スプリンターズS(とセントウルS)傾向について

  • 2015.09.27 Sunday
  • 16:37
いよいよG1ということで。
スプリンターズSですがトライアルが実質セントウルSのみということでここの傾向が重要ということでそこから解析していこうかと思います。強い馬がきっちり結果を出すときと今回のように伏兵の一発のとき両方あると思いますが、トライアルで伏兵の一発がはいったときの本番はどうかってところを書いていきます。
何が伏兵で何が人気かはあくまで私の主観です。

(2014年)
セントウルS
1着 リトルゲルダ(4人気) 2着ハクサンムーン(1人気2.5倍)3着エピセアローム(2人気) 
3人気トーホウアマポーラ(8着)

スプリンターズS
1着スノードラゴン 2着ストレイトガール  3着レッドオーヴァル


すべてセントウルS組外です。この年は道悪に加え、新潟、フルゲート18頭と例年とはかなり舞台が違うときですね。

(2012年)
セントウルS
1着エピセアローム(6人気) 2着ロードカナロア(1人気2.2倍) 3着アンシェルブルー(12人気)
2人気マジンプロスパー(11着) 3人気カレンチャン(4着)

スプリンターズS
1着ロードカナロア(2人気)2着カレンチャン(1人気)3着ドリームバレンチノ(9人気・別路線組)4着エピセアローム


この年は今年と近いですね。3強のうち人気でやや負けた。2頭が本番巻き返し。ちなみの両馬とも外枠で若干不利ということもありました。それで人気で大きく負けたマジンプロスパーは本番もだめです。
それで伏兵で上位に来た2頭は1頭は出走せず。1頭は馬券外。ただし4着ということです。

今年に置き換えますと
エピセアローム、アンシェルブルー→アクティブミノル、バーバラ
ロードカナロア→ウリウリ
カレンチャン→ストレイトガール
マジンプロスパー→ハクサンムーン


といった感じですね。

続いて
2009年)
セントウルS
1着 アルティマトゥーレ(5人気)2着スリープレスナイト(1人気2.8倍)3着コスモベル(11人気)
2人気カノヤザクラ(4着)3人気サンダルフォン(7着)

スプリンターズS
1着ローレルゲレイロ(6人気)2着ビービーガルダン(2人気・別路線)3着カノヤザクラ(8人気)
5着アルティマトゥーレ(1人気)ビリ シーニックブラスト外(3人気)


本番はスリープレスナイトが回避しており今年とは違いそうですが、傾向としては伏兵の1着が敗退。人気でやや負けの馬(カノヤザクラ)が本番しぶとく馬券内にというところは2012年と同じですかね。


(2008年)
セントウルS
1着 カノヤザクラ(3人気)2着シンボリグラン(11人気)3着スプリングソング(9着)
1人気スズカフェニックス(8人気)2人気ファイングレイン(9着)

スプリンターズS
1着 スリープレスナイト(1人気・別路線1着) 2着キンシャサノキセキ(2人気・別路線)3着ビービーガルダン(6人気・別路線)


今回とは少し違う形態ですが人気薄の一発という観点で。G1馬の二頭は本番も3,4番人気で惨敗。セントウルSで人気薄で来た組は駄目。別路線組で決着という感じです。

(2007年)
セントウルS
1着 サンアディユ(11人気) 2着 カノヤザクラ(7人気) 3着 キンシャサノキセキ(1人気)
2人気 アグネスラズベリ(9着) 3人気アイルラヴァゲイン(5着)

スプリンターズS
1着 アストンマーチャン(3人気・別路線1着)2着サンアディユ(1人気) 3着アイルラヴァゲイン(5人気)


サンアディユが引き続き好走がポイントですね。あとはアイルラヴァゲインの巻き返し。


で一応取り上げてない年について、ついでに簡単に主観で書きますと
2013年 
(セントウル)上位3頭決着。1倍台ロードカナロア2着
(スプリンターズ)セントウル上位2頭決着。3着マヤノリュウジン穴
2011年
(セントウル)2,5,1番人気決着。2着に外国馬
(スプリンターズ)人気外国馬ロケットマン惨敗。別路線組ワンツー。セントウル勝ちエーシンヴァーゴウ人気の盲点7番人気で3着。
2010年
(セントウル) 4,2,5番人気決着 2着に外国馬
(スプリンターズ)○外ウルトラファンタジ勝利。ダッシャーゴーゴー降着。セントウル取消キンシャサ2着、サンカルロ3着で10,3,7人気決着
2006年
(セントウル)1,2,4人気決着 2着に外国馬
(スプリンターズS)セントウル1着Sトウショウ惨敗。2着外国馬が勝利。2,3着は人気薄(内枠利した組)

という感じですね。

似た年からの全体の傾向でいくつかポイントを書くと

・セントウルS人気薄で一発勝ちの馬は基本は軽視でいい方向。ただし二桁人気1着だとサンアディユが2着の傾向もあり。
(2014年リトルゲルダ、2012年エピセアローム、2009年アルティマトゥーレ 2008年カノヤザクラ)
<アクティブミノル>

・セントウル紐穴(2,3着)の組は本番は出走適わなかったり、出て来ても負けているケースが多いですね。
(アンシェルブルー、コスモベル、シンボリグラン、2007年カノヤザクラ、スプリングソング)
<バーバラ>

・セントウルで人気した馬でいい勝負でまとめた場合、スプリンターズSにもでてきたら勝ち負けです。2012年ロードカナロアが当てはまります。(出走してないケースも結構あります。)
<今回はウリウリ?>

・セントウルで人気して4,5着くらいになって人気を裏切った馬が巻き返して紐になるケースは結構ありますね。
(2012年カレンチャン、2009年カノヤザクラ、2007年アイルラヴァゲイン)
<ストレイトガール>

・セントウルで人気馬が大きく負けて荒れたとき。またある程度人気した馬が回避したとき。このようなときは別路線が上位です。(2007年、2008年、2009年)

・セントウル人気で負けた馬は本番巻き返しは厳しい
(2012年マジンプロスパー、2008年スズカフェニックス、ファイングレイン2007年アグネスラズベリ)
<ハクサンムーン>



といったところです。

簡単にかけばこのデータからは今回はウリウリは買い、ストレイトガールも紐で買い。ハクサンムーンは消し。
アクティブミノルは基本軽視でいいはずもサンアディユもケースもありきるまでは危険。バーバラは消しです。
別路線の好走組も注意が必要ってところですね。


競馬は枠も体調もいろいろ要素があるのでこれがすべてとは言いませんがひとつの参考になればとおもいます。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM