同一G1で続けて馬券に絡む馬について(G1のリピーターレース)

  • 2016.06.04 Saturday
  • 19:28
タイトルの通りです。G1になると去年きた馬がまた馬券に絡む。とかよく言われます。
けどそういう馬がきたら印象に残るだけで実際はどれくらい絡んでいるのか。本当にそういう馬が結構いるのかというのを出していこうかと思います。21世紀に入ってからのものをレース毎に出していこうかと思います。

連覇とか昨年勝利→今年は2着みたいなのは、その馬がただ強いだけということもあると思うので、
「初年度 2,3着 → 次年度以降 1,2,3着」

というケースについて書こうかとも思います。太字は「過去に2,3着から勝った馬。」下線は「2年以上間隔があいている」となります。

<フェブラリーS>
シーキングザダイヤ 5人気2着→翌年2人気2着 森
ブルーコンコルド 2人気2着→翌年7人気2着 服部
テスタマッタ   5人気2着→2年後6人気1着 村山
ワンダーアキュート 2人気3着→翌年7人気3着 佐藤正

17年で4回発生。基本は「前年と同じ着順」というパターン。テスタマッタだけが勝ち切ったケースですね。

<高松宮記念>
キンシャサノキセキ 5人気2着→2年後1人気1着(→翌年3人気1着)堀
サニングデール 2人気2着→翌年2人気1着 瀬戸口
ロードカナロア 1人気3着→翌年1人気1着 安田隆
ミッキーアイル 3人気3着→翌年2人気2着 音無
ハクサンムーン 10人気3着→2年後6人気2着(間に出走あり) 西園
サンカルロ   4人気2着→翌年3人気2着 大久保洋

これは多いですし「着順を上げて勝利」というパターンが多いですね。要するにリベンジが利くレースということです。

<天皇賞春>
カレンミロティック 10人気3着→翌年13人気2着 平田
ウインバリアシオン 2人気3着→2年後3人気2着 松永昌

こっちは絶対数が少ないですね。勝ち馬にみてもフェノーメノが増えるだけです。リピートは利きにくいレースで覚えておいた方がいいでしょう。

<ヴィクトリアマイル>
ストレイトガール 6人気3着→翌年5人気1着(→翌年7人気1着) 藤原英
ウオッカ     1人気2着→翌年1着 角居

2006年からなのでレースが少ないのもあり数は少ないですが「勝った翌年にも2着」がホエールキャプチャ、ブエナビスタ。「連覇」でヴィルシーナがあります。「前の勝ち馬が時を経て人気薄も本番巻き返す。」というパターンが利くレースのようです。

<安田記念>
スマイルジャック  5人気3着→翌年3人気3着 小桧山
ストロングリターン 5人気2着→翌年2人気1着  堀
ショウナンマイティ 3人気2着→翌年10人気3着 梅田智
グランプリボス   13人気2着→2年後16人気2着 矢作

ウオッカの連覇とかもありますが、グランプリボスの印象がでかいんですかね。全体的には近年は多いけど全体では少なめの数ですね。

<宝塚記念>
メイショウドトウ 6人気2着→翌年2人気1着 安田伊
タップダンスシチー 4人気3着→翌年1人気1着
 佐々木晶
メイショウサムソン 2人気2着→翌年1人気2着 高橋忠
ブエナビスタ    1人気2着→翌年1人気2着 松田博
ツルマルボーイ  4人気2着→翌年7人気2着 橋口
アーネストリー 3人気3着→翌年6人気1着 佐々木晶

傾向は2つ。「2年続けて2着」と「昨年のリベンジ成功」でしょうか。巻き返しの利くレースということになります。

<スプリンターズS>
デュランダル (5人気1着→)翌年2人気2着→翌年2人気2着 坂口大
キンシャサノキセキ 2人気2着→翌年3人気2着(降着繰り上がり)堀
ビービーガルダン 6人気3着→翌年2人気2着 領家
ストレイトガール 2人気2着→翌年1人気1着 藤原英
アドマイヤマックス 2人気3着→2年後3人気3着 橋田

まあ特に傾向なくそこそこあるという感じ。ただ連覇は1着馬が翌年も馬券に絡むというのも含めれば多めのレースです。

<天皇賞秋>
メイショウドトウ 2人気2着→翌年2人気3着 安田伊
ペルーサ     4人気2着→翌年6人気3着 藤沢和
ダンスインザモード 13人気2着→翌年13人気3着 藤沢和
ジェンテイルドンナ 1人気2着→翌年2人気2着 石坂
カンパニー     6人気3着→翌年5人気1着 音無
イスラボニータ   1人気3着→翌年6人気3着 栗田

このレースは多いですね。連覇や勝ち馬がのちに馬券に絡んだケースも含めると11件あります。後は藤沢和厩舎ですかね。
ペルーサ、ダンスインザムードもですが、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイも複数馬券絡みしています。

<エリザベス女王杯>
スイープトウショウ  (2人気1着→)翌年2人気2着→翌年2人気3着 鶴留
ラキシス       6人気2着→翌年2人気1着 角居
フサイチパンドラ   7人気1着(1着降着により繰り上がり2位入線)→2年後3人気2着 白井
オースミハルカ    5人気2着→翌年5人気2着 安藤
ヌーヴォレコルト   1人気2着→翌年1人気2着 斎藤誠
アパパネ       1人気3着→2年後4人気3着 国枝

件数が多めですね。着順を上げたケースは実質ラキシスのみで悲願があまり通らないレースとも言えます。

<マイルCS>
ダイワメジャー    4人気2着→翌年1人気1着→翌年1人気1着 上原
エイシンプレストン  2人気2着→翌年3人気2着 北橋
サプレザ ○外    2人気3着→2年後4人気3着 
ダンスインザムード  4人気2着→2年後3人気2着 藤沢
フィエロ       3人気2着→翌年2人気2着 藤原英
ダノンシャーク    1人気3着→翌年8人気1着 大久保龍
スーパーホーネット  4人気2着→翌年1人気2着 矢作

ここも件数が多めですね。後、特徴としては「2年後と間隔開けて絡むケースあり。」「前年馬券内からの勝利も2件あり」といったところが特徴でしょうか。比較的G1の中では何でもありなのかなと思います。

<ジャパンカップ>
シンボリクリスエス  1人気3着→翌年3人気3着 藤沢和
ブエナビスタ     1着降着→翌年1人気1着 松田博
トーセンジョーダン  6人気2着→2年後11人気3着 池江寿
ウオッカ       2人気3着→翌年1人気1着 角居
 
牝馬の連覇活躍の多いレースですが全体のリピートとしては少な目ですね。

<ジャパンカップダート>
ワンダーアキュート  5人気2着→翌年3人気2着→翌年6人気2着 佐藤正
アドマイヤドン    1人気3着→翌年1人気2着→翌年1人気2着 松田博
シーキングザダイヤ 11人気2着→翌年2人気2着 森
ホッコータルマエ  9人気3着→翌年1人気3着 西浦
フィールドルージュ 8人気3着→翌年6人気2着 西園

連覇したり、勝った翌年に馬券に絡んだ馬も含めると10件。やや多めですね。後は芝では珍しい3連続が2件発生している点もポイントでしょうか。

<有馬記念>
ゴールドシップ (1人気1着→)翌年2人気3着→翌年2人気3着 須貝
タップダンスシチー 13人気2着→2年後3人気2着 佐々木晶
リンカーン     4人気2着→2年後6人気3着 音無
ブエナビスタ    1人気2着→翌年1人気2着 松田博
トゥザグローリー  14人気3着→翌年9人気3着 池江寿
ディープインパクト 1人気2着→翌年1人気1着 池江朗 
ダイワメジャー   3人気3着→翌年6人気3着 上原
ダイワスカーレット 5人気2着→翌年1人気1着 松田国
ゼンノロブロイ   3人気3着→翌年1人気1着 藤沢和
エアシェイデイ   10人気3着→翌年11人気3着 伊藤正

単純に絶対数が多いですね。古くはナイスネイチャの3年連続3着とかもありますし、このレースが一番リピーター傾向の強いG1レースということでいいでしょう。後はダイワメジャー、スカーレットの兄弟やトゥザグローリーの血統など(トウザワールド)、血統面でも傾向があることも重ねて書いておきたいですね。

全体のお話を私の視点で気づいたことを少し書こうかと思います。
・3年連続は少ない。ダートはまだあるも、芝に関してはそれまで2年で勝ってない馬は3回目の馬券はここ16年ほどではない。
・多いのは有馬記念。少ないのは天皇賞春。あとは何となく東京のG1が少なめのような気がします。
・2,3着の馬が2回目で勝つというのはやはり少な目。その中でそういうリベンジが利くレースははっきり傾向出ているように思うのでそこは押さえたい所ですね。
・あとは勝つまではいかずとも着順を上げるというケースも少ない。昨年と同等の着順というケースが一番多いように感じました。
・G1なので当たり前ですが、やっぱり名のある厩舎の馬が多いような気がします。人気薄で2回目(3回目)きたというケースは関西馬がほとんどですね。あとは天皇賞の藤沢厩舎とエアシェイディくらいです。
・さすがに3年あくと馬券に絡むのは厳しい。

といったところでしょうか。

一応一通りデータは残しましたので皆さんで見て後は判断してください。ではまた。


 
コメント
安田記念のフィエロのように、2年以上続けての同一G鞠老外から馬券内というと、リンカーンの春天以来10年ぶりになるんですかね。
  • 枠枠
  • 2016/06/05 4:17 PM
>枠枠様

コメントありがとうございます!
ぱっと思いついたところでは、ゴールドシップの天皇賞春も一応そうですね。それ以前はリンカーンまでさかのぼるんですかね。どれくらいこのようなケースがあるかは興味あります。

2年続けて同一G1馬券外した馬が今さらくるとかあるのか。というところは予想の段階で少しひっかかっていてフィエロを評価しきれなれかったのはあります。
  • 競馬ふぁん
  • 2016/06/05 4:37 PM
追記です。
10年ほど調べてみましたが、

ルーラーシップ 有馬記念
カンパニー マイルCS
サンライズバッカス JCD
エイシンドーバー 安田記念
ブルーコンコルド フェブラリーS

があるようです。(手集計ですので漏れ間違いあるかもしれません)
  • 競馬ふぁん
  • 2016/06/05 5:19 PM
わざわざ調べていただきありがとうございます。こちらからも補足いたします。

2016 フィエロ(安田記念)
2015 ゴールドシップ(天皇賞春)
2014 ※ローマンレジェンド(Cマイル、2回目まではJCD)
2013 なし
2012 ルーラーシップ(有馬記念)
2011 なし
2010 スーパーホーネット(安田記念、連続4年目)
2009 カンパニー(MCS)
2008 ブルーコンコルド(フェブラリーS)、エイシンドーバー(安田記念)
2007 サンライズバッカス(JCD)
2006 リンカーン(天皇賞春)、ユートピア(フェブラリーS)
2005 なし
2004 テレグノシス(MCS)
2003 ※ハギノハイグレイド(JCD、2回目は中山開催)、※イーグルカフェ(フェブラリーS、3回目は中山開催)
2002 なし
2001 ブラックホーク(安田記念、1年飛ばし4年で3回目)

同一開催条件に限れば1年に1回あるかないかで多くても2回。過敏になる必要はなさそうです。
あと余力がありながらも失敗した馬は以下の通りです。
エイシンフラッシュ(ジャパンカップ)、バランスオブゲーム(天皇賞秋)、トーセンジョーダン(有馬記念)、シーイズトウショウ(スプリンターズS)、サダムパテック(安田記念)、トロットスター(安田記念)、サクラゴスペル(高松宮記念)、ホエールキャプチャ(エ女王杯)、ユートピア(JCD)
  • 枠枠
  • 2016/06/05 9:56 PM
>枠枠様

いろいろありがとうございます! 
スーパーホーネットとローマンレジェントが漏れてましたね。すいません。
こうしてみると、良くも悪くもおっしゃられるように気にするような偏りも傾向もなさそうですね。必要以上に過敏に取捨に反映させるのは危険ですね。大変参考になります。ありがとうございました!
  • 競馬ふぁん
  • 2016/06/05 10:28 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM