9月20日狙い馬、穴馬+重賞予想

  • 2020.09.19 Saturday
  • 18:19

こんちは。

今日は競馬見ながら予想。競馬の時間にはすべて完了。楽でいいっすね。

将棋のABEMAトーナメント前見たいにやってくれてたらここからも夜まで退屈しないんですが。そこまで望むのはあれですね。まあいまからいろいろ考えます。

 

さっき知ったんですけど、ダノンスマッシュ川田騎手に変わるんですね。まあ個人的にはそうなんだというか、ファンがもめそうな案件だなというのが第一の印象。

こういうの本当に難しいんですよね。馬と騎手の結びつきっていうんですが、最後の大事な所を任されているけどそこに結びつきがあるかというとそもそも、騎手とよりは調教師さんだったり、厩務員さんだったり、助手さんだったり、生産者や育成牧場や短期放牧先だったりとかそういう人のほうが時間としては長いと思うんですよね。そしてお金を出して年単位で待って出走される馬主さんも同様です。あとはこれが昔の厩舎に騎手が所属してる時代なら話は別ですが、今はそうじゃないですし、むしろ騎手がエージェント制とかフリーとかでそういうファンが望むものから離れていってる状況でもあるので、「昔はこうだった。だからこれを見せろ」とそれを厩舎側、馬主側にいってもなあというのは個人的にはあります。

なので上っ面の部分よりはその関わってる多くの人の思いとかまではわかりかねるところでそれも総合してみて、それがどうなのかを一ファンの私程度の浅いファンではなんともいいとも悪いともいえないなという感じです。

今回の話については、特に川田騎手はダノンさんとの結びつきもですけど、安田調教師とは師弟関係なわけですし、安田調教師だけでなく新人のころから見てスタッフも安田厩舎にはいるとおもうのでそういう人たちも含めて川田騎手でG1をという話ならそこには違う人情が発生してるわけですし、繰り返しますが、なんともいえないなあという感じです。

 

ただ三浦騎手に関しては、この可能性があるならもうちょっと配慮してあげてもと思いますね。優勝騎手インタビューのテンションでは三浦騎手は本番はのり替わることはどうみても伝わってないと感じますし、彼の立場ですよね。若かりしときから有望株と取り上げられて叩かれたりもして、そして大怪我もして復帰して、大きいレースを渇望している状況でこれはどうなんだろうとは思いますね。そこは大きいところをとった経験もあってこういう経験もあるベテランとか、とりあえず経験が浅い若手とかいろいろチョイスはあると思うんですが前に乗ってるからって彼にしなくていいでしょとは思います。

いい悪いもですけど、武豊騎手のダービーのキーファーズさんでなくサトノを選んだような、人のつながりに対してえっとおもうようなことをしたら勝ち運も逃げていく気がするんですよね。長いことギャンブル界隈でいろいろみてきたら。勝負運の面でもそこは丁寧にした方がよかったんじゃないかなと思いました。まあすべて私の偏った人間の主観ですが。

 

あとは私のほかに見るジャンル。ボートとか将棋とかのボードゲームにはプレイヤーユーチューバーが非常に増えてるんですけど、競馬はなかなかそういうのは増えませんね。馬主さんとか多くの人が絡むので難しいのはわかりますが全く見ないのも妙ではあります。騎手のそういうものとか多分ファンは好きだと思うのでだれでも初めてほしいなと思いますね。人気騎手じゃなくても始めたらすごい盛り上がると思うんですが。難しいんだろうなを承知で少し書いてみましあ。

 

という事で狙い馬。

 

中京

1R 1 ハーツフェルト 森一 C

全体勝ち味に遅そうなメンツなので、この馬が休みをいれて普通に仕上げて森騎手がいつも通りに乗れば圏内だと思うし、上海があれば勝ち負けまで届くはず。

 

3R 7 ミラコロヴェルテ 亀田 C

レース経験もありますし、短距離に走れてます。北海道から小倉の転戦で開幕週の外枠とか考えればこんなもんかなと思います。

1ヵ月あけて立て直して枠も好転してこの相手なら勝負になると思います。

 

4R 4 リネンファッション 秋山 C

時計面でもここでは一つ抜けてると思います。いい枠もあたってそれを生かせる脚質。リネンとかですから一本被りにもならないでしょうから狙います。

 

7R 2 グランレイ 池添 C

G1で3着もある馬。地元馬主さんの馬で休みをいれてここを狙ってきた感があります。そこまで人気もかぶらなさそうですし狙います。

 

8R 11 ドスハーツ 森一 C

ここでは力ははっきり一枚上。脚質と平地ということでこの騎手なら少し嫌われるのかなと思います。まだ脚質が決まるキャリアでもないですし、力で押し切ってくれるのを期待して狙い。

 

10R 4 キャンディストーム 藤岡康 C

近走のパフォーマンスは高め。差し脚質も合いそうですし枠もよさそうで人気がなさそうという事で狙い。

 

12R 6 ペオース 松山 C

前走がいい内容。引き続きいい枠が当たって相手関係も1,2頭強いのがいるけどあとは何とかなりそう。騎手もいいですし昇級でも狙います。

 

中山

3R 8 タマモブトウカイ 横山武 C

前走はダート中距離でそれなりにまとめた。コーナーでもたついたり他馬を怖がったりする課題も見せたようですがそれでも4着は力をみせたととります。初ダートが崩れたらこの馬で期待

 

6R 14 ガルナッチャ 横山和 C

使い詰めで未勝利を勝った馬でしたが一息入れて立て直し。これはプラスでしょう。昇級初戦の前走の負けは不利もあったもので度外視でいいはず。復調したらこの相手でも戦えると思います。

 

8R 12 ココロノイコロ 藤田菜 B

芝、ダート兼用で使われてますが、レースぶりからは短距離。血統からはダートのほうがいいと思います。なのでこの条件はいい。転厩で新規開業厩舎から出走。休みをいれて臨戦態勢はしっかりして減量起用。ここは相手関係も非常に軽かったり芝のキャリアが浅かったりします。ここなら勝負になるはずで期待します。

 

11R 2 バスカヴィル 三浦 C

前走は強い相手に小回りの外枠でと厳しすぎる条件でした。相手が弱化で枠も内に入ってここなら勝負になると期待して狙い。

 

重賞予想

ローズS

◎09クラヴァシュドール

〇01リアアメリア

▲03フアナ

△05リリーピュアハート

 15デゼル

 02フィオリキアリ

 10アブレイズ

 

こうします。降級制度がなくなったこと。その結果を受けての去年。そして今年の紫苑Sを見る限り。上り馬よりは春の勢力重視でいいはず。それならということでオークスは崩れましたがあとはしっかり崩れず走ったクラヴァシュドールから狙います。厩舎もトライアルはいい印象ありますし、上位人気では一番走らない可能性が低そうなので軸で信頼で本命にします。

後は何かしら春に成し遂げた馬を評価したという印。その中で内枠重視とか騎手とか能力とかで上げ下げしたらこの印という感じです。

 

コメント
今晩は。

先日の続きみたいな話なんですけども。
私は22〜3年程競馬を見てますが、マイネルじゃないけど、
昔で言う二ホンピロと酒井やメイショウの武、今だとペイシャと山田とか、
「人と馬と絆」って考えは古いんでしょうかねぇ。
先日の0.1tさんの競馬に限らず、スポーツは近い将来ビジネスライクになる。
確かにそういう時代になってると思う反面、もう少し、なんでしょう、ロマンが欲しい。
と思うのはおっさんだからでしょうか。また何か愚痴っぽくなりすいません
  • ソーダ
  • 2020/09/19 9:36 PM
お疲れ様です。
個人的にかなり勝負度が高いのが中京10R。
間隔は空きますが前走初芝でいきなり2勝クラスを突破したシャイニーロック。
2走目の上積みと松若の連続騎乗で枠も良いので馬券になると思ってるんですが、キャンディストームとの2頭軸だと狙いすぎですかね?
  • Sheets
  • 2020/09/19 9:57 PM
>ソーダさん

コメントありがとうございます。

あくまで私の考えを書きますね。
馬と結びついてる人は騎手だけじゃないわけです。生まれた時から面倒見ている生産の人から育成の人からトレセンの調教師、厩務員、助手、そして今は外厩で調整する人、そしてお金を出す馬主さんといっぱいいるわけです。そこに騎手も入ってたと思うんです。昔の絆ってのはそれは騎手も厩舎所属で馬の面倒を見る一翼も担っていて成立してたんですよね。

この枠から最初に離れたのは騎手だと思うんですよね。フリー制やエージェント制などが入って厩舎と交流をほぼ持たずに依頼を受けるようなケースもできている。
そこに昔の絆がみたいと厩舎側や馬主側に行ってもと思うんですよね。離れたのは騎手側なのに。それをいうならまず騎手側だろうってのは私はあります。

そもそも1頭の馬と結びついてる人は結構な数いるのでこういう形になると騎手との結びつきの濃度は薄くなるし、そこで離れていってる今の現状で昔と同じようにというのは難しいかなと思います。

けど昔と違う形の結びつきはいろいろあるんじゃないですかね。馬主さんと騎手ってセットは昔に比べてみる機会は増えた気もしますし、極端な話ルメール騎手とノーザンFだって一つの結びつきですし、マイネルと柴田大騎手、丹内騎手もそうですし、大きい舞台でなければまだそういうのは結構いたるところにあるとは思います。

昔と同じロマンはみれないかもしれないけど、今の競馬の形でのロマンはあるんでしょうし、若いファンは今の競馬に満足するロマンを感じてるかもしれないですからね。私もおっさんですが違う形のロマンをということにはなるんでしょうね。

後は余談ですが、昔にいろいろ調べたの話で書いたり書かずに調べただけにしていることもあったと思いますが、個人馬主さんの若手起用率とか主戦騎手起用率って1990年前後と今で変わるかといえば比率としてはそんなに変わらないんです。後ろ微増してるぐらいで。
この辺は一口クラブとかが伸びてきたという要因も大きくてそういうところが目立つことで目立たなくなってるという要素もあるんで。なんで馬主さん側にもっと結びつけとはいいにくいというのもあります。

  • 0.1t
  • 2020/09/19 10:05 PM
>Sheetsさん

コメントありがとうございます。

シャイニーロックは前走完勝ですしいいと思います。私の狙い馬も人気とのバランスで言えばチャンスはあると思います。面白いとは思います。
ただ2頭で大丈夫という自信度はどうかというとそこまではなくて。まず3勝クラスの芝のマイル以上中距離くらいはずっと混戦で何がきてもおかしくないという図式で推移していて。その中で1頭軸を決めて手広くはありですが、2頭軸で大丈夫とは言い切れないなというのはあります。あとはこの条件、競馬の条件の中では得意かそうじゃないかというとどっちかというとそうじゃないほうが大きいので2頭で大丈夫と後押しまではできないですね。
ただシャイニーロックは私も本命候補でしたし面白いと思います。
  • 0.1t
  • 2020/09/19 10:12 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM