし距離でプラスがあれば勝ち負けの一頭だとは思いますが、他の有力馬が内にいるのに外をひいたのは結果としてはいいほうにでるか悪い方にですかどっちも可能性はありますけどマイナスの可能性のほうが高いかなという気はしますね。距離延長はいいほうに出るような馬の雰囲気からはするんですが血統みたら母父ミスターグリーリーですか。これはダメですね。どっちにでるかはちょっとわからんとこはありますね。

ただこの乗り替わりそしてテン乗りは現状維持かマイナスでプラスにはならない気はします。それでも有力馬の一頭かなと思います。

 

11 リリーピュアハート 福永

これも長い距離を求めてローテを組んできた馬で2400mで勝っているという珍しい戦歴の馬ですね。ミヤマザクラと同厩舎ですが血統見る分にはこっちのほうが距離はもちそうですね。あとは力関係ですね。力量が通用するかどうか。あとは他頭数の競馬を経験してないのでどうなのかってところですね。何にウエートを置くかで評価は個人差出そうな一頭です。2頭出しの人気薄という要素もあるしそこそこ評価する候補の一頭でとりあえずキープですね。

 

12 マジックキャッスル 浜中

ワンパンチ足りない内容で戦ってきましたが桜花賞で直接対決できっちり負けてここ。今回も枠も特に恵まれず条件も好転せずに本番。何かあれば評価を上げられるんですが、このままだと桜花賞の着順なりの評価で終りますよね。今のところはそれもないので桜花賞の着順なりの評価かなと思います

 

13 ウーマンズハート 藤岡康

新潟2歳Sの快勝でもっと走る馬と思ってましたがここ3戦はだらしない内容。パフォーマンスも徐々に落としていて本番。そして気の利いた枠も当たらなかったとなると勢いもないし枠の助けもないし厳しいかなと思います。立て直してその後は血統的にも面白そうなんですが、今回に関しては巻き返すにも時間はないかなと思います。低評価になりますね。

 

14 フィアリキオリ 田中勝

アネモネSのパフォーマンスでも勝ててないうえに、桜花賞も完敗。今年は結構使い込んでいて関東遠征三戦目。そして外枠で騎手も田中勝騎手。ここで足りるほどのパフォーマンスもみえなくてプラス要素もない。こうなるときついかなと思います。

 

15チェーンオブラブ 石橋

年始の重賞で展開も向いた2着でしたが、そのあとはトライアルで惨敗。本番も惨敗。枠も厳しいですしこれなら厳しいかなと思います。特に何か後押しもないのでここでは足りないかなと思います。

 

16 ウインマリリン 横山典

前哨戦を快勝でしたね。それ自体はいい内容でした。ただ内枠で内で足をためて内から抜け出すうまくいった競馬。しかも強風が吹くレースで前に壁があるなしも意味のあるレースでそういう条件ではかなりいろいろ展開が向いた競馬だったと思います。それで本番。今回は強い馬もいて枠が外になりました。この分でマイナスで前走分は走れないと思います。それで勝ち負けは厳しいと思います。ただ鞍上は強化になりますよね。それこみでもここの枠なら3着までかなというのが見立てです。

 

17 マルターズディオサ 田辺

クラシックの中心で戦ってきた馬で地力はある馬でしたが前走の桜花賞は完敗でした。それでもここでは上位の一頭。そして本番ですが滞在してたはずなので関西輸送のダメージは少ないのかなと思います。枠は悪いですね。そして距離、これは母系見る限りは長くなるのはよくないのかなという気はなんとなくしています。マイルくらいがよさそうですよね。それでも枠が味方したら面白い一頭でしたが味方はしませんでした。力勝負でここで距離に不安ありつつどこまでやれるかというとあと一歩足りないところまでが限界かなという気はします。ある程度は評価しますが厳しい枠ですので他に買いたい馬がどれくらいいるか。その兼ね合いで印まで回るか評価しないかは決まる一頭です。

 

18 サンクトゥエール ルメール

強い牝馬の王道ローテシンザン記念を勝った馬ですが、この馬は内でうまく溜めてプリンスリターンをぎりぎり交わした程度のパフォーマンスでまあこれまでの強者とは明らかに違いました。それなりのパフォーマンスでしたね桜花賞は。

それでオークス。いい馬だけどうまくまとまっていてスケール感を感じないんですよね。その辺はセンスで埋めるタイプだと思うんですが大外枠となると厳しいですね。良さも出せないですし自力でどうこうできるほど強い馬でもない。

それで外枠ですからね。ルメール騎手でそれなりに売れるでしょうし嫌う方で見たい一頭ですね。

 

◎04デアリングタクト

〇02クラヴァシュドール

▲07ウインマイティー

△03アブレイズ

 10ミヤマザクラ

 01デゼル

 11リリーピュアハート

 

としておきますが、フローラSのワンツーも圏内。

本命はあっさり決まりましたが、これ本当に買いたい馬が相手にいないですね。積極的に評価した馬は対抗にはいなくて消去法で残った馬が繰り上がったという感じです。なのでこれがいいといえるものは対抗以下はないですね。

本命は力もいいですし、他との比較でも一枚上。これは人気でもという感じですね。

対抗以下はミヤマザクラまでは特にマイナスはなく残った3頭。そこからは枠と騎手、あとは人気からくる配当妙味で差をつけた感じですかね。これでいいかと思える強調材料も特にないなというのは本音でこれでいいのかなと高い評価つけつつ思ってます。

そして2戦2勝組。他の馬との兼ね合いではけしまで考えてましたが残りました。ここならデセルありですかね確かに

最後に距離実績ある馬を印に入れた感じ。

時点でホウオウ、ウインマリリンですが前者は騎手、後者は内→外という点でどうにもこうにもいいパフォーマンスをここでも出せるとは思えず印からは外しましたが三連系の3着では買うかもしれません。

 

対抗以下は馬券買う時までに信頼できる人できない人の予想をみて、あまり信頼できない人が評価してたら下げてその辺でしっくりくる馬、自分が圏内と思ってる馬で納得できる話をみれたら評価を上げてと出し入れすると思います。

 

※ここから日曜朝の補足。ちょっとクラヴァシュドールが妙に全般的に評価が高い印象。それが逆にキモイ悪いなと。長年の勘ですがこれはない奴のような気がしてます。印はかえませんが(たまたま本命対抗単穴で誕生日なってるので)、ちょっとだけ2〜4番手は段差をつけてるつもりでしたが段差は対抗3番手はなしにしようかなと思います。

あとはミヤマザクラがなんか評価はしたもののピンとこないなってひっかかりがあることと、デゼルですね。デアリングが輸送言われてるんですね。個人的には関東輸送1発目より短期間で2度のほうが悪い方の結果に反映しやすいと思います。輸送のことだけいえばデゼルのほうが不安だと思います。

あとはアブレイズを騎手で嫌ってましたが考えれば考えるほど馬はいいなとおもったのでこれを評価あげました。これは印に反映しております。

 

 

 

ヴィクトリアマイル予想(2020)

  • 2020.05.15 Friday
  • 21:47

JUGEMテーマ:競馬

こんばんは。

 

今回は圧倒的に強い馬がワンランク落として出走。ちょっと条件のストライクゾーンからは外れてるけどここでは一枚上の馬をどうとるかですね。

本命でいくのも残り2枠をとるのでもいろいろ選択肢は出てくるとは思いますが、この馬をどういう風にとらえて馬券買うかがポイントになりそうですね。能力比較をしつつですが枠は少し他のレースよりは大事かなと思いつつ短評を書いて予想としていきます。

 

1 ラヴズオンリーユー デムーロ

圧倒的なポテンシャルでオークスまで駆け上がって、ぶっつけで一とん挫もあったエリザベス女王杯でも3着は力の証明。実績上位で強い馬。能力もありますね。ただなかなか3歳秋からコンディションが整わず有馬記念もですしここにむけても、ドバイまでいって順調に使えない状況もあってうまくはいってないですよね。陣営もできはもう一歩とコメントしています。あとはポテンシャルはあるけどそれを出せるでしょうかってことですね、今回は。距離に関しては2戦目ですが完勝してますし悪い気はしない。ただこっちのほうがいいとも言えないという気はします。なんかこういうパターンはダメな気も勘でしてますが、そういうのを覆してきた昨今の流れどうしましょうか。無理に評価しなくていいなと思いつつ初めの馬ですしとりあえずふわっとした評価で

 

2 ビーチサンバ 福永

3歳クラシック上位だけど勝ち負けレベルまでは少し離れた馬で世代2番手グループの1頭って感じ。馬の特徴はワンパンチ足りないところはあるけど能力値が高い馬。決め手もしぶとさもないけど能力の高さがあるからまとめられるって印象ですね。本当はこういう馬は器用さがほしいんですが、それがないのでなかなか難しく、結果東京のような長い直線の力を出し切る競馬が一番結果に結びつけやすいという気はしますね。そこでもワンパンチはたりないですがマイルくらいもベストではないけど守備範囲。何かつきがあれば面白いと思いますがそれがなければ厳しいかなというところ。

いいことをいえば福永騎手はこれくらいの馬で東京で内枠あたったらするっと内を縫って3着とか先週も含めてありますよね。そういう意味で紐で警戒したいですね。

 

3 シャドウディーヴァ 池添

3歳はほぼ牝馬クラシック路線の中央を走ってきて、一通り3歳秋で終ってからは仕切り直し。ベストは左回りで距離は2000mより短い当たりだと思いますし、なかなかそのストライクゾーンは使えない馬だったと思いますが、それでもそれなりに力を出してると思いますし走る条件に近いところなった時は結果出してると思います。

それでも3勝クラス右回り1800mで圧勝したりしたのは力の違い。東京マイルの東京新聞杯は持てる力は出し切れたという結果だと思います。前走はひとたたき。右回りで関西遠征でという負ける要因はいくつか見つけられますしここを目標で狙ってたとこはあるでしょうからね。合う条件のプラスに頼りになる鞍上が2回目。そして好枠があたりました。面白い1頭じゃねえかと思います。

 

4 シゲルピンクダイヤ 和田

能力は多分高いはず。4歳世代トップの一頭だと思います。エンジン性能はいいけど出遅れメインで他にも要素はあって常には力は出せないですね。力をうまく出し切れればここでも現状は上位だと思いますが、基本は外目の奇数枠がよく当たるツキもない馬。かみ合えばどこかで一発の気配はまだまだ残してるんですがそれがここかどうかはちょっとわからないですね。ただ和田騎手に戻るのはプラスでしょう。そしてここにきて4番枠が当たりました。枠もいいところが当たりましたね。その辺は期待になります。ひっかかるのは馬体はいいころまではあと一歩と出ている点。それでもかみ合えばというのはありますのでそれなりの評価候補でキープしておきたいです。

 

5 プリモシーン レーン

マイルでは牝馬戦線の中でも上位の一頭。東京コースも得意コース。その条件なら大きくはどんな相手でも力負けはしないんですが、ただたまに理由不明の全然走らないことと、やや不器用な面もあるのでその辺で不利とか受けて負けたりもすることはある馬。ただ東京のマイル付近では力は出せればアーモンドアイの次くらいの強さがある馬だと思います。そしてこういう馬にレーン騎手はすごくあいそう。力を出し切れば有力な一頭で去年JRAG1初制覇を果たした舞台でレーン騎手をこの馬にしてるのは期待の証拠だと思います。騎手が少し重いと調教でいってるのはひっかかりますが評価しておきたいです。

 

6 トーセンブレス 大野

ためて瞬発力で決め手勝負という馬。前走が3勝クラスで勝ったばかり。その前走は浜中騎手の好騎乗で実際は差してきても馬券に絡むかどうかくらいの力で3勝クラス上位ってところでしょう。それまでのパフォーマンスがその辺の力ということ。終いは切れる馬で東京はよく使われてますが馬券に届くところまで来たときは阪神だったり中山だったりでそこに適性は微妙な気はしています。一瞬の足って感じなので東京の直線は長い印象。昔から。ちょっとここでは前走うまく乗ったことも含めて伸びしろもなく厳しいかなという気はします。枠はいいのでせこくのって3着まででしょうね

 

7 ダノンファンタジー 川田

去年の3歳クラシックを引っ張った一頭で力は上位だと思いますが、近走は気性も含めて力を出し切れない内容が目立ちますね。マイルはストライクゾーンだとは思います。マイルは続けて使うのも多分いいほうに出ると思います。うまく前で壁を作ってはじけさせる競馬ができる枠かどうかは影響しそうと思いますのでこの枠もベストではないけどベターではありますね

前走も人気でだらしないですが、5着にまとめたとも見れます。いい枠でうまくはまる条件になれば上位だと思います。敗因の多くは距離でマイルをコンスタントに使えば力は一枚上の可能性もあります。エンジン性能もいいですしそれなりの評価する一頭でキープしたいと思います。

 

8 ディメンシオン 松田

取消

 

9 セラピア 田辺

3勝クラス勝ち上がり即出走ですが、そこまでの内容でエンジン性能の高い片りんは見えますし、前で勝負できるのは穴をあける要素にはあります。ダートで実績もあってここに出てきてというのはエイジアンウインズに近いところはありますね。ただ基本は強い馬とやってないということはありますし軽視はしたいですが、能力自体はすごく強い可能性のある一頭。よくわからない面はありますね。人気するなら軽視、かなり人気面で下げてるなら拾ってもいいかなというところですね。

将来的には多分重賞は勝てる馬だと思います。この辺でどうかはちょっとわかりかねますが。今回は余裕があれば三連系の3着で。とにかく人気次第で抑えるか軽視するか決めたい感じですね。配当妙味もないと買いにくい馬です。

 

10 メジェールスー 岡田

そのエイジアンウインズの仔。前走はマイルで負けてその前は連勝で3勝クラス突破。ただ基本は1200mで1400mまでこなしますよって馬でマイルは長い気はします。それでもここに来たのはこの父に母が過去のこのレースの覇者ということもあるでしょう。そういう血統の不気味さはありますが、東京コースに慣れてない騎手にこの距離実績のなさ、そして重賞クラスもほぼ実績なし。

これだと厳しいかなと思います。

 

11サトノガーネット 吉田豊

4走前は牡馬相手に重賞制覇。得意の剛脚を繰り出す競馬でなで斬りにしましたが、今年に入ってからは強い牡馬にぶつけて惨敗。そして前走では牝馬限定でマイルにぶつけて距離を試して本番ですね。ここを目指して逆算して使って使って鍛えてきたようなローテだと思います。ただ思ったよりは馬がいいところをみせてくれてないんじゃないかなと思います。どこでもこの条件でももうちょっと走れると思ったけど走れてないという気はします。

元々直線まですごくもたもたするけど最後はいい脚で突っ込んでくる馬。ただマイルは少し短い印象。今の勢いのない状態で狙ってきててもどこまでやれるんだろうとは思いますね。三連系の3着はあるかもしれないけど個人的にはちょっと買うほどの根拠は見いだせないかなと思います。軽視の方向で。

 

12 アーモンドアイ ルメール

一番強い馬。めちゃくちゃ強いですね。何書いたらいいのか。まあ前走敗因は距離とコースと出来ですかね。距離とコースはベストではないけど好転。出来も熱発せずに間隔開けて使えますからいいでしょう。前走よりはだいぶ走れると思いますし、そもそもあの有馬記念、あの豪華メンバーで走った分、あれくらい走れれば十分ここでは勝ち負けでしょうからね。有力ですね。

次を考えて使える馬ではないでしょうからここ本番でしょう。深く考えれば考えるほどこういう強い馬はドツボにはまるので素直にとりあえずは評価。残り2枠か本命かは他との兼ね合いですね。

 

13 トロワゼトワル 三浦

3勝クラスを勝って即中山の重賞で大逃げで押し切った競馬が鮮烈。エンジン性能の良さはあの内容で証明してると思うんですがここ2走は間隔あいて惨敗。ちょっと難しい馬ではあります。力を出し切ればというのはありますけど勢いは正義みたいなところはありますし、ここまで大きく負けてる馬がテン乗りで復活するのかというとちょっと疑問。騎手も本番ぶっつけ調教にも乗れない中で厳しいのかなと思います。何か本番までに激変要素が見つかれば買うかもしれないですが基本は軽視。三連系の三着までにとどめたいです。

 

14 スカーレットカラー 石橋

この馬もシャドウディーヴァとはタイプが近いですがこっちは左回りというよりは直線長いコースでの差しという印象。展開つく系の差し馬ですね。前走は不利枠から追い詰めたのは力の証拠。古馬牝馬の中では力量上位の一頭ですね。

ただ岩田騎手は完全に手のうちに入れてた気はしますが、こっちはテン乗り。これはマイナスでしょうね。ベストは1800mなんでしょうけどマイルは守備範囲だと思います。あとは枠と展開ですね。上位の一頭でそれなりの評価してましたが、これもテン乗り鞍上が変わることは引いてどの辺になるかって感じで評価したいですね。あとは枠がいいところひかないですね。今回もよくはない枠。どっちかといえば内で溜めていきたいタイプだと思うのでこれは少しマイナス化も。積極的に買いたいかというよりは評価できる馬は評価してその次位の評価ですね。

 

15 アルーシャ 北村宏

血統馬で藤沢厩舎の出走からの一頭ですね。まあ重賞で結果が出てない点はマイナス。よくはないけど大きくマイナスの枠でもないですしね。強いていえば2走前のオープンは大外枠で好走。あれくらい走ればいい枠が当たれば2,3着はあるかもしれないですね。しかしいい枠は当たらず。

あとは全般1400のほうが1600よりは戦歴を見る限りよさそうですね。そういうことを考えると他の馬との兼ね合いも含めてここでは厳しいかなという評価です。三連系の3着はないとはいわないけど個人的には軽視です。

 

16 ノームコア 横山典

前年覇者ですね。そのあとも海外G14着とそれなりに走れていますが使い込めないのはアーモンドアイ当たりとは同じ。前走1200mをつかったのは使えるタイミングで本気で狙ったというの半分、先を見据えた短距離で刺激を与える半分、どっちかわからないところはありますが前走に関してはいろいろかみ合って結果に結びつけられる状態ではなかったかなということ。

ここは得意条件の本番ですし巻き返してくると思います。ただ去年よりは枠が暗転してますし、その辺も込みで考えるとその分はマイナスでそうなると馬券内あるかどうかなってのが去年と同じ状態でも感じますね。昨年とは使ったレースが違いすぎるので比較できないんですが、昨年よりはその前のパフォーマンスは距離考慮しても悪かったと思う。ただ過去に走った条件ですし2,3着のリピートは少ないレースですけど勝ち馬のリピートはよくあるレース。ここは不気味で要注意ですね。それなりの評価をする準備はしておきたいです。

 

17 コントラチェック 武豊

先行型で得意なコースで気分よく走れば強い馬。力を出せれば重賞級です。そして中山に良績が集中していますが、東京のマイルは使ったことないですし、厩舎的には走りそうな条件。ただ馬のタイプもこのコースはあわないよなあと思いますし乗り替わりの武豊騎手もこういう馬で東京ってのはイメージがわかないところはあります。

要するにようわからんってとこですね。ひょっとしたらいいとこあるかもしれないし全然の可能性もある。脈があったらこの厩舎でこの馬主で武豊騎手乗せるかなあと思うのもありますしいろいろわかんないですね。スタート五分なら外から先手が濃厚でしょうがちょっといけないようなら後ろで溜めに入ると思います。どっちでもそれでどれくらいの足をここで使えるかってのは完全に未知。きたらごめんなさいで枠も悪いし個人的には割り切ろうかなと思います。ただ消せるほどの根拠もわからなすぎてないってのが本音です。

 

18 サウンドキアラ 松山

去年のこのレースを使って7着から1年間快進撃。条件戦はクリアで牡馬相手に重賞制覇。次は牝馬相手に最悪の枠を克服して完勝。そして実績のない阪神コースで完勝。3連勝と充実一途。昨年の7着からパワーアップしていることを考えればその足し算でここでは優に上位でしょうね。鞍上も今一番乗れている鞍上ですし勢いもある。隙が無い有力馬。アーモンドアイがいなくて1人気でマークされればどうだろうというのはありましたが他に強い馬がいて隙をつく立場なら力はだせるでしょう。調教もかなりいいですね。文句のつけようのない有力馬の一頭。ただ枠が大外枠ですか。競馬の神様は甘い人には甘いのに松山騎手には妙に厳しいですね(苦笑)。この枠で本命、相手有力絞って狙いとはいいにくいですね。ちょっと下げて評価。それでもある程度以上の評価ってところにとどまってしまいますね。私はその辺の評価にします

 


という事で印

 

◎12アーモンドアイ

〇05プリモシーン

▲03シャドウディーヴァ

△07ダノンファンタジー

 18サウンドキアラ

 14スカーレットカラー

 16ノームコア

 04シゲルピンクダイヤ

 

とします。1枠の2頭とかがその次位の評価になってきます。三連系はもうちょっと手広くいこうかと思ってます。

馬券は今のイメージは本命から〇▲の三連系メインで手広く流して強弱もつけて儲かるようにって感じ。紐が荒れるのを拾いたいという感じですかね。

 

残り2枠をとるという予想も考えたんですが〇▲がどっちかを決めきれなかったのでこういう形にしました。

プリモシーンは地力と騎手を評価って感じですね。枠もいいです。シャドウは穴っぽいですがここを狙った臨戦とコース適性。そして騎手も魅力で枠もいいので。基本は強い馬の紐なので内からするするをイメージしてそういう枠の馬を評価しました。

次がダノンファンタジー。なんとなくですけどサウンドとかを外枠で嫌ったらここまで繰り上がった感じ。

サウンド、スカーレットは力も評価しつつ、枠を嫌ったらこの辺になったという感じ。

最後は昨年覇者と4番枠に印という感じで回してます。

 

ビーチサンバは3着なら全然あると思ってます。ラヴズオンリーユーがいいころには一息とコメントでてますし無理に評価しなくていいなとしていたらこの辺まで下がった感じですね


 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM