秋華賞と上がり馬

  • 2015.10.14 Wednesday
  • 00:48
秋の3歳3冠を語るうえで新興勢力VS上がり馬というのは切ってもきれない関係にあると思います。
基本は春の勢力が強いでいいと思うんですが、上がり馬が来た時にどういう馬が馬券に絡んでいるかっていうところを
書いていこうかなと思います。

2014年 1着 ショウナンパンドラ(紫苑S2着(新潟))
2014年 3着 タガノエトワール(未勝利勝ち→ローズS2着で権利)
2013年 2着 スマートレイアー(1000万勝ち)
2012年 3着 アロマティコ(1000万勝ち→牡馬混合準オープン3着)
2011年 2着 キョウワジャンヌ(牡馬混合1000万勝ち→ローズS3着)
2008年 3着 プロヴィナージュ(交流重賞2着→牡馬混合重賞→古馬混合ダート重賞)
2007年 2着 レインダンス(500万→1000万連勝)(桜花賞、オークス出走)
2005年 3着 ニシノナースコール(1000万下勝利)

と十年ぐらいでざっと検索するとこんなもんです。あとアヴェンチュラもそうなんですがこの馬は実績が2歳時にありますし、
古馬重賞を勝ってたりちょっと規格外ですのであえて外しました。

いきつくところ、春のクラシック組の一角は崩すことはあっても2角はなかなか崩れないってところですね。
例外もありますが

・1000万勝ちがある。
・古馬、牡馬重賞など強いところを戦ってきてこの舞台。

というのが抑えるべきポイントですかね。タガノエトワールは例外になってしまいますが、ほかの傾向がその辺だと思います。
あとは頭までは厳しいというところですね。大荒れしたブラックエンブレムの年もブラックエンブレムは春の路線を戦ってました。

あとは内目の枠が多いとか終いがしっかりしている馬が多いとか気になる点はありますが私感になりますのであえて強調はしません。

じゃあ飛んでる人気馬はどんな馬?ということで取り上げたいと思います。

2014年 2人気 レッドリヴェール(ダービー着外→ローズS着外)
2013年 1人気 デニムアンドルビー(ローズS勝ち→4着)
2011年 3人気 マルセリーナ(オークス4着→ローズS着外)
2010年 3人気 サンテミリオン(オークスあとぶっつけ)
2008年 1人気 トールポピー(ローズS着外)
2008年 2人気 レジネッタ(ローズS3着→本番着外)
2008年 3人気 エフティマイア(クイーンS3着→秋華賞5着)
2006年 1人気 アドマイヤキッス(ローズS勝ち→秋華賞4着)
2006年 3人気 キストゥヘブン(セントライト5着→本番着外)

と主観でざっと人気で飛んだ馬を拾いましたが、主観による傾向としては

・ローズSで惨敗するような馬が本番に一変ということはない。
・ローズSで結果出した馬は本番人気を裏切ってもそこそこの着順には来ている。
・基本、本番ぶっつけは軽視でOK

というところかなと思います。ローズSで大負けからの巻き返しはブラックエンブレムくらいです。
アパパネやメイショウマンボでも4着にまとめています。

この辺から注意すべきところは

注目
1000万勝ち(アスカビレン、トーセンビクトリー)

軽視でよさそうな馬
ローズS惨敗(シングウィズジョイ)
ぶっつけ(キャットコイン、ココロノアイ、ディアマイダーリン)

紫苑S組は厳しい(去年は新潟開催でメンバーそろった。)とかいうところも考慮していけば、おのずと買える馬は絞れてくるのかなと思います。
あとタッチングスピーチみたいに500万勝ちで次走ローズSを勝つケースはタガノエトワールの上位互換ケースだと思いますので軽視しないほうがいいと思います。ただ北海道500万勝ち→ローズS勝ちはレクレドールがまったく同じケースでこの馬は本番6着に負けています。どちらをとるかは見ておられる方の判断に任せます。

この辺でとりあえずは終了とします。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM