競馬ブログで気をつけてること

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 21:28

こんばんは。今日は緩い話を書いていこうかと思います。

 

このブログは基本、自分の記録とかそういうこともあります(競馬ブログを初めてみて)。自分の知ってる記録を競馬ブログに残すことでいつかどこかで誰かの検索にひっかかって何かの役に立つかもしれんという趣旨です。

なのでこういう話も残しておこうかなと思います。

 

一応、初めはあかおかあああああの人に頻繁に紹介されてアクセスが増えたブログです。ただ今もちょっとずつアクセスもふえつつ続いているのには他の方もちょいちょいSNSで紹介していただいてるのもあるでしょう。ありがとうございます。

そういうちょっとづつ人を減らさずに続けている競馬ブログをするにあたって気を付けていることを書き残しておこうと思います。使えないのがほとんどで実際は役に立たないかもしれないですけど、誰かの何かの役にたつかもしれませんので。あとは他の競馬関係のSNSにも使えるかもしれないので残しておきます。

 

基本は自分のやりたいこともありますが、周りの反応も意識してやっていこうかとは思ってます。ただ自分のやりたいこともやりたい。なのでバランスをかえてこういう記事がアクセスが多いんだなというのも意識して需要があるところはある程度出していってただ自分がやりたいこともまったく封印せずにその辺のバランスはみながら調整してやってるのは多少はあります。

自分のやりたいことを自分の周りにいてくれる人たちとやるとそれ以上は膨らまないとは思いますのでせっかくやってる以上は多くの人に目に留まったほうがいいのでやりたいことより興味を持っていただいていることというのは意識しています。それでも予想は自分があれを使うので何があっても書いて続けてますがそこはご容赦ください。

 

ということでタイトル分けていくつか書いていきます。

 

(タイトルで内容がわかるように)

タイトルをふわっとさせることは可能なんですが、基本は何がいいたいかわかるタイトルにするようにしています。特に競馬の話にかんしては。理由はそうしたほうが検索に引っかかりやすいから。そういうことは意識しています。ときどき詩的なタイトルの方もみますしそこをミステリアスにすることで入ってもらう手法にするのもあるんでしょうけど、どっちかといえばその内容に興味のある人をこぼれ落としたくないというほうが強かったですね。そういう意味でタイトルはわかりやすくしています。

「2019」って予想記事のタイトルにいれるだけで検索エンジンの出てくる位置全然違いますから結構影響してるとこなんだなと最近確認しています。

 

(騎手名とかはオフィシャル名に寄せて)

これも気をつけてます。クリストフとか騎手も名前で読んだりはしないようにとは思ってます。馬の名前、調教師名もそうですね。これは意識しています。これは見ている人が探すときに探しやすいように、「そういえばこのブログ、〇〇騎手についてなんか書いてたな」となったときい検索しやすいようにと思ってますし、みんながみんな競馬が詳しくて見てるわけじゃないですから極力オフィシャル名にしています。藤岡兄とか書くときはありますけど藤岡は外さないようにってことですね。

これはツイッターの方でもデータを出すときはオフィシャル名にしてますし、厩舎とかも〇〇厩舎か師か調教師かにしてると思います。これも検索で見つけやすいようにと思ってます。

それなりに競馬が広まってほしいし多くの人にしってほしいというのは長いことやってるので当然あります。キャリアの浅い人にみつけやすいようにってのもありますしオフィシャル名じゃない呼び名は競馬を広めるという面ではああいう場の中にはいっちゃうとなんのこっちゃわからないことになるんですよね。全世界に聞こえるように井戸端雑談をしてるようなところですから。なので少しでも競馬のこととしてアンテナにひっかかるようにオフィシャル名にしています。ファンという立ち位置よりは踏み込んだ位置にいると自分は思ってるのでそれなりに何か還元できるようにとは考えます。

 

(競馬の記事オンリーにせず、少しは雑談などで色も付けるように意識)

競馬の記事だけ、予想とデータだけでやっていくことも可能だとは思います。ただそれだと参考書的なものをみてるようになってしまうと思うんですよね。参考書は必要な時は見ていただけるけど毎週楽しく続けてみてもらえるかというとそういう人も少ないんじゃないかと思ってて、作品を作っている人の素の部分も時々出すことで物語ではないけど色をつけていかないと飽きられるんじゃないかと思います。考え方とか喜怒哀楽ですよね。この人はこういうことを考え方からこういうところに喜怒哀楽があるというのをなんとなく察してもらうことでデータだけの内容も膨らませてみていただけるんじゃと期待して、ああいう雑談をいれるようにしています。時々ネタはない時もあるんですが、何か今の事象について思うことを書くことで、「この人基本はこういうことなのに、競馬のこういう事象はこうとらえてみてるのね」とか「こういうデータはこういう考えの人だからこういう発想から持ってきてるんだろうな」みたいなことを感じてもらえたら、自分が出しているデータも自分が気づかないところも見抜いてもらって参考にしてくれるんじゃと期待しています。

 

(予想の的中だけで組み立てるブログにはならないように)

競馬の予想ブログだけでも相当あって他のSNSコンテンツとかも無数にあります。そんな中で予想だけで見てもらえるようになるには抜け出せないといけない。いくら理論があっても的中で抜け出さないといけない。これって無理なんですよ。予想は水物ですし好不調もある。中には盛ってる人もいるかもしれない。見てもらおうと思ってやってるわけではないけどそこでそういうことを普通にやってるだけだとやってても意味ないとおもったのでそれは気をつけていて、じゃあどうするかっていうと当たった外れた以外のところの話をいくら出せるのかとか、予想の的中の有無のところから少しでも外れたところで楽しめるものでないとだめだなと感じていたのでそこは意識しています。

 

そしてちょっと脱線しますが当たった外れ他の報告は自分への記録になってるのでそれはするようにしていますが、それだけの記事は絶対にしないようにしています。これはSNSでも気をつけていて特にブログで狙い馬などをガンガン出している中央競馬に関することは絶対しないように気をつけてます(それでもうっかりしてしまってるかもしれませんが)。地方や競艇はちょっとあるんですがその辺はご容赦ください。私もよそのブログをみることもありますが、あてた自慢だけのブログって何度か見させられるともうみなくなってくるんですよね。そんなに心も大きくないので別に外れた時に人の当てた話なんかみたくないんですよ私は。なので逆もしかりでそういうことを意識しています。感想には回顧記事をがっつりいれるのはそういうことです。

 

それと予想をだしてるのであてた外れたは見ていただいてる方はしってるわけですし、それをあえて強調しなくてもと思いますし、これ根っこでずっと思ってる話なんですが、競馬で当たってお金が増えてるのにそれで充分幸せ。なのに自分があてたと言う事は外れている人もいるわけで自分が外した時の気持ちも考えてダブルパンチをする必要もないし、ダブルでいい思いをしようとする必要もないなと思ってます

 

後、あてた外れたと予想を出すってこれブログ以前からネットでそれなりにいて思ってることで本当に気をつけなきゃいけないのは、出した話からそれた的中の話はご法度。これは絶対ダメ。出すとしても相当慎重にしないと駄目だと思ってます。予想を出す以上はそういう後出しとか、それ以外の的中は喜んでもらえないものと覚悟がないとSNS系でもやっちゃいけないと思う。火種にしかならないと思ってます。ネットの片隅で何十年競馬に触れてきてこれはすごく感じている話です。

 

この辺の話を意識してやってます。これが正解かどうかわかりませんが私はこれを意識して維持はできてます。ブログだけではなく今は動画コンテンツやツイッターとかインスタグラムとか他にもいろいろSNSで競馬について出せる場所は増えてます。ネットの片隅で長く競馬にちょっとだけ関わってきて感じてきたことでいつかどこかで誰かの役に立つかもしれないので残しておきます。つまらない記事ですがたまにはこういう話もということで。

 

 

 

競馬雑談いくつか(ジャパンカップの外国馬、近藤オーナーetc)

  • 2019.11.18 Monday
  • 21:57

お前回顧かけよボケとか言われそうですが、簡単にいくつか。少しだけお許しください。

 

(ジャパンカップに外国馬がこないことについて)

個人的にはそれはそれでいいんじゃないくらいにしか思わないんですが、いろいろ言われている話なので書こうかと思います。外国馬がこない一番の理由は日本馬が強くなって左回り2400mの東京だと勝てないからこないんでしょう。3億円出るレースですから勝算があれば来る陣営はあると思います。それでもこないのはまず日本馬が強くなったことということはあるでしょう。

それを踏まえてになるんですが、馬場とか検疫とかいろいろ言われますが、その辺は実際に海外の関係者にたくさん聞いていかないとわからない話でしょうね。馬場とかあるかもしれないけどないかもしれないというか、それ以前の問題で来ないという判断になってる可能性はあるので勝手にそこに結論を持っていく前にいろいろリサーチはいるでしょう。検疫とかも理由でしょうしいろいろあるんでしょうし、馬事公苑に入らないといけないという不自由な面も少ない理由のうちにはあるでしょう。

ただもっと根本的な理由もあるんですよね。陸続きじゃない(島国だから)とか、この時期の日本寒すぎるとか、こっちが深く考えてないようなことが理由になってる可能性はあるし、地震とかそういうことが嫌とかいうこともあるかもしれない。実際、時々少ない年はあっても5頭くらいは安定してきていた時期があったのに東日本大震災があった次の年だったかその次の年だったかくらいから2年連続3頭というのが続いたりしたことがあったので天災に対する不安は可能性としてないとは言えないとも思うしその辺はわかりませんね。

 

強い外国馬がこなくなったから役目が終わったかといえばそうでもないと思うんですよね。今度は強国呼んで最強馬決戦を求めるジャパンカップではなく、今、発展途上の競馬をしてる国。日本よりは世界の舞台で活躍はしてないような国の最強馬とかを招待してそういう外国馬の挑戦を迎えうつジャパンカップでもいいんじゃないかと思うんですよね。

海外では特に実績のないころから日本馬を呼んでくれたドバイワールドカップのように、今度は日本がドバイがしてくれたように発展途上競馬国に返してもいいんじゃないかと思うんですが上から目線すぎるかな。

 

それは日本の詳しいファンには楽しめるものにはならないかもしれないけど、もうそういう方向へのかじ取りをしてもいいんじゃないかと思うんですけどね。それで独自性がでてくればまた違う形で世界の強国も興味をもってくれるジャパンカップになるかもしれない。そう思うこの頃です。

 

すべて私の勝手な妄想ですが書いておきます。

 

(近藤利一オーナー死去)

ですね。評判は賛否の方だったと思いますが、個人的には好きでしたけどね。日本競馬の馬主さんという感じで。人間関係の部分もお金の部分も、競馬の実態の部分をライトなファンにも見せてくれた人だと思いますし、実際人格者ばかりだとつまらない。これくらいのあくのある人間の人がいてというのは思ってました。実際、熱量と情がいいほうにも触れてるときもありましたし。なくなってしまうともったいないなと思いますね。

初めに聞いたアドマイヤの馬名はアドマイヤボサツ(確か東京大賞典馬(帝王賞だったかも))。競馬初期の私は「なんでボサツ?」って突っ込んだのは覚えてます。

 

ただ近藤オーナーに限らず、具体名は触れませんが日本競馬で大量に馬を持っておられて、長いこと続けられている馬主さん皆さん結構高齢で私の身内ならもうすでに亡くなっている年齢です。もう大オーナーがいなくなることについて気持ちの準備もしておかなければいけないとは思ってます。競馬の騎手同様に、この辺だろうという年齢は超えてなお続けている人が多い今の競馬界ですから

 

(沢尻エリカさん逮捕)

だそうですね。ここはさらっとになりますが、お父さん確か亡くなられてるはずですが馬主さんだったんですよね。エドノコバンとかいう条件馬とか所有されていてトータル10数頭はJRAにも馬を持っておられたはず。そういう競馬界隈でも名前がきいた方のこういう事件はなんだかいい気はしませんね。

けどめっちゃきれいな人なのにもったいないですねと思います。

 

この辺でとりあえず終了。回顧はまた後日

凱旋門賞感想

  • 2019.10.07 Monday
  • 19:42

こんばんは。凱旋門賞のことについて感じてることを少し書きましょうか。

昨日の住之江の優勝戦のこととか佐々岡監督のこととかと交えていろいろで書こうかと思いましたが、これは分けたほうがいいかなということで分けて書きます。

 

今から書くことはあくまで私の感じている私の意見。正しいとも正論とも思ってないです。競馬はいろんな観点でみることができる競技ですから。自分と違う方面から見てる人には違うように見えますしね。例えれば競馬という地球儀を南米側から見るか欧州側からみるかで感想は変わるだろうくらいの感覚で思ってます。正しい一つの答えを出すよりはいろんな角度からいろんな意見を出していくほうが意味があると思ってるのでそういう感じで見てください。

 

(はじめに)

今回の敗戦。主に騎手コメントから馬場が言われてますね。そこが主要因なんだろうなと思います。他はニューマーケット仕上げ込みでの輸送面とかも言われてそうですね。

 

個人的には騎手コメントの馬場は一番敗因に使いやすい理由だと思うので、私は話半分くらいで受け取ってます(特に日本の競馬では)。これが誰も傷つかない一番無難な敗因にできるので。信じてないわけでもないですし、実際今回は馬場もあったとは思いますが、そこはいっぱい議論が出ている話でもあるのでさらっと触れて次に行こうかと思います。

 

(レース展開)

個人的には敗因は馬場もあるけど、それ以外にも今回は先行がかなり厳しいペースをつくりました。逃げた馬も大きく負けてますし、2番手で競馬したマジカルもあっという間に飲み込まれて上位4頭から突き放されてますから。単純に馬場だけでなく先行した日本馬2頭には厳しいペースだったということもあります。かなりバラバラした入線になってますし、下げて競馬したキセキが自分の形ではないけど7着まで来てるわけですから。そしてブラストワンピ―スについてはいい位置とれる枠なのにいつのまにか大外にだして押して押してになってましたから。そもそも勝負になるレースができてなかったのも出来もなかったものあります。

想像ですが、おそらくこの感じだとコースだけ日本の東京競馬場とうり二つなコピーの競馬場で凱旋門賞をしてレースしていたとしても今回の競馬なら後ろの2頭は勝負になってなかったと思います。それくらいの惨敗でした。

 

(馬場の話、そしてローテ)

日本の馬場がというか芝ですかね特殊ということは言われて実際、それがいい悪いとかいう議論はおいといて実際そうなんだろうと思います。ただ特殊であってもドバイ、香港では個人差あれど成果は出ています。ただヨーロッパだと厳しくなる。

コメント欄でもいただいてましたが、これは馬場なんでしょうが上物の芝ではなく地面の作りそのものというかそっちが厳しいんだと思うんですよね。起伏の激しさとかそういうそもそものところが厳しい。

ドバイや香港から帰ってきた日本馬は大丈夫だけどヨーロッパ帰りってスランプに落ちますよね。これって単純に輸送が応えたとかそういうこともあるんでしょうが、そもそもの作りが違いすぎて走り方が根本変わっちゃうのはあると思うんですよね。前輪駆動が後輪駆動に変わるくらいの違いがある。だから海外から帰ってきたら体力を戻すだけでなく走り方も戻さないといけないから復調しない。この辺は全部想像ですが。

そしてそもそもそれくらい違う競馬場を経験していないと面食らうってのはあると思うんです。コメント欄でもいただいているようにそういう状況に慣れていって馬を強くするってのが一番近道。ぶっつけはそこが難しい。ただコンディションを整えるのはもちろん、大人の事情も考慮するとぶっつけのほうがいいからそうしている。だからどっちを選択するかは難しいところですね。どこで折り合いをつけるかから、もう折り合い考えずに振り切ったときに結果がでそうですが。

 

間のフォワ賞から中2週というのはいい方法でないんでしょう。単純に脚が繊細な競走馬を一度使って疲れをとって再度仕上げてピークに持っていく作業を21日でやるのは難しいと思う。ましては慣れない環境ですし。感覚的にこれは冷静に考えて難しいだろうなと思うのでそれが無理と陣営が判断したならそうなんだろうと私は思うようにしています。

 

(ニューマーケットでの仕上げ)

ニューマーケットで仕上げてってのも敗因なのかもしれないけどこれはいろいろ試していくことですし今の段階でどうこうはいえないし言うべきでもないだろうと私は思ってます。一発で正解を出すのはかなり難しいでしょうから。ただちょっとこの辺はわからないですけど天栄の場長さんとかがレース前に出てきたインタビューとか見る限り、そこのスタッフも仕上げに入ったんですかね。もしそうなら、なんだかんだで競馬に向かう1週間の仕上げってノウハウはまだ圧倒的にトレセンのほうがあるでしょうからそういうところもかみ合わなかったのかもしれないですね。

 

(これを踏まえて)

こういう結果をうけてどうするかって話ですが、まず日本の競馬場をヨーロッパに近い形にという話ですが、芝を替えればいい話ではなくて厳しい起伏がある状況にして、その中での深い芝にしないと意味がない話です。海外の競馬場で勝てるような競馬場つくりをする。そしてそこでするのは芝とちょっとの起伏作るだけでは中途半端でしないほうがいい。そしてそれが日本の競馬場でも本格的にできるのかというと現実的でないしできない。もしできるにしても、完成するには何十年かかって莫大な費用が掛かります。競馬ファン今よりも何倍も馬券を買わないとできなさそう。まあそもそもロンシャンの芝とか日本にもってきても生育せずに終わるだけなんでしょうが。

そしてヨーロッパの競馬場はロンシャンだけでなくアスコットとかいろいろありますからね。そこだけ再現しても…という気はします。ロンシャンとかアスコットとかあの辺より全然起伏ないですし。そこだけ再現しても海外のビッグを勝ちまくるにはつながらないでしょう。

そもそも日本の気候とあっちの気候は違うし芝の発育も全然違うでしょうからマネは無理でしょうししなくてもいいとは思います。そもそも、おそらくここ数年の異常気象でJRAも馬場を作るのは非常に大変。そんな新たな工夫をする余裕はないのが実情だと思います。少しずつ進歩する工夫はしてるとは思いますが目にみえてそれがわかるほど変わるのは時間がかかるでしょうね

 

ニューマーケットがどうとかぶっつけがどうとかそういうのはいろいろ試していく中のこと。まだ一度も成功してないことに挑戦しているわけで、これが正解ってないですからね。誰も正解はわからないしいろいろ試していくのはいいんじゃないかと思います。

 

血統についてもですけどそりゃヨーロッパ型の血統がいいんでしょうけど、ディープ産駒がダメとか決めつけるのもどうかとは思うんですよね。母系がゴリゴリのヨーロッパ血統のディープ産駒と母系がアメリカ、日本の血統では同じディープ産駒でも違うでしょうからね。そこにこだわるよりは本当にトップの馬を連れて行くほうが優先だと思います。その中で環境の変化に強いとかそういう要素もみつつ、後ろのほうで判断する材料だと思います血統は。

 

ということで難しい話ですね。一番いいのはノーザンFさんが資金つぎ込んで山半分でも切り開いて、もうロンシャンに似た競馬場をプライベートで作ってそこを虎の穴にして通用しそうな馬をオーディションして連れて行くのが二番目に手っ取り早そう(一番はは時代のトップを常に連れて行って下手な鉄砲数うちゃ当たるって方法でしょうが)。有力馬が数頭怪我でもないのに突然トレセンからいなくなって、その間にテストして凱旋門賞に行く馬が数頭決まってそれを連れていく。

できればいいですがクラブの馬とかそれは難しいでしょうし、ファンも理解を示さないでしょうし、そもそもそこまでする意味もないとは思うので現実的ではないでしょうね

 

最後にですが、去年の菊花賞のあとこんな記事を書いてます。多分このブログで一番読まれている記事。

フィエールマン勝利に見る競馬(ノーザンF・外厩)が変わっていくことについてグダグダと

 

その中でこういうことを書いてます。

これからはどうなるかというとこの外厩手法が精度を増していくでしょう。桜花賞をクリアした以上、国内は何とでもなるでしょうしそう思ってるはずです。じゃあどうなるかというと海外ですよね。凱旋門賞もフォア賞とか使わずぶっつけで挑むようになるんじゃないですかね。そして何度か失敗するけど最後は成功となるような気がしますね。他の海外ビックレースも同様。ひょっとしたら外国に外厩つくるかもしれないですね。それはさすがにないか(笑)

 

これは極端ですが、ぶっつけで使うというようにはなりました。ここで書いてるように何度か失敗するとは思います。失敗しないといい方法って見つけにくいですからね。今年の結果は将来の成功につながる新しい一歩目になると思いたいですし、この結果を分析してまた凱旋門賞制覇という成功に近い将来導いてほしいものです。

 

と言う事でこの辺で終了。

今週はお休みです。

  • 2019.09.06 Friday
  • 00:00

今週は仕事半分、私用半分でなかなか予想して書き込む時間もないのでお休みです。あしからず。

甲子園とダービー

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 18:56

こんばんは。

 

甲子園やってますね。私は親も自身も転勤族だったのですんだことある県がたくさんあります。なので毎日どこかで縁のある県が試合をしています。なのでどこを応援しているとかは特になくテレビを見たときに自分の縁のある高校がでてたら応援するという感じですね。

 

甲子園、そして佐々木投手の一件をみていてなんか競馬とかぶるなと思ったので軽く書いてみようかと思います。

 

野球の話って、そのあとのプロ、メジャーリーグのことも考えて大事に育てるか、今の目標(甲子園)を大事にするかってところだと思うんですよね。この辺の位置づけは競馬の将来を見据えてじっくりいくか、あくまでダービーを目指すかってのと図式は似てるような気はするんですよね。

 

これねえ。それは本人の意思(競馬でいったら馬主さん、ついでに関係者)が一番大事でそれ以上はないと思うんですが、なかなか難しいところですよね。正直どっちがいいとかはいえないというかそんなの個体によるとしかいえないんですよね。

 

競馬でいうとディアドラのように使って使って強くなる馬もいれば、アーモンドアイ、フィエールマンのように大事に使うことで力を出せる馬もいる。そして若いころはレースに使えずに古馬になってから開花する馬もいる。野球も近い面はあると思うんですよね。昔は大丈夫だったから、あいつは大丈夫だろうは理由にならない。それは個体差によるしあいつが大丈夫なのは個体が丈夫だから、昔は壊れて人知れず消えただけで大丈夫だったわけじゃないとも思うので

 

なので野球のケースも何が正解かは外からは正直わからない。ただ近くで見ている中の人の判断が一番正解に近い気はします(それでも正解じゃないかもしれないけど)。

 

ただ今の時代って一番いいと思うんですよね。昔ながらの状況もしりつつ、今風の大事に使って能力開花する方法も理解がある状況。ディアドラもアーモンドアイも両方のタイプの才能を救い上げられる状況。なのでこの状況自体はいいと思うし、前者がいいか後者がいいかあーだこーだ議論も起こる状況も悪くないかなと思うんですよね。

野球も近いと思うんですよ。たたぎあげの才能も大事に使って救える才能も救い上げやすい状況。なのでどっちがいいではなく今の形で個体をしっかりみて(これが一番大事)議論していく状況は外野としてはいいんじゃないでしょうか。

ただこれ以上に大事に使っていく流れになっていくと20年、30年後は鍛えて伸びる素材がつぶれていく可能性もあるんじゃないかってことは頭においておいたほうがいいかもしれないですね。アーモンドアイはすくえるけどキタサンブラック、ディアドラは救い上げられないことになるかもしれないですからね。

 

ただ高校野球は選手も監督もプロじゃないですからね。あくまで普通の一般人。必要以上の議論、しかもプロの人が非難したりたたいたりする状況はどうかと思います。これ、すごい負担ですよ。あくまで高校生であり、普段は一学校の先生であり他に仕事のある一般人の人ですからね。そういう人達にとってメディアでプロを経験した人が非難をしたりたたいたりするのはものすごい負担でありストレスになると思う。ぶっちゃけ投げる以上に負担じゃないですかね。

そしてそういう状況になることもおそらく覚悟して監督さんも佐々木投手の場合は選択しているわけでしょうから、言う側もそれくらいは気持ちを回して発言してほしいですね。

 

まあ何がいいたいかわからない記事にはなりますが、競馬に置き換えれば野球の話も答えに近づくかもしれないし、野球に置き換えると競馬の使い方にも一つの答えがでるかもしれないなあって話でした。

 

では。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM