SG準優勝戦の枠番入れ替えの話

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 22:46

こんばんは。競馬ファンはダービー一色なんでしょうが、競艇では旧笹川賞オールスターをやっています。

そんな中、競艇関連で書かれたこの記事の話。興味深い話ですので書かせてもらいます。

 

https://hochi.news/articles/20190519-OHT1T50125.html

 

これを話す前にここは競馬側の人が多いですから簡単に競艇のシステムについて説明します。SGのような大きいレースは

 

1〜4日目 予選(上位18人が突破)

5日目 準優勝戦 6艇×3レースで上位2人が優勝戦に

最終日 優勝戦

 

というシステムで行われています。そしてこの準優勝戦の枠番がどういう風に決まるかというと予選の順位。順位のいいほうから1→6に割り当てられます。競艇も競馬同様、くるくる回る競技ですから当然内が有利。芝ではないことや小回り度が大きい、人間がコントロールできるという点で競馬よりは全然内有利度は違います。

それを踏まえて予選の結果でどう並ぶか丸数字で書いていきます。昔、そして基本的にはどういう形で準優勝戦のメンバーが決まるかというと

    12   11  10

1号艇  ´◆´

2号艇 Α´ァ´

3号艇 А´─´

4号艇   

5号艇    

6号艇 押´院´

 

こういう感じ上の〇数字でない数字がレース番、そして〇数字が予選順位こういう風に割り当てられていきます。基本はこうだったのですが実は数年前(4,5年前?)からルールがひっそり変わっています。

4号艇以下については同じ号艇ならレースを入れ替えてもいいということになりました。どういうことかというと予選順位1〜9位はそのまま。ただし10〜12位の4号艇、13〜15位の5号艇、16〜18位の6号艇はその中なら好きに施工者側で入れ替えをしていいよってルールです。

ただしこれが実行されることはこれまで全くありませんでした。それが初めて前の3月に行われたSGで行われたという話。

なぜ今まで行われなかったかというとそこまでする必要を感じなかったということもあるでしょうし、あまり勝負に施工者の細工をいれたくないということもあったのかなと思います。

 

それで今回入れ替えられたのが5号艇13位の遠藤エミ選手と、15位の馬場選手が入れ替えたという話。

 

これそんなに影響あるのという話なんですがかなりある話でポイントは予選12位平尾選手が12レース4号艇にいたということ。なぜかというとこの「平尾選手の外」がみんなほしいから。競艇する人なら言わなくてもわかる話なんですが、細かく書くとこの1年ほどですかね。平尾選手のエンジンのセッティングが強烈な伸び型でとにかくまくり仕様になってること。そのまくりの外がみんなほしいんです。まくりの内は絞められてレースになりませんがその外はそれについていって空いたところに入る(か外ぶん回せば)1,2着がほぼ濃厚なんです。現にこの予選4日間で平尾選手の外が勝ちまくってました。

競馬のみでピンとこない人はダート1000とかそういう目で見てください。例えば真ん中より外が一気にハナを取った時、内にいる人気馬そこから盛り返して勝つことほとんどないですから。そしてそういう時の紐は外が多いです。

 

そんなポールポジションを遠藤選手はとりあげられたわけですよね。そうしていいってルールですけどそこで手を入れるか普通ってところなんです。この辺は某選手も触れてますが、現にこの平尾選手のまくりきれはしなかったけどその展開に乗って馬場選手は勝って優勝戦にいったわけで遠藤選手が同じことをできるかどうかわかりませんが自分で手に入れた、いい枠番を今回は予選の成績が下回る馬場選手に施工者の意図でとりあげられたということですから。釈然とはしないですよね。

 

理由としてはリンク記事の記者さんが書かれてる通りだと思います。

 

準優勝戦12レースをSG覇者でそろえて盛り上げたい。これはスポーツ新聞でも取り上げやすいですからね。

そしてドリーム戦の選考順位が6位だったのに、7位の井口選手を繰り上げてドリーム戦に入れて馬場選手を落としたことへの埋め合わせ。ドリーム戦って説明しますと初日12Rに行われる一番いい選手6人をそろえたレース。いいメンバーだけでやるので予選の得点も割り増し。ここを走るだけで予選突破の可能性は上がるわけです。それをネームバリューでおそらく馬場選手は落としたということがあります。これはまああることではあります。上位5人は変わりませんが6番目は施工者の推薦枠のようになるケースはSGでもよくありこういうケース自体は珍しいものでもありません。

 

この辺が理由だと思いますが、突っ込んで書けば馬場選手と遠藤選手が同じ支部であること。そして両方、面倒くさい声を上げるタイプでも気性的に難しいタイプないということ(馬場選手に至っては支部長を務めるような紳士です)。

施工者が彼、彼女の人間性の良さで支部内で折り合いつけてくれるでしょうって打算を感じるんですよね。それは選手に投げるなよと思う。どことは言いませんが支部がバラバラで交友のなさそうな3人が5号艇ならこんなことはしてないでしょうし、某支部のあの選手とこの選手だったらそれしましたかと聞いたら絶対してないと思うんですよね。ルールの中とは言えなんか釈然としないなと思います。

 

ただこのルール自体もファンに浸透してなくて予選順位をそこまで細かくみてる人もいなくて大きな声は上がりませんでした。私もあれっとは思いましたがこのルールが適用されたのか知らない減点とかなんかルールがあるのかわからなかったのでみなさん似たような感じだったのかなと思います。

 

まとめも記者さんが書かれている通りですが、トップレベルの選手が集まって行われる最高峰の大会。そこはもう施工者さんが手を入れて盛り上げようとせず枠番の明暗も含めて、すべて流れにゆだねるようなルールでいいのかなと思います。昔のようにかちっと準優勝戦の枠番は予選順位で確定するようにしたらいいと思いますがいかがでしょうかね。ちょっと興味深い記事だったので取り上げてみました。

 

 

賞金王決定戦(ボートレースグランプリ予想)

  • 2018.12.23 Sunday
  • 19:56

決まりましたね。峰かあ・・・。ってのが難しくする要因。ちょっと考えましょう。

 

1峰 2井口 3白井 4岡崎 5毒島 6菊地

 

(スタート)

ここまで来るとみんな決めるでしょう。その中ではやっぱり菊地はさすがかと。

 

(エンジン)

いいのは2井口、3白井だと思う。ただこの2人出て入るけど乗りにくそう。

1峰はまあ及第点くらいで出てるとは感じない。5毒島は出してきたような気は初めはしたけどやっぱり悪評判機。ここに入るとちょっと弱いと思う。6菊地もここでは突出していない。4岡崎はちょっとわからないけどレース脚はよさそう。

 

(進入)

おそらく菊地が動く。どこまで誰が抵抗するか。おそらく5・1か全スロだけど、井口、白井は入れないと思うけど入れる可能性も一考。岡崎はカドよりは出てる白井、井口の外が欲しいはずで進入に合わせるというより彼らにくっつくことに絞るでしょう。

毒島どうしますかね。ちょっと読めないですね。ただ全スロとかになるなら彼は単騎で引っ張ると思う。

 

ちょっと狙ってみましょうか

3-124-流 4-13-流 

 

白井が攻めるかそのうちの井口が攻めるかわかりませんがそういう展開からの決着に期待。井口は勝ち切る印象は勘でない。何かにやられる気が。個人的には菊地は相当大胆に動いて162/345とかになる可能性も頭にあるが多分12346・5でしょう。

 

(追記)

インタビューとかいろいろみて思うところもあり。今節いろいろ見て思ったのは岡崎選手を非常に好きになりました。レースどうこうよりもインタビューが本当に理路整然としていていろんな視点で分析してそれを言葉にする力がある。(寺田祥とかもそうなんですが選手紹介不愛想な選手、インタビュー形式でしっかりしゃべらせたら以外にわかりやすく喋るということもあるんですが岡崎選手はかなりその傾向強いですね。)頭がいい選手なんだなと改めて思いました。

岡崎選手はそれでいてレーサーではなく基本はギャンブルの駒立ち位置は理解してそっち目線側で喋ってる気がする。そういうのも感じたので好感はもてました。上に別の予想も出しましたが、この選手に今年は預けてもいいかなという気分になりました。

 

4−流-流 1−4−流 でもええかな。

 

・賞金王シリーズ

1平尾 2石野 3新田 4山田 5中野 6湯川

 

これは平尾が一番、石野が二番に脚はいいはず。そして湯川が動くはず。周年にグランプリ。大阪支部が平尾に何もできずに1年で二つタイトルもっていかれることは考えにくい。となると進入162・345から

 

2-134-流 34-2-流

 

を狙ってみます。

ボートレースの松井選手がフライング

  • 2018.10.28 Sunday
  • 22:13

簡単に。

 

松井選手が本日11レースでフライング。賞金王賞金選出期間は休みに入りませんが現在17位。グランプリ出場に結構ギリギリです。チャレンジカップほかG1戦線に期待しましょうということですが、こんな状況になったのは多分このレースが原因。

 

3月のクラシック(総理杯)4日目4号艇のレース

 

https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/raceresult?rno=8&jcd=06&hd=20180319

 

この総理杯の松井選手は間違いなくエンジン出てました。相当に。

成績は2・2・1・3・2と好成績で予選最終戦。

 

おそらく勝負にでてまくって準優勝戦1号艇、予選トップを狙ってたと思いますが思いのほかスタートが届かずまくり切れずに桐生選手に激しく抵抗され6着。

 

これで結果予選8位で準優勝戦3号艇に下がってしまいます。ここで歯車が狂ったように思いますね。いつも年間通してグランプリ出場にメイキングしてくる選手ですが、ここで後手になってしまったことで普段は切らないFも切ることになることになったりうまく賞金メイキングできなくなっているように思います。今日のFもおそらく特選A1着の賞金を取りに行ったものだと思います。それくらい追い詰められてる松井選手をみることは私が競艇初めてからはありませんでした。

残り1か月、王者はグランプリにどの順位で乗ってくるのか。勝負の1か月になります。しかと見届けたいですね。

チャレンジカップ準優勝戦

  • 2017.11.25 Saturday
  • 14:10

競馬とみせかけてボートの話。

 

とみせかけて雑談。先週の土曜の夜ですがテレビはNHKのまま、競馬の予想したり文章を書いたり、スマホゲームしたりしていたらアニソン?声優さん?の番組が深夜に始まってそこに出ていた三森すず子さんって声優さんがかわいくもあり綺麗で雰囲気もいい感じの方で初見でファンになりました。アニソンも声優さんの歌も好きなのでジャンルとしてもオッケーです。そんなことがあった先週の土曜の深夜。今週は何かあるんでしょうか。

 

ボートの話に行きましょう。今節はあまりみてないのでつかめませんが。あとは展示をみて本命よりか穴よりかは決めますので今のところはいくつかの大雑把な方針のみで。

 

9レース

1、山田 2、篠崎弟 3、タナシン 4、丸岡 5、吉田拡 6、菊地

 

(エンジン) 2>1>3>>4>>6>5

何となくこんな感じの気がする。4の丸岡はレース脚はよさそうです。

(スタート)

菊地はもちろん早い。次は山田。あとはSGにしては気持ち遅めかと思います。ただ丸岡は外でダメなだけで内よりでは決まってるのかな。

(進入)

たぶん1236/45 いれないとかオールスローとかあるかもしれませんが菊地は動きます。タナシンは止めると思うけど1割引く可能性もあると思う。この辺は流動的。展示も見てですね。

 

予想

2-14-流 1-24-234 (本命筋)

4-125-流(穴)買いたいのはこれ。

 

どっちにするかは流動的。篠崎の自在戦が有力だと思う。まくり・差しどっちになっても対応できるように紐は工夫。もちろん強弱付けます。1からの目も入れてますが基本は買いたくない。1号艇祭りのときのみこの目は考えます。そうでなければ買わないと思う。

穴は菊地を入れてのダッシュ戦丸岡のカド一撃。2,3がスタート速くないだけに進入紛れがあれば一発あるでしょう。

けどオフィシャルのピットレポートの山田の顔はいつみても失笑してしまう。

 

10レース

1、井口2、桐生3、白井4、岡崎5、山崎智6、辻

(エンジン) 2>>5>6>1,3,4

ココエンジンたぶん基本弱めですよね。井口もいいとは思えない。しいて言うなら桐生と山崎がよさそう。辻もいいのかなあ。

 

(スタート)

井口は決まってますね。地元の白井も当然決まっている。岡崎もムラはあるけど決まってるほう。後の3人はSGという舞台では遅めです。特に山崎はばらついていて不安。

 

(進入)

123/456の3対3でしょうね。1,2割あるなら白井の3カドでしょう。並びがかわることはピット離れ五分ならないですね。

 

(予想)

1-23-46(本命筋)

1-6=流(穴目)買いたいのはこれ。

3-146-流し(大穴)

 

1-2-3とか1-3-2とか買ってもと思うのでSGの地元に意地は準優勝戦でこそだと思いますので内寄りで決まるなら紐は外でということで。基本エンジンよさげな人はスタートが決まってなくてスタート決まっている人は逆でということで難しい。穴は転覆ありながらここまで乗ってきた辻が機力も脚もいいんじゃないかと思い狙い。たぶん舟券買うのはこれでしょうね。

穴は白井3カドから一撃ですね。

 

11レース

1、毒島 2、寺田 3、新田 4、松井 5、秋山 6、田村

(機力)1>>>>4,5>>2,3,6

毒島ははっきりいいですね。大舞台でエンジンに恵まれてこなかったですがここにきていいですね。中国、四国地方でいいエンジン引く印象が毒島選手ありますが今回もよさそう。ナイターもいいんでしょう。あとはちょっとわからないも秋山と松井はいいんでしょう。特に松井はエンジン素性はいいので。あとは弱めだと思います

 

(スタート)

これもはっきり毒島がよくてあとはそんなにといったところ。本番行けそうなのは松井と地元寺田でしょうが。

 

(進入)

ちょっとわからないですね。枠なりもあるでしょうし。田村は結構な確率で動くでしょう。松井は正直わからん。半々ですかね。秋山はたんぱくに6コース。毒島はイン。この2つ以外は流動的。田村がごりごりきたら寺田はあっさり4コースから勝負もありそうでそこまで枠番死守にはこだわらないと思う。1624/35 126/345 1246/35 146/235 12346/5 他いろいろ考えられると思う。

 

(予想)

1-5=流(本命筋)買いたいのはこれ。

2-15-流 2-流-5(穴目)

 

進入はごちゃごちゃしそうで毒島が一枚抜けている現状。インは信頼で、これも信頼の秋山の外枠からの着取り群馬で決まると期待です。機力的にもちょっと他は買いにくいです。

穴は146/235を寺田が選択したときのダッシュ戦一撃。それがある選手だと思うので不気味ですね。それでも毒島盤石かなというのが感想です。

 

ということで競馬中ですが。

 

 

 

 

 

寺田祥選手がG1児島キングカップを勝ったお話

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 18:21

オール競艇のお話の記事です。興味のない方はあしからず。

 

寺田選手が昨日、児島キングカップを勝ちました。おめでとうございます。寺田選手とこのレースちょっと因縁?のようなものがありました。そのお話。

 

2007年の児島キングカップ、寺田選手はこの年終盤絶好調でした。その好調さで賞金王決定戦にでるほどでした。この児島キングカップも予選トップで通過。準優勝戦当然1号艇でした。ただ実はこのレースの準優勝戦。寺田選手は走っていません。

 

スタート展示で他艇にぶつけられて舟に穴が開いて展示好走できず。展示ができないのであれば出走の権利はないということになり、欠場になってしまいました。他艇にぶつけられてですからね。本人には非はないはずです。非常にツキのない形でG1勝利の権利を失ってしまったわけです。

 

それからちょうど10年。今回も予選トップで進出。今度は優勝出来たらいいのになあ。とは漠然と思ってみてましたが無事優勝戦まで逃げ切りましたね。よかったなと思います。

 

そんなことをちらっと昨日思ったので記事にしてみました。まあそれだけなんですが

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM