夏の2歳Sと持ち時計トップの関連について

  • 2017.09.03 Sunday
  • 19:32

こんばんは。

新潟記念おめでとうくださった方改めてありがとうございました。下界ではまったくいわれないのでうれしいです。

 

と今回はその話じゃない方の重賞の話

昨日競馬コンシェルジュ(グリーンチャンネル)を見てるとこういうやり取りがありました。「持ち時計トップと2歳Sの結果に結びつくかどうか・・」「小倉2歳Sは結び付いてないのは調べたけど・・・」

 

というやり取りです。この時期の2歳S、予想のよりどころがないので持ち時計がある馬が人気になります。ただ昨日のやり取りでは小倉2歳Sはあまり結果には結びついてないようです。過去にこんな記事で(函館2歳Sについて)函館2歳Sについてタイムとの因果関係も調べましたが、全く来ないことはないですが、あまり結果には結びついてないということでした。そこで過去10年の2歳Sと時計に関連性について調べてみようかと思います。

同距離で同じコースで出そうかと思います。小倉2歳Sなら小倉芝1200mの持ち時計についてということです。

 

書き方としては

勝ち馬

当該距離、コースの持ち時計トップ(コースは別で当該距離のみトップの馬が別にいるなら記載)

 

という形で書いていきます。

 

函館2歳S(下記の記事の通りです。コピペを貼るとすごい長い記事になるのでリンクを見てください)

函館2歳Sについて

 

小倉2歳S

2017年

アサクサゲンキ 1:08:8 未勝利勝ち

モズスーパーフレア 8着 1:08:5 小倉新馬勝ち

 

2016年

レーヌミノル 1:09:3 新馬勝ち(新馬勝の中では1位)

キョウヘイ 4着 1:09:0 未勝利勝ち

 

2015年

シュウジ 初1200m

コウエイテンマ 5着 1:09:3 フェニックス賞勝ち

(新馬勝ち組の中ではキンショーユキヒメ8着 1:10:7)

 

2014年

オーミアリス 1:09:8 新馬勝ち

ゼンノイザナギ 4着 1:08:6 未勝利勝ち

(新馬勝ちの中ではセカンドテーブル 7着 1:09:3)

 

2013年

ホウライアキコ 1:07:8 新馬勝ち

ホウライアキコ 同上

 

2012年

マイネルエテルネル 1:08:8 新馬勝(新馬勝の中ではタイムトップ)

クロフネサプライズ 9着 1:08:2 未勝利勝ち

 

2011年

エピセアローム 初1200m

オウケンハナミズキ 7着 1:08:7 未勝利勝ち

(新馬勝の中ではマコトリヴァーサル 2着 1:09:0 )

 

2010年

ブラウンワイルド 1:07:9 新馬勝

ブラウンワイルド 1:07:9 同上

 

2009年

ジュエルオブナイル 1:08:4 未勝利勝

サリエル 4着 1:08:1 未勝利3着

(新馬勝ちの中ではオレンジティアラ 3着 1:08:9)

 

2008年

デクラーティア 1:09:1 フェニックス賞勝ち

メイクデュース 13着 1:08:3 未勝利勝ち

(新馬勝の中ではワンカラット 5着 1:09:0)

 

という感じです。持ち時計1位の成績が2-0-0-8となります。そして馬券に絡んでいる馬は1分7秒台のタイムを出している。と明確に基準があります。(ついでに新馬勝の時計1位の成績に限定すると4-1-1-4となります)

 

続いて新潟2歳S(これはそもそも1600mを使っている馬が少ないですし、新潟となるともっと少なくなります。参考にはなりにくいですが一応出します。)

 

2017年

フロンティア 中京1600m新馬勝 1:38:2

ダンツセイケイ 13着 1:35:5 未勝利勝ち

(新馬勝の中ではマイネルサイルーン8着 1:35:9)

 

2016年(1600m経験馬が4頭のみ。馬券に絡んだのは一番時計の遅いオーバースペック2着)

ヴゼットジョリー 初1600m(1400m新馬勝)

サンライズソア8着 1:35:9 新馬勝 (モーヴサファイヤ13着 1:35:3 中京新馬勝)

 

2015年

ロードクエスト 1:35:7 東京新馬勝

ウインミレーユ 17着 1:35:7 新馬勝(ロードクエスト同上

 

2014年

ミュゼスルタン 1:37:0 新潟新馬勝(新潟新馬勝ち組の中ではタイムトップ)

ディアコンチェルト 13着 1:34:7 新潟未勝利勝ち

 

2013年

ハープスター 初1600m(1400m新馬勝ち)

ダウトレス 9着 1:34:3 新潟未勝利勝ち

(新潟新馬勝ちは出走なし。新馬勝ちで時計トップはマイネグラティア7着 1:37:4)

 

2012年

ザラストロ 1:35:8 新潟未勝利勝ち 

ザラストロ 1:35:8 同上

(新潟新馬勝ちの中ではメイショウオオゼキ4着 1:36:4)

 

2011年

モンストール 初1600m(1400m新馬勝ち)

ジャスタウェイ 2着 1:36:1 新潟新馬勝ち 

 

2010年(1600m経験馬が3頭のみ)

マイネイサベル 初1600m

キッズニゴウハン 8着 1:35:0 新潟未勝利勝ち

(新潟新馬勝ちの中ではヴァナディーズ14着 1:36:7)

 

2009年

シンメイフジ 初1600m

コスモセンサー 13着 1:36:3 新潟新馬勝ち

 

2008年(1600m経験馬が勝ち馬とマイネルウェイヴ2頭のみ)

セイウンワンダー 1:35:5 新馬2着

セイウンワンダー 1:35:5 同上

 

という感じですね。持ち時計一位の成績は3-1-0-6となります。勝ち馬もでてます。ただしと全体的に頭数が少ないというところもありますし昔になればなるほど1600m経験馬が少なくなるのでデータとしてはあまりという気もします。

 後負ける時はどかっと負けていて2,3着が少ないのも特徴かなと思います。

感覚としては軸にするなら頭狙い。紐はあまりなし。という感じですね。

 

札幌2歳S

2017年

ロックディスタウン 1:50:4 新潟新馬勝ち

ディバインブリーズ 11着 1:49:5 未勝利勝ち(新潟 13着 ロジャージーニアス 1:48:1 新潟未勝利) 

(札幌新馬勝ちの出走馬なし)

 

2016年

トラスト 初1800m

エトルディーニュ 4着 1:50:5 未勝利勝ち(函館 タガノアシュラ 8着 1:49:5 新馬勝ち )

(札幌新馬勝ちの中ではディープウォーリア 12着 1:52:1)

 

2015年

アドマイヤエイカン 1:55:1 函館新馬勝ち(持ち時計最下位)

ラブアンドポップ 4着  1:51:2 コスモス賞勝ち (福島 ネコダンサー 14着 1:49:4 未勝利勝ち)

 

2014年

ブライトエンブレム 初1800m

アドマイヤガスト 8着 1:51:2 新馬勝ち(新潟 ミッキーユニバース 7着 1:48:8)

 

2013年(函館開催 大荒れ馬場の時です)

レッドリヴェール 初1800m

マイネルフロスト 5着 1:51:7 コスモス賞勝ち(東京マイネルフロスト5着 新馬勝ち1:49:7)

(函館新馬勝ちの中ではオールステイ9着1:52:4)

 

2012年

コディーノ 1:52:9 札幌新馬勝ち

ラウンドワールド 2着 1:49:4 コスモス賞勝ち

(札幌新馬勝ちの中ではエデンロック3着 1:51:4)

 

2011年

グランデッツァ 1:50:9 札幌未勝利勝ち 

グランデッツァ 1:50:9 同上

(札幌新馬勝ちの中ではベストディール 4着 1:52:0)

 

2010年

オールアズワン 1:49:7 札幌未勝利勝ち

オールアズワン 1:49:7 同上

(札幌新馬勝ちの中ではルルーシュ 4着 1:50:8)

 

2009年

サンディエゴシチー 初1800m

モズ 2着 1:51:8 新馬勝ち (阪神 マイネアロマ 12着 1:48:8 新馬勝ち)

2008年

ロジユニヴァース 1:49:1 阪神新馬勝ち(1800m持ち時計トップ)

テーオーストーム 4着 1:50:1 新馬勝ち(阪神 ロジユニヴァース 同上)

 

となります。当該コースの持ち時計トップの成績は(函館の年あり)2-2-0-6 となっています。昔はよく来たけどここ5年ほどは一歩届かずがつづいているというところでしょうか。

 

ということで簡単にまとめ

 

各場、当該コース持ち時計1位の成績(距離限定、新馬限定は上の記事を見てください。)

・函館2歳S 3-2-0-5(まだ一番来ているよう。例外はあるが1:09:4は一つの好勝負できるか否かのラインの様)

・新潟2歳S 3-1-0-6(そもそも1600m経験馬が昔になるほど少ない。それにしては成績いいかも

・札幌2歳S 2-2-0-6(5年不振)

・小倉2歳S 2-0-0-8(新馬勝ちの時計が1分7秒台だと勝利)

 

・タイムの数字自体にはについては1200mは基準の一つにはなるが、1600m、1800mは参考にならない。

・2年に1度は馬券に絡むのが一番多いケースの様。これが多いか少ないかは個人差あると思うので具体的には触れませんが、少なくとも2回に1回はどんな重賞でも馬券を外すということは覚えておいて損はなさそう。

 

というところかなと思います。もっと早く気づけばよかったんですか。後出しになってすいません。これを早く出していればモズス−パーフレア軽視できましたね。申し訳ないです。ただ忘れないうちに記録は来年に向けて残しておきます。では。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM