JRAの決算報告書をのぞいてみる(その1?)

  • 2018.09.02 Sunday
  • 22:19

ちょっと違うテイストの記事を書いてみます。

 

JRAなり競艇なり公営競技関連は経営情報を公開していて決算報告書などを我々平民でもHPから簡単に見ることができます。それを簡単に覗いてみましょうって企画です。以外に知らなかったこととかもあるかもしれませんし、雑談で使えることもあるかもしれませんので。

 

ちなみにですが昔は競艇のほうではケガの長期欠場選手のケガの状況から休養期間、それに伴う補助金の額みたいなものまで詳細に見ることができた時期がありました。今はおそらく個人情報の観点でそこまでは出していないはずですが、いろいろ細かいことまで除いてみればわかることもあります。

 

まず今日は収入についてみていこうかと思いますが、どうしてみるかって話をまず書きましょうか。

 

「JRAHP→企業情報(下のほう)→経営に関する情報」で予算関係の情報が色々見ることができます。

ちなみにリンクはこっち→http://company.jra.jp/0000/keiei/keiei02/index.html

 

今日は「決算報告書(平成29年度)」をみてみましょう。ほんとは画像ではっつけたほうが見やすいんでしょうが、どこまでそういうことをしていいかわからんので皆さんでリンクをクリックして見ながら読んでください。

 

まず1ページ収入関連

 

上の表は馬券収益の話です。

勝馬投票券収入 2,771,964,839,675(2兆7千〜)

 

払戻返還金及び補填金 2,094,017,051,688

国庫納付金       275,783,957,790

業務勘定へ繰り入れ   402,163,830,197

 

と書いてあります。これどういうことかというと。

馬券の収入が2兆7千億あって、それで払戻に2兆千億くらい使ってる。国庫にも2千億円はいれて残った売上が四千億ってことが書いてあります。

 

国庫納付金というのは細かく書くといろいろ有りますがざっくり書くと馬券100円購入したらそのうち10円は国庫に行くことになってます。

 

業務勘定への繰り入れというのは売上収入という形になります。そこで1ページ下の表です。

 

これがJRAの投票権以外の収入について触れています。

 

一項 投票権勘定 上で触れた馬券収入分になります。ざっと四千億〜になります。

 

二項 その他のJRA関連の収益ですね。細かく触れると

1、入場券等(4,358,926,891)43億〜

入場料のほかにグッズ売り上げとかそういうものも含めた収益ですね。

 

2、登録料(769,938,000)7億〜

特別登録料が有名ですが、JRAのレースに関する登録に発生する費用に売り上げ

 

3、育成馬売却代(726,460,000)7億〜

これはいわゆる「JRA育成馬」の売り上げ。売った額のみですので買い入れた額を差し引いたものではない。

 

4、地方競馬発売業務委託料(8,456,773,441)84億〜

いわゆる地方競馬の馬券を売ったことに対する地方競馬からの収益ですね。売り上げの〇%という形をとっているはずで、

 

5、競走馬治療代(879,922,192)8億〜

これはJRAの競走馬医療施設関連の収益ということでしょう。

 

三項 JRAの業務外収入ですね。利息とか土地などを貸している費用ということですね。

1、利息収入 (1,618,207,782)十六億〜

利息ですね。

 

2、施設貸付料等諸収入 (5,892,039,150)58億〜

施設貸付料。トレセン内の厩舎とか宿舎とか駐車場とかそういうのも含めてもろもろの貸付料からJRA施設への企業への店舗敷地貸付料関連(競馬場内の飲食店等)も含めての貸付料なんでしょう。あとはその他もろもろといったところでしょうか。

 

という感じで成り立ってます。簡単に書けば

 

1、馬券売り上げ      402,163,830,197  (約4021億)

2、JRAの馬券外の事業収入  15,193,720,524 (約151億)

3、利息、賃料その他諸々収入  7,510,246,932 (約75億)

 

ということになります。これ見ると約94%が馬券売り上げで成り立っていることになります。・・・といいたいところですが、2には地方競馬の売上金もあります。これも含めると約96%まで馬券売り上げが売り上げで占めていることになります。

 

相当数馬券の売り上げがJRAを支えていることになります。仮にこの売り上げが下がったらもろに経営にダメージを受けるわけです。これからの課題はここが弱くなっても回収できる別のベースを作っていくことも大事なんでしょうがそれは別の機会に触れましょう。

 

いくつか項目はありますが、登録料とか貸付料とか競馬関係者から金を集めている項目も多く、ここの値上げとかでは対応したくないでしょうとなると「馬券の売り上げ」と「入場料等」の客からお金を回収しているこの2つをうまくJRAとしては回収して経営していきたいことになってきています。馬券の回収が成り立たなくなればおそらく登録料、貸付料の値上げといった中の人への対応、そして入場料、グッズ等の値上げといった外の人からの違う形での回収という形で穴埋めしなくてはいけないわけですね。

 

なんとなくどれくらいの金額が年間動いているかってのはわかろうかと思います。なかなかこういう機会がないとみないところですので暇つぶしも含めて書いてみました。競馬雑談のタネにでも使ってみてください。

 

いつになるかわからない次回は支出について触れてみようかと思います。

コメント
こういう数字も面白いですね

アメリカは日本に次いで馬券の売り上げは世界2位ですが、馬券の売り上げだけでは成り立たない競馬場が多くなってます。
場内にカジノやスロットマシーンを置いたりして売り上げを補填している有様です。
生産頭数が3倍(日本約7,000頭、アメリカ約21,000頭)なのに馬券売り上げが下という状況は厳しいですね。

一方、香港は競馬場が沙田とハッピーバレーの2場で各場週1開催、7月〜9月の間で約2ヶ月のシーズンオフがあるのに、馬券売り上げはアメリカに次ぐ世界3位の約1兆7700億円もあります。
人口が730万人で日本の約6%しかいないのに、馬券販売額は約64%
1人あたりの馬券購入額は年間約24万円で、日本の約11倍(日本は約2万2000円)

香港だけで無く世界中の競馬場の馬券を売ってるということもありますが、驚異的な売り上げです。

馬産もしないので、生産を維持するコストが少ないのも産業としての強みではありますね。(セン馬が大半なので血統のロマン的な部分は薄れますが)


JRAの売り上げピークは1997年の約4兆円、それから減少傾向が続き約65%ぐらいになってます。
今後劇的な馬券売り上げ向上は厳しそうなのでアメリカ方式に移行するか、IR法案が可決したことで競馬場の様相に影響するかどうかは気になるところです。
>いなりわんさん

コメントありがとうございます。

我々くらいの競馬歴の人はなんとなくこういう比率で運営しているんだろうなとはわかっている話ではあると思いますが、具体の数字はあまり見る機会もないので一度出してみました。
あとはキャリアの浅い人ではそもそもこういうこともピンと来てない層もちょくちょく見受けるので。そっち向けにも残す意味もありました。

アメリカ、香港の馬券事情は何となくレベルでは知ってるつもりでしたが、香港はすごいですね。馬券が完全に娯楽になってるってことなんでしょうね。

まあこの話は書かれているようにIR法案とかそっちのほうに持っていく予定の話でしたので詳細はまたの機会にしますが、JRAが今、力を入れているお客さんの層とIR法案はちょっと合わないような気がするのでそっちじゃない方向にJRAはかじを取ろうとしているのかなとは思うんですがどうなんですかね。

個人的には今、一生懸命やっていることとお金儲けがあまりリンクしていない気もするので、他の近い娯楽(カジノ)が出てきたときにどうなっていくかは気になるところです。




  • 競馬ふぁん
  • 2018/09/03 7:54 PM
こんばんは。
地方競馬は馬券の売り上げの大半(具体的な割合は分かりませんが)をネット投票が占めていると思います。
JRAのネット売り上げの割合はいかほどでしょうか?
もし、ネット売り上げの割合が多ければカジノができても売り上げ自体にそれほど影響は無いかも知れません。
それよりも券種の多さがビギナーにとってはとっつきにくいかも?と思ったりしています。
私が馬券を買いだしたころは単・複・枠連しかありませんでしたので余計にそう思えるのかも知れませんね。
  • アダチ@おかやま
  • 2018/09/03 8:27 PM
>アダチ@おかやまさん

コメントありがとうございます。

ネット売り上げについてはちょっと調べてみます。この関連の次の次くらいの記事で出すとは思います。

カジノ関連についてはそっちにお客が引っ張られる可能性もあるんですが、馬券ファンといわゆるスポーツ競馬ファンとそんな中での競馬場の立ち位置をどうするかってところとカジノとかとの兼ね合いをどう折り合いつけるかってところですね。それによって方向性は変わるし売り上げも変わるのかなというところですね。

券種に関しては多いのはさほど問題ないでしょうね。特にビギナーには。一攫千金の馬券があるほうがむしろとっつきやすいくらいじゃないですかね。

今から減らすのは絶対NGでだめですしね。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/09/03 8:40 PM
こんばんは。
いつも、ありがとうございます!
少し愚痴らせて下さい。
最近、強く感じる事なんですが競馬場の指定席が取れないです。
先週末も新潟競馬場に遠征しましたが、まず予約で落選した段階でモチベーションがガクッと下がります。
もう開門ダッシュをしようという年齢では無いので、この段階で朝イチから行こうと思えなくなります。
基本的に競馬産業が馬券の売り上げから成り立っているのであれば、patなり馬券の写しなりのお買い上げに応じて、指定席の優先予約をして欲しいと思ってしまいます。
と、言うかそもそも指定席自体の総数が足りないと感じております。
例えば、海外のカジノのサービスで言うならば、航空券、宿泊、食事全て招待みたいなものがありますが、JRAはギャンブル場としての競馬場の居心地の良さの向上にはあまり関心が無いんじゃないかと思ってしまいます。
それと、これは本当に個人的な考えで私が偏った考えの人間なのかもしれないのですが、競馬場の自由席の空席(新聞、荷物でキープしてある)の多さが常々本当に悲しくなります。さもしい光景過ぎると感じてしまいます。
いろいろな競馬の楽しみ方があるのは理解していますし、それぞれが楽しめるのが理想ではありますが、JRAや競馬産業が馬券の売り上げで成り立っている以上、競馬場に馬券をもう少し余裕を持って買える環境が増えて欲しいと切に願います。
オヤジの愚痴、ホントすいませんでした。
先週、新潟が難しくて大敗しましたので、環境のせいにさせていただきました。
  • けすいけかなた
  • 2018/09/04 8:56 PM
>けすいけたなかさん

コメントありがとうございます&お久しぶりです。

指定席今とれないんですね。恥ずかしながら知りませんでした。順を追って書きますと個人的には競馬が馬券で成り立っている以上、馬券をある一定買っている人は大事な客である程度は優先されてもとは思います。お買い上げ額に応じてとなると金持ち優先でそれはどうなんだというのは出てくるでしょうから、ある一定のラインを超える額を買っている人が指定席取りやすくするとかいうのが現実的でしょうね。

指定席に関しては何にもない土曜と重賞(G1)のある日曜で相当利用者に差がある印象ですから増やすのも難しいところなんででしょうね。土曜と日曜とかG1ではとかで金額を変えて差をつけてその上で今の自由席エリアを減らして指定席エリアを増やすのもありでしょうね。
そもそも指定席は上のほうでなくとも、ゴール側でなくてもいいと思うのでいろんな場所に作ってしまってもとは思います。それでいろんな金額の指定席を販売すればいいと思うんですけどね。

それにG1デーとかはオール指定席でもいいと思うんですよね。一人でも多くの人が見やすい環境となるとそれが一番いいと思うんですが。

指定席の利用状況については何時何分にソールドアウトしたかとかJRAも細かく出してるので(私も競馬場にいくときはそれをみて客の入りをある程度想定しています。)、近年早く埋まっていってるなというのは把握しているはずです。何か対策してくれるのを期待しましょう。

話は戻りまして競馬が馬券で成り立っている産業なら馬券を買う客をもうちょっと手厚くって話ですが、これは私はそう思ってますが難しいところがあっていわゆるスポーツ競馬ファン、観戦ファンの人もその楽しみ方はそれは自由であるということ。それを馬券ファンがどうこういってはいけないことということは当然承知していてそれも踏まえて書きますが、彼らは彼らで彼らの視点の中ではそれなりにこうしてほしいや不満が競馬にあるということです。

もっと競馬を快適に見る環境を提供してほしい、もっとギャンブル場的じゃなくスポーツを見る環境の競馬場にしてほしいとあちらはあちらで思っている人もいると思うんですよね。その中で馬券馬券いってるギャンブラーよりも競馬をスポーツとして楽しんでいる自分たちのほうがいい客、手厚くしてほしいみたいな考えの人も最近はいないとは言えません。武豊Jも競馬は馬券を買わなくても200円で入場できて一日レースを楽しんでもいいとかインタビューで言ってましたから。それを当然の権利だろと思う層も出てきてもおかしくないとは思います。要するに競馬が成り立っている理由と今の環境がリンクしていない層は出てきてもおかしくない状況なわけです。昔はなかったですけどねそんなこと。

指定席優先もですしそういうそもそものところのサービスから、UMAJOさんやウインズデーでただで商品配るのも悪いとは言いませんが、もうちょっと馬券を買ってくれている人にありがとうイベント(プレゼント)のようなものからある程度のサービスをつけて、そっち側のPRもとは思うんですよね。そういうことをしていかないと競馬が馬券の収入で成り立っていてそれがあるから200円という安い入場料でこれだけの時間、これだけの施設で楽しめるということを馬券を買っている人も馬券を買わない層も昔よりリアルに感じなくなると思うんですよね。スポーツ競馬ファンみたいな層の人にも「大好きな競馬を馬券が支えてるんだから、ギャンブルには興味ないけど今日は一日楽しませてもらってるから〇千円は馬券買って競馬界に貢献して帰ろう」くらいの認識をすべての競馬ファンができるくらいにそういうイベントを充実させることで多くの人に認識してもらう状況がいいだろうとは私は思うんですけどね。
こういうのってミュージシャンに例えると売れっ子が好きだとピンとこない話ですが、私みたいにマイナーな人が好きだとリアルに感じる話で、なんかグッズ買って支えよう(支えないと)という形で貢献しようとおもうんですよね。

話はそれましたし、JRAにそこまでひもじい話は考えなくてもいいとは思いますが、これだけ馬券が支えてるんだよってことは残しておきたいなと思ってこの記事は書きました。

愚痴はどんどん書いてください。聞きますよ(笑)。お互い愚痴っていきましょう。

ありがとうございました
  • 競馬ふぁん
  • 2018/09/04 11:41 PM
オヤジの愚痴にご丁寧にコメントを下さって、ありがとうございます。馬券の負けも救われました!
いろんな種類の指定席を作る考えには、激しく賛同します。また、値段も時価で変動制で良いと思います。(事実上の値上げ)
そもそも、あの施設を1日使わせてもらうことを考えると今の指定席の値段は、とても安いと思います。
それと少しポジティブな発言をさせて頂くならば、今の競馬場の設備は素晴らし過ぎます。(特に東京競馬場)
トイレひとつ見ても、あちこちにあってあんまり並ぶ事も無いですし清潔この上ないです。
食べ物屋さんは数もバラエティも豊富で子連れファミリーでも一日中競馬見なくても楽しめる作りになってると関心します。
ある意味ディズニーランドに匹敵するアミューズ施設って東京競馬場くらいです。(??,あくまで私見です)間違いなく東京ドームには、勝ってます。(私見です)
なので、あとはJRAのオールド馬券ファンへの優しい対応に期待します!
長々と失礼いたしました。
今週も更新を楽しみにしています。
おやすみなさい。
  • けすいけかなた
  • 2018/09/05 12:42 AM
>けすいけかなたさん

コメントありがとうございます。

追記するには2000〜3000円の指定席と200円の一般席ってのがバランス悪くてその間くらいの簡易な席もあってもいいし、逆に〇万円の部屋(席)とかあっていたせりつくせりなものってのもあってもとは思いますけどね。あくまで絵空事ではありますが。

なかなかないですよね。あれだけの施設。野球場って居心地はあまりよくないですもんね。わがカープのマツダスタジアムはかなり快適だと思いますが、他はそうでもないですしね。

とにかく素晴らしい施設をこの価格で使えてるありがたみはもっと伝えていってもいいと思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/09/05 6:21 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM