エリザベス女王杯予想(2019年)

  • 2019.11.08 Friday
  • 21:48

こんばんは。

 

力評価に加えて前内を意識しながら枠も考えて、後は外人騎手にも警戒してというベースはいつも通り。それくらいでイメージも何も全く沸いてないので短評書きながらイメージ固めていきます。

 

1 ブライトムーン 福永

昨年から休み休みながら着順は下のクラスでそこそこ集まっていて、ここ数走が勝ち負けに結びついてきた印象。近走が一番充実してるしロスない競馬もできる枠ですが、2勝クラス勝ちは牝馬限定で3勝クラスで3着というのは現実。あとは京都コースは結果出てないほうのコースであまり買う要素もないですね。内枠ですが厳しいかなという感じですね。

 

2 ラッキーライラック スミヨン 

秋華賞は崩れましたがそれ以外は強い牡馬相手に好走したり牝馬同士の対決でも目標になりながら頑張ってますよね。勝ち切れてないけどいい競馬は続いてると思います。これまでの1600〜1800mよりは個人的には2200mのほうが合うと思うし、いい枠も当たりました。今回はG1で他にも強い馬がいるので必ずしもマークされるわけでもないしスミヨン騎手への変更は鞍上強化ですよね。買い要素いっぱいでこれは本命候補ですね。

 

3 シャドウディーヴァ 松山 

前走秋華賞はいいレースができました。ただかなりいい位置からしっかり追い込んでも3着まで届かなかったというのが現実でそれより前も3歳上位の力量を示したことはなく、考えるとここでは少し以上足りないかなとは感じています。強調材料は松山騎手が2回目と言う事と栗東滞在3戦目で慣れもあるかと思います。それを考慮してもあって3着くらいが限界かなと思います。

 

4 ウラヌスチャーム マーフィー

牝馬限定では重賞でも上位なのはわかる内容の2,3走前。前走も内、前の決着だったレースで後方から7着。エタリオウはグローリーウェイズ当たりと近い着差の競馬。個人的にはよく頑張った内容で今回に向けては及第点以上の内容でした。本番が楽しみになったなというところでマーフィー騎手に加え4番枠ですか。これは高評価したいですね。京都2200mは3勝クラスで牡馬相手に勝ってる実績もあって得意条件。そもそも位置とれない馬の割には着順がまとまるタイプでこれは地力の証明かなと思ってます。本命候補にしたいかなというのが感触ですね。

 

5 ポンテザール 藤岡康 

4連勝でここに来ましたが1年かけての4連勝で前走は50キロの軽量で格上挑戦での勝利。ただし時計は優秀。非常に取り扱いが難しい馬ですね。すごく悪いデビューから3戦とそこからの4連勝。悪いところがわからないのが欠点というか、力勝負にいくしかないところがあって騎手としてはちょっとやりにくいですよね。あとは牝馬で1年かけて北海道で4勝中3勝。そしておそらく滞在なんですよね。それくらい調整が難しいところのある馬で今回は京都輸送で競馬。これで力を出し切れるのかなというのは引っかかりますよね。力はあるんだろうけどそれを出せる確率は低いですよね。力をだせても通用しない可能性はありますし、大きい不確定が二つあって評価はしにくいですね。あとは厩舎コメントで動きが少し重いとかありますし、それも込みで考えると力は認めるけど高評価はしないで抑えておきたいです。

 

6 クロコスミア 藤岡兄

もうごちゃごちゃ触れないほうがいいでしょう。2年連続人気薄で2着。3年連続府中牝馬Sからで昨年とほぼ同じ番手から勝ち馬と0.5秒くらいの負けとほぼ一緒。これをどうとるかですね。続くだろうということもあるしみんな気づいた今回は飛びついたらダメという感覚はあります。個人的には高評価はしないけど抑えとかなきゃダメってところに中間をとってとどめようかなと思います。まあ消すのは危険だと思います。

 

7 レイホーロマンス 岩崎

1年半馬券内がない馬でいい時期にたて続けに好走はありましたが、いい時期が終わってこの馬の通常状態が続いている状況という印象。落ちているというよりは好調じゃないいつも状態ならこんなもんって印象ですね。近走は軽ハンデを狙ってハンデ戦に多く使って去年のエリザベス女王杯以外はほとんど50〜52キロでの出走。前走は54キロできっちりまけてさらに2キロ増。こういうことも考えると普通に厳しいのかなと思います。

 

8 クロノジェネシス 北村友

あまり触れることはない馬ですね。3歳牝馬で常に上位で力がある馬です。それがほぼすべて。古馬より2キロ軽いですしいい枠も当たりました。距離に関してはあまり触れても仕方ないですかね。2400mの3着分でも走れば枠や出来も考慮したらここでも上位ですし、いい枠も当たってます。ごちゃごちゃ考えずに高評価。ただ本命かどうかは他の馬との兼ね合いですね。

 

9 アルメリアブルーム 武豊

3勝クラスを勝ってここに挑戦。その3勝クラスの勝利は時計が微妙。そこで力試しの挑戦ですよねぶっちゃけここは。枠もいい枠当たったわけでもないし、こういう枠の京都コースで特別な何かを絞り出せる騎手かというとそのイメージもない。出来も抜群にいいとかそういうのもない。それではここでは普通に厳しいかなと思います。枠なりの着順かなという感触でそれなら軽視です。

 

10 フロンテアクイーン 津村

牝馬限定路線でずーっと上位だった馬、ちょっと着順がついてこないことが目立つようになってきだしたところで前走の好走。やっぱり地力は上位ですね。差し馬の位置から展開をついて差して着順をとる馬ですしそういう流れになれば上位に浮上するでしょう。上位は賑わせる馬で展開向いたら2,3着まで届く馬です。そこそこの評価その辺でとどめておこうかと思います。

 

11 ラヴズオンリーユー デムーロ

4戦4勝で距離は18,16,20,24とバラバラ。上りは全部最速。戦歴はパーフェクト。これ以上触れることがない強い馬。負けてないので悪いところがないというかあるんでしょうけどわかんないんですよね。強いんでしょうけどそれがわからないとどれくらい強いかわかんない。そこが難しいところですね。あとは一応、爪のトラブルで秋華賞をパスして一応一とん挫あったのはありますよね。そこも気になりますが、すごく強いんだろうなと戦歴を並べると思います。ただちょっと怖さも買切るには高評価するのですが本命にしないというところにしておきます。

 

12 センテリュオ ルメール

重賞以外の戦歴はほぼパーフェクト。重賞ではしっかり壁に当たってます。それに尽きるかなと思います。見てのとおりワンパンチ足りない印象ありますね。そこの一押しはルメール騎手かなと思います。枠は遠いですし、そこで一押しあってG1でどこまで届くかなという印象ですね。騎手も怖いので軽視はできないけど、評価はしにくいですね。

 

13 サトノガーネット 坂井

ここ2走になるのかな。追走の時点では全然ないなってところから、後方の全然目立たない程度にすごくいい脚を使って追い込んで、中間着にきました。その前は条件戦を連勝してきてて結果はともかく力をつけている馬の兆しは見えてます。ただ全然近走は結果に関係のないところですね。

エンジンのかかりの悪い感じとかは京都2200m外回りにはマイナスになりにくい欠点ですし、1週前にしっかり調教をやれたのは初めてらしいですし出来の面でプラスもあります。人気もないでしょうし少し評価して狙ってみたいかなと思います。

 

14 ゴージャスランチ 幸

いい位置とってそつなく立ち回ってレースして勝ちまでつなげるタイプですね。近走は着順はよく、前走は勝ってますが頭数は少な目ですので見た目の着順よりは強くないと思います。

そして今回ですが14番枠。これ秋華賞と同じなんですよね。それを踏まえると似たような感じで負けるのかなという気はします。元々デットーリが乗る予定で期待値は高かったんでしょうから、幸騎手に変わるのはちょっと厳しいですかね。デットーリ騎手でいい枠当たって初めて勝負になるというレベルだとは思うので。ちょっとここではワンパンチ足りんかなと思います。

 

15 ミスマンマミーア 浜中

2200〜2400mでいい脚を使っているレースが続いてるんですよね。最後は3勝クラスで3着。OPまで届いてない格上挑戦ですし、外目の枠も当たってごまかす要素もなくここでは厳しいと思います。

 

16 スカーレットカラー 岩田

外目の枠も2200mも今回はあまりよくないと思います。それを補える近走の充実度、前走、勝ち切ったのはここでは一枚上と思わせる快勝。その前の札幌で2着に突っ込んできたりここ数走は充実していて明らかに好調期。それならここでも勝ち切ってもと思いましたがこの枠は厳しいですね。岩田騎手の良さも生きないですしその辺は厳しいですが、展開をつけるタイプですし何より馬が現状、調子込みでかなりいい。枠を考えると高評価はしにくいんですがその次くらいの評価はしたいですね。

 

17 サラキア 川田

牡馬混合の重賞で若干展開に恵まれつつ2着。前走OPで3着はそこそこ。能力はここでは上位ではないけどその次くらいにいる可能性はある馬。結果は逃げて出してますが押して押してハナというタイプではないので外枠からハナを奪いに行くというレースをする可能性は低いのかなとは思ってます。何もいかなければいくという印象。ただいかない可能性はありますよね。前にいればいいことはありますしそれをすればひょっとしたらあるかもしれないなと思います。

何かに恵まれないと厳しい馬。そしてまず枠に恵まれなかったので厳しいのかなと思います。

 

18 レッドランディーニ 池添

1000万下の牝馬限定で何度かかかりつつも勝利。そのあとは51キロの牝馬限定重賞で2着。ただ掲示板すべて通過順が二けたの馬が独占する競馬で後方組が恵まれた競馬。見た目の戦歴よりはここでは厳しいと思います。力があるところはあまり見せてません。そして大外枠。池添騎手が頑張ってもここでは厳しいかなと思います。

 

と言う事で印に。

 

◎02ラッキーライラック

〇04ウラヌスチャーム

▲08クロノジェネシス

△11ラヴズオンリーユー

 

 06クロコスミア

 16スカーレットカラー

 13サトノガーネット

 10フロンテアクイーン

 

としておきます。簡単に書けば買いたいのは上位2頭。力は抜けてるのはその次2頭。若干消極的ですがその次ならこの辺かなあという感じの印。下の4頭はちょっと差をつけられなかったので印は8頭になりましたが回させていただきました。

もっと高評価いっぱいで難しくなるかなと予想する前は思ってましたがしてみたら意外にすっきり上位は決まって、その次の馬も決まりました。下の4頭は人気との兼ね合いも見てつくところは買う、つかない感じなら軽視するという感じにしようかと思ってます。

 

高評価は無難にラッキーライラック。力のある馬が合いそうな条件でいい枠が当たって騎手も強化でとなりましたので素直に狙います。人気もこの馬以外にも割れる要素もあるので軸にしてみます。

相手のウラヌスチャームも高評価ですね。人気も込みで縦目でもこの馬を買いたいですかね。本命の人気とこの馬の人気次第では入れ替えたい。2200mもあいますしこの条件もあうし騎手もいいですから魅力ですね。

3歳の2頭はその次。力はあると思いますが枠込みで上位2頭を買いたかったということですね。この4頭は力を素直に評価ですね。

 

後の4頭は他の馬が高評価なら印からは外してもなと短評を書いているときは思ってたんですが、そういう馬がいなかったので印。順番をつけるといいなと思っている馬は外枠で、いい枠の馬はあくまで最後の評価にとどめたいなという感じで順番をつけようと思いましたが力も込みで考えるとこの順番になったという感じです。

 

という感じで終了。皆様頑張ってください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM