競馬中継の伝え方について思うこと

  • 2018.12.06 Thursday
  • 02:22

週末までのつなぎでちょっと書いてみます。

 

それが成立するかどうかはわからないし全くだめかもしれないけどという話。

 

この記事を読んでずっと思ってたことをさらに意を強くしてという記事です。

https://toyokeizai.net/articles/-/247649?page=3

 

ここでいう「URA_KAISETSU」(裏解説)というのはサッカーの試合をみながら解説している戸田氏を見る(聴く)放送です。簡単にいえば。試合映像はありません。私も一度みたことがあります。面白かったです。

 

過去にもサッカーはこういう取り組みがあり、昔スカパーがワールドカップの放送を取れなかったとき、スタジオに解説者2名と親交2人でサッカーの中継をみながらああだこうだ喋るだけの番組。データスタジオという番組でしたね(江川曜子さんとか懐かしい)

 

こういうの面白いんですよね。あとは将棋中継ですかね。手が動かない時間が1時間、2時間あるのに朝から10時間、12時間の中継番組を平気でします。なぜ成り立つかというと将棋の解説から、みんなで次の手の予想から、そもそも脇道にそれて視聴者からの視聴者メールに答えるとか。あの手この手でいろんなことをしてつないでいって盛り上げていくというもの。最後は将棋の対局に戻るという感じですね。

 

そこに激しい動きはないんですよね。両方。それでもかなりの視聴者を両者集めている。完全に成立してるんですよね。

 

こういうことサッカーのほうが主ですが競馬でできないかというのは思うんですよね。ニコ生とかで個人でしている人はいるのかもしれませんが。

 

・朝1レースから中継。

・基本、個人の予想やオッズ提供の要素は薄く、諸所レース、馬、人(騎手等)データとか提供しながら各レース、各馬の客観的解説(パドック、返し馬)

・そこに小ネタ、競馬雑談(ときには全然関係ない話)を挟みつつレースを待つ(視聴者とやり取りできる媒体ならそこで質問受け付けて答えるとか)

・レース後はすぐにVTRとかでレース解説を速攻で行っていく。

・できれば出演者の当たった外れたはあまり出さないようにする。

 

こういう書斎型の形で競馬中継を提供できないかということですね。映像、画像、感動等競馬のリアルのほうを伝える方向性は昨今のネット関連でどんどん進化していってると思いますし、全体がそっちよりになってると思うんですが、そういう時代だからこそあえて逆。分析、解説、データ、ときおり競馬雑談をひたすら提供する放送。簡単にいえばBGMにできる競馬中継ですね。それに反響があるのかどうか、ダメなような気がしますが誰かどこかやってみても面白いと思ってます。正直競馬でどう出るかは想像できませんが。

 

ということを夜中のテンションでさらっと書いてみました。そもそもこういう放送に耐えうる人、豊富な知識とアドリブ性、データを出す側も解説もできる人を1人探すか、2つに分けて探すか。それが一番難しそうですが。ぶっちゃけ数えるほどしか今のマスコミ系の人をみても浮かばないので。

 

という感じでおやすみなさい。

 

 

コメント
そんな競馬番組があったら土日は1日中、ビール片手にテレビの前ですね(笑)
全然ありだと思いますよ!
あとこれは競馬中継では少ないですが、スポーツ中継で、アナウンサーがやたらとデカイ声を張り上げるのが耳障りですねぇ凄さは映像で伝わるからって〜
  • 熊谷太郎
  • 2018/12/06 10:24 AM
以前BS競馬イレブン見てたら須田ホークがレース直後のVTR解説はラップが分からないから詳しい解説は出来ないというのを言っていたのでアメリカの大きなレースみたいにコーナー通過タイムをリアルタイムで表示出来るようになるとか細かいところが必要でしょうね
  • そらぽん
  • 2018/12/06 11:36 AM
こんにちは。
やっぱり実際にレースに乗っていた元騎手に裏解説してほしいですね。
レース中の駆け引きなんかは騎手じゃなと分からないですから。
でも色々としがらみがあって本音を言えない部分があるのでしょうね。

野球にしろサッカーにしろフィールドでプレイしていた人が解説をしています。
競馬もそういう面を出して行けばスポーツとして認知されて、新たな市場が開発できそうだと思いますが・・・。
  • アダチ@おかやま
  • 2018/12/06 1:15 PM
あら、思ったより反響が

>熊谷太郎さん

コメントありがとうございます。

そういうイメージです。競馬場にふらっと足を運んで楽しめる環境の人って日本でも1,2割くらいだと思うんですよね。そんな中でリアルタイムで見る魅力を伝えるのも大事なんですが、気軽にリアルタイムで現場で見れない人が大多数なわけで今の環境で楽しんでもらえる、リアルで見なくてもいい競馬を追究して提供するのも一つの方法だと思うんですよね。地方都市の人が朝ビールをかってきてふらっと競馬つけてなんか作業をしながら見る競馬ですね。

いい案かどうかはわかりませんけど。そっち方向を追究するのもありだと思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/12/06 6:03 PM
>そらぽんさん

コメントありがとうございます。

ラップがないとかいうのはよく聞きますね。ただ個人的な意見はそこまできちっとしなきゃいけないのかとも思うんですよね。今あるものでできる範囲でとりあえずやってみりゃいいじゃないってのが考えです。

その中でこうしたらもっといいデータがだせる、いい解説ができるということで追及していけばラップもリアルタイムで出すいい案もでてくるかもしれないですし。いきなり完璧を求めなくてもと思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/12/06 6:08 PM
>アダチ@おかやまさん

コメントありがとうございます。

元騎手の方の話はこういう形で聞いてみたいですね。佐藤哲三さんとか谷中公一さん当たりはできるような気がしますし。
騎乗停止の騎手とかでもいいと思うんですよね。

騎手がやるとなればファンの目線に降りて話してくれないととは思いますが、よく聞く「騎手にしかレースのことはわからない」みたいな立ち位置で来られたら正直きついなと思いますし。実際そうなんでしょうけどそこからファン目線に降りてこないと成立はしないだろうなとはなんとなく思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/12/06 6:11 PM
要するにJRDBの「レース直前競馬ナマTV」が復活すればいいわけですね
なんで今秋やってくれなかったんでしょう
  • 通りすがり
  • 2018/12/07 2:05 PM
>通りすがりさん

コメントありがとうございます。

そうですね。そういうアプローチがもっと広く大きく広がればとは思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/12/08 6:17 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM