予想の仕方(園田競馬編)

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 19:33

お疲れ様です。予想の仕方第四弾です。

過去に2,3度園田の予想を出したりしています。いいときあったり、悪いときあったりですがどちらかというと得意だと思います。

ちゃんと予想の仕方を書こうかと思います。

 

あず基本的なところ。

「人見て、枠見て、馬を見る。」

 

この辺を基本的な考えで押さえておけばいいかと思います。

 

どの距離にも言えること。人を見ます。

1、まず騎手をしっかり確認

(木村、川原、下原、吉村、(田中))当たりをチェック。彼らが上手いのもありますが、彼らにいい馬が回るということです。微妙な騎手も数人いますがどうしようもないレベルの騎手はいないように思うのでむやみに切るほうは人を見ないことですね。

 

2、調教師を確認

NAR公式とかで調教師の昨年の上位5人くらいと今の上位くらいはメモで持っていっていいかもしれません。上位厩舎は本当によく来ます。この厩舎が勝負騎手のせてきたら要注目です。

特に、新子、柏原をしっかり覚えててあとは田中範、長南、橋本忠、盛本、飯田あたりも優秀だ。くらいに今のところは覚えておけばいいかなと思います。

ちなみに新子=下原 柏原=川原が勝負騎手です。この辺は覚えておいて損はないかなと思われます。

 

次に枠を見ます

1、新聞は外枠から

基本外枠が結構どのコースでも利きます。特に1400mが外枠大有利コースになります。新聞は予想するときに外から見ましょう。たまに園田にいかれる方が「今日は外枠祭りだった〜」と感想いわれますが、「今日は〜」じゃないんです。基本通年外枠強いです。
他の距離はどうかといいますと、他はフラットかなとは思いますが、基本外も利きます。距離が長いところのほうは内がいいのかな。ただその辺の条件は上級になるので、そういう要素関係なく強い馬が蹴散らすことが多いです。

 

2、枠の見方。出し入れをチェック

予想をすれば何頭か有力馬が出て悩むことがあるかと思いますが、そういう時は枠の内外を見ましょう。例えば過去3走外枠で3,4,3着みたいな馬がいて次に内枠に入ったとします。こうなると「ちょっとあぶねえな」と判断します。逆に内枠で4,5,4着とかで走ってる馬が外枠に入ったら「これは面白いのかな」となります。こういう外が有利ということは当たり前ですが内が不利ということになります。

 

有利→不利にいく馬より、少し足りなくても不利→有利を狙いましょうということです。

 

最後に馬をみましょう

1、普通にJRAの予想と同じように予想をしてみましょう。

皆さんがJRAの予想をしているときにしている方法で能力比較をすればいいと思います。勝ち馬と○秒とか着順とかいろいろありますが、基本は一緒です。上の要素をしっかり意識して能力比較をすればいいかと思います。

 

2、その中でちょっとテクニック

降級制度が変わってあまり気にしなくてもいいことになりましたが、それでも重要です。前走を見て降級か昇級緒戦かしっかりチェックしましょう。ちなみに「C2一」とか漢字の一とか二とかありますが適当に数字を割り振られているわけではありません。

C2 1400mの場合、「C2 1400m」に登録した馬の中でポイントを持ってる馬(ざっくりいうと強い馬)から上から順番に必要出走頭数で切っていって、上から一、二、三とつけているわけです。

何が言いたいといいますとC2の中でも「一」と「三」では力差があるということです。その辺で前走戦った馬のレベルが判別できると思いますので予想の糸口になるかと思います。

 

以上の感じで予想をすれば大負けはしないかと思いますし、そこそこいい穴馬もひっかけるコツは入ってるはずです。

 

最後に小さなテクニックをいくつか書きます。

1、秋以降のC2はJRA未勝利馬だらけ

JRA未勝利勝てなかった馬が大挙して移籍してきます。

まずJRA移籍馬だらけのレースをする(移籍初戦は大体移籍馬ばっかり固めた番組でレースします)→そこで当然着順がつく。→勝った馬は昇級するが2着以降はC2の一、二、三に散っていく。ということが起こります。

 これがどういうことかといいますと、JRAで結局未勝利を勝てなかったけど、そこそこの着順だった馬がまずC2でプチ未勝利戦を行って、そこの優劣でC2内のクラスに分かれていくということになります。要するにC2のレベルが一気にすごく高くなります。それによってC1のレベルがC2より低めという逆転現象も起こったりします。なので昇級だから嫌うとかせず、バンバン買いましょうというのが一つ。

あとはすごい人気がかぶったりします。つまらないから穴を狙おうとか考えがちですが、そういうことは考えたらだめです。(直線まで楽しめたら外れても大穴買ってもいいですがそうなりません。たぶん3コーナー入る前くらいでつまらなくなります。)この時期からあとのC2は無茶せず手堅く少しだけお金を増やそうくらいの気持で取り組む方がいいと思います。

 穴を狙うのはメイン近辺のもう少し上の条件でしましょう。現実園田で大穴が出るのはメイン前後のレースです。

堅い中でも本当に堅いかどうかを見るのにいいのは人を見るというところで調教師を見ましょう。JRA移籍馬でも出戻り条件をクリア早くさせたい馬はいい厩舎に入っていい騎手が乗ります。ということです。

 

2、競馬キ○キの印のポイント

園田の主要予想専門誌「競馬キン○」の話。突然園田に来てもこんな知らない馬ばっかりで予想なんてできないよって人もいるかと思います。その中で専門誌を見るときのちょっとしたコツといいますか書きます。

園田は調教場が園田競馬場と西脇トレセンで2つに分かれてます(これは調教師の欄でどちら所属かはわかります)。要するに両方の調教を見たり出来を聞いたりできないわけです。どちらかというと園田競馬場で調教を見てる人が多いですから、そこでいい馬が印が集まりがちになります。何が言いたいかといいますと、西脇所属の馬で西脇のトラックマンさんが厚い印を打っておられるときは他が薄くても面白い妙味があるという考え方もできます。ちなみに中司さんと伊藤さんが西脇担当だったかなと記憶してます(変わってるかもしれません。その辺は新聞で確認できると思うのでそこで見てください)

こういうところで狙ってみたら思わぬ配当がひっかかることもあるかもしれません。

 

3、エイシン、タガノは園田でも要警戒

JRAでもおなじみの冠名ですが、地方でも走ります。園田でも強い印象はあります。タガノさんはたしか外厩施設に園田の元騎手の方がおられたはずです。この冠名は要警戒で頭においておいて損はないはずです。

 

といった具合です。またなんか思い出したら書きますが今日はこの辺で終了。

 

コメント
JRDVさんより紹介いただき拝見しました。
貴重な情報、目からうろこです。

最近、前走内枠で馬券内の馬は有力かも?
前走外枠ばかりで馬券内の馬はあやしいかも?
という視点ももちつつご紹介の情報と検討し、好調です。
ありがとうございます。
  • うしじま
  • 2016/09/12 11:18 AM
>うしじま様
JRDVさんのブログでコメント何度か拝見しておりました。

参考にしていただいて何かのお役になっているようなら何よりです。

こちらこそコメントありがとうございました。
  • 競馬ふぁん
  • 2016/09/12 5:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM