年末年始の動向について

  • 2019.01.04 Friday
  • 02:00

さてこんばんは。

 

次は毎年恒例。とりあえずこのブログを店じまいしてから今日まで何してたかだらだら書くいつもの記事です。ちょいちょいツイッターのほうにもぼそぼそ書いてるので知ってる人はいるでしょうが改めて。

 

(有馬記念が終わって)

12月24日は競艇のグランプリ。賞金王決定戦。この日は引きこもってボートするぞと決めてしてました。結果は全国のボートレース購買者にクリスマスプレゼントで小銭をいっぱいばらまいてきました。クリスマスイヴですからね。サンタさんになっちゃいました。ここで有馬記念の勝ち分は飛びましたね。

 

(その後12月28日まで)

仕事帰ってからナイターのボートをちょいちょいやってちょいちょい負ける。ターンマーク毎に一艇身詰められて最後抜かれるような感じ。ホープフルの日は仕事してたので完全スルー。

12月28日開催についての有無はまあ仕事で買ってないですからね去年も。お金を出してないのにどうこう言う気はないです。ただこんなにギャンブル好きな人も購買意欲がなくなっている事実は事実でありますわね。

WIN5すごい売れましたよね。WIN5ってグループ買いがどうしても付きまとうと思うんですが、これについてはグループ買いをするにあたって一番のネックは会社コミュニティにいる間に枠番が確定しないこと。金曜の昼休みの時点で全部枠が決まってるのと決まってないのではだいぶ違うと思う。これでかいと思いますよ。WIN5を売るという面で。個人的には12月28日の2日前の出馬表確定みたいにもう毎週木曜の時点でWIN5販売レースは枠番確定させてもいいと思いますけどね。それだけでも売り上げ違うと思いますよ。

今回はいろんな要因はあったと思いますが、こういう要因も少しはあったと思いますよ

 

そしてホープフルの回顧はまたあとでしますね。

 

そしてヤングジョッキーなんちゃらについて。高知(短期免許園田)の松木騎手が勝ちましたね。高知で見てる分には下手だなと思いましたが、園田ではそれほどは感じず。順調に成長はしているようです。

 

28日の夜は競馬barそのままさんの忘年会におおむね私が好き勝手喋らせていただいて、おおむね楽しく過ごさせていただきました。皆様にぎやかですいませんでしたm(__)m

 

(29日以降)

29日は朝から決めていた園田に。グランドオープンでとてもいろんなところがきれいになってます。すべてがきれいになってる感覚です。個人的にはどの席の横にもお茶をいれる場所が作られていたのが衝撃で便利でした。ぜひ皆様も園田競馬へ(お前は何もんなんだ。)

 

園田は一番の会心のヒットはキャッシュレス投票関連の抽選でカタログギフト3000円分をゲットしたこと。こういう抽選当たらないんですけどね。中の人にもびっくりされてなかなかいい気分。キャッシュレス投票に登録してよかったです。

ちなみにですがこの20分後には3レースで3000円負けてチャラになるんですが。

トータルではどうだったかというと。まあそっとしといてください。次に行きましょう。

 

そうそう。この日は飯田厩舎が2勝。実は飯田調教師とは開業前に2度ほどお会いしたことがあって初出走の馬券も買って応援にいった(それがなくても園田にはいったんでしょうが)んですが、あれから数年リーディングもとられるとうれしいですね。おめでとうございました。

 

この日の夜も競馬barそのままさんの忘年会へ。この日は28日よりは抑え気味にですが楽しくお話させていただきました。皆様ありがとうございました。

 

そして寝て起きて帰省。帰りながら園田をちまちま買ったりしてついてから競輪グランプリを購入して観戦。狙いは近畿が4車なので脇本がおそらく主導権を取って近畿で1着は決まる。ただ村上兄にはもう頭まで来る力なし。弟はもっと無理ということで脇本が逃げ残った時は紐に三谷が残るということで「脇本-三谷=(気の利いたところ)」という目と三谷が交わしたときは脇本が消えることも想定して「三谷-脇本・浅井・新田・平原-脇本・浅井・新田・平原」。そして三谷ー脇本だけ3着に村上兄をくっつける車券でなんかうまくはまって2万車券。

いやあうれしいですね。完全にあぶく銭ですからね。こういうお金本当にうれしいんですよ。競馬でいままでで一番うれしい馬券を聞かれたら私は大体「レース番号買い間違いで当たった10万馬券」って答えてます。完璧な予想とか予想をしっかりしてもっと大きい額もあるんですがこういうのは「もうちょっとうまく買えばもっと儲けられたのに」ということや「せっかく買ってるのになんで勝ち逃げせずあともだらだら馬券買ったんだ」とか何かしら気分良くても後悔がひっかかるんですが買い間違いはあぶく銭ですからね。心おきなくうひゃひゃとはしゃいでぱあっと使えるわけですよ(笑)。

競輪もそれに近いものがあって正直よくわかってないからあとから全く分析もできないしただただ当たったという事実だけで楽しいしかないですね(この車券もいい狙い方なのか、セオリー通りなのかとか全くわからない。親しい人にも詳しい人はいないから聴けないからよくわかんねえで完結です(笑))

とにかく楽しかったです。

 

そこから今日までは帰省でおとなしく過ごしてました。それでもちょいちょい買ってましたが31日は園田で買って、レディースクライマックスもちょっと買って、ナイターでちょっと負け。トータル+。

1日はちょっとだけボート買って負ける。2日は結構きっちり園田を負ける(初あたりは出ました。)。ボートはちょっとだけ買いまして全部外しました。今日はボートで少し負け。園田は新春賞のみで外す(本命4着)。

とだらだら書きましたが今年に入って非常に調子が悪いです。クリスマスプレゼントに続いてお年玉もばらまいてますね。私、年末年始なかなかナイスガイです。

個人的にはクイーンズクライマックスはシリーズの若狭選手が印象に残る。平和島でFもちで向かい風ビュンビュン吹いてて、しっかりスタート2本決めてるのも見事ですしまくられてもてんぱらずに2着確保は見事でした。いい意味で女子っぽくない普通の選手で好感でした。あと塩崎選手はすごいですね。なんだかんだで優勝していきますよねこの選手。産休明けとか要所要所でシッカリ買勝ってくる印象。女子が強いとはいえない三重支部でなく、岡山とか四国だったらもうすでに結構な選手だったような気がする。レースもしっかりしてるけど何より勝負に強い印象がある。準優勝戦はあれでしたが優勝戦は本当に見事でした。

 

競馬以外ではアンナチュラルってドラマの再放送が面白かったです。初めから見たくなったというところや箱根駅伝をみんなで見ていて「タイム」を「時計」といったり、「順位」を「着順」といったり、競馬がちょいちょい出て失敗したなということ。

平成ネット史というEテレの番組がなかなか面白かった。競馬も古い文化、消えていった文化についてはここでもちらほら書いてますが、ここ10数年でネット系文化内外になりそうですが、ファミコンで馬券買うとかモバホーとかデータ放送で馬券買うとか競馬FLASHとかえるえるさいずとかもう死につつある文化、死んだ文化はあるので今こそ掘り返して振り返るのも面白い気がする。グリーンチャンネルさんはしないでしょうが

あとはフレンドパークを久々にみた。ゲーム云々より深田恭子や常盤貴子のようなきれいな女性がうれしそうに笑っているのをみてるだけで楽しいですねおじさんは(笑)。あとは高畑充希さんには今年もJRAのCMよろしくお願いしますという心境でみてましたね(笑)。

 

という感じで終了。また書きたいことがあればくるかも。ちなみに今日は夕方に帰ったあとは出馬表を見てその後、いろんなデータの解析をしてました。実は帰省中もあるブログの記事用にネタ帳のようなものをつけてある程度しらべることを決めつつまとめつつ過ごして、帰ってからはいろいろデータを抽出してみたり表にまとめたりしていました。

実はブログ記事、決めたら一気に調べて一気に書き上げます。思い立ったら帰ってから5秒で書いてる勢いで書いたものを寝かせることはあるんですが、書こうと決めてから書きだす前に10日ほどラグがあることはなかったですね。大体1,2日でまとめます。この時期だからこそそうなったんですが、そういう形で構成してどうなるか自分でも楽しみですね。明日以降データをいろいろ整理して使う使わないの取捨をして記事になっていくと思います。

 

ではさようなら

 

2019年よろしくお願いします

  • 2019.01.03 Thursday
  • 17:59

少し遅くなりましたが新年のあいさつ。2019年よろしくお願いします

 

去年、その前のコピペになりますが、新年早々、こんな素人の競馬ブログのぞいてくださりありがとうございます。これも例年のことですが「予想」「感想」「データ」をベースに、時々「予想の仕方や考え方」「雑談」で構成していこうと考えております。私が少し変わっている人間なので興味のある話も少し変わってます。読まれる方にとって興味あること、ないこと混在するブログになると思いますが、上手に興味ある話を物色していただいて馬券に雑談ネタに使っていただいたらと思います。宿題をいただいている話もあるのでその辺もおいおいやっていきたいですね。

 

そして今年の抱負としては健康に気をつけるとか、バックギャモンの例会とかにいってみたいなとかそういうことはありますが、競馬は正直ないですねえ。まあ目標現状維持で(笑)。そんな中で時々ラッキーパンチが当たって1年楽しく競馬ができればいいなあくらいで高い志はないです(笑)

あとは40歳になるんですよね。30歳になる前に先輩に、「30になったら自分のことだけ頑張ってても人は評価してくれないよ。人のことも考えられないといくら頑張っても周りの評価はどんどん下がるから」といった話を全く人の評価を気にしない私にされたことがあります。ただまあ実際そうだよなと思って10年過ごしましたが40歳では何を考え方でバージョンアップさせましょうか。それもこの1年で模索して人生の折り返し地点を考えていきたいですね。

 

去年は障害に馬券を寄せるとか書きましたが途中でやめました。というのも障害が悪かったから。この辺は柔軟に対処できましたが障害未勝利はピントがずれたままゴールしたんでその辺をうまく合わせたいですね。それは目標ですね。そこは頑張ります。

 

ということでさらっと書きましたがとりあえず。年末年始何あった記事に、宿題いただいている話。そして予想を順不同でばらばらこの4日ほどで出していきますのでよろしくお願いします。

 

 

いろいろ雑談

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 23:30

こんばんは。今年も無事に年末を迎えられそうでよかったです。

 

ということでいろいろ雑談。実は2,3データがでるんじゃないかと思った話が全部ボツりました。3つも外すのとかなかなか最近では記憶になし。今年はないはず。勘が鈍ってるのかねえということを踏まえて雑談でつなぎます。

 

いろいろ書いてますがあくまで偏った私的な意見です。少数派意見ですからそう固くならず気楽に読んでください。

 

(JRAIPATから郵便が送られてきた)

いつも書くような話に最後はなるんですが、きっかけはIPATからの郵便。何の役にも立たないチラシ数枚。スケジュールとかこのネット社会でいらねえから(笑)。

なんでこんなイライラするかというと、土曜日大掃除してたんですよ。それで朝から晩まで一日かけて終わってフウと。そして郵便物を取りに行ったら郵便物。中をみたらあの内容。ほんといらっとしましたよ。

 

「ゴミはさっき全部しばったばかり!」「なんでこんなもん大掃除の時期に送り付けるかなあ!」と(笑)

 

よそでも書いてるんですがボートレース(競艇)は電話投票の高額投票者にはお歳暮が贈られるんですよ。それに対して競馬の電話投票は私なんぞよりも投票している人はいるでしょうけどこの内容。

これはこれまでもちくちく書いている話ですが、私としては考え方は一貫しているつもりで客を集めて行っている以上、客ファーストであるべき。馬第一とかそんな理屈は客を入れた時点でその空間ではなしだと思っていて、ケガしてまで走れとかいうつもりはないけど、そこに客がある以上まずお客さんのことを楽しませる空間であるべきだし第一に考えられるべきというのがあります。

そしてお客さん同士の話もあって200円(100円)で競馬場に入って、馬券を買わずに楽しむのもそれは与えられた楽しみ方だし自由。ただ馬主さんなり馬券購入者なりお金をいっぱい払っている人が200円で自由に遊べる空間を支えているわけですよね。世の中金じゃないけどお金を払っている人が支えている事実は事実です。

 

それを踏まえるとこのPAT会員への扱いは一言でいって雑ですよね。競馬場で手ぬぐいやクリアファイルやらただ配りしているのにお金を使っている人たちへの案内はかなり雑。現地でクリアファイルとか配るとか別にそれ自体はしていいと思うんですけど、それするならPAT会員や馬券をしっかり買ってる人にもうちょっとなんかできないのとは思うわけです。

競馬場は現地にいってこそ。リアルな馬の迫力を多くの人に味わってほしいというのはあって現地でウインズでというのはあるかもしれないけど、全国の競馬ファンでそんな頻繁に競馬場に遊びに行ける環境の人、8,9割いないですよ。半分以上は「遠征」込みで何に数度宿とって、競馬以外にお金をいっぱい使って時間を作ってくるわけですから、そして競馬場にこれないときもそういう人は馬券を買って競馬に貢献しているわけです。

そう思えば個人的にはチラシ数枚送り付けて終わりとかちょっとあり得ない。現地でやるのもいいけど年に数回、遠方の競馬ファンになにか還元できないもんかなというのが遠方の競馬ふぁんの一意見です。

 

ちょっと前に馬券購入者が優遇されすぎ、競馬場で200円で遊べるのは権利。競馬をスポーツとして楽しんでいる人にもっと優遇をという意見を目にしたことがあるんですが、馬券購入者への適当な扱いが競馬もお金が動いていてそれがあるから200円で遊べる空間になっているという感覚も希薄にしてるような気もするんですよね。そういう意味でももうちょっと馬券購入者そして馬主さん等お金を使っている人へのあれこれを考えてもいいんじゃないか。やっぱお金を使っている人は少し特別だと意識づけも必要じゃという馬券メインの競馬ファンのわがまま三昧な意見でした。

 

(M1の話)

見てなかったんですが凄く話題になってるのでいろいろ見ました。当事者たちについてどうこういったりその話自体についてどうこう言うつもりはないです。(ただ凄い個人的な感覚で昔から武智という人はテレビで見ても何がダメなのか自分でもわからないけど苦手というかテレビで見ても嫌な感じしか受けなかった印象はあります。)

 

この話で今日のスポーツ新聞で和牛の水田さんが言われていた話で、「上沼さんの好きは“面白い”の言い方、嫌いは“面白くない”と言っているだけ。好き嫌いで判断しているのではなく、面白い面白くないで判断している」というところ。

 

この話単体はすごくわかるんですよ。このブログの話に戻るんですが、数字がはっきり出ていて比較して悪いという話は「ダメ」とか「悪い」とばっさりいくんですが、そうでない話も正直あってそこに騎手とか応援している人もバックにいるような話の場合、なかなか見た目で自分があってると思ってもばっさりいけないんです。

「〇〇は下手、ダメ」とかばっさり書ききれないこともあって自分の批評にも突っ込まれたときに跳ね返すだけの材料も正直乏しいなと思うこともあります。感覚的には俺あってるなと思っても。

そういう場合に「好みじゃない」とか「好きじゃない」とか「私は苦手」とかetc。そういう表現を使ってお茶を濁すことはあります。ある程度自分の好みをかぶせることで大きな批判にしないという手法というか。私が間違ってると相手が思いやすい逃げ道を作っている言い方です。

 

上沼さんはそういう逃げ道ではないでしょうけど、何十年も努力している若手の漫才師に面と向かって「面白くない」とテレビの前で言えなかったんじゃないかなと思うんです。影響力もある番組ですしそれですべてを失う可能性もあるわけですから。それである程度自分が責任を被る「好き」「嫌い」という表現を使ったのかなと思うんです。こんなしょぼしょぼのブログのブログ主のスケールの小さい話と一緒にするのは大変申し訳ないですがそれは感じました。

 

そうであればそういう配慮が全く通じてなかったのは寂しい話ですね。

 

あと本当にストレートに深く考えず好みじゃないとか書いてることもあるのでこのブログはその辺を深く詮索せずにこれからも見てください(笑)

 

(企画開催について)

競艇ではいろいろあります。今度も女子VS若手の特別開催があります。

競馬も一日こういうことできないですかね。1,2月とかの開催一日でも騎手をファン投票で16人選んで障害以外は完全抽選で実施、それに伴うイベントも週中からやるとか。

こういう話を書くと、「〇〇で競馬では〜」とか「▲▲だから競馬では〜」みたいな意見が出てくるのは目に見えますし私もその考えは重々わかってます。わかってる上で書いてます。いろいろハードルはあるでしょう。それもわかってるつもり。それでも騎手でも馬でもいいんでそこになにかフォーカスを当てた開催できないもんですかね。

時々、ファンも想像できないような企画をポンとぶちこんで既存ファンに刺激を与えることはマイナスにはならないと思うんですけどね。議論大好き競馬ファンが喧々諤々批判もいっぱい来ることも踏まえてやってみてもと思いますがいかがでしょうか。

 

 

コメント数>記事数になりました。

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 01:32

こんばんは。簡単にいえば皆様へのお礼記事です。

 

タイトルの通りそういうことになりました。私が「ありがとうございます」って返してる記事の分もあるので実際は2分の1なんでしょうがトータルとしては1160程度の記事に1200強のコメント数になってます。実際はいただいた数は600から700でしょうがそれでもすごい数。2記事の一つはコメントいただけてるってことですからね。ありがとうございます。

 

正直、ある程度ブログも軌道に乗ってコメントいただけるようになってからはこうなったらいいなとは漠然と思ってたことでした。なので時々みてましたが苦節3年4か月?でやっと逆転することになりました。皆様この場をお借りしてお礼を言わせていただきます。ありがとうございますm(__)m

 

まあ正直、大変というよりは飽きるんですよぶっちゃけ。面倒くさいなあと思うことも多々。年に何度かはそういう怠け者根性でもうこの辺でやめてしまおうと思ってたりもするんですが、そのたびにそういうことを知らずにでしょうけどいいタイミングで励ましのいいコメントをいただいたり、たまたま競馬の世界で興味のある事象が起きて調べてみようという気になったり何か事が起きて、まあもうちょい続けるかということにここまで来てますね。

 

ということでいただけるコメントもアクセスも励みになってます。本当に皆様ありがとうございましたm(__)m

そしてもうちょい頑張りますのでこれからもよろしくお願い致します。

 

広島カープ三連覇

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 21:47

こんばんは。

 

一応、いろいろ私生活を隠しているこのブログでも競馬競艇以外で数少ない私的なお話でカープファンというのがあります。ほかのセリーグのチームのファンの皆様には申し訳ありませんがその話を

 

三連覇です。正直こんな日が来ることがあるとは夢にも思いませんでした。三連戦三連勝もままならない時期が長く続きましたからね。カープ女子とかミーハーなファンが増えたことも昔はカープファンといえば「選手育てて頑張ってるよね」と上から目線で他チームファンに言われていたのが露骨にアンチオーラを出すファンが増えたことも強くなったんだな。人気が出てきたんだなと思わせる要因で私はうれしくあります。

 

私がただうれしいのは優勝の事実や誰が活躍したとかそういうことよりカープファンの同じように喜んでいること、私は友達が少ないというかほぼいないですが、そんな中でも何人かおめでとうといっていただけることがすごいうれしいです。こういうのを見ると自分も些細なことでも相手が喜ぶようなことがあればおめでとうなり一つリアクションを上げられるようにならなきゃいけないし、それができるような人間であることが自分を磨くことより大事だなーと思うわけです。

 

それと毎年カープ優勝の記事で一つなんか書いてますがこれまで書いてないことで一つお話。

 

思えば、7年前くらいですかね。私が大阪・梅田の競馬BAR 『そのままっ!!』 の日記こちらのお店に行きだしたころ、なぜかこのお店の常連さんとかでやたらカープファン(とロッテファン)に会う。大阪梅田のど真ん中で。阪神がまだ強いころで阪神ファンにあえば「よお阪神の二軍」とか言われる惨状だったのに。ここではカープが好きな人に会うんです。そしてなかなか会わないカープファンと大阪のど真ん中。ギャンブルが好きでカープも好きという結束感からかそれで急速に話が打ち解けた方もいます。競馬じゃなくてカープの話で。そういう意味でも当時は弱くてもカープファンでよかったなあと思ったもんですが、正直強くなるとは私はみじんも思っていませんでした。自分が死ぬのが先かカープの優勝が先かと思った時期も正直ありましたから。

 

そんな時にこのお店のマスターが「自分が応援したらそのチーム2年?(この辺ははっきり覚えてない)で優勝するんですよ。お店カープファンの方多いですし応援しますよ。」と言っていただきました。ただこれ聞いたときの私、ぶっちゃけ話一分くらいで聞いてて正直「無理無理。そんなことで強くなったら苦労しないって・・・」って完全に聞き流してました。それから3年で優勝ですからね。すごいですわ。三連覇ですもんね。

 

持ってる人っているもんだなあと思います。私は完全に持ってない人ですからこういう人って先天的に何か引く力があるんだろうと思うんですよね。ギャンブルでもなんか引く人っていますからね。

 

長々と書きましたが、とにかくうれしくてとにかくほっとしていろんなことを回想しているという記事でした。ただ過去2年と違って次もその次もあるんだという気持ちが1,2割引っかかってますがこの感覚も心地いいです。10月も競馬以外にもいろいろわくわくできそうです。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM