私の想い出の馬たち パート1

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 21:30

ネタに困ったときの自分語りシリーズです。そういうの嫌いな方はパスしてくださいね。自慢話も入ってきます。

 

タイトルの通りです。想い出の馬たちについて語ります。といってなんですかね。ナリタブライアンとかオルフェーヴルとかそういうのを書いても別にいいんですが、語りつくされた名馬についてあえて私が語ってもまあ興味ないでしょう皆さん。たくさんそういう馬の話は見てきている人でないと競馬予想ブログなんかみないでしょうし。おっさんの想い出の馬とかきもいでしょうし。

ということで私の馬券的、予想的に想い出に残っている馬たちについて書いていこうかなと思います。マニアックな世界に入って行きますので、それを前提にみてください。ちょっとだけ馬券に参考になることもあるかもしれません。ないかもしれません。

 

・ペルフェット 2003 3歳未勝利 (2003〜2008)

私が枠連に興味をもった原因を作ってくれた馬です。この馬が未勝利戦を勝った時のことは鮮明に覚えています。7番人気のこの馬をなぜ狙ったかといえば、前走のアーデュアスバイオ組がレベルが高い(2着から2,1,2,この馬,3,1)ということもあったんですが、その話は今回そんなに重要ではなく、このレースの決着で

 

馬連  78.3倍

枠連  147.3倍

 

になりました。実はこれレース前に「枠のほうが全然ついてるな」となぜかは覚えてませんが気づいて枠連で買ってました。これが枠連を気にしたきっかけですね。漠然と当時なんでこんなについたんだろうと調べたんですが、11頭立てで1,3番人気が8枠を占めてたんですね。ここからすごく売れていたからこういうことになったんだろうと思います。この馬がいなければおそらく枠連についてブログで語るほど興味をもつことはなかっただろうということで想い出に残っています。

 

・ゴッドスマイルユー 2006 3歳上500万下(2006〜2010)

こっちは枠連ではなく枠順の重要性を再認識した馬ですね。今でも私は人気馬が外に集まったら内から本命狙うというベタな予想を使いますがそのきっかけというか決め手はこの馬です。秋の京都の開幕週。芝の1400mで人気馬が1番人気〜3番人気が順に13,12,11で他にも取り消している馬がいて15番枠。この馬の前2走が1番人気(ボストンゴールド)って馬でとにかく私の記憶では「人気馬外に集まったなこれ。二ケタ枠番とか買いたくねえ」と思ったのははっきり覚えています。4,5番人気が3,8番枠なのでこの馬でもよかったと思うんですが、当時の私は「偶数枠で内枠の7番人気ゴットスマイルユーが面白い」という結論になったのは覚えてます。他の要因の決め手で「武豊の人気薄とかめったにないしそういうのとってみたいな」とも想像したのは覚えていて、結構綺麗に捌いて突き抜けてくれたのは今でも鮮明に覚えてます。この馬がいなければ、内枠とか偶数枠とかそこまで意識してないかもしれません。そういう意味では感謝する馬ですね。

 

・カネヒキリ 2005 3歳未勝利(2004〜2010)

ちょっと有名な馬も入れておきましょうか。この馬には母父の重要性とダート替りのコツを教えてもらいました。芝で2戦惨敗。ダート替りで単勝50倍台で快勝するわけです。カネヒキリの初勝利が単勝50倍ついたのは驚きでしょうか。このころは未勝利戦のダート替りについていろいろ研究してたところで、父馬○○を狙うというところより一歩突っ込んだところで精度を上げたいとずっと思っていて、この馬にはその辺のツボをいろいろ教えてもらいました。

 

・ダート替りは母父適性が超重要

・優秀な生産は狙う上でもポイントになる。

・金子オーナーの初ダートは買い(今は使えませんが10年前くらいは本当に使えました。)

 

この辺のところはこの馬に教えてもらったような気がします。

当時の未勝利ダート戦は初ダートぶっちぎりみたいなことはいまより格段に多く、しかも配当がそこそこつきました。今はそういう馬も売れて配当妙味もないですし、適正に関しては早いうちに見抜いているケースが多いので初ダート一変も使えなくなりましたが、このころは「未勝利戦の初ダートは取れる」と確信をもって競馬していました。このころこの条件で競馬を楽しく取り組めていなければ今も競馬をつづけていたかどうか正直わかりません。今は使える理論でもないと思いますが、今の私の競馬観を形成するうえで非常に重要な馬で今も感謝しております。

 

・トヨサンランボー 2003年 3歳1000万下 (2000〜2005)

この馬には「もまれ弱い」という概念を教えてもらいました。8枠では2−0−1−2でいうほどインパクトないですが、そのうち一度は芝で、ダートの中距離でもまれずスンナリならしぶとい。ただしスタートからもっさりで内目の枠ならよほどうまくいかない限りもまれる(笑)っていう今ではなかなかいないタイプの癖のある馬でした。そういう馬なので外枠に入るのを待って待ってして外枠に入ったときに狙い打って馬券取ったのは本当にうれしかったです。こういうところでも競馬の魅力を覚えましたね。一頭の馬の個性をつかんで、狙えるタイミングを待って仕留めるという予想をつかんだのはこの馬のおかげだと思います。

 

・サキノリュウオー 2008年 3歳1000万下(2004〜2008年)

この馬の引退レースになる3歳1000万下の勝利は非常に印象に残ってます。取った馬券が高配当というのも大きな要因ですが、結構計算、計算して今までは0.6秒くらい負けてたけど今回は届くと確信をもって狙って取れたからです。

まず予想するにあたって、このレースの人気馬とかを書いてみます。スリーセブンスピン、トウショウガナー、アイアムエンジェル、リボンノキシ、レッドスポーツカー、そしてオープンザゲートとかもいました。このころの競馬を覚えている方はわかると思いますが、当時の関東ダート短距離1000万下では有数の快速馬ばかりです。ここからこれらの先行総崩れをまず期待しました。そしてもう一つのアプローチにこの年は三浦騎手デビューの年で早々に活躍していました。この時は4月でもうそこそこ勝ってました。ただまだ3キロ減は残ってます。この時の私の競馬のアプローチに「三浦騎手3キロ減あるうちにおいしい配当仕留めておきたいな」というのもありました。そこでこの時にサキノリュウオーに目が行くわけです。ここからは予想の順番を書いてみます。

 

1、サキノリュウオーは芝使ったり距離も微妙にいろいろ使っているけど、こと中山ダート1200mに関しては最近は0.3秒とか0.6秒とかの競馬はできているし上がりも上位の脚を使えているな。ということに気づきます。他との比較をしてもこの条件が一番走れる。というのは整理できました。

 

2、続いてそれでも負けているわけで0.6秒くらいの差はつまるのかということを足し算引き算の競馬に入って想像妄想していきます。

 

・いつも以上に先行激化のメンバーで、今回はこの馬には恵まれる。0.2秒ほどは詰まる。

・今までは減量のない中堅程度の騎手や小島太一騎手だったが今回は3キロ減で三浦騎手。0.2秒くらいは詰まるんじゃないか。

・大和田きゅう舎は当時美浦の超低迷厩舎。その厩舎が若手のホープの減量騎手を確保しているという事実。着拾いをしたいなら今までの騎手でいいはず。調教はよくわからないけど、ここは勝負をかけてきてるんじゃないか。0.1秒くらいは詰めてほしい。

 

といったことを考えて、この0.6秒くらいの差は勝ち馬と差のないところまで持ってこれるんじゃないかと結構冷静に計算してました。実際の競馬は最後の直線で2着馬と一緒に上がって行って、きっちりとらえて勝利。すごいああだこうだ考えてその通りにぴったり嵌る、なかなかない予想で高配当も取れたので非常に印象に残ってます。

 

上積み要因や他との比較で足し算や引き算をタイム差でおこなってぴったり捕まえられるかどうかを考えるという予想はこの時初めに行った気がします。今でも時々、この引き出しを使うことがありますか、しっかり分析できて捕まえられるという結論になったときは大体当たっているような気がしますし、計算で読み切ってぴったり的中させたときは他の予想とは違う快感があります。そういう意味で思い出に残ってますね。

 

以上5頭について書いてみました。またネタに困れば書いてみます。ではまた。

 

コメント
こんばんは。長く競馬をやっていると、思い入れのある馬って出てきますよね。私はなんといってもライスシャワーですね。ダービーで2着に来てくれた時の事は今でも鮮明に覚えています。あまり競馬場に行く事はありませんけど、京都競馬場に行った時には毎回ライスシャワー碑にお参りしています。好きな馬もそうですけど、全ての競走馬が引退後は幸せな余生を過ごせる環境作りを作って欲しいと願っています。
  • みるきあん
  • 2017/05/16 11:27 PM
>みるきあんさん

コメントありがとうございます。

長くやってるといろんなベクトルで思い入れのある馬は出てきますね。今回は予想に寄せて記事を書きましたが、また違う方向性でネタに困ったら想い出の馬を書いてみようかと思います。
  • 競馬ふぁん
  • 2017/05/19 11:00 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM