障害未勝利戦予想用記事

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 23:46

さてとりあえず休み前の最後の記事。いろいろ障害未勝利について予想用の記事を書いてバラバラしてるので見やすいようにまとめます。ってだけの記事。

予想の仕方を書いて、キャリアの浅い馬を狙う根拠や深い馬を狙えるタイミングや初障害の騎手成績とかも下に張ってます。

ばらばらに合ったものをある程度まとめて予想するときにこの記事だけである程度整理できるようにということで作りました。参考にしていただいている方はこの記事をブックマークしていただければ今までよりは楽になったと思いますというサービス記事です。

 

(障害未勝利の予想のとっかかり)予想の仕方(障害未勝利編)より

 

・出走馬を4つに分類する。
・騎手を確認する。


まずこの2つを行うことになります。4つに分類するどう分類するかといいますと
1、初障害
2、障害キャリア豊富で好走歴のない馬
3、障害キャリア豊富で好走歴のある馬
4、障害キャリア1,2戦の馬


この4つにわけます。その中で順に取捨していきます
1、2の馬を消す(よほど買いの材料がない限り消しです。)

2、1の馬の取捨。
初障害は難しいですが基本は消しでいいと思います。「平地力があるから〜」で売れている馬もいますがこの要素は障害予想にいりません。むしろ未勝利の馬に印がついてたら何かセンスあるのかなということで注意すればいいかと思います。初障害については騎手によって成績に癖があります。過去に障害未勝利戦における初障害馬騎手別成績についてという記事を書いたことがあります。私の取捨は主にこれで行っております。ここで簡単に書いておくと北沢、高田騎手は積極的に買いましょうということです。
後、障害試験の時計とかありますが私は全く参考にしてないです。別に遅くても受かればいいものですから。速い馬はいいんでしょうけどそういう馬は馬券売れるしあくまで試験だし。ということで馬券的においしくない。結論消しでいいという判断です。

3、3の馬の取捨。
これは平地の予想と一緒でいいと思います。近走の内容とコース実績を抑えて3の馬の中で評価をつける。その中で下のほうの馬は消す。ということで。あと一つ触れておきたいのは障害はずっと掲示板くらいには来て馬券にも絡むのに何十戦勝たないような甘い未勝利馬が大体の時期に存在します。こういう馬は本当に勝ちません。今度こそとは思わない。ってことは大事かなと思います。

4、4の馬の評価
これが一番大事になります。目安は緒戦で勝ち馬と2秒程度以内の負けの馬を積極的に狙っていく。これが軸馬選定の大軸となります。キャリアの浅い障害馬は基本上積みあると思っていいと思います。やはり障害緒戦は言葉は悪いですが初戦からガンガン勝ちに行くということは少なく、初めは慎重に乗ることが多いと思います。こういう馬から妙味が出てくると思います。2秒前後の負けなら次で全然上積み見込めます。その中でもう少し突っ込んだポイントを書くと
障害未勝利における初障害馬の騎手別成績について(2018年改訂版)で成績の良くなくて、実際の障害リーディングの上位にいる騎手。こういう騎手は要するに緒戦は慎重。2戦目以降で勝負というスタイルということです。山本騎手とか傾向として出てますね。
・前で競馬した馬より、位置取り後ろからレースした馬。これもはじめは慎重に運びましたという証明です。2戦目で積極的になることはよくあります。

この順で評価して4→3→1 の馬で評価する馬を探せばいいと思います。

 

(深く書いている具体例。興味のある人は)

予想の仕方の実践例(障害未勝利編)
予想の仕方(障害未勝利・応用編(モズカタクラより))

予想の仕方(障害未勝利・紐探し編)


次に騎手ですね。
熊沢、高田、西谷、白浜、五十嵐あたりの騎手は障害になじみがなくても知ってるのかなと思います。これらの騎手にもちろん上手いのですが、替わるのが単純に鞍上強化というのではなく障害はまず出走するために障害馬を作るという過程があり、その馬を作った人優先というのがあると思います。どういうことかといえばレースが比較的代打だと消極的になるように見えます。OPではさほど感じませんが未勝利レベルでは顕著であると思います。理由は
1、未勝利だとキャリア浅いのでその馬のことがよくわからない。
2、代打で乗ってキャリア浅いうちに自分が変な癖をつけられない

個人的にはその2つかなとは思ってます。とにかく代打でガンガン勝ちに行くというケースはあまりないように思いますので、その辺は頭において予想すればいいかなと思います。誰が障害緒戦時の調教欄で障害試験を通したかみたいなところを把握しておけばなおいいですが、そういうのは毎週みてると厩舎と騎手の関係とか馬の回り方とかそういうのでなんとなくわかってくるようになります。あと関西は競馬ブックの山田TM(https://twitter.com/rikobook)、関東は競友山下TM(https://twitter.com/ku_yamashita)のツイッターでも出てますのでそれで確認されるのもいいかなと思います。

あとはやっぱり成績の上がらない騎手はなかなか来ません。それも追記して書いておきます。

あとは最近は施工自体が少ないですが東京、中山の未勝利コースは外枠がかなり不利。っていうのも頭においておけばいいと思います。

 

<詳細について>

(障害キャリアの浅い馬を狙いましょうという根拠ぁ

障害未勝利における勝ち上がりキャリア数について

 

勝ち上がりにかかった障害戦の出走数。

 

全195戦

 

初戦 23

2戦  38

3戦  38

4戦  24

5戦    14

6戦  22

7戦  8

8戦  4

9戦  4

10戦  3

11戦以上 16 

 

(そしてキャリアの多い馬が勝つ特徴)

障害未勝利を11戦以上走って勝ち上がる馬の傾向について(修正あり)

 

わかりやすい競馬場別。

<競馬場別>

11勝 福島 阪神

10勝 中山

07勝 新潟 東京

03勝 中京

02勝 小倉 京都

 

これ勝率にすると

5% 福島

4% 阪神

3% 中山

2% 新潟 東京 中京 小倉

1%未満 京都

 

そして騎手。

5勝 山本

3勝 浜野谷、植野、高野、平沢

 

なんとなくイメージ通り。こういう馬を勝たせているのはこの人たちです。

 

もう一個面白いのは勝ってない人もいます。誰でしょうか

黒岩、白浜です

 

(初障害,砲弔い董

障害未勝利における初障害馬の騎手別成績について(2018年改訂版)

血統別初障害馬成績

 

順位 騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 北沢伸也   8-  6-  4- 58/ 76 10.50% 18.40% 23.70% 175 86
2 熊沢重文   6-  6-  4- 57/ 73 8.20% 16.40% 21.90% 40 67
3 五十嵐雄   5-  9-  6- 97/117 4.30% 12.00% 17.10% 46 53
4 高田潤   5-  5-  3- 27/ 40 12.50% 25.00% 32.50% 72 68
5 平沢健治   5-  4-  9- 56/ 74 6.80% 12.20% 24.30% 133 107
6 小坂忠士   5-  4-  1- 46/ 56 8.90% 16.10% 17.90% 81 73
7 西谷誠   5-  3-  6- 54/ 68 7.40% 11.80% 20.60% 43 62
8 白浜雄造   5-  2-  2- 42/ 51 9.80% 13.70% 17.60% 86 51
9 植野貴也   4-  4-  9- 63/ 80 5.00% 10.00% 21.30% 201 157
10 石神深一   4-  2-  8- 83/ 97 4.10% 6.20% 14.40% 94 67
11 高野和馬   4-  2-  0- 82/ 88 4.50% 6.80% 6.80% 138 38
12 草野太郎   4-  1-  3- 93/101 4.00% 5.00% 7.90% 169 57
13 林満明   3-  5-  3- 56/ 67 4.50% 11.90% 16.40% 70 66
14 浜野谷憲   3-  1-  1- 59/ 64 4.70% 6.30% 7.80% 163 51
15 黒岩悠   3-  0-  2- 60/ 65 4.60% 4.60% 7.70% 77 75
16 森一馬   2-  3-  2- 46/ 53 3.80% 9.40% 13.20% 66 73
17 小野寺祐   2-  0-  0- 43/ 45 4.40% 4.40% 4.40% 64 16
18 中村将之   1-  5-  4- 65/ 75 1.30% 8.00% 13.30% 60 79
19 金子光希   1-  3-  6- 64/ 74 1.40% 5.40% 13.50% 118 110
20 山本康志   1-  2-  5- 85/ 93 1.10% 3.20% 8.60% 23 51
21 蓑島靖典   1-  1-  1- 57/ 60 1.70% 3.30% 5.00% 26 33
22 大江原圭   1-  0-  4- 65/ 70 1.40% 1.40% 7.10% 10 26
23 江田勇亮   1-  0-  2- 36/ 39 2.60% 2.60% 7.70% 19 45
25 難波剛健   0-  2-  4- 62/ 68 0.00% 2.90% 8.80% 0 43
26 上野翔   0-  2-  2- 70/ 74 0.00% 2.70% 5.40% 0 31
27 田村太雅   0-  1-  4- 51/ 56 0.00% 1.80% 8.90% 0 54
28 佐久間寛   0-  1-  3- 19/ 23 0.00% 4.30% 17.40% 0 128
32 原田和真   0-  0-  1- 11/ 12 0.00% 0.00% 8.30% 0 51
33 大庭和弥   0-  0-  0- 18/ 18 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
35 鈴木慶太   0-  0-  0- 39/ 39 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

 

1北沢・高田騎手が成績、回収率ともにぶっちぎり。
2上位は軒並み関西上位から中堅騎手で占められている。(東が微妙。)
3複勝率ベースでみると平沢、熊沢、植野も良好。
4白浜騎手も全般アベレージよし(白浜騎手については別の傾向もあります)
5関東上位は五十嵐騎手のみ。ただし成績アベレージはかなり悪い。

6東の上位騎手山本騎手は明らかに初障害は成績がよくないです。
7高野騎手は東の中ではましなほう。
8中村騎手、金子騎手は複勝はあっても頭なし。
9大江原、小野寺騎手は今のところ基本いらないで大丈夫。

 

という補足に加えて

10回収率ベースでは今のおすすめは平沢、植野

11石神は数字をあげている騎手。東では数字以上に注目だと思います。

12難波、上野、田村、佐久間(そして鈴木慶)あたりははっきり悪いですね。軽視でいいと思います

 

そして血統では

・ケイムホーム、スウェプトオーヴァーボード、サウスヴィグラス、そしてリンカーンあたりがからっきしなのは覚えておいて損はなさそう。

・ゼロではないもののジャングルポケット、マツリダゴッホ、ゴールドアリュール、ダイワメジャー、メイショウボーラー、スペシャルウィークあたりもむごいですね。

・一応勝ち馬をだしているもののハーツ、ステイゴールド、ネオユニヴァース、マンハッタンカフェもあまりよろしくはない。要するにサンデー系種牡馬が全般あまりよくないですね。特にパワー型に触れているサンデー産駒が特によくない印象。

 

・いいほうで言えばいい馬が多いからでしょうがディープインパクトはいいですね。そしてシンボリクリスエスははっきりいいですね。そして今日走ったパッシングブリーズのクロフネもいいですね。あとはキングカメハメハも合格点以上の成績です  

 

(その他:レアケース当日騎乗変更について)

騎手変更時の成績について(障害)2017バージョン

 

1-1-2-59(勝率1.6/複勝率6.3/単回収率5円/複回収率21円)

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM