アーモンドアイに見るノーザングループの集大成

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 22:28

こんばんは。

 

ちょっと競馬の真面目な話。アーモンドアイが三冠を達成しました。栗東滞在抜きでの関東馬での達成。見事の一言。

 

関東馬の桜花賞の難易度やそれに伴うローテのお話は過去に下の記事で書いてます。その辺をご覧ください。

関東馬と桜花賞について語る(アーモンドアイと今後)

 

ということでノーザングループのこういうローテでの三冠はおそらく悲願。それに伴うテストは目に見える範囲ではルージュバックやメジャーエンブレム、目に見えないところ水面下でもこういうことを描いた馬はいたんだろうと思います。それがやっと成功したということ。

 

何を考えているかといえば外厩というやつ。逆に言えばトレセン外の仕上げでビックレースを取りたいことは外厩施設ができた時というかできる前からそうしたいという悲願でしょう。

 

ここからは私の妄想、推測ですが、おそらくノーザングループとしてはすっごい前から葛藤があったんだと思います。いい馬を生産して2歳まで最新の施設で細心に取り組んで完成させる。なのにトレセン施設に最後の仕上げの大事なところを任せなければいけないということ。それはおそらく厩舎に対しても騎手に対しても感じてた葛藤であり不満。そこが結構失敗をするわけですから。

それは葛藤があると思います。生まれた時からずっと見てきて手塩にかけた馬がトレセンであっさり壊されたり、騎手が平気で失敗したり好き勝手したりめちゃくちゃあったんだと思います(笑)。そして彼らが自分の馬のようにふるまうことへの不満といった小さい要素もあるような気がします。

なので自分たちで仕上げて、騎手はトップジョッキーを海外から呼んで納得いくように仕上げるということですね。おそらくアーモンドアイしかりこういう外厩主導の馬はトップジョッキーであってもそれなりにノーザン側から騎手に指示は出てると思います。完全お任せにはしてないはず。外国のジョッキーは海外は指示があるでしょうからそういうのは抵抗なく聞くでしょうしこなせるでしょう。そういうところも含めて日本のトップジョッキーではなく、外国のジョッキーなんでしょう(おそらく川田騎手に関してはノーザングループもそれなりに信頼してると思いますし彼もしっかり指示を遂行してると思います。)

 

それに対してできるだけ自分たちの仕上げで何とかしたいとなったときにまず外厩施設の充実。そこである程度仕上げられること。そして最短(10日)でレースに使っていく。簡単ですね。極力自分たちで何とかしたい。他の手は加えたくないということです。

そこは今の競馬の常識「トライアル叩いて本番」とは相いれない関係にあるわけです。まず間隔が短くて外厩に出せないこと。出せたとしても期間が短い。ということは外厩の仕上げのウェートより、トレセンのウェートのほうが高くなる。実質トレセンの仕上げで行かなければいけない。

 

これが嫌なんでしょう(笑)。なのでそれより前。トライアルより前のレースを使ってしっかり放牧で外厩仕上げ。なるべく自分たちの仕上げで挑みたいということになってきてるんだと思います。トレセンへの不満の要素もあるけどそれより自分たちの仕上げへの自信でしょう。

 

おそらく行きつくところはこのトレセン10日も縮める方向でアプローチして動いていくんじゃないですかね。近い将来これが7日とか8日になっていくような気がする(笑)

 

騎手に関しては、馬と騎手の結び付きとか厩舎と騎手の結びつきはよく言われますが、この流れが進むならおそらくなくなっていくでしょう。これからはというかそういう流れは10年前くらいから進んでいってますが馬主と騎手、生産者の騎手というつながりで競馬を見ていく時代になるでしょう。そこは騎手も厩舎とは昔より離れていってる現状はあるわけですから、それを関係者に求めるのは正直もう無理があるでしょう。

替わることでこぼれる人も出てくるでしょうが拾われる人も出てきます。昔の厩舎と騎手、馬と騎手と関係が強い競馬ならおそらく柴田大騎手は今騎手を続けられてなく引退してるでしょうから。それによって違うものが見れているということですね。

 

ということです。ただこれから先も最後の10日?は厩舎にいるわけです。突き詰めていけばここが大事になってきますし、今はここをしっかりできる昔からの厩舎(国枝厩舎とかまさにそうですね)がありますがこれらが定年になって本当に外厩の流れから厩舎経営してる厩舎ばかりになった時、おそらくこの10日間もまともに回せない厩舎が増えてくることになると思います。なんだかんだで厩舎はそういう面では大事。外厩が加速すればするほど自前で何でもできる厩舎の残り10日間が効いてくると思います。

この自前でできる厩舎がなくなっていったときにどうしていくかがノーザンファームの将来的な課題ですね。タナキクマルが引退した後のカープのセンターラインどうするかみたいな先の話ですが(FAとか怪我とかそういう話はおいといてですよ!)、近い将来に考えなければいけない話だと思います。

 

ということで競馬はいろいろ変わってきてますよ。昔の常識を覆そうと一番大きい組織は全力で動いてますよって話でした。馬券にも通じる話。仕上げに関するローテ的な話やもろもろ変わっていく節目です。秋華賞でもこういうローテはあまりきていないとかそういう話の記事は結構ありましたが、それを覆しました。こういうことはこれからもいろんなところで起こるはずです。あまりそういうデータに過信せずに馬券はこういうことを頭に置いて考えるほうが賢くなってくると思いますよ。

 

そして今週はブラストワンピースが菊花賞に出てきます。これもノーザングループがこういう仕上げでこういう大きいレースを取りたいというサンプルの馬だと思います。今回うまくいくか行かないかはわかりません。ただこういうことをノーザングループはしたいということです。それが一番大事な話で一番力のある組織が従来のローテよりこういうことをしたいということ。それに挑んでくるということは頭に置いたほうがいい話だと思います。データで出てくる常識よりは少なくとも大事になってくるはずです。そしてこれをもとにこの流れで菊花賞、そして大きいレースに挑むケースは毎年出てくると思います。今回失敗しても成功しても。

 

そういう競馬の変わり目に競馬をしていることを昔がいいんだとイライラしてみるか、俺変わり目に競馬してるんだとワクワクしてみるかで競馬の楽しみ方も変わると思いますよ。

 

ということでこの辺で終了します。今回の記事はほぼ私の推測です(全然外してるとはないとは思いますが)。こうだといいたいわけではありません。違うなあと思ってもらってもほおほおと思ってもらってもどっちでもいいです。楽しんでもらえたらと思います。では失礼します。

 

 

 

コメント
こんばんは。
NF(吉田勝己氏)のやりたい事は明快ですね。
その根本は社台グループは生産者であり、馬を売るのが本業と言う事です。
自分たちのブランド力を高めるためには競馬に勝たなくてはならない、その為にはどうするかと言う事ですね。

今年のセレクトセールも盛況でした。
海外からもバイヤーが多数参加したようです。
じゃあ、次なる手段は・・・?
果たして旋門賞勝利がブランド力アップにつながるのでしょうか?
  • アダチ@おかやま
  • 2018/10/17 7:26 PM
>アダチ@おかやまさん

コメントありがとうございます。

一番トップで突き抜けているのにどこよりもガツガツ追及しているんですよね。余裕があるからできることではあるんですが。行きつくところは馬を売るでしょうがそれだけなのかなどこを目指してるんだろうとはなんとなく思いますね。海外のビック馬主さんに肩を並べたい追い越したいとか考えてそう。
凱旋門賞はブランド力アップにはつながるけど、どうしてもとまでは思ってなさそうで。ただノウハウはあるので一番近い海外の大きいところって意識はありそうですね。

馬券的にはこれまで競馬を見てきた常識、データを今の競馬にあてはめないようにというのは大事かなとは思いますね。あまり自分の経験に基づく美学を押し付けたらあかんなあとは思いますね。

  • 競馬ふぁん
  • 2018/10/17 8:20 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    J (08/23)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    競馬ふぁん (08/22)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    競馬ふぁん (08/22)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    pat (08/22)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    空 (08/22)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    競馬ふぁん (08/21)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    J (08/21)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    競馬ふぁん (08/20)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    空 (08/19)
  • 8月18日狙い馬、穴馬+重賞予想
    競馬ふぁん (08/18)

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM