昨秋〜今年にかけての流れについて

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 19:28

こんばんは。いろいろ書いている外厩やらノーザンファームやらの話です。

 

アーモンドアイに見るノーザングループの集大成

関東馬と桜花賞について語る(アーモンドアイと今後)

フィエールマン勝利に見る競馬(ノーザンF・外厩)が変わっていくことについてグダグダと

 

そして

「G1勝ち馬を外厩で見ると」を受けてまとめてみた

1戦1勝の重賞挑戦(年度別成績からみる傾向の変化)

 

こういう話。

 

結局、馬券の買い手としてどうしたらいいの?って根本のところにあまり触れてなかったと思ったので簡単に触れます。

 

上の事象、1戦1勝の重賞挑戦、レース間隔をあけた馬のG1勝利。これらからノーザングループはどうしたいかというと、簡単に言えば

 

「無駄を省きたい」

 

これに尽きると思います。

何が無駄かといえば、一番は「無駄な出走数」。これを省けば、「無駄に自分の手から離れるトレセン入り」そして「無駄に騎手に教育?されること」がなくなります。

 

そもそも馬は繊細ですから極力出走はさせたくないというのはあります。キタサンブラック、テイエムオペラオー、ディープインパクト、オルフェーヴル、ゴールドシップ等日本で長年君臨した王者には共通点が2つあります。一つは「すごい足が速くて強い」。もう一つは「丈夫」。

 

この2つが不可欠でした。逆に言えばすごく足が速くて強い馬で丈夫じゃない馬も結構いた可能性は想定できます。王者にできなかったけど王者と同等の能力の持ち主は存在したでしょう。こういう力を出し切れなかった馬が一頭でもいなくなるようにという無駄の排除。これが大前提にあってそれを実現するには「無駄な出走数の排除」となります。そしてこれを実現するには「一発回答で結果を出す」ということで一流の騎手が必要。騎手の人がよく「レースを教える」とかいいますが「そんなことをしてる暇あるなら一発で結果出せ。馬の脚って繊細なんだぞボケ」ってのは生産、馬主側にはあるんでしょうね。

 

リアルスティールのダービーの時に福永騎手がコンビを組んできたことを強調していましたが、いざ負けたら「変なハミの噛み方をして・・」といったコメントをしました。あれだけ教育教育いっててこんな大一番にそんなことも矯正できてないの?と思った関係者は結構いると思います。そういう騎手の手にかかることもはっきりいえば無駄ということでしょう。

教育はこっちでしてるからそっちは指示通り結果を出してくれということでルメール騎手でしょう。おそらくルメール騎手にはそれなりに指示はでてるはずですし、ルメール騎手に全権委任して教育させていることはないでしょうし、させていたとしてもノーザングループとはこういう馬を作りたいという意思の疎通はしっかりしていてその中の範囲でやってると思います。

 

そして触れてない無駄はトレセンにいる期間です。完全に自分が生まれた時から手塩にかけた馬を手放す期間を減らしたい。意思の疎通のできてない人間に渡す期間を減らしたいということ。

 

すべては無駄を省きたいということです。なので考え方としてはすべてが減らす方向に話は進めていくはずです。

今データがあるものは10年前と今を傾向で見比べて減る方向にいってるならそれがさらに加速していく方向になるとみていいでしょう。ここから増えていくことはないです。

逆に10年前と今は変わってないならしばらくはそれでいけるけど、それが減ってきたときにはそっちの方向に加速していくということですね。そういうことも見据えてデータを見る時代。「累計」じゃなく「区間」をみて「内容」を見て流れを見る時代です。

 

なので「データ上、数字が減っていく流れ。そういう方向に大手グループは進めているからそれを踏まえてデータの「流れ」を見ていく」ということがデータで予想する側では大事になるでしょう。

 

難しい時代ですねえ。今が一番大変だと思いますよ。そんな中、大変と思わず変わっていくことを楽しみながらお互い頑張りましょう。

コメント
こんばんは。
こういった分析的な記事は勉強になります。
大きな流れ(傾向)を見ながら、先取りして馬券を組み立てれば、ウマい配当にありつけるかもですね!
あとは、ノーザングループがそのとおりとして、条件戦あたりだと着狙いの馬主もいるでしょうから、そういうケースと分けて考えるということも、大事になるような気がします。
  • にじいろりんご
  • 2019/01/15 10:11 PM
>にじいろりんごさん

コメントありがとうございます。

データというのはさかのぼるんじゃなく流れ傾向を読むものですからね。こういう動いているタイミングこそ使い手にいろいろ問われるところだと思います。

ノーザンファームが独占するとしても言われる通りみんながみんな頂点目指して競馬に参加しているわけではないと思うんですよね。夢とはもってても現実路線で楽しまれている馬主さんや経営している調教師もいるはずでそういう方たちと上を目指す人が結構分かれるようになるんじゃないですかね。

今はわかりませんが2000年前半(私がよく見ていたころ)の海外サッカーのように。
大きい頂点を目指すクラブ数個と現実路線で選手を育てて売りながらいいチームをつくっていくクラブそれぞれ同じリーグにいてもやり方目指すところが違う中で成り立っていくというような形になっていく。そんな中で現実路線のほうからとんでもないアイデアも出てくるということもあるのかなと思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2019/01/15 10:37 PM
いつも参考にさせてもらってます。
リアルスティールは口向きが悪くなってるのは、厩舎だと思います。
ここの馬はハミ噛んじゃうタイプが多いです。
普段の調教が影響してると思います。
それを嫌って福永騎手が普段から調教に乗ろうしてたらしいです。
競馬使う前から教育したかったでしょうけど。

騎手と牧場の乗り手の技術は雲泥の差です。
騎手より上手い乗り手はそうそういないです。
トレセンと外厩との差は環境かとおもいます。
横で速い追い切りとか掛けられたら、リラックスして調教出来ないですからね。

昔、馬にちょっと乗ってたので。
  • サンドミノ
  • 2019/01/19 9:19 AM
>サンドミノさん

コメントありがとうございます。

なるほどいろいろ事情があるんですね。厩舎に関してもそういう癖とかも出てくるんですね。助手さんでも癖とかでそうですね。

昔、〇〇牧場出の馬は新馬からゲートうまいとかいう話もぽつぽつ聞いたことありますが、生まれた環境、育成、外厩、トレセンいろんな人がかかわっていく中でいろいろ出てきそうですね。

トレセン追切よく渋滞してるの見ますもんね。あれは難しいだろうなと素人でも思いますからね。(とか時計ちゃんと図れるのかな(これはトラックマンのほうですが)

馬に乗ったことないので参考になりました。ありがとうございましたm(__)m
  • 競馬ふぁん
  • 2019/01/19 9:28 AM
こんにちは。こういった記事をいつも参考にしてます。

この方針の課題は人気のマネージメントだと思ってます。馬券購入者の多数が気づくと、フィエールマン4番人気で4強の一角とか、ラストドラフト2番人気で2強と争いかになっちゃうんですよね。

これは正直ノーザンファームもルメール騎手も困るはず。アーモンドアイ級の怪物ならまだしも、普通の強豪級の馬がキャリアの割に人気してマークされたら、勝率は間違いなく下がります。
(私はフィエールマンは7番人気だったからエタリオウ・デムーロ騎手コンビを上回れたと思っていますので。あれが拮抗する4番人気ならあれほど上手くいくとは思えません。)

対策として考えられるのは、北村友・石橋騎手を鍛え、二人にあえて一番強い馬に乗せ人気を下げる。(ルメール騎手にはダミー馬を用意する)
他には、二人に2番手集団の馬を用意して前哨戦を派手に勝たせ、これをダミーにして本命(ルメール騎乗)の人気を下げる、とかでしょうか。

今後どういう風に推移していくか楽しみです。
  • NUU
  • 2019/01/19 12:42 PM
>NUUさん

コメントありがとうございます。

人気のマネージメントも含め、信頼できる10年は任せられるセカンドドライバーに北村・石橋(丸山)に仕上げたいのはあるでしょうね。彼らが川田あたりと同等になれば・・・と思ってると思います。

おっしゃるとおり競馬はマークされる立場だと勝率は下がりますからね。
カギは北村騎手が握ってると思いますね。
  • 競馬ふぁん
  • 2019/01/19 11:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    J (08/23)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    競馬ふぁん (08/22)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    競馬ふぁん (08/22)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    pat (08/22)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    空 (08/22)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    競馬ふぁん (08/21)
  • 予想の仕方(馬の特徴編(ペルシアンナイト、タニノフランケルから見る))
    J (08/21)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    競馬ふぁん (08/20)
  • 今週の感想(8月17日、18日)
    空 (08/19)
  • 8月18日狙い馬、穴馬+重賞予想
    競馬ふぁん (08/18)

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM