予想の仕方(障害未勝利・紐探し編)

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 20:06

障害レースカテゴリー作成記念というわけでもないんですが、一つ記事を書いてみようかと思います。その前にオジュウチョウサンの年度代表馬投票3票入ったことについて少し。正直2,3票は入るんだろうとなんとなくですが思ってました。かなりインパクトありましたから。

では私が投票するならどうしたかというと、結構考えてキタサンブラックに投票したと思います。G16戦4勝はやっぱり尋常でない偉大な記録だと思います。ただオジュウチョウサンに投票する気持ちもすごくわかります。特にオジュウチョウサンや障害レースにとってはこういうオフィシャルの投票で数票でも投票があるということにすごい意味があることだと思うので、そういうことも踏まえてどうするかといわれるとすごく私なら考えたと思います。

そんな中投票された3名の方はは結構世論がどう反応するかわからない中、非常に勇気があると思いますし、障害レースを見ているものから、そういう投票があったことはありがたいことだと思います。そして単純にうれしいです。特に3名のうち2名の方はメディアにも露出の多い方でそういうところを突っ込まれ話さざるを得ない状況になることも考えられますから。

 

これくらいにしておきましょうか本題にいきます。私らしく宇野弥生風に障害について書いてみようかと思います。

 

今回メイショウゴウキの絡みでいくつかコメントをいただきありがとうございました。ただ私も含めてなんですが2着ということもあり会心の一撃とまではいかず皆さん若干不完全燃焼な部分もあったように見受けられました。一応私は馬連と三連複は当たりましたが、三連単や単勝も取りたかったですからね(笑)

こういうとき具体にどういう風に相手探しをしたかということを時系列で出馬表発表の時点から書いてみようかと思います。参考にできるとこできないとこあると思いますが、人の考えをみるだけでも何かわかることはありますので。

 

ということでまず

 

12月上旬に予想の仕方(障害未勝利・応用編(モズカタクラより))←こんな記事を書いたときメイショウゴウキという馬は田村騎手に戻れば買いですよということもついでに書きました。まあこの時に思ったのは、

 

「次にこの馬でるときに見落として他の馬狙い馬にしたらまずいよな。それで馬券にこっちが絡まれたら目も当てられないしださい(笑)」

 

と思って見落とさないように注意はして毎週出馬表はみてました。

 

<1月4日(木)の出馬表発表>

 

この時にメイショウゴウキが田村騎手で出てくることを確認。ほっと一安心。この時に他のメンバーもTargetを使ってみるわけですが、ざっと1,2つ思ったことはあります。

 

・比較的、障害経験豊富で好走歴のある馬が出てくるな。

・平地実績のある初障害もいるな(マイネルディアベルのほうでディライトフルはほとんど気にしてませんでした)

・ウインヒューゲルという馬が初戦勝ち馬と3.9秒差と買いとは言えないけど消しとも言えない程度の走り。実際枠が出て前日予想するときには相手関係や調教、コメントも考慮して買いか消しかはジャッジしないといけないな。

 

くらいのことは目星をつけていました。そして正直、メイショウゴウキから思い切って狙うと決めやすいメンバーだなとも思いました。その辺は後に触れていくことになります。

 

<前日の枠番確定後予想に・・・>

まず前にも書いてますが分類分けを簡単にします。詳細は→予想の仕方(障害未勝利編)

 

まず2つの作業をします。

・出走馬を4つに分類する。
・騎手を確認する。


4つに分類するどう分類するかといいますと
―蘊祿
⊂祿殴ャリア豊富で好走歴のない馬
障害キャリア豊富で好走歴のある馬
ぞ祿殴ャリア1,2戦の馬

 

これを今回のメンバーでやっていきましょう。長くなりますが文章にしてるからで実際慣れてきたら1,2分あれば余裕でできるようになります。

 

1、クリスフォンテン 

上のカテゴリーで言えばまだキャリア2戦ですので4になります。ただ過去2戦。7秒、6秒負けていて今回輸送。陣営もあまり色よいコメントもなくこれはさすがに厳しいだろと思います。

 

2、アドマイヤデライト 

障害6戦で掲示板3回。馬券内1回。前走は大きく崩れてますがその前は0.5、0.7、1.3と勝ち馬との差もそんなにあるわけではありません。勝ち馬と1秒未満で走ったことが2回以上あればそのクラスでうまくいけば馬券に絡む力はあるとみていいと思います。前走大きく崩れて今回休み明け。立て直しているのか、休み明けひとたたきかということはありますが相手の有力候補の1頭でまずキープです。

 

3、スリージェット 

2走前に好走していること、後は前に行く脚質で穴人気していた馬です。ただ障害10戦で馬券内はこの一回のみ。この時もメメニシコリとタガノアーバニティという有力馬はいますがあとは前走8着以下の馬ばっかりで行ってレースなのはわかります。2のアドマイヤデライトよりはさすがにはっきり劣るなという評価はしておきます。

 

4、ニホンピロボーラー 

一部で話題になった落馬をした後のレースでした。そもそもの話をすれば障害8戦で3回3着。勝ち馬と0.4秒差というのも2回ありそのうち一回は4着ということで8回中4回は勝負になるレースができているということになります。ただ落馬明けでした。ここからは私の経験の話ですが、こういうレースの後の高田騎手はおそらく後方でためるかもういききってしまうかどっちかだとは思っていておそらく後方で控える方を取るだろうとも後出しになりますが思ってました。それで勝負圏にこれるかどうかということや逆に確率の少ないハナにいったときはどうだろうということ。後この馬自身の特徴としてゴール前ですごく甘くなるというのも頭にありました。高評価はするけどどうだろうということでキープです。

 

5、テイエムグルービー 

初障害でわからないところはありましたが、厩舎も佐久間騎手も初障害から走らせる印象もないなあくらいに思ってました。信頼できる方が押されてましたがそれは直前に気付きましたし、個人的には厳しいなあという感想であまり買う気はこの時点でなかったです。

 

6、ディライトフル 

私は競馬ブックスマート使って予想していますが、えらい支持されているなと思いました。正直見てませんし見方も今一つ分かってませんがおそらく障害試験の時計もよかったんだろうなと勝手に推測しました。平地OPくらいの馬がこれくらい圧倒的に印がつくことはあるんですが1000万下アップアップレベルでこんなに初障害から印がつくこともあまり記憶になくノースヒルズも障害に積極的な馬主さんだけに単純に不気味だなという感想はありました。本音の本音は「これ飛んだらいいのにな」でしたが(笑)

 

7、マイネルディアベル 

こっちのほうが平地力ある馬ですし、木曜時点で初障害で警戒してたのはこっちでした。ただ初障害の成績が良くない山本騎手でしたし、輸送もある関東馬でしたし、初戦は人気だけすってくれたらいいなくらいに思ってましたね。あまり買いたくないな。抑えでワイド100円流したら十分だろうくらいに思ってました。

 

8、シンボリダルク 

障害初戦で大きく負けてましたし、前走がスマートガルーダ2着のレースの後方から後方って内容。一周まわってスマートガルーダを本命にしちゃうようなレースでこの体たらくでさすがに2戦目で一変とかないだろとは思いました。クリスフォンテンよりはましかなというところでした。

 

9、ウインヒューゲル 

個人的にはちょっと警戒してた馬でしたが、まず前走見たらシルバーソードのレース。近い着順を走っている馬や上位の面子をみてもちょっとこの相手に3.9秒負けてたら上積みあっても厳しいなと思いましたし、何より陣営のコメントが全然脈がなさそうで、小坂騎手もこういう感じの馬を2戦目ですぱっともってきたのもここ1,2年ではあまり記憶にないので結論はこれは軽視でいいかとなりました。

 

10、ベストサポーター 

障害レースを10戦走っていて、大体そこそこ好走初めのうちは馬券に絡むほど走っていてしばらくちょっと低迷。ただここ3走ほど落馬もありつつ勝負圏内に来ていて、この中では珍しいはっきり上り調子の馬でした。人気も当然ですが、まず関東馬の関西輸送で関西馬相手というのも嫌でしたし、金子騎手は人気に弱い騎手なのでそこも不安でしたね。あと西村新一朗さんのこの勝負服、レジェンドパワーといい勝つ気があまりしないんですよね。あまり評価したくない(笑)それをおいても相手という点では評価しなければということでキープです。

 

11、メイショウゴウキ 

ご存知の通りです。田村騎手に戻って障害3戦目で勝負気配あり。本命です。

 

12、シゲルボスザル 

障害5戦で馬券内はないも2度0.4秒差の競馬。これは平地で言えばクビくらいの差とみていいくらいの差でチャンスはある馬ということはわかります。植野騎手に替わりますが、植野騎手はシゲルの馬によく乗りますし年末から調教に乗ってたようですから準備のある乗り替わりだろうとも思いました。あとは走る、走らないのリズムで来ている馬で今回は走る番だなとも思いました。気になったのは前走メイショウゴウキに負けてること。メイショウのほうは確実に上積みはあるとみていたのでちょっと厳しいかなとは思いました。ただ相手では評価ということでキープです。

 

13、セガールフォンテン 

ゴーカイの仔で障害ファンが買いたがるような馬です。6走して5回は2秒以上負けていますが、一度3着0.9秒差に来た時は中山コースと本場のほうがよさそうなタイプで穴人気していました。ただ現実問題6回中5回は2秒以上負けているということはありますし他にも有力馬がいるメンツでまあ無理に評価しなくてもというのが私の感触でした。

 

となり

.謄ぅ┘爛哀襦璽咫次▲妊ライトフル、マイネルディアベル

△覆

アドマイヤデライト、スリージェット、ニホンピロボーラー、ベストサポーター、シゲルボスザル、セガールフォンテン

ぅリスフォンテン、ウインフューゲル、メイショウゴウキ、セガールフォンテン

 

となります。ここからは

→→,稜呂能腓防床舛垢詛呂鮹気擦个いい隼廚い泙后(2は消しです。)

ということで

 

まず

1、△今回該当にいない。

 

2、い稜呂鮓る。

本来はここから本命馬探しをするんですが、今回は「メイショウゴウキを買おう」と決めているので他の3頭に対する取捨です。上で触れているようにクリスフォンテン、シンボリダルクはさすがに無理ということで消し。ウインフューゲルもまあないと思うけどゼロとは言い切れない。ただかなり軽視ということはありかろうじてこの馬だけ残します。

 

・ウインヒューゲル

 

3、の馬を見る。

今回上でキープしたいとした4頭(ニホンピロボーラー、シゲルボスザル、アドマイヤデライト、ベストサポーター)はとりあえず評価。スリージェットやセガールフォンテンはこの2頭よりは劣るという評価です。

の馬についてはA〜D評定をするとAはメメニシコリとかあの辺の馬で今回のキープしたい4頭はBくらいのレベルにある馬だと思います。スリージェットやセガールフォンテンついてはDに近いCくらいだと思いますのでそうなると、この2頭は軽視となります。

 

キープした4頭には一長一短があり正直これが有力と一頭決めつけて評価はできませんでした。ただ4頭もいたらまとめて全部崩れることもないだろうとも思ってました。1,2頭なら不安で別の選択肢もあったでしょうが。そしてそれなら4頭同じ評価でべたっと流して「高めこい!」でいいかと思えました。

 

もうひとつ話をそれて触れますとセガールフォンテンの飛越もうまくて本場で成績が上がりそうとというところは例えば、今回上位でとった馬が4頭じゃなく1頭しかいなかった(B評価1頭、C評価が5頭みたいな構成)場合1頭だけ信頼するのも怖いしということでC評価から1頭何かを拾い上げる作業が必要になることもあります。そういう悩んだ時に使えばいい話だと思います。明らかに数字の上で成績のいい馬が数頭いるのに特殊技能の部分を必要以上に評価して拾い上げる必要もないです。

直球で勝負できるときは直球で勝負しましょう。特殊な変化球は困ったときに頼ればいいと思います。

 

4、,稜呂鮓る。

こうなった場合3で4頭拾いましたが一長一短あり、正直不安もありますし、似たタイプでもあるので、私はこういう時は全然違うところから一頭いれたいなという発想になります。そうなると障害キャリアの浅い馬か初障害になりますが、上で触れている通りキャリアの浅い馬は正直厳しい。そうなると初障害になりテイエムは厳しい。マイネルもあまり・・となると、人気ですが不気味なディライトフル入れとくかとなります。飛んでほしかったですけど。

 

という感じでメイショウの相手はアドマイヤデライト、ニホンピロボーラー、ディライトフル、ベストサポーター、シゲルボスザルの5頭になりました。

 

あと何頭かちょっと嫌だなと思った馬(スリージェット、セガールフォンテン、マイネルディアベル、ウインヒューゲル)についてはワイドを100円ずつ流しておきました。いわゆる複勝の替わりです。他の3頭についてはないと思えたので無理に抑える必要なし。嫌だなと思った4頭へのワイドは本当に保険の抑えの馬券です。たくさん崩れたら浮上しないとも言えないのでただ自分の中では評価してない4頭なので別にこの馬がきて配当もいらない。投資額に対しては少しガミル程度は帰ってくるしということでそこは割り切りました。

 

そして本線はメイショウから5頭に馬連、三連複一頭軸流し。あとは初障害のディライトフルを外した3連単1着1頭軸流し(12点)。そしてメイショウの単勝を買いました。強弱については今回はつけずにべたっと買って高め待ちにしました。

 

三連単でディライトフルを外したのは初障害ですしいわゆるピンかパーかと思ってたのであまり2,3着の発想がなかったということです。ただいまから考えたらそう考えていたならディライトフル→メイショウ→の4頭の3連単くらいは買っててもよかったかなとは思いますがまあそれは仕方ありません。

 

という感じで馬券を構成していて。まあそこそこ見返りはありました。こういう感じで相手探しをしています。長くなりましたが慣れてきたら目で見てぱぱっと判断できるようになります。正直すぐ終わりますし平地の予想より楽だと思います。

 

参考になるかどうかわかりませんがこういう人もいるんだと思ってみてください。では。

コメント
素晴らしいです。
今回の記事をJRA-VANを起動しつつ、じっくり拝見しました。予想に至るまでの考察は感服致しました。
私は10年以上障害レースから遠ざかっていますが、早速今週から取り組んでみたいと思った次第です。
大変参考になる記事の執筆、ありがとうございました!
  • 闘争
  • 2018/01/10 1:49 PM
私も年度代表馬投票するならキタサンブラックです。あまり迷いません。

オジュウチョウサンは確かに歴史に名を残せるほどの偉業ですが、2017年JRAの重賞G1戦線を盛り上げ続けたのはキタサンブラックです。
怪我をして離脱していた期間が個人的には減点ですね。たまたまその期間内にJG1が無かったというツキもあの記録には含まれていると見ます。

レースの見応えとしても中山大障害のインパクトは大きいですが、春秋天皇賞のキタサンブラックの走りを見れば甲乙つけがたいと感じます。暮れの印象だけで決めてしまってはもったいないと感じます。

時代が違えばもちろんオジュウチョウサン投票もあり得るでしょうね。
  • でっとーり
  • 2018/01/10 5:00 PM
今回の年度代表馬はキタサンブラックでしたが、戦績からしても当然だと思います。

個人的にはオジュウチョウサンの戦績や偉業には敬意を表しますが、やはり現状では障害馬が年度代表馬になるにはハードルが高いんじゃないかと思います。各部門で漏れたけどすごい結果を残したってことであれば特別賞受賞という可能性もあるんですが、これには当てはまらないのでとても残念だけど仕方ないことだと思います。

ただこの先引退した時に特別顕彰される可能性はあると思います。それぐらい凄い馬だと思います。

  • リベルテ
  • 2018/01/11 1:13 AM
かなり昔の障害に400万下条件のレースがある頃にはよく買っていた記憶があるのですが、未勝利→オープンとなってレースが少なくなりいつの間にか出馬表すら見なくなってたのですが、ここ最近は誰かのおかげで(笑)食い入るように出馬表を眺めてます。
オープンクラスはとても当たる気がしないのですが少額買ってます。
オープン戦の未勝利上がりの取り扱いが難しすぎる(泣)
レースレベルの判断材料ってありますか?
  • オグリ
  • 2018/01/11 11:17 AM
>闘争さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

そういっていただけるとありがたいです。障害レースは馬券的によくわかんねえといったところが一番ネックになってるのでなんとかわかりやすくとは思ってます。当てやすいですし。はじめは小額からでも楽しんでいって頂ければと思います。

>でっとーりさん
>リベルテさん

コメントありがとうございます。似た話ですし主題とは外れた話ですのでまとめて返事させてもらいます。

いろんな考えがあると思います。今回に関しても結論キタサンブラックになった方でもオジュウチョウサンを考えた方、キタサンブラックにはJCで先着して1戦1勝のレイデオロとかを考えた人もいたとは思いますし。考えることは自由ですからね。

ただ難しい問題だなというのは自覚していて、この記事で書いたときも、こうしてコメントを返しているときも少し言葉を選びつつ書いてますからね。そんな投票をSNS全盛のこの世の中でした3名の方は思い切ったなとは率直に思います。つるし上げにあった可能性も当然あったわけですから。この投票に関してはその投票の是非よりそういうことを私は先に考えてしまいました。

こういう難しい世の中だからこそ昔は良かれと思って取り入れた投票記者の公開制も今は少し考えなおしてもいいのかなとも思ったり。名前が出ることで今は記者の本音の投票より世論はこうだろうという形で投票してしまった人もいるんじゃないかとふと思いました。ただそうすると不思議投票もまた出るかと思ったり。難しいところですね・・・。一番強い馬、すごいと思った馬に投票するだけの話なんですが。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/01/11 9:22 PM
>オグリさん

コメントありがとうございます。

一人でもそういう方が増やせただけでもこういうことを書き続けた意味あったのかなと思います(笑)
個人的に障害未勝利で一番訴えたいのは馬券の簡単さですので。

OP難しいですね。個人的には実績馬と勢いのある馬で選んでますね。私も未勝利ほどは当たりませんがそれで人並以上は当たると思うので。

後は昔の記事で書いてますが、東京中山は外枠は不利ですのでその辺の出し入れとかも気にしますね。

未勝利上がりの馬についてはキャリアが浅くてメンバーそろったところを勝った馬は警戒するという感じですね。あとは勝った後のコメントが競馬ブックスマートで見れるので予想時にそれを見てOPでの感触を探るというところです。

あとは未勝利をなかなか2,3着続きで勝てなかった馬が勝ちあがったときにOPでも相手なりということはあまりない気がします。相手なりにきっちり負ける印象です。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/01/11 9:31 PM
早速のご教授ありがとうございます。
自分なりに考えてもなかなか答えが見つからなかったので助かります。
  • オグリ
  • 2018/01/12 12:33 PM
ルメール、デムーロがいない分悩む要素が少ないです(^_^;)>障害戦
今年からちょっとだけ手を出してみようかと思います。
  • アダチ@おかやま
  • 2018/01/12 1:17 PM
>オグリさん

コメントありがとうございます。

ご教授というほどのものでもありませんが。基本平地と同じアプローチで大丈夫だと思いますよ。

>アダチ@おかやまさん

コメントありがとうございます。

悩む要素は圧倒的に少ないと思います。ある程度把握・想像している範囲の中で決着が起こるのが予想の上では魅力だと思います。

初心者が予想の基本を学ぶには本当におすすめですけどね。
  • 競馬ふぁん
  • 2018/01/12 6:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM