オークス予想

  • 2017.05.20 Saturday
  • 02:20

続いてオークス予想。

 

まず予想の軸として距離についてはあまり深く考えていません。強い馬はこなすだろうくらいです。ということで血統もあまり考慮しません。輸送面も含めたローテと馬個体の能力を軸に予想を組み立てていきます。

まず各馬についての短評を簡単に書いていきます。

 

1、モズカッチャン

前走は少しびっくりしました。この馬を評価する面はまず3連勝で重賞勝ち。という事実。勢いと能力を示しています。そして東京コースで後ろ目内から追ってぐいぐい伸びてつき抜けた内容。共同通信杯のディーマジェスティを思わせる内容で枠を利したというよりは強い内容だったと思います。不安点を言えばトライアルのレベルが低いかもしれないという点と中山→東京→東京と短期間で3回輸送している点ですかね。それを考慮してもそこそこ評価は必要かなと思います。後このブログおなじみのこれですね。鮫島一歩厩舎は重賞で二歩(2017年春)。鮫島厩舎の馬は重賞1勝ではおわらない。そして続けて結構勝つという話でこの馬の単勝は買っておきたいですし評価しておきたいです。

 

2、ソウルスターリング

自力は世代上位。前走の敗因は少しの輸送と枠の面で恵まれなかった分、他の馬と差が詰まったということでしょう。正直、馬場の影響は考えなくてもいいかなと思います。良くも悪くもあれくらいしか走れないし、走る馬だと思います。今回は枠に恵まれましたし、輸送の面もないです。好調な鞍上で桜花賞よりは買いの要素は多いかなと思います。素直に評価です。

 

3、フローレスマジック

オークスを狙ってローテは好感。ただ素材もよかった馬ですが前走が物足りなさすぎます。というのが私の感想。良くも悪くもワンパンチ足りないというところもあります。それでも枠もいいですし、ローテもこの中ではゆったりでここ狙い。まあ買いたい馬が少なければ救い上げて評価するというところの評価です。

 

4、ミスパンテール

前走は力が通用しなかったというより2走目のポカでしょうね。敗因は力量30%、2走目のポカ70%というところでしょう。チューリップ賞2着も評価する方法もありますが、しない選択肢も十分選べるのは、後出し回顧で桜花賞、ソウルスターリングに対する考え方についてで触れた通り。今回評価するにはいろいろ壁があります。まず前走崩れた体調?が戻るかどうか、初めての輸送が大丈夫かどうか。そして力的に通用するかどうか。あまりに克服材料が多すぎて全部克服できるでしょと解釈するのはかなり馬に無理を強いすぎかとも思います。薄く抑える以上の評価は厳しいです。ただ4番枠はいいっすね。そこは買い材料です。

 

5、モーヴサファイア

前走500万勝ち。牡馬相手ばかりとはいえ経験値で劣ります。一番間隔が空いている馬でその点は面白いんでしょうが、権利も持ってないのにトライアルも使えずにここぶっつけなのもどうなんだろうということで軽視要素。多頭数の競馬を経験してないのも関東輸送も割引材料ですね。あまりポジティブに狙える要素もないと思います。

 

6ハローユニコーン

前走は時計はともかくOP勝ち。2000m実績もある。レースキャリアも豊富でほとんどのレースで上がり最速、2位を記録しています。見た目以上にいい馬だなというのが感想。結構評価できる馬ですかね。鞍上も面白く、隙があれば上位を喰う可能性もあると思います。ただレベルの高いと一応言われている世代で裏路線組。レベルの高い世代という場合、裏路線組とは差がある可能性のほうが高いです。その辺の力量面が一応不安。それを考慮しても面白い気がしますね。

 

7ディアドラ

売りはレースキャリア。これですね。ただなかなか上位とははっきり差があり、500万下に落としてやっと勝ち。力量的に厳しい気がしますね。乱戦になればキャリアが活きるかもしれませんが基本厳しいです。

 

8ホウオウパフューム

500万勝ちが圧巻でそれが評価されてますが、この時のメンバーは弱めですし、それが前走はっきり出た完敗でした。一度は秋に備えるとしていながら、すぐにオークスに切り替えたのもあまりいい要素とは思わないです。これらの面からまず力量面で不安。続いて陣営が意思統一できてないように感じたのも不安。大きいレースで格下の馬が通用するには人が一丸にならないと無理だと思うので。あまり買い要素もないなという感じで評価は低いです。

 

9ディーパワンサ

2歳時は内容よかったと思ってるんですが、3歳にはいたから2戦全然ですね。まず現状の力量が足りないんじゃないかという点と、勝負事格下の馬が一発明けるには勢いが欲しいです。その点この馬はずっと下り坂であまり買いたいとは思いません。ここにきて一変も考えにくく軽視で。

 

10フラッグスビーチ

一応こっちは逆に勢いがあり連勝でオークスの権利を取ってきました。相手は弱いも前走しっかり勝ち切ったのは評価しなくてはいけないかなと思ってます。厩舎も連勝記録を続けていて勢いも実績も十分。このレースからカワカミプリンセスが勝ったこともあり軽視してはいけないかな。評価しておきたいなというところです。

 

11レッドコルディス

前走は重賞で5着もまだ500万下の身分です。ローテはゆったりレースキャリア3戦は浅いです。前走前に4頭いるわけですしあまり評価できないですね。軽視で

 

12ブラックオニキス

レースキャリアが豊富で2歳時は比較的強い相手に戦えてましたが、この馬もどんどん通用しなくなく下り坂。1秒は負けてないですが、最近もずっときっちり負けてます。距離は悪くないと思いますが、枠の助けもなくここにきて一気に上位に食らいつけるとも思えません。軽視で。

 

13レーヌミノル

快速系の馬で距離は言われますが、まずそこはあまり考えないようにします。スピードは世代屈指で力量は上位。ただ春4戦目輸送2回目は厳しいでしょうね。オークスを視野に入れず桜花賞で仕上げる前提でのトライアル2戦使いだったでしょうから、ここにおつりがあるのかどうかという点では少し疑ってもいいのかなと思います。一般的にみて距離は短いほうがいいだろうにNHKマイルをパスしたのはおそらく2冠を目指すというより、中3週で輸送込みでNHKマイルに仕上げきれないという判断からだと思います。外目の奇数枠もこの馬のスピード気性を考えれば決してプラスとも言えません。とはいえ力量はそれなりに評価したいところです。

 

14リスグラシュー

こっちは逆ですね。春初戦のトライアルは全然走らず、2戦目でしっかり上積み。こっちはレーヌミノルと逆でオークスも見据えての仕上げ工程なんでしょうね。その辺は買い材料になりますし、世代屈指の力量もあります。ただなんかワンパンチ足りないな決め手がないなと感じるところもあります。それを考えても能力面も考えれば高評価したい馬かなと思います。あと枠はよくもないが悪くもないといったところだと思います。

 

15ヤマカツグレース

前走は枠も良く、完璧にロスなく乗って権利確保。ただ1800m2着の時にでもこの距離は長いというコメントは出ている馬です(その後2000mで2着に持ってきた横山騎手はすごいんですが)。今回は外目の枠ですしロスなくとはなかなか難しいでしょう。比較的レース間隔が詰まっているのもあまりいいとも思えません。軽視で。

 

16アドマイヤミヤビ

前走は人気したように、500万勝ちの相手が強いといわれていたこと。そしてクイーンCの完勝で人気になりました。今回がどうかという話ですが、まず500万勝ちに負かして評価されたカデナ、アウトライアーズも今考えればそこまで持ち上げる要素ではなかった可能性もありますし、クイーンCもフローラルマジックとの比較でいえば微妙だった可能性もあります。この辺から戦ってきた馬が強い論調は一度忘れたほうがいいかなというところです。あと前走の惨敗は嫌ですね。勢いの面も嫌ですし、レース内容の面も桜花賞はあまりにパッとしなくて今回は大丈夫という根拠は私は見いだせなかったです。

ただポテンシャルは高そうな馬ですし、友道厩舎は今年芝2400mで勝ちまくっているらしい点も強調材料。デムーロ騎手も魅力ですね。実はやっぱり強かった可能性もありけいしはできないところです。

 

17カリビアンゴールド

前走はきらりと光る末脚で2着の権利取り。ただ勝てなかったことは事実ですし外枠もよくはないでしょうね。前走は権利を取りに来て仕上げてきているでしょうし、ここに上り目はなさそうな点もあります。買いの材料はあまり見いだせなかったです。軽視にします。

 

18マナローラ

500万勝ち。ここではキャリアも力量も実績も劣りあまり強調はできません。走った内容で評価するところはあまりないです。その中でいいところはまず調子がかなり良さそう。あと2400mを経験しているし距離は考慮しないといいましたが、この馬は血統的にはスタミナは問題ないでしょうね。穴でねらってみても面白いかなと思います。

 

という感じで今の段階の印は

 

◎14リスグラシュー

○02ソウルスターリング

▲10ブラックスビーチ

△16アドマイヤミヤビ

 01モズカッチャン

 06ハローユニコーン

 13レーヌミノル

 18マナローラ

 

ということでリスグラシュー本命ですね。ピンと来ない面もありますが、オークスに向けてのローテかなと感じる面がありましたし、一定の自力は保障されているというところで別路線組よりは買いやすかったです。後世代牝馬がレベル高いといわれているのでこういう時は一般的には王道路線と裏路線、差があることのほうが多いです。そう考えると裏路線組を本命まで大胆にはいけなかったです。

ソウルスターリングは桜花賞はもっと評価下げたかったけど対抗になっちゃったという感じでしたが、今回はしっかり評価して納得の対抗です。3番手に裏路線組のブラックスビーチ。裏路線組では底が見えてない点と人の力が強そうというところで。

アドマイヤミヤビは順番をつければ4番手になったというところ。正直今の段階ではこの馬の評価が一番難しいです。直前で変わるのはこの馬の評価だと思います。

あとは桜花賞馬レーヌミノルと鮫島厩舎3頭だしを評価しますが、この辺は頭や相手で高評価というよりは、順番つけたらこの辺で紐という感じですね。

2枠の2頭はその次の評価、3連系の3着紐に入れてもと思いますが、これも配当次第です。

 

以上です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM