皐月賞と枠番

  • 2016.04.12 Tuesday
  • 21:18
こんばんは。
何か調べたいネタが皐月賞に対してあれば、それをネタにして何か書こうと思ってたんですが正直何もなく・・・。
せっかくクラシックなので何か書こうということでシンプルに枠番との関連をだそうかと思います。たぶん競馬ブログでも多い頻度で枠番についてぶつぶつ書いているブログだと思いますんで。

過去20年の皐月賞の馬番別成績です()内は(単回収率/複回収率)

1番 0-1-2-16(0円/36円)
2番 3-2-1-14(628円/223円)
3番 2-1-1-16(45円/82円)
4番 0-2-0-18(0/80円)
5番 2-1-0-17 (103円/38円)
6番 1-2-2-15(85円/59円)
7番 2-0-1-17(25円/26円)
8番 0-0-3-17(0/60円)
9番 0-3-1-16(0/143円)
10番 0-1-0-19(0/51円)
11番 0-1-2-17(0/60円)
12番 2-1-1-16(109円/45円)
13番 1-0-0-19(11円/6円)
14番 3-2-2-13(203円/138円)
15番 0-0-1-19(0/43円)
16番 2-1-1-15(50円/48円)
17番 1-1-0-17(91円/38円)
18番 1-1-2-15(272円/93円)

20頭そろってない枠番はフルゲート出なかったり除外だったりとかそういうことだと思います。

簡単に気づいたことを
・20年で11個しか勝ち馬番しかない。(複数勝ち馬番多い。)
・G1の好成績の馬番4番が不振。
・8〜11番の真ん中の枠番が不振
・1番はひところ除外とか大出遅れとか不発の馬番
・2番と14番が好成績。14番はディープインパクト、ゴールドシップを勝たせた好枠番。4番人気以上の馬が14番に入ったら(20年中5回)全部馬券に絡んでますし10番人気でも勝利、13番人気で3着もあります。


特に面白いデータが出てるわけでもありませんが予想で取捨に悩んだときの何かのよりどころの一つになるかもしれませんので一応上げておきます。

では以上!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM